魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年11月から少女漫画雑誌「なかよし」にて連載が開始されたCLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。今回は第一章で主人公たち光・海・風が使命を果たした後、東京に戻ってきて再びセフィーロへ向かうところからの物語である第二章について紹介する。

『魔法騎士レイアース』の概要

『魔法騎士レイアース』(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年11月から1996年4月まで少女漫画月刊誌「なかよし」にて連載された少女漫画である。1994年から1995年にかけてアニメ化された。作者は漫画家集団CLAMP。現在も数々の作品を生み出し、人気を誇っている漫画家集団である。

漫画は「魔法騎士レイアース」、「魔法騎士レイアース2」それぞれ3巻が発表されており、それに添ってアニメも第一章、第二章に分かれてアニメ化されている。
脚本は、第18話までをまるおけいこ・中村修が担当していたが、19話以降はCLAMPの原作担当である大川七瀬が行っており、特に第二章はオリジナル要素が高くなっている。またラストの内容、およびラスボスもアニメオリジナルのものとなっている。

今回は第二章について紹介する。
第一章については、以下を参照。

renote.jp

『魔法騎士レイアース 第二章』のあらすじ・ストーリー

主人公の光・海・風がエメロード姫によりセフィーロに召喚されたのは、エメロード姫自身を殺してもらうためだという真実を知った光たち。涙を流しながら彼女を倒した3人は東京に戻ってくることができた。しかし、3人にはやるせない気持ちが残っていた。

再び東京タワーに集まった3人は、エメロード姫が守っていたセフィーロのために自分たちが出来ることをしたいと願う。すると、初めてセフィーロに召喚された時と同じように空に光が輝き、再びセフィーロに召喚された。しかし、そのセフィーロは以前のような火山、海、空に浮かぶ島がある綺麗な場所ではなく、空には雷が鳴り地面が刺のようになった様変わりした世界だった。そこで再び導師クレフの召喚獣に助けられた3人は城に招かれる。その城はクレフたち力の強いものが意志の力により作った避難所であった。しかし、現在セフィーロは他国であるオートザム、ファーレン、チゼータにより侵攻されていると聞かされる。オートザムは精神エネルギーの枯渇が深刻化しているために柱システムを解明するため、ファーレンは第1皇女アスカのわがままのため、そしてチゼータは国土拡大のためにセフィーロに攻めて来ていた。

3人はかつては敵だったアスコット、カルディナ、ラファーガ、そして死んだと思っていたプレセアと再会し共に戦うことを決意する。だが、実はプレセアは死んでおり3人の前に現れたのはプレセアの双子の妹シエラであった。しかし、それを知っているのはクレフしかいない。
そして、3人は城でランティスという男性に出会うことになる。彼は神官ザガートの弟であり、エメロード姫が柱になる前から姿を消しオートザムに滞在していたという。ランティスの兄である神官ザガートを殺したことに罪悪感を覚える光たちであるが、ランティスはマジックナイトという使命に理解を示し、光たちに気にすることはないと伝える。

そして、一番初めにセフィーロに近づいてきたオートザムに対して、光たちは話し合いをしたいと戦艦NSXに向かう。しかし、その途中で行方不明になっていたアルシオーネの襲撃を受ける。彼女はデボネアに操られており、光たちを攻撃しセフィーロを消滅させることを目的としていた。デボネアとはセフィーロの人間が抱いた恐怖などから具現化した存在である。光はそのデボネアがセフィーロに来てからしばしば夢に見ている存在であると気づく。そして、そのデボネアと共にいる少女ノヴァをこれから何度も夢に見ることになる。

その後、オートザムの最高指揮官であるイーグルと話し彼らの目的が柱システムの解明であると知った3人だったが、その途中でファーレンの要塞が乱入してくる。ファーレンのアスカが操る幻影を倒した光たちは城へ戻ってくるが、この危機的状況に、次の「柱」候補となる人材を求めることにした。光は城の外へ柱になるかもしれない人がいないか探しに行きたいと言い出す。他の者は反対するが、マジックナイト全員が城の外にでるのはまたどこかの国がせめて来た時に危険だと一人で探しに行くと言う。そこでランティスと共に行くことで皆の同意を得ることができた。光とランティスは城の外へ魔物と戦いながら城の外へ人々を探しに出るが、その途中でイーグルの襲撃を受ける。光はイーグルが操るロボット・FTOの強さに太刀打ちができず、捉えられてしまう。イーグルに囚われ戦艦NSXに連れて行かれた光は、オートザムが人の精神エネルギーで機械化された世界だが、その精神エネルギーが足らなくなり危機的状況に陥っているため柱システムを求めていると聞かされる。その時、ランティスが戦艦NSXに穴を開け光を助けに来る。ランティスとイーグルは戦うがその途中で光はその場から消えてしまった。

光はセフィーロの地上に転移させられ、謎の少女ノヴァと対面した。ノヴァは光が夢の中で度々であっていた少女であった。戸惑う光に「私は光を殺しに来た」と告げ、戦いを仕掛けてくる。魔法で応戦する光だが、ノヴァは光と全く同じ魔法を打ち返してきた。更にノヴァは魔神・レガリアを召喚し、光に襲いかかってくる。海と風が加勢に駆けつけるが、ノヴァは三人を異空間へと連れ去ってしまう。ノヴァは「光は私のだ。他の子と仲良くしちゃだめ」と、海と風を攻撃する。光が自分以外を見ることを許せないのだ。ノヴァと戦う3人だが、ついにノヴァの攻撃により光の剣が折れてしまう。倒れた光に対して、ノヴァは「もっと強くなって。そしたらまた遊ぼうね」と言い残し、去って行く。

剣を失い魔神を呼べなくなった光は自分の無力さを嘆く。だが、光はプレセア(シエラ)の力を借り剣を蘇らせることに成功する。そして、ついにオートザムによるセフィーロ侵略が本格化する。剣を取り戻し魔神を再び呼び出せるようになった光と、海・風はイーグルの城侵入を阻むため戦いに向かう。壮絶な戦いを行うがイーグルが結界を破壊し城への侵入を許してしまう。
イーグルを追って城へ向かった光だが、そこではセフィーロの柱の証である王冠を手に入れようとするデボネアが多くの魔物を従えて攻撃してきていた。クレフたちなど仲間が戦うが、その間にデボネアは王冠の安置されている部屋へ侵入する。しかし、王冠に手を掛けようとしたとき、エメロード姫の残心がデボネアを追い払った。その力の余波により、光とイーグルも気を失って倒れてしまった。

結局イーグルは城に囚われることになった。しかし、囚われていた部屋から脱出したイーグルは王冠の部屋の鍵であるランティスの剣を得るため、ランティスに戦いを挑む。そして、城内を捜索していた光は、ランティスとイーグルが戦っている中庭にたどり着く。その瞬間、ランティスの剣が輝き出し、三人は王冠の部屋の前へ飛ばされてしまった。イーグルは部屋へ突入し、それを止めようとした光も部屋に飛び込んだ。王冠の部屋は柱になれる資格を持つものしか生きて出られない。しかし、光とイーグルは無事二人共生還することができた。つまり、二人共柱になれる可能性があるということである。イーグルはそれを期に、「もし自分が柱になれるのならば、セフィーロに留まる」という決意を新たにする。

ファーレンとチゼータも柱の真実を知り、セフィーロはオートザムを含め3国と停戦を結ぶことに成功する。しかし、ノヴァが再び魔神・レガリアと共に光たちの前に現れる。そして、光たちはノヴァが光のエメロード姫を殺すことになったやりきれない心が生み出した影であることに気づかされる。
ノヴァと戦おうとする3人だが、彼女はランティスを捕らえて魔神の中に入れていた。ランティスがいることで攻撃できない光たちを見て、イーグルも体に負担がかかり吐血しているにも関わらず出撃する。防戦一方でボロボロになる4人。そんな中、イーグルは光にランティスの名を呼ぶよう伝える。光の声ならばランティスは目を覚ますはずだろうという予想のもとだった。そして、光のランティスへの叫びにより、ランティスは目を覚ますことができた。ランティスはイーグルにレガリアを攻撃するように伝える。その隙に脱出するという。無事、ランティスを救い出した4人であったが、その時デボネアが現れ、イーグルを攻撃してしまう。そしてイーグルは、「ランティス、光を幸せにしてあげてください」という最後の言葉とともに散っていったのだった。
イーグルの死によって強い怒りを抱いた光たち3人は、魔神を合体しデボネアを攻撃する。ノヴァが立ちふさがるが、デボネアは彼女ごと光たちを消滅させようとした。そして、魔神・レガリアは消滅する。光は生身の姿で地面に降り立った自分の心の影であるノヴァと正面から向き合うことを決意する。

デボネアに裏切られ、光の心の強さにより自身の魔法も気がず怯えるノヴァだが、光はノヴァを抱きしめながら、「後悔したり、悲しんだり、苦しんだりする心ごと自分を好きになりたいと思う」と伝える。そして、光の心から離れることで孤独を味わっており、光の後悔の心が生み出したノヴァを「戻っておいで」と自分の中に戻した。

ノヴァを吸収した光は、海、風とともにセフィーロの裏世界にいるデボネアを倒しに向かう。魔神を合体させ戦う3人だがデボネアに圧倒される。その時、オートザムの戦艦NSX、ファーレン要塞の童夢、チゼータの要塞ブラヴァーダが現れ、戦いに加勢した。しかし、デボネアはセフィーロの人々の恐怖の心が生み出したもの。セフィーロの住民たちが怯えている限りその力は強くなるのだった。その頃、セフィーロの城に残っていた人々は妖精プリメーラの「このセフィーロ誰の国なの!」という言葉に心を動かされる。フェリオたち他の仲間たちの言葉にも励まされ、マジックナイトを信じるようになっていた。そして、その信じる心の強さが光たちに流れ込み、さらにセフィーロの柱の証である王冠が光のもとに転移してきた。光たちはその皆の信じる心の力を使い、ついにデボネアを倒すことに成功したのだった。

柱の証を手に入れ柱となった光は、セフィーロの最後の柱として、柱制度をなくすことを宣言する。そして、「これからのセフィーロはこの世界を愛するみんなと作っていってほしい」と願ったのだった。そして魔神から、光たちがセフィーロに召喚されたのは自分たち自身のセフィーロへ行きたいという願いからであったと告げられた。そして、後悔しないように戦うことができた3人は東京に戻ってきたのだった。

一年後、再び東京タワーに集まった3人は窓の外に以前よりずっと美しくなったセフィーロの姿を見ることになったのだった。

『魔法騎士レイアース 第二章』の登場人物・キャラクター

獅堂 光(しどう ひかる)

CV:椎名へきる
女子中学校に通う14歳の中学2年生、8月8日生まれ、身長145cm、血液型はO型。
両親と3人の兄の6人家族で、愛犬は閃光(ひかり)。実家が剣道道場で剣の腕は一流。その為、セフィーロでの武器も剣になった。
兄たちにたいへん可愛がられており、エメロード姫を倒したことに落ち込んでいる姿を見た兄たちに心配された。
イメージカラーは赤。魔法の属性は炎。一人称は「わたし」。光の魔神・レイアースは魔神3体(レイアース・セレス・ウィンダム)の中でもっとも火力が高い。
ややボーイッシュなキャラクターであり、小柄で年齢より幼く見られる。髪型は後ろ髪だけ非常に長くそこを三つ編みにしている。
性格は率直で強くまっすぐな性格。セフィーロへの思いが大変強く、その為柱候補に選ばれた。
ランティスへ恋愛感情を抱くようになり、そのせいでノヴァがランティスを捕らえたりしたが、最終的に相思相愛になる。

龍咲 海(りゅうざき うみ)

CV:吉田古奈美
有名なお嬢様学校に通う中学2年生、3月3日生まれ、身長158cm、血液型はA型。
一人っ子で両親との3人家族の帰国子女。ちなみに両親は万年新婚夫婦である。
イメージカラーは青。魔法の属性は水。一人称は「私」。主人公3人の中では一番高身長である。海の魔神・セレスはスピード重視の機体である。
性格は興奮しやすく怒りっぽい。そのため、よく誤解され喧嘩になる。お嬢様にありがちな高飛車な性格に見えるが、根は仲間思いで優しく非常に繊細である。

鳳凰寺 風(ほうおうじ ふう)

CV:笠原弘子
成績の良い学生が通うと有名な名門女子高に通っている中学2年生、12月12日生まれ、身長156cm、血液型はA型。
両親と姉の4人家族。
イメージカラーは緑。魔法の属性は風。一人称は「私(わたくし)」。風の魔神・ウィンダムは防御力重視の機体である。
いつもおっとりとした性格と笑顔を浮かべており、お嬢様口調である。しかし、洞察力に優れ頭の回転が早く策略家な一面も見せる。
また、フェリオとは恋仲である。

セフィーロ側

ランティス

CV:小杉十郎太
身長198cm。クレフの弟子の一人でザガートの弟。強い魔力と高い剣術を兼ね備えたセフィーロで唯一の魔法剣士(カイル)。ラファーガの前の親衛隊長で、兄と共にエメロード姫の補佐をしていたが、「柱制度」に疑念を抱き突如行方をくらませた。ザガートとよく似た容姿と声をしており、光たちは最初は彼の兄であるザガートを殺したことにひどい罪悪感を抱いていた。しかし、「ザガートを殺した復讐は私が全部引き受ける。だから仲間には手を出さないで」と言った光るに対して、「気にすることではない」と兄を倒した光達マジックナイトの立場や胸中にも理解を示している。

プリメーラ

CV:白鳥由里
身長24cm。ランティスが連れている妖精。治癒魔法や強化魔法が使える。命の危機の瀕した時に助けてくれたランティスに一目惚れし、以後彼と行動を共にしている。ランティスに恋心を抱いているため、光を恋敵としてライバル心を燃やしている。
アニメ終盤、他力本願でマジックナイトたちに頼っていたのセフィーロの住人達に、「このセフィーロ誰の国なの!」と発破を掛け、デボネアへ力を与えてる形になっていた民の心の恐怖を払拭した。

シエラ

moimoi1221
moimoi1221
@moimoi1221

Related Articles関連記事

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年に連載が開始された漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。舞台は主人公、光・海・風が召喚された異世界「セフィーロ」。そこで世界の柱であるエメロード姫を捕らえた神官ザガートを倒すため数々の試練をくぐり抜けていく物語である。今回は漫画版1(アニメ第一章)について紹介する。

Read Article

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

『魔法騎士レイアース』とは、異世界に召還された少女達の戦いを描いたCLAMPによるファンタジー冒険漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 日本の女子中学生・獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風の3人は東京タワーから異世界セフィーロに召還され、魔法戦士としてセフィーロを救うために戦いを始める。 セフィーロには魔法が存在しており、召還された魔法戦士やその世界に住む人々が戦いの中で使う。それぞれの属性に適した魔法があり、作中では様々な魔法の呪文や必殺技が登場する。

Read Article

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』を始め数々の漫画作品及びそれを基にしたアニメなどを世に送り出している女性漫画家集団・CLAMP。CLAMP作品の中には個性的なキャラクターが描かれており、スターシステムを採用することによって作品の垣根を越えて一人の登場人物が複数の作品に登場したり、共通した考え方、背景や設定を共有することが多くある。この記事ではキャラクター同士・作品同士の関連性を考慮しながら、CLAMP作品のスターシステムについて解説する。

Read Article

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ。幽霊や妖怪などが多く登場するオカルト色の強い伝奇ファンタジー作品。自身の特異体質に悩む四月一日(わたぬき)は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことになる。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。また『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』と物語が連動しており、本作の見どころの一つとなっている。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とは、CLAMPによる異世界冒険活劇漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。考古学者の卵である小狼は、飛王・リードの陰謀により羽根となって様々な異世界へ飛び散ったサクラ姫の記憶を取り戻すべく、魔術師のファイ、忍者の黒鋼、記憶を失ったさくら、そして『xxxHOLiC』の主要人物でもある次元の魔女・侑子によって創られたモコナと共に次元を超えた旅を始める。一行を待ち受けていたのは、飛王の野望の為に用意された過酷な旅路であった。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

カードキャプターさくらは1996年に、月刊少女雑誌「なかよし」で連載された。小学4年生のさくらがカードキャプターとして、身の回りに起こる不思議な出来事を解決していく話だ。20年経った今でも根強い人気を誇る。連載から2016年には、続編であるクリアカード編の連載がスタート。クリアカード編を機に、漫画を買った者も多い。アニメしか見たことしかない者には、漫画を読むと異なる点が多くある。カードキャプターさくらの原作漫画とアニメでの違いを解説していく。

Read Article

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『こばと。』とはCLAMPによる人間界を舞台としたローファンタジー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品。花戸小鳩が「行きたい所へ行く」という願いを叶えるため、人々を癒すことで得られる傷ついた心を集めようと奮闘する物語。後半では主要人物らによる三角関係も描かれておりラブストーリーの要素も強い。純粋なこばとは様々な人々と出会うことで、今の自分にとって一番大切なものは何なのか考えるようになる。登場人物それぞれに複雑な過去があり、それらのことを踏まえて最後にこばとが何を願うのかが見どころとなっている。

Read Article

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

かつてNHK教育放送で夕方の時間に放送されていたCLAMP原作の「ツバサ・クロニクル」。 しかし、結局多くの謎が解決されないまま、テレビアニメの放送が終了した。 原作漫画は28巻もあり、テレビで放送された部分はその半分にも満たない。 テレビで放送されなかった部分は、DVD化、あるいはネット配信となっている。 そんなツバサ・クロニクルの後半部分についての解説。

Read Article

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちょびっツ』とはCLAMPによるSFラブストーリー漫画とそれを原作にしたアニメ作品。少女の容姿をしたパソコンと機械には疎い青年が織り出す恋愛模様を描いている。パソコンが人型で普及している東京で浪人生の本須和秀樹はバイト帰りにゴミ捨て場で人型パソコンの「ちぃ」を拾うがソフトが何もインストールされておらず、全てが謎に包まれていたパソコンだった。友人と共にちぃの素性に迫っていくうちに、プログラム通りに行動するパソコンとは違うChobitsという特殊なパソコンではないかという疑念が生まれる。

Read Article

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京BABYLON』とは、CLAMPの漫画及び漫画を原作としたアニメ。伝奇ファンタジー作品でありながら、人々の悩みや孤独をリアルに描き出した社会派作品とも評される。1980年代を彷彿とさせる東京が舞台。そこで起こる怪奇現象に優しい心の持ち主である皇昴流が自らも傷つきながら陰陽術を使って立ち向かっていくストーリーでとなっている。主要人物としては他に昴流の双子の姉である北都と昴流に想いを寄せている獣医の桜塚星史郎がおり、この三人の行きつく悲劇的な結末は衝撃的なものである。

Read Article

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが、封印を解かれ様々な出来事を巻き起こす魔法のカードたちに立ち向かいながら成長していく物語。主人公のさくらは毎回違うバトルコスチュームを着ていたり、魔法を発動している様子が美しく描かれたりすることから、作品作りの細やかさに定評がある。また作中には性別や年齢による立場の違いなど一般的な価値観に捕らわれない恋愛が多く登場しており、前衛的な作品とも評される。

Read Article

Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『Wish』とはCLAMPの漫画であり、『月刊ミステリーDX』で連載されていた。連載期間は1995年~1998年まで。全4巻。病院で外科医をしている栩堂琇一郎(くどうしゅういちろう)が帰宅途中、琥珀(こはく)という名の天使をカラスにいじめられているところから助け出す。その御礼に琥珀は何でも願いを叶えると言い出し、そのまま琇一郎の家に居候することに。そこから多種多様の天使・悪魔達も交わり慌ただしく過ぎていく毎日だが、2人には衝撃的な運命が待ち構えていた。人間と天使のラブファンタジー漫画。

Read Article

CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLOVER』とは、CLAMPが雑誌『Amie』に1997年から1999年にかけて連載したファンタジー作品および、それをもとにした映画作品である。機械技術が発達したサイバーパンク風の世界を舞台に「クローバー」と呼ばれる特殊能力を持つ少年少女達を巡る連作長編。この世で最強の能力を持つ「四つ葉」の少女スウ、「三つ葉」の双子兄弟CとA、自分の死んだ日が分かる「一葉」の歌姫織葉、そして「クローバー」と関わる人間達の物語である。時系列は現在から過去に遡るという構成になっている。

Read Article

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『20面相におねがい!!』とは、CLAMPによって1989年から1991年まで『コミックGENKi』で連載された作品。 『CLAMP学園探偵団』、『学園特警デュカリオン』とともに「CLAMP学園三部作」の一つであり、シリーズ第一作目である。 「怪人20面相」の顔を持つ小学生の主人公・伊集院玲と偶然出会った幼稚園児の令嬢・大川詠心の二人を通して描かれるラブコメディ。 2012年には角川書店より愛蔵版が出版されている。

Read Article

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『合法ドラッグ』『ドラッグ&ドロップ』とは、主人公らが謎の依頼を解決していくCLAMPのサイキックサスペンス漫画。物語は栩堂風疾が家出をしてきて雪降る夜に街中で倒れていたところを火群陸王に助けられるところから始まる。風疾は陸王の下宿先であるみどり薬局に連れてこられたことで店主・花蛍と斎峨に出会い、住み込みで陸王と共同生活をしながらみどり薬局での仕事と摩訶不思議な依頼に対応するもう一つのバイトをし始める。謎の依頼をこなしていくとともに、風疾、陸王の抱える不吉な過去とその運命が描かれる。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『新・春香伝』(しん・しゅんかでん)とは、CLAMPが雑誌『セリエミステリーSPECIAL』に1992年10月20日号から1994年2月20日号にかけて連載したファンタジー作品、およびドラマCD作品である。朝鮮に伝わる『春香伝』(しゅんこうでん / チュニャンヂョン)を下敷きに、武術が得意な少女春香(チュニャン)と旅人の青年夢龍(ムロン)の出会い、悪政を行う両班達に対し共に立ち向かう姿が描かれる。

Read Article

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『すき。だからすき』とは、女子高生・旭ひなたと臨時教師・麻生史郎の恋愛を描いたCLAMPの漫画。とある事情から一人暮らしをしている主人子のひなたは、隣に引っ越してきて更に彼女の高校の臨時教師となった麻生に好意を抱き始める。純粋無垢なひなたは想いが募ってくいくにつれてはっきりと自分の気持ちを麻生に伝えていく。しかし麻生は過去のトラウマが理由でひなたとの関係に一線を引いているのであった。最終的にクールでそっけないがどこか優しい麻生の心を開くことに成功し、ひなたの恋が実るのかが見どころとなっている。

Read Article

白姫抄(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『白姫抄(しらひめしょう)』とは、CLAMPが光文社から1992年に出版した全編描き下ろしのファンタジー作品である。雪を司る美しい女神「白姫(しらひめ)」の伝承をもとに、プロローグとエピローグを挟み、雪の季節を舞台にした三編のオムニバスの物語が収録されている。 雪の降る中、一人の男が白い着物姿の女性と出会うところから始まる。「雪が降る日は白姫が泣いている」という白姫の伝承と共に雪の季節を舞台に人間と獣の間で起こった物語、恋人達の悲恋の物語が綴られる。

Read Article

改めて見るとカオスな「カードキャプターさくら」恋愛事情まとめ!

この世に生み出されて20年が経った今でも性別問わず幅広い年代のファンを魅了する「カードキャプターさくら」。最終的には主人公の木之本桜とその同級生である李小狼がめでたく結ばれハッピーエンドになったことでも知られる作品ですが、そんな周囲では”当たり前”にとらわれない自由な恋愛が繰り広げられていたのをご存知でしょうか?

Read Article

カードキャプターさくら「単行本・新装版・記念版」の違いを徹底比較してみた!

漫画の購入を検討なさっている方の中には「どれを買おうか迷っている」方も多いのではないでしょうか?『単行本・新装版・記念版。この3つって何が違うの?』そんな気になる疑問を一気に解決すべく、今回は今までに発売されてきた「カードキャプターさくら」の漫画の値段や巻数、特徴についてまとめてみました!

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

目次 - Contents