火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

C0602 main

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。
全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。
この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

『火の鳥』の概要

『火の鳥』とは、漫画界の巨匠・手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。
仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。
それまでの「漫画」のイメージ(当時は日本でも「漫画は子どもが読むもの」という考え方が主流だった)を刷新し、日本を代表する文化にまで昇華したことでも有名である。手塚がデビュー初期から晩年まで描き続けた全12編にもなる『火の鳥』は、独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。
同作品を原作として映画化された『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』は1980年に第1回ラスベガス映画祭動画部門賞とサンディエゴ・コミック・コンベンション・インクポット賞を受賞している。
全編に共通して「火の鳥の血を飲めば永遠の命を得られる」という設定があり、登場キャラクターたちは時にその血を求め争い合い、時には望まない形で火の鳥に与えられ、悩み、苦しみながら生きていくことになる。
各編の共通した主人公である火の鳥の台詞を初めとした数々の印象的な台詞は、現在でも国内外で考察が重ねられている。

『火の鳥(Phoenix)』名言・名セリフ

黎明編

「虫たちは自然が決めた一生のあいだ ちゃんと育ち たべ 恋をし卵を産んで満足して死んでいくのよ 人間は虫よりも魚よりも犬や猫や猿よりも長生きだわ その一生のあいだに……生きている喜びを見つけられればそれが幸福じゃないの?」

火の鳥が、不老不死になろうと火の鳥の生き血を欲する少年「ナギ」を諌めているシーンでの名言だ。
永遠の存在である火の鳥にとって人間の一生は短く儚いものだが、その中で生きがいを見つけることこそが幸福なのだと説いており、これは全編で共通した思想である。

「太陽も水も草もなんでもあるぞっ おれはここで満足だ ここがおれの城なんだ!」

O0641042113843913607

この台詞を言ったグズリというキャラクターは、火山の噴火から逃げる途中に切り立った崖に囲まれた窪みへ妻と一緒に落ちてしまう。餓死を覚悟した次の瞬間、窪みの底に植物が育っていることに気づき、ここで生きていけると確信する。
一般的に見れば、狭い窪みの中で生きていく一生など絶望的と言ってもよいだろう。しかしグズリは、側に愛する人がいて、飲食には困らないことに満足している。手塚はここで多くを望まないことこそが幸せなのだと訴えている。

「花は枯れるもの 人は歳ふるもの」

Photo03.jpg

ヤマタイ国女王卑弥呼と弟のスサノオ

卑弥呼は占いの力でヤマタイ国を支配し独裁政治を行っているが、その影で日々、忍び寄る自身の「老い」に怯えているのだった。そんな卑弥呼を弟スサノオが諭しているシーンでの台詞だ。若さを手に入れようともがく卑弥呼に対し、達観しているスサノオは常に毅然とした態度で生きている。
この名言では仏教の思想、「諦観」が表現されている。「諦観」とは、事の本質を見極め、自然の摂理に抗わないことだ。スサノオのように潔く生きよとのメッセージだと思われる。

「死にたくない………死にたくない死にたくない!!火の鳥の血がほしい!!永遠の命がほしい!!ほしいほしいほしい」

Reimei001

「未来編」の主人公マサトの名言と対を成す卑弥呼の台詞。
卑弥呼はいつまでも若くいるために火の鳥の血を欲するようになるが、結局火の鳥の血は手に入らず、失意のうちにこの世を去ることになった。いくら信仰を集め権力を手にしていたところで、それ以上の欲がある人間は一生幸福を感じることができないということを表している。

「生きるのよ!!」「さあ 目をしっかり開いて上を見て!! 頂上はそこだわ あそこまで行けばあなたは勝つんだわ!」

グズリの息子の青年タケルは生まれてからずっと窪みの底で暮らしてきたが、ある日崖を登って外界に出ることを決心する。崖は登るほど反り返っており、腕の力だけで登っているタケルは頂上に近くなるにつれて苦しくなってくる。もう諦めて落ちてしまおうかと思った瞬間、タケルを見ていた火の鳥は精一杯タケルを励ます。その時の火の鳥のセリフ。
『火の鳥』はどんな苦境に立たされた人間にも「生き続けよ」という言葉を与える。一部からはこの考え方は傲慢だという声もあるが、「生き続けることは権利である」というのが、『火の鳥』最大のメッセージなのだ。

未来編

「地球は生きているのですよ 生きものなのですよ その地球がいま死にかかっているのです 人間が病気でたおれるように 地球も病気にかかって死にそうなのです」

Column42 23a l%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

火の鳥と猿田博士

2編目ははるか未来。地上は環境破壊によって汚染され、遂に住むことさえできぬ不毛の地となった。そこで人間は地下に国を作り、文字通り閉鎖的な社会で暮らしている。しかしながら数少ない人々が地上に密閉されたドームを作り、その中で生きている。世捨て人の猿田博士もその一人だ。
このシーンで火の鳥は、手塚独特の「宇宙生命(コスモゾーン)」という思想を猿田博士に説いている。コスモゾーンとは、宇宙を始めとして、銀河や惑星そのものが生命だと捉える考え方である。ここでは地球の環境問題を人間の病気に喩え、その深刻さを印象付けている。

「人間? 人間がなんだというんじゃ いまはもう人間もけものも虫も植物も区別はない! 生きものという大きな兄弟みたいなものだ そうだ生物家族だ なにかひとつ生き残ればそれでいいのだ たとえ人間は滅んでもな!」

A0065481 1917128

猿田博士は環境破壊によって人間社会が終わりに近づいていることを悟り、何か一つでも生物を残そうと奮闘していた。しかし、長年研究を重ねてきても完全な生命を作り出すことはできない。そんな中、地下の世界から主人公マサトが連れ出してきたムーピーのタマミと出会う。ムーピーは不定形生物で、劣悪な環境でも生きていける強さを持っているため、猿田博士はタマミに「完全な生命を作るための研究のためにからだをささげてくれ」と申し出る。マサトを助けたいタマミは、それで人間は救われるのかと問うが、そこで猿田博士が言ったのがこの名言だ。
猿田博士がより広い視野でもって生命を捉えていることが分かる。『火の鳥』では輪廻転生の考え方を用いているため、生命それぞれに違いはないのだ。

田中さくら
田中さくら
@pnklv_llyrlng

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents