《閲覧注意!》身の毛もよだつグロ・恐怖アニメ . ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

I320 2

BPO(放送倫理機構)様の御目がある中でも、ちょくちょくOKをもらって放送されているグロアニメ。原作はもちろん、そのグロさや恐怖さはとんでもないですが、アニメではいろいろ調整もあって別の意味での恐ろしさに変わっているのです。今回はそんな恐怖蔓延のアニメをまとめましたので、ご紹介いたします。※もし気になる方は、ぜひご自身の御目でご確認ください。(ちなみに「まど☆マギ」は入れてませんw違うでしょ)

「BLOOD-C 」

Screen shot 2011 09 30 at 3 56 34 am

剣を舞台にした、グロというより、リアルなバトルを表現したアニメですね。
タイトル通り、出血は多量ですww
規制解除版では、よりグロさが際立ちますww
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ.

「School days」

Sch004 p

最終的なグロさが極まって「誠氏ね」ってなるアニメですww
原作はPCゲームですが、こちらも平和的な日常の中に、突然悲劇が訪れます。まあ、実際に見てみると、主人公:誠(男)のいろんな行為がこういった結末を迎えるわけで・・・(ry
男と女のありそうな恋愛関係、その一線先も、とにかくリアルです。
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

「東京喰種 トーキョーグール」

F2abf1cc

こちらも、ゾンビのようなグロさが怖い、最近のグロアニメですね。
そのインパクトの大きさから、ファンになる方が急増した注目作品です。
:;(∩´﹏`∩);:やめてー

「ひぐらしの鳴く頃に」

Higrashi r02

原作はPCソフト。
. ゚Д゚))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガク ガクガク
こちらも放送されてから、社会現象になるほど大人気になりました(グロの部分じゃないヨ)。
普段は萌え萌えしている平和な日常で起きる惨劇ーーだからこそ、その臨場感や緊迫感は凄まじのです。

「うみねこの鳴く頃に」

100408 1

「ひぐらしの鳴く頃に」と同じ、竜騎士07さんの作品です。
ひぐらしとうみねこ、どっちもどっち。グロシーンございますww
こちらの方が、若干演出が派手すぎてモザイク多様だったりします。
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

神部門「コープスパーティ」

Corpse

地上波ではなく、OVAが限界でしたww
こちらは上記のアニメとは異なり、休む暇なくグロが続きます( ゚Д゚)ヒィィィ!
ホラーアドベンチャーゲームが原作ですが、こちらもヤバいですww
萌え系のイラストにグロを加えた結末なので、より心にグサァ・・・と刺さります。
ガクガク(((゜Д゜;)))ブルブル

グロアニメを見た結果の全ては、自己責任となっております。
心臓の弱い方は閲覧等をご遠慮ください。
といっても、好きな人は好んで見るんですよね。社会現象にはならない程度が望ましいですよね。

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

東京喰種トーキョーグール(Tokyo Ghoul)のネタバレ解説まとめ

「東京喰種トーキョーグール」とは、石田スイ氏による日本の漫画作品。2014年には「東京喰種トーキョーグール」、2015年には「東京喰種トーキョーグール√A」としてTVアニメも公開されている。この物語は、人間だった主人公「カネキ」が人を喰らう存在「半喰種」となり、葛藤や恐怖に溺れていくダーク・ファンタジーである。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

知らない人が多い「ひぐらしのなく頃に」の巷で話題の神ゲー3タイトル!

一時期は社会現象にもなった「ひぐらしのなく頃に」。根強いファンがたくさんいるだけでなく、様々なグッズやゲームが今でも数多く制作・販売されています。しかしながらその一方で、今では完全に日陰に位置してしまっている「ひぐらしのなく頃に」ですが、その展開されているゲームがどれもとても面白い神ゲーなのです。今回はそんなあまり知られていないものをまとめました。

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは・・・。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

目次 - Contents