懐かしすぎる!「ガンバと仲間たち」が3DCGで映画化決定したのでまとめてみた

TVアニメで放映されたのが1975年、それから2度の映画化をされてなお愛され続ける「ガンバの冒険」。今回3回目の映画化では素晴らしくスタイリッシュなガンバになっています。過去作と合わせてまとめました。

初期作は1975年4月にスタートしました

全26話と短めですがこの長さで充分だと思いました。
原作は斎藤惇夫の「冒険者たち~ガンバと十五匹の仲間」。

子供に見せたいアニメNo1。
原作ではガンバたち16匹のねずみが冒険するのだけど、アニメでは7匹に減らされてる。そのため個性豊かなネズミたちの特徴は、1匹1匹に割り振られている。

出典: blog.livedoor.jp

港で開かれているネズミたちのパーティ。そこに傷だらけの小ネズミ、忠太が転がり込んでくる。残忍な暴力と恐怖で故郷の島を支配している巨大な白イタチ、ノロイを倒す力を貸して欲しい、という忠太の言葉に、ネズミたちは冷たかった。しかし、ガンバを始めとする勇敢な7匹の仲間が集まり、冒険の海へと船出する。

出典: blogs.yahoo.co.jp

冒険者たち-ガンバと7匹のなかまーのオープニング曲

がんば。

テレビ版から9年後に映画版も上映されました

映画:冒険者たち ガンバと7匹のなかま
監督 出崎統
制作 東京ムービー
封切日 1984年3月4日
上映時間 93分
その他 テレビアニメの総集編

出典: ja.wikipedia.org

1975年より全26話放送された「ガンバの冒険」。

ガンバ、ヨイショ、ガクシャ、シジン、イカサマ、ボーボ、忠太の7匹が、白イタチのノロイを倒し、島のネズミたちを救うために旅立つ、全26話からなるTVアニメシリーズを再編集、1本の劇場用映画として1984年に公開された「冒険者たち ガンバの7匹のなかま」と、忠太以外の6匹が再集結、シジンにスポットをあてながら、実際に絶滅寸前にあるカワウソを守り、彼らが再び旅に出る、1991年公開の劇場用オリジナル作品「ガンバとカワウソの冒険」。

出典: www.amazon.co.jp

実際のイタチは体長6・70cmではあるが、ガンバ(ねずみ)から見たイタチの大きさを感じるイラスト。

ちなみにwikiによればノロイは動物キャラでありながら、日本アニメ界でも恐怖に満ちた屈指の名悪役との呼び声も高いらしいです。確かに怖かった~

出典: movies.yahoo.co.jp

「♪ガンバ♪ガンバ♪ガンバと仲間たち♪」っと、一度聞いたら耳を離れない、妙に明るいサンバ調のオープニングの歌とは対照的に、「ドクロを~うつす~~」と暗い感じでフェードアウトする歌謡曲調のエンディングソング。そしてガンバたちの明るいキャラクターとは対照的な暗くて重いストーリー展開。

出典: www.jtnews.jp

最新作が出る前におさらいしておきましょう

www.amazon.co.jp

2015年3DCGアニメ化決定!「GAMBA ガンバと仲間たち」

映像製作会社の白組は、フルCGアニメ『GAMBA ガンバと仲間たち』を製作、2015年10月10日より東映配給にて全国超拡大公開することを明らかにした。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』など数多くの大ヒット作品を世に送り出してきた白組が、持てる映像技術の総力を結集させ、世界を見据えて挑戦する。

配給:東映
©SHIROGUMI INC., GAMBA
公式サイト:http://www.gamba-movie.com/

では、エンディング聴きながら今回のまとめを終わります

ニコ動からの拾い物。いわゆる「トラウマ」 、史上最恐ボスキャラノロイ様。ノロイ様に比べたら、ラオウもフリーザもかわいいもの­。
元の動物が、かわいいイタチだと言う事を考えると、ああ恐ろしや!…

ikiterubouzu
ikiterubouzu
@ikiterubouzu

Related Articles関連記事

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

あしたのジョー(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『あしたのジョー』とは、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品、もしくは漫画原作のアニメーション。講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。 野生の本能を持った孤児矢吹丈が、ボクシングの才能を買われ孤独な戦いを繰り広げる。ボクシングにかける男の美学が、美しくも切なくもある。

Read Article

スペースコブラ(Space Cobra)のネタバレ解説まとめ

「スペースコブラ」とは、寺沢武一氏の漫画「コブラ」を原作とした、1982年10月からフジテレビで公開されたSFアドベンチャーアニメである。全31話で構成され、主人公である宇宙海賊「コブラ」の宇宙で惑星と惑星の間をまわる冒険を描いている。サイコガンと言われるレーザーガンを操るコブラのその絶対に負けない力強さと、気の利いたセリフに日本中の人々が夢中になった。

Read Article

今年で25周年の1991年のアニメ作品10本

今年2016年は、「きんぎょ注意報!」「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」などの作品の、25周年、四半世紀にあたる。1991年は、サンライズのロボットアニメが活況な年だった。エルドランシリーズの「ライジンオー」、勇者シリーズの「ファイバード」のほか、ガンダムシリーズも「F91」「0083」が競い合うかのように作られた。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

目次 - Contents