火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

65

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

『火の鳥』の概要

20160718010211

現代日本のマンガ産業、アニメ産業を築いた巨匠・手塚治虫。その手塚治虫が漫画家として活動を始めた初期の頃から晩年まで手がけられており、ライフワークとなったマンガが『火の鳥』である。
『火の鳥』の舞台は日本から、やがては宇宙全体へと移り、時間は太古の昔から超未来までを経由し、「命」をテーマに描かれた連載マンガ。
狂言回し(筋の運びや主題の解説を行う重要な役)として登場するのが、その血を飲むと不死を得られるという、伝説の鳥である火の鳥。
この不死の血を巡り、様々な場所や様々な時間で、人間があがき続ける物語だ。

『火の鳥』のあらすじ・ストーリー

5d30fe9a4bf7939e78a3c74cb594cd9e  retro art phoenix

『火の鳥』は伝説の火の鳥を巡り、場所と時間を超越し、「永遠の生命」というテーマを描き続けられた物語で、複数の「〜編」によって構成されている。
もともと『火の鳥』の物語は「過去からスタートする物語」と「未来の物語」を交互に描き続け、最終的に現代に到達して完結するという、手塚治虫の壮大な構想に基づいてマンガの執筆が進められていた。
また場所と時間が超越しているため、各「〜編」は順番が決まっていない。
完結している長編が12作、未完作、短編、エッセイ、外伝的な編、幻の最終編である13編目(未執筆)などがあり、どれから読み始めても物語がループする構造になっている。
上記の理由から、多数の出版社から『火の鳥』が出版されているが、各「〜編」の順番は統一されていない。

しかし、現在、手塚プロダクションでは、公式の「マンガwiki」で、『火の鳥』単行本の長編12作を第1作目〜第12作目と分類し、作品順を位置付けている。
そこで、ここでは『火の鳥』の物語を手塚プロダクションの公式の順に各「〜編」、そして外伝的な編、および幻の最終編13編目を紹介する。

第1作 黎明編(1954, 1967)

Img 2

場所:日本
時間:2世紀後半から3世紀

『火の鳥』連作の第1作目。黎明編がもっとも古い時代で、日本が建国される場面を描いている。
厳密には2作あり、雑誌『漫画少年』版と雑誌『COM』版がある。
単行本になり広く知られているのが、黎明編である。

『漫画少年』版(1954)

ある村の少年イザナギの父親が重病になる。上空にある「血の星」が沈む前に父の病が治らなければ、父親は村の掟により村人に食べられてしまう。長老により、火の鳥の生き血があれば病が完治すると知ったイザナギは村を出て、火の鳥の元へ行き、火の鳥の生き血を手に入れる。だが村に帰ると「血の星」が沈み、父は村人に食されてしまっていた。
やむを得ず、イザナギは妹のイザナミと火の鳥の血を飲み、不死の体になる。村は豊かな土地を探し移住をすることになり、船で移動するが途中で嵐に会い、イザナギとイザナミは見知らぬ土地に流れ着く。
不死であるイザナギとイザナミは、その土地の原住民から、天照大神と呼ばれ、原住民の長である卑弥呼と出会う。
しかし、卑弥呼が岩戸に入った場面で雑誌休刊のため話が途切れ、未完で終わった。

『COM』版(1967)

古代の日本列島には、女王ヒミコが統治するヤマタイ国、クマソ、騎馬民族の高天原族の男・ニニギなどが群雄割拠していた。クマソがもっとも古く、主人公の少年ナギはそのクマソで生活をしていた。ナギの姉ヒナクは破傷風にかかり、生命の危機にあった。
ヒナクの夫であるウラジは妻を助けるため火の鳥の生き血を求めて火の山に入るが、火の鳥の炎に焼かれ死亡する。その後、村の海岸に漂着した異国の医師グズリが現れ、最新の医術でヒナクを救う。
やがてグズリとヒナクは恋に落ちる。だが二人の結婚式の夜、グズリの手引によって、多数の軍船から軍団が上陸してくる。グズリはヤマタイ国のスパイであった。村人は殺戮され、ひとり残ったナギも、ヤマタイ国軍の将軍、猿田により奴隷としてヤマタイ国に連れられてしまう。
ヤマタイ国の女王ヒミコは老いから逃れるためにクマソに存在する伝説の火の鳥の生き血を欲し、侵略したのだった。
だが、クマソを滅ぼしたヤマタイ国も、高天原族のニニギにより侵略される。
結局、女王ヒミコは火の鳥の生き血を飲めず、猿田やナギ、ヤマタイ国の住民やヒミコへの反乱も加わり、高天原族との戦争でヤマタイ国は滅亡する。
最後まで生き延びたのは高天原族のニニギで、ニニギの子孫が大和朝廷を開く。ナギはそこで死亡する。猿田も死亡するが、妻であったウズメは猿田の子を身ごもって逃げ延び、のちの猿田の子孫へと繋がっていく。

第2作 未来編(1967)

F77e22f1abd23edd55a63e051ee9322c

場所:地球全土
時間:3404年

『未来編』は物語の時間軸では最後にあたり、未来の行き止まり、人類の滅亡が描かれる。

西暦3404年、地球は死にかかっており、地球の地上世界は荒廃して生命が住めない環境になっていた。人類は地下に人口の地下都市を建造し、地下都市で生活をしていた。
人類の文明自体も衰退期に入り、25世紀をピークに文明や芸術も停滞し、30世紀には21世紀ごろまで文明水準が後退していた。人々は過去の文化や芸術に憧れており、ムーピーという好きな形に自在に変化可能な宇宙生物を、好きな物体(ムク犬、花、熱帯魚、人など)に変化させて過去を擬似的に楽しんで暮らしたり、ムーピーの持つ特殊な能力である一種のテレパシーを使用して、好きな過去の世界の夢(作中では「ムーピー・ゲーム」と呼んでいる)を見るなど、衰退する生活を送っていた。
環境汚染に加え文明も衰退し、人類は絶滅の危機にあった。

人類は他の惑星に建設した植民地も放棄し、残った人類の住む都市は「レングード(ソ連)」「ピンキング(中国)」「ユーオーク(アメリカ)」「ルマルエーズ(フランス)」「ヤマト(日本)」の5つだけで、全ての都市が、独立した超巨大コンピュータに支配を委ねていた。
コンピューターは人類の衰退の一因であるムーピーを禁止し、人間の宇宙戦士にムーピー狩りを行わせ殺処分し始める。
しかし、地下都市ヤマトの2級宇宙戦士・マサトは、禁止されたムーピーに強い愛情を持っており、自分のムーピーの殺処分を拒否。所有するムーピーのタマミを連れて地下都市ヤマトから脱出し、荒廃した地上へと向かった。

そこでマサトは火の鳥の導きで、荒廃した地上に研究ドームを築き、ロボットのロビタ(復活編にも登場)を助手にし、生物研究を行なっている猿田博士の元にたどり着く。猿田博士は、研究ドームで絶滅した生物をよみがえらせようと、たった一人で地上で人工生命の研究をしていた。
一方、地下都市では、人類を支配するコンピューター同士の対立から戦争が勃発し、超水爆により人類は絶滅してしまう。
地上の研究ドームにいた、マサト、猿田博士、ムーピーのタマミ、さらに戦争を事前に知り、猿田博士の研究ドームに亡命をしていたマサトの上官である1級宇宙戦士・ロックだけが生き残る。
その研究ドームへ火の鳥がテレポートで侵入し、マサトを不死の身体に変える。火の鳥は人類の絶滅を予知しており、マサトに不死の存在として、生命を復活させる役割を与える。
超水爆の影響で地殻変動が起き、研究ドームが損傷し、放射能により猿田博士、ロックは死亡する。ロボットのロビタも故障し停止。ムーピーのタマミも寿命で死亡する。
その後、火の鳥の力でマサトだけが不死のために死ねず、30億年間一人で苦しみ続ける。

30億年間苦しんだマサトが、魂だけの超存在と化し、創造主として生命の種を海にまいて地球を観察し、黎明編(過去)冒頭へのつながりを示唆する。
そして、30億年の時を経て、火の鳥が30億歳老化したマサトの元に飛来する。マサトは火の鳥の内部に取り込まれ、ムーピーのタマミと再会を果たし、未来編は終わる。

第3作 ヤマト編(1968)

Img 0

場所:日本
時間:4世紀から5世紀

黎明編で滅亡したクマソだったが、クマソの唯一の生き残り若者タケルは、火の鳥の協力もありクマソを復興させていた。クマソはタケルの子孫、川上タケルにより栄えていた。
一方、高天原族のニニギの子孫は、畿内に入りヤマト国を開いていた。
ヤマト国の王子オグナは父である大王の命令で、九州のクマソの長である川上タケル暗殺に向かう。その理由は、クマソの川上タケルが、事実を書いた歴史書を作っており、その内容がヤマト国の王を讃える偽りの歴史書と違っていたからであった。王子オグナには実は別の目的もあり、それは父である大王の死により、殉死で生き埋めとされる人々を救うために、不死になる火の鳥の生き血を手に入れることだった。
クマソに着いた王子オグナは、川上タケルと対話し、その器の大きさに感服し暗殺を思いとどまる。その後、川上タケルの妹カジカと恋におち、火の鳥を発見する。
王子オグナは恋におちたカジカと、クマソでこのまま暮らしたいと、火の鳥に相談する。だが火の鳥は、川上タケルを殺してヤマトへ帰ることを命じる。
火の鳥の暗示でオグナは川上タケルを暗殺し、火の鳥の血を布にしみこませ、それを持ってヤマトへ帰還する。
オグナは父である大王の墓作りや殉死の生き埋めを止めるが失敗し、自分も生き埋めにされてしまう。オグナと殉死させられる人々が火の鳥の血の布をなめる。すると生き埋めにされてもなお生き永らえることができた。オグナたちは土の中から、生き埋めに反対する歌を歌い続けるが、そのうち歌は聞こえなくなって物語は終わる。

本作は『古事記』と『日本書紀』がベースになっている。ヤマトの王子オグナはヤマトタケル(別名:倭男具那命=やまとおぐな)、クマソの川上タケルは川上梟帥(かわかみたける)がモデル。
川上タケルの歴史書はほぼ完成しており鳳凰編に登場する。

第4作 宇宙編(1962)

Cuk705eukaedv3j

場所:宇宙の流刑星
時間:西暦2577年

『火の鳥』の物語全体のスタート地点がこの宇宙編だ。『火の鳥』全ての物語の発端である、猿田が火の鳥により永遠の呪いを受けてしまい、無限に呪いが続くループが始まる。

ベテルギウス第3惑星ザルツから地球へと向かう宇宙船に、5人の宇宙飛行士がコールドスリープ状態で眠っていた。
しかし当直(見張り役)の牧村が自殺し、宇宙船は事故に遭う。残る4名は目覚めると、ミイラ化した牧村の遺体を確認する。さらに宇宙船が隕石の衝突で激しく損傷し、航行不能であることも判明する。そこで生き残りの4名は個別に救命ボートで脱出する。しかし、そこを死んだはずの牧村が脱出ボートで追いかけてくる。
脱出ボートの一機は航路がそれて消息不明になり、隊長の脱出ボートも彗星の塵にぶつかってしまう。残りの猿田、ナナ、そして牧村は未知の星に不時着する。そこは宇宙の流刑星で、囚人惑星だった。

ここで火の鳥により、牧村の過去の罪の因果により、3名が犯罪人を罰する星に流されてしまった事実を知らされる。牧村は未来永劫に、流刑星に閉じ込められ、若返りと老化を繰り返し、絶対に死ねない罰を受けたこともわかる。
牧村の体は、宇宙船の出発前から、過去の罪の因果よる罰の兆候である若返りが始まっており、宇宙船内での牧村の大人の体はサイボーグだった。サイボーグの内部にあるケースに、子どもと化した牧村がいて、サイボーグを内部から操縦していたのだった。宇宙船内で隊員たちが牧村のミイラ化した遺体と確認したものは、実は牧村のサイボーグのぬけがらだった。

猿田とナナは全くの無関係者なので、火の鳥は猿田、ナナを地球へ返すという。だがナナは牧村に愛情を持っており、赤ん坊まで若返った牧村のために、流刑星に残ることを決める。
猿田はナナに好意を持っており、ナナと地球に戻るために赤ん坊の牧村の殺害を企てる。
しかし火の鳥の力で不死の呪いを受けている牧村はどうやっても殺せず、火の鳥は牧村殺害を実行した猿田に罰として呪いをかける。
それは「永久に子子孫孫まで罪の刻印が刻まれる、子孫は永久に宇宙をさまよい、みたされない旅を続ける」という苛烈なものだった。

第5作 鳳凰編(1969)

0656ef851a9db1f517dafe69e4bf8db50e7c55a21452378821 s
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

目次 - Contents