xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ。幽霊や妖怪などが多く登場するオカルト色の強い伝奇ファンタジー作品。自身の特異体質に悩む四月一日(わたぬき)は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことになる。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。また『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』と物語が連動しており、本作の見どころの一つとなっている。

『xxxHOLiC』の概要

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる日本の漫画。幽霊やアヤカシなどが多く登場しており、ジャンルとしては伝奇、オカルト、ファンタジーに分類される。アヤカシが視え、また自身に引き寄せてしまう自身の体質に悩む男子高校生・四月一日が主人公。彼は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことを対価にいずれ体質を治してもらうという約束を交わす。ミセでの仕事は不思議なことに満ち溢れ、時には残酷な現実や目をそらしたくなるような人間の狡さ、醜さを四月一日に突きつける。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。
本作は講談社が発刊している『週刊ヤングマガジン』に2013年13号から2010年16号まで連載された後に、『別冊少年マガジン』へ移籍し、2010年7月号から2011年3月号まで連載されていた。2019年42号に掲載された分から『xxxHOLiC・籠』に改題されている。また続編である『xxxHOLiC・戻』の連載が『週刊ヤングマガジン』にて2013年14号より開始。

映像化も果たしており、2005年には『劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』が公開され、2006年4月から10月の間にはテレビアニメ『xxxHOLiC』が放送された。テレビアニメの続編として2008年4月から6月の間に『xxxHOLiC◆継』も放送されている。また2013年2月から4月の間には『CLAMPドラマ ホリック〜xxxHOLiC〜』としてテレビドラマ化されている。

並行して『週刊ヤングマガジン』で連載されていた『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とは物語がリンクしており、片方の作品での出来事がもう片方の作品に影響を与えていたり、術具でそれぞれの登場人物が通信したり、夢で対話しているシーンがそれぞれの作品で度々描かれている。
尚、続編のは『xxxHOLiC・戻』は『『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』の続編である『ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編』と物語がリンクしている。

『xxxHOLiC』のあらすじ・ストーリー

侑子さんとの出逢い編

自分はミセの客ではなく身体が勝手に入ってしまったんだと説明する四月一日。そんな彼に侑子はここに辿り着いたのも偶然ではなく必然なのだと侑子は諭す。

歩くのも困難になるほど多くのあやかしたちにまとわりつかれて、フラフラと道を歩く高校生は四月一日君尋(わたぬききみひろ)。“視えるヒト”である。
必死にあやかしたちを振り払いながら、よろけた体を支えようとして塀に手をつく四月一日は、その瞬間にすべてのあやかしが消え去ったことに気づいた。
そしてそのまま、まるで誰かに引っ張られるようにして、その塀に囲まれた不思議な屋敷に引き込まれてしまったのである。

そこは“願いが叶う店”、叶えたい願いのある人だけが入ることのできる店だった。
迎えに出てきたマルとモロの2人の少女に引き合わされたこの店の女主人・壱原侑子(いちはら ゆうこ)は、煙管(きせる)をくゆらせ、ゆったりとした着物を羽織っていた。
そして静かに語りかける。「あなたがここを訪れたのは、それがヒツゼンだったから」と。

対価と引き換えにお客の願いを叶えることを生業(なりわい)とする侑子さんは、この店で働く事を対価としてあやかしを払うと約束する。
この日から四月一日にとって、炊事・洗濯と目が回るほどに忙しい日々が始まったのだった。

異世界からの訪問者編

晴れているのに雨が降る“狐の嫁入り”には“鏡聴(きょうちょう)”の精度が上がると侑子さんから聞いた四月一日。雨に濡れながら鏡を持って店の中庭に立っていると、「今日行くから用意して待ってて」との言葉を聞いたのだ。

そして、しずくのように垂れ下がった空間から突然現れたシャオランとさくらだった。
侑子さんからの頼みで宝物庫へ行った四月一日は、大福が耳を生やしたようなずんぐりとした体型の、白色と黒色の生き物を抱えて戻って来る。

願いを叶えるために必要な“覚悟と誠意”をシャオランが持っていると確認した侑子さんは、四月一日に持ってこさせた白い方を渡す。その生き物は名をモコナ=モドキといい、この日のために侑子とクロウ=リードで作ったものだった。
あとから出現した2人の異世界人、黒鋼(くろがね)とファイとともに、白モコナを抱いて再び異世界へと旅立つシャオランとさくら。
その姿を四月一日は、黒モコナを抱えたまま呆然と見送るのであった。

百目鬼との縁(えにし)編

占いをまったく知らないという四月一日は、侑子さんから本物の占いを見せてあげるといわれて1人のお婆さんを紹介される。そして、そのお婆さんから「ケンカばかりしている男の子と、もっと縁ができる」といわれた四月一日は、嫌な相手を思い出してうんざりするのだった。
その相手とは百目鬼静(どうめきしずか)。四月一日はなぜか彼が気に入らず、初めて会ったその時に大喧嘩した。
占った対価に料理を作って欲しいと頼まれて台所へ行く四月一日。それを見やったお婆さんは、あの子がどんなふうに変わるのか楽しみだと侑子さんに話すのだった。

数日後、侑子さんと四月一日、そしてひまわりちゃんと百目鬼の4人は百目鬼の実家のお寺で百物語をしていた。。
その時、不意にあやかしが部屋の結界を破って侵入してくる。しかしそのあやかしは侑子さんのアドバイスを受けた百目鬼により、一瞬にして浄化されたのだ。
侑子さんは百目鬼の持つ力を見抜いていた。そしてお婆さんの占い通りに四月一日と百目鬼の縁は深まっていくのである。

百目鬼の弓道大会をひまわりちゃんと見学したあと、四月一日は侑子さんの店へと向かっていた。
途中、美味しそうな匂いに誘われた四月一日は、狐が店主のおでんの屋台にたどり着き、店主と一緒にいた子狐に、百目鬼の折れた矢をあげる。そして侑子さんに渡してほしいと頼まれたおでんを持って店へと急ぐ四月一日。
今更ながらに侑子さんの顔の広さに驚く四月一日であった。

百目鬼の選択と四月一日の右目編

少し前、百目鬼は四月一日の命を救うため、彼が関わりを持っていたこの世のものではない存在を滅していた。たとえ恨まれようとも四月一日を救う。それが百目鬼の選択であった。
気まずいまま行き違おうとする百目鬼に、ひまわりちゃんのついでだといいながら昼ごはんに誘う四月一日。「いなり寿司はあるんだろうな」と返答する百目鬼であった。2人の関係は、少しづつ変わってきているのである。

寺の掃除を手伝わされた四月一日は腕を蜘蛛の巣に引っ掛けてしまう。その蜘蛛の巣を払った百目鬼は蜘蛛の恨みをかってしまい、右目はクモの巣状のアザに覆われて、何をしても開けることが出来なくなってしまった。
元々の原因は自分にあると責任を感じる四月一日は、侑子さんに願って蜘蛛の恨みを引き受ける。その結果、四月一日は右目を失い、百目鬼の右目は元にもどる。
その事実を知った百目鬼は四月一日に詰め寄るが、もう事態を変える方法はなかった。

それからしばらくして、突然侑子さんの店に現れた烏天狗は『天狗の扇』を対価に座敷童の救出を願い出る。座敷童は“アッチの世界”で四月一日の右目を手に入れた女郎蜘蛛から、それを取り戻そうとして捕まってしまったのだ。座敷童を喰らえば、寿命が何倍にもなるのだという。烏天狗の願いを受けて四月一日と管狐は座敷童の救出に急ぐのだった。

管狐と力を合わせた四月一日は、なんとか座敷童を取り戻す。その様子をみた女郎蜘蛛は、座敷童は返すといいながら四月一日の右目をのみ込んでしまった。しかし四月一日は、右目は失ったが“わかったこと”があるから後悔はないと、女郎蜘蛛に告げるのだった。この戦いを通して、四月一日は自分の身を対価にすると傷つく者がいると知ったのだ。

ボロボロになって店に戻った四月一日は、侑子さんが百目鬼から預かっていた彼の右目の半分をのみ込み、侑子さんの膝の上で眠りに落ちてしまう。そんな四月一日に侑子さんは「貴方は貴方だけのものではないの」とやさしくささやくのだった。
その後に四月一日は、自分の右目で視たモノが時々百目鬼にも視えるようになっている事実を知って驚くことになるのである。

小羽との出会いとひまわりの涙編

自分の体質について笑顔で淡々と語るひまわり。

年明け早々、四月一日は巨大なあやかしに襲われる。しかしその危機は、馬に乗った百目鬼そっくりの彼の祖父・遥によって救われるのだ。これは夢であると、突然現れた侑子さんから告げられる四月一日。そしてその場には百目鬼の祖父が射った矢が、夢の残滓として残されていた。
四月一日は侑子さんのアドバイスで、この矢を“夢カイ(飼い)”が育てていた5つの夢の風船と交換してもらうのだった。

そして季節は春になる。
四月一日は、大きな桜の樹をじっと見上げている不思議な少女を見かけた。その少女は、ひまわりちゃんがテレビで観たという霊能師の子供・小羽(こはね)だった。
次の日、同じ桜の樹の下で雨に濡れたままの小羽ちゃんが四月一日を待っていた。小羽ちゃんから深い孤独を感じた四月一日は、彼女を救いたいと思うようになるのだった。

四月一日が気づくと、包帯だらけで店のベッドに横たわっていた。侑子さんからは命を救うための対価はもうもらっていると聞く。ひまわりちゃんが原因で、校舎の二階から落ちたのだ。そして侑子さんと一緒にいたひまわりちゃんから、自分は親しくなった人を不幸にしてしまうのだと打ち明けられるのだ。

“サヨナラ”を告げるひまわりちゃんに、これからも会いたいし、もう絶対に泣かせないと決意を語る四月一日。「泣かせないといったくせに」とつぶやきながら、四月一日からの想いを胸に、部屋の外でポロポロと涙を流し続けるひまわりちゃんだった。
今回は百目鬼も四月一日の命を救うための対価を払っていた。この出来事によって、百目鬼も侑子さんの店に入ることができるようになったのである。

四月一日はもう、軽々しく自分を対価にするといわなくなった。そうすることで傷つく人がいることを知ったからだ。そんな四月一日の頭をなでながら、信じてくれる人がいればひまわりちゃんも変わっていくと告げる侑子さん。そして四月一日に1つの卵を託すのだった。
しばらくして、四月一日の想いを受けた卵が孵る。そこにはひまわりちゃんの体質に影響を受けない1羽の可愛らしい小鳥がいた。

百目鬼の変化ともう1つの卵編

水汲みの対価として百目鬼にも卵を渡す侑子。この卵と共に百目鬼はある重要な役割を託されるのであった。

傷が癒えた四月一日は、登校しようと迎えに来ていたひまわりちゃんと百目鬼に合流した。四月一日はひまわりちゃんに、卵から孵った小鳥を渡す。懐いて肩に乗る小鳥をいとおしそうに見つめるひまわりちゃんは、四月一日に頼んで『蒲公英(たんぽぽ)』と名付けてもらうのだった。
その頃、店にいる侑子さんは、さくらちゃんが送った1つの卵がなぜ2つになって届いたのかを考えながら、異世界に発生している異常を感じていた。

その夜、四月一日が部屋から出て行ったときを見計らい、侑子さんは百目鬼に1つの卵を渡す。そして、これから起こることのために肌身離さず持っていてほしいと話すのだ。その瞬間が来ても迷わないで、と。
『無月(むげつ)』と名付けた管狐に懐かれてワタワタしている四月一日は、そのことにはまったく気づいていなかった。

侑子さんの店には異変が起きつつあった。マルとモロはこの頃まったく姿を見せていない。2人は店を存在させる“場”を支えるために眠りにつくしかなくなっていたのだ。“これから起こること”のために構えた店を今壊されるわけにはいかないと、侑子さんはとつぶやくのだった。

冬になり、小羽ちゃんに手作りの手袋をプレゼントする四月一日。その時紹介された百目鬼を見た小羽ちゃんは、2人の血が混じり合っているという。いつしか百目鬼も、この世ならざるものが普通に視えてきているのだ。
百目鬼の変化に気づいた侑子さんは、これらの変化はすべてがこれからのために必要なことだと黒モコナに語るのだった。

夢の中のさくらと四月一日の記憶編

意識を取り戻し夢の世界にやってくるサクラ。四月一日が振り向くと遥の姿はもう消えている。

春になり、誕生日を迎えた四月一日は夢の中で若い姿の百目鬼の祖父・遥さんと出会う。その夢の中にはさくらちゃんまで現れた。侑子さんにその夢を話すと、今のさくらちゃんは魂と躯(からだ)が離れてしまい、魂は夢の中にいると教えられるのだった。

ふたたび四月一日は夢の中でさくらちゃんと出会う。さくらちゃんはみんなを助けるため、自分が犠牲になってもできることをしたかったのだという。
話をしているうちに、四月一日がシャオランと似ているといい出すさくらちゃん。よく聞くと、なんと四月一日とシャオラン、そしてさくらちゃんの誕生日は、みな同じ4月1日だったのである。
夢から覚めて慌てて学校へ急ぐ四月一日を見送りながら、貴方の名字には大切な意味があるのだと、侑子さんはつぶやくのだった。

下校途中、小羽ちゃんの家を尋ねた四月一日と百目鬼は、塀になぐり書きされている小羽ちゃんを罵倒する言葉と、頭に包帯を巻いた小羽ちゃんを見て仰天する。テレビ局は権威ある霊能師のいうことだけを信じ、小羽ちゃんがまるでウソをついているように扱っているのだという。その挙げ句、小羽ちゃんを敵視する誰かに階段から突き落とされたのだ。
小羽ちゃんを慰めようとする四月一日は、ヒステリー状態の母親にポットの熱湯を浴びせられる。四月一日をつれて、侑子さんの店へと急ぐ百目鬼。小羽ちゃんは母親に怒りの感情を向けるのだった。

気を失っている四月一日は夢の中をさまよい続け、自分に過去の記憶がないことに気づく。両親の顔も名前も思い出せない。そして涙を流しながら侑子さんの店のベッドで目覚めたのだ。
しかしこれさえも夢だと気づき、何が夢で現実なのか分からなくなる。そこに侑子さんが現れたので叶えてほしい夢を訪ねると、侑子さんは四月一日をやさしく抱きしめたのだった。

そのあと四月一日は本当に目覚める。そして心に誓ったのだ。もし毎日が夢だとしても自分にとっては大切な日々。それを守るために自分のやれる事をやる、と。

小羽の想い、そして記憶の在りか編

トラブルに巻き込まれている小羽ちゃんをテレビ局から救い出した四月一日と百目鬼は、侑子さんの店へと急いでいた。テレビ局には、なぜ願いが叶わないのかと暴れている小羽ちゃんの母親がいたのである。
百目鬼から事情を聞いた侑子さんは、小羽ちゃんの母親は願い方を間違えているという。
小羽ちゃんは、そのことに母親が自分で気づいてくれるのを待っていた。しかし事態がどんどん悪くなって来たために終わらせるきっかけが欲しかったのだろうと話す侑子さん。小羽ちゃんと心が近い四月一日が、そのきっかけだったのだろうと話すのだった。

翌日、昨日より今日の小羽ちゃんが好きという黒モコナに、「いっぱい泣いたからかも」と話す小羽ちゃんは、自分の力を対価にして嫌なことをすべて忘れたいと侑子さんに願う。
小羽ちゃんが対価とした記憶の断片は、黒モコナが耳に付けている封印具の中にしまい込まれた。この封印具の中には、四月一日のすべての過去の記憶もしまわれている。

四月一日が初めて店に来るずっと前、彼はある願いを叶えるために過去のすべての記憶を対価として差し出していたのだ。そのため四月一日には過去の記憶が何もなかったのである。
侑子さんは2つの未来のために、もうすぐやって来る“その時”まで記憶を守ってほしいと黒モコナに語りかけるのだった。

四月一日の真実編

8uhang-mijya
8uhang-mijya
@8uhang-mijya

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』を始め数々の漫画作品及びそれを基にしたアニメなどを世に送り出している女性漫画家集団・CLAMP。CLAMP作品の中には個性的なキャラクターが描かれており、スターシステムを採用することによって作品の垣根を越えて一人の登場人物が複数の作品に登場したり、共通した考え方、背景や設定を共有することが多くある。この記事ではキャラクター同士・作品同士の関連性を考慮しながら、CLAMP作品のスターシステムについて解説する。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説・考察まとめ

ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガールズ&パンツァー』とは、監督・水島努によるアニメ、及びそれらを原作としたマンガ、ゲーム作品。 架空の競技「戦車道」をテーマに、主人公・西住みほが率いる大洗女子学園戦車道チームの奮闘を描く。 2012年にテレビアニメが放送され、幕間劇を描くOVAが2014年に発売。2015年には続編が劇場映画として制作された。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とは、CLAMPによる異世界冒険活劇漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。考古学者の卵である小狼は、飛王・リードの陰謀により羽根となって様々な異世界へ飛び散ったサクラ姫の記憶を取り戻すべく、魔術師のファイ、忍者の黒鋼、記憶を失ったさくら、そして『xxxHOLiC』の主要人物でもある次元の魔女・侑子によって創られたモコナと共に次元を超えた旅を始める。一行を待ち受けていたのは、飛王の野望の為に用意された過酷な旅路であった。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年11月から少女漫画雑誌「なかよし」にて連載が開始されたCLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。今回は第一章で主人公たち光・海・風が使命を果たした後、東京に戻ってきて再びセフィーロへ向かうところからの物語である第二章について紹介する。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

カードキャプターさくらは1996年に、月刊少女雑誌「なかよし」で連載された。小学4年生のさくらがカードキャプターとして、身の回りに起こる不思議な出来事を解決していく話だ。20年経った今でも根強い人気を誇る。連載から2016年には、続編であるクリアカード編の連載がスタート。クリアカード編を機に、漫画を買った者も多い。アニメしか見たことしかない者には、漫画を読むと異なる点が多くある。カードキャプターさくらの原作漫画とアニメでの違いを解説していく。

Read Article

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年に連載が開始された漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。舞台は主人公、光・海・風が召喚された異世界「セフィーロ」。そこで世界の柱であるエメロード姫を捕らえた神官ザガートを倒すため数々の試練をくぐり抜けていく物語である。今回は漫画版1(アニメ第一章)について紹介する。

Read Article

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『こばと。』とはCLAMPによる人間界を舞台としたローファンタジー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品。花戸小鳩が「行きたい所へ行く」という願いを叶えるため、人々を癒すことで得られる傷ついた心を集めようと奮闘する物語。後半では主要人物らによる三角関係も描かれておりラブストーリーの要素も強い。純粋なこばとは様々な人々と出会うことで、今の自分にとって一番大切なものは何なのか考えるようになる。登場人物それぞれに複雑な過去があり、それらのことを踏まえて最後にこばとが何を願うのかが見どころとなっている。

Read Article

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちょびっツ』とはCLAMPによるSFラブストーリー漫画とそれを原作にしたアニメ作品。少女の容姿をしたパソコンと機械には疎い青年が織り出す恋愛模様を描いている。パソコンが人型で普及している東京で浪人生の本須和秀樹はバイト帰りにゴミ捨て場で人型パソコンの「ちぃ」を拾うがソフトが何もインストールされておらず、全てが謎に包まれていたパソコンだった。友人と共にちぃの素性に迫っていくうちに、プログラム通りに行動するパソコンとは違うChobitsという特殊なパソコンではないかという疑念が生まれる。

Read Article

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

かつてNHK教育放送で夕方の時間に放送されていたCLAMP原作の「ツバサ・クロニクル」。 しかし、結局多くの謎が解決されないまま、テレビアニメの放送が終了した。 原作漫画は28巻もあり、テレビで放送された部分はその半分にも満たない。 テレビで放送されなかった部分は、DVD化、あるいはネット配信となっている。 そんなツバサ・クロニクルの後半部分についての解説。

Read Article

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京BABYLON』とは、CLAMPの漫画及び漫画を原作としたアニメ。伝奇ファンタジー作品でありながら、人々の悩みや孤独をリアルに描き出した社会派作品とも評される。1980年代を彷彿とさせる東京が舞台。そこで起こる怪奇現象に優しい心の持ち主である皇昴流が自らも傷つきながら陰陽術を使って立ち向かっていくストーリーでとなっている。主要人物としては他に昴流の双子の姉である北都と昴流に想いを寄せている獣医の桜塚星史郎がおり、この三人の行きつく悲劇的な結末は衝撃的なものである。

Read Article

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが、封印を解かれ様々な出来事を巻き起こす魔法のカードたちに立ち向かいながら成長していく物語。主人公のさくらは毎回違うバトルコスチュームを着ていたり、魔法を発動している様子が美しく描かれたりすることから、作品作りの細やかさに定評がある。また作中には性別や年齢による立場の違いなど一般的な価値観に捕らわれない恋愛が多く登場しており、前衛的な作品とも評される。

Read Article

NEW
Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『Wish』とはCLAMPの漫画であり、『月刊ミステリーDX』で連載されていた。連載期間は1995年~1998年まで。全4巻。病院で外科医をしている栩堂琇一郎(くどうしゅういちろう)が帰宅途中、琥珀(こはく)という名の天使をカラスにいじめられているところから助け出す。その御礼に琥珀は何でも願いを叶えると言い出し、そのまま琇一郎の家に居候することに。そこから多種多様の天使・悪魔達も交わり慌ただしく過ぎていく毎日だが、2人には衝撃的な運命が待ち構えていた。人間と天使のラブファンタジー漫画。

Read Article

CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLOVER』とは、CLAMPが雑誌『Amie』に1997年から1999年にかけて連載したファンタジー作品および、それをもとにした映画作品である。機械技術が発達したサイバーパンク風の世界を舞台に「クローバー」と呼ばれる特殊能力を持つ少年少女達を巡る連作長編。この世で最強の能力を持つ「四つ葉」の少女スウ、「三つ葉」の双子兄弟CとA、自分の死んだ日が分かる「一葉」の歌姫織葉、そして「クローバー」と関わる人間達の物語である。時系列は現在から過去に遡るという構成になっている。

Read Article

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『20面相におねがい!!』とは、CLAMPによって1989年から1991年まで『コミックGENKi』で連載された作品。 『CLAMP学園探偵団』、『学園特警デュカリオン』とともに「CLAMP学園三部作」の一つであり、シリーズ第一作目である。 「怪人20面相」の顔を持つ小学生の主人公・伊集院玲と偶然出会った幼稚園児の令嬢・大川詠心の二人を通して描かれるラブコメディ。 2012年には角川書店より愛蔵版が出版されている。

Read Article

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『合法ドラッグ』『ドラッグ&ドロップ』とは、主人公らが謎の依頼を解決していくCLAMPのサイキックサスペンス漫画。物語は栩堂風疾が家出をしてきて雪降る夜に街中で倒れていたところを火群陸王に助けられるところから始まる。風疾は陸王の下宿先であるみどり薬局に連れてこられたことで店主・花蛍と斎峨に出会い、住み込みで陸王と共同生活をしながらみどり薬局での仕事と摩訶不思議な依頼に対応するもう一つのバイトをし始める。謎の依頼をこなしていくとともに、風疾、陸王の抱える不吉な過去とその運命が描かれる。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

『魔法騎士レイアース』とは、異世界に召還された少女達の戦いを描いたCLAMPによるファンタジー冒険漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 日本の女子中学生・獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風の3人は東京タワーから異世界セフィーロに召還され、魔法戦士としてセフィーロを救うために戦いを始める。 セフィーロには魔法が存在しており、召還された魔法戦士やその世界に住む人々が戦いの中で使う。それぞれの属性に適した魔法があり、作中では様々な魔法の呪文や必殺技が登場する。

Read Article

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『新・春香伝』(しん・しゅんかでん)とは、CLAMPが雑誌『セリエミステリーSPECIAL』に1992年10月20日号から1994年2月20日号にかけて連載したファンタジー作品、およびドラマCD作品である。朝鮮に伝わる『春香伝』(しゅんこうでん / チュニャンヂョン)を下敷きに、武術が得意な少女春香(チュニャン)と旅人の青年夢龍(ムロン)の出会い、悪政を行う両班達に対し共に立ち向かう姿が描かれる。

Read Article

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『すき。だからすき』とは、女子高生・旭ひなたと臨時教師・麻生史郎の恋愛を描いたCLAMPの漫画。とある事情から一人暮らしをしている主人子のひなたは、隣に引っ越してきて更に彼女の高校の臨時教師となった麻生に好意を抱き始める。純粋無垢なひなたは想いが募ってくいくにつれてはっきりと自分の気持ちを麻生に伝えていく。しかし麻生は過去のトラウマが理由でひなたとの関係に一線を引いているのであった。最終的にクールでそっけないがどこか優しい麻生の心を開くことに成功し、ひなたの恋が実るのかが見どころとなっている。

Read Article

白姫抄(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

白姫抄(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『白姫抄(しらひめしょう)』とは、CLAMPが光文社から1992年に出版した全編描き下ろしのファンタジー作品である。雪を司る美しい女神「白姫(しらひめ)」の伝承をもとに、プロローグとエピローグを挟み、雪の季節を舞台にした三編のオムニバスの物語が収録されている。 雪の降る中、一人の男が白い着物姿の女性と出会うところから始まる。「雪が降る日は白姫が泣いている」という白姫の伝承と共に雪の季節を舞台に人間と獣の間で起こった物語、恋人達の悲恋の物語が綴られる。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

目次 - Contents