ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。
雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

『ひぐらしのなく頃に業』の概要

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。
同シリーズは2002年に同人サークル「07thExpansion」が発表したノベルゲームから出発し、ほのぼのした日常から唐突に展開する猟奇的な事件、魅力的なキャラクターと謎めいた物語が話題を呼んでファンが激増。マンガ、アニメ、小説、実写ドラマ、実写映画、演奏会と多岐に渡るメディアミックスを果たし、2000年代後半から2010年代前半にかけて絶大な人気を獲得した。
アニメは2006年に『ひぐらしのなく頃に』、2007年に『ひぐらしのなく頃に解』がテレビで放送され、2009年から2013年にかけてはOVA『ひぐらしのなく頃に礼』、『ひぐらしのなく頃に煌』、『ひぐらしのなく頃に拡』が制作。本作は7年ぶりの新作テレビアニメとなる。

昭和後期。雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナ、園崎魅音、北条沙都子、古手梨花らと共にのどかで平和な田舎暮らしを楽しんでいた。しかしある時、フリーカメラマンの富竹ジロウという男から、村でかつて起きたバラバラ殺人事件についての話を聞く。気になって事件のことを調べ始めた圭一に対し、レナや魅音を含む村人たちは次第に不穏な一面をさらけ出していく。
一方、どことも知れぬ空間で、“成長した姿の梨花”が羽入という人外の存在と対面し、「私は全てを理解している」と不可思議な言葉を口にする。その梨花は、現在の雛見沢村では当時のままの幼い姿で、しかしほのかに赤い光を宿す異様な眼差しで圭一たちを見守るのだった。

2020年7月に放送予定だったが、COVID-19により製作が遅れ2020年10月からのスタートとなる。
序盤の展開は過去作と同じものだが、公式からは「リメイクではなくリブート」だと発表されている。キャラクターデザインこそ変更になったものの、声優陣は続投し、それぞれが変わらぬ演技を見せたことにファンからは喜びの声が上がった。

『ひぐらしのなく頃に業』のあらすじ・ストーリー

第1話 鬼騙し編 壱

教室に向かう圭一(右)、レナ(中)、魅音(左)。魅音は学年が上だが、生徒数が少ないため全員同じ教室で授業を受けている。

昭和58年6月。前原圭一は、都会生まれの高校生。最近雛見沢村に家族と共に引っ越してきた彼は、田舎暮らしにもすぐに慣れ、同じ学校に通う同級生の竜宮レナ、上級生の園崎魅音、年下の北条沙都子、古手梨花ら部活仲間と共にのどかで平和な日々を送っていた。

そんなある日、圭一はレナにゴミの不法投棄場へと誘われる。ここで都会から運ばれてきた“かぁいいもの”こと、自身の琴線に触れる品を探すのがレナの密かな趣味だった。夢中でゴミの山を探索するレナを圭一が眺めていると、村で見たことのない男に話しかけられる。男は富竹ジロウと名乗り、たびたび村を訪れては自然や野鳥を撮影しているフリーのカメラマンだと自分のことを説明する。レナのゴミ漁りに目を向けた富竹から「彼女は何をしているのか」と問われた圭一は、冗談のつもりでバラバラ死体でも確認しているんじゃないかと答える。それを聞いた富竹は、不意に真顔になって意外なことを口にする。

「嫌な事件だったね。腕がまだ一本見つかってないんだろ?」

当たり前のようなその口調に圭一が驚き、詳しく聞こうとしたところで、レナがゴミ漁りを終えて戻って来る。二人の仲良さげな様子から親しい間柄だと思い込んだ富竹は、邪魔はするまいと笑顔で去っていった。
富竹から話を聞きそびれた圭一は、かぁいいもの(等身大ケンタ人形)を見つけたと喜ぶレナに事件について尋ねる。しかしレナは異様に冷たい声色で「知らない」と口にして、自分も去年までは違うところに住んでいたから昔のことは分からないと笑顔で言葉を続けるのだった。

翌日、魅音と一緒に下校していた圭一は、彼女に改めて村の過去について尋ねる。魅音が言うには、雛見沢村にはダム建設の話が持ち込まれたことがあり、村人が一丸となってそれに抗議。有力者たちが中心となって方々に根回しを行い、計画は撤回されたらしい。一筋縄ではいかないと悟った役人たちは嫌がらせじみたこともしてきたと聞いて、圭一が「傷害や殺人は無かったのか」と問いかけると、魅音は昨日のレナと同様に氷のような声色で「無かった」と断言。ぎょっとする圭一にいつもの明るい調子で「また明日」と告げ、彼の前から去っていく。

二日後、圭一はまたあのゴミの不法投棄場へと向かう。レナがケンタ人形をなんとか自宅に運ぼうとしているのを察して手伝いに来たのだ。
なんとかケンタ人形を掘り起こそうとする二人だが、廃材の下敷きになっていて手が出せない。一休みしながら「斧かノコギリでもないと無理だ」と圭一が言い放ったところで、レナが飲み物を取って来ると告げて不法投棄場を後にする。その間手持ち無沙汰になってふと横を見た圭一は、少し先のゴミの山の中に古い雑誌が落ちているのを発見。何気なく手に取ったそれには、「雛見沢村で発生したバラバラ殺人事件」の記事が載っていた。
やはり事件は本当にあったのかと、夢中で記事を読みふける圭一。そんな彼を、大きな鉈を手にしたレナが、なんの表情も浮かんでいない顔で見詰めていた。

第2話 鬼騙し編 弐

どことも知れぬ空間で、“今より成長した姿”の梨花(左)は羽入(右)と邂逅する。

梨花は無数の光の欠片が舞い散る不可思議な世界で、“成長した姿”で目覚める。目の前に現れた、頭に角を持つ少女を羽入と呼んで懐かしがる梨花は、彼女に「この“カケラ”はどこに通じているのか」と問いかける。昭和58年6月だと告げられ、「百年では足らなかったのか」と焦燥に声を荒げるも気を取り直し、梨花は「自分はもうただ幸運にすがっていた頃の自分ではない。全てを理解し、誰が古手梨花を殺すのかも知っている」と言い切って立ち上がる。
場面が雛見沢村の不法投棄場に戻ると、本来の姿をした梨花が、雑誌を読みふける圭一と鉈を手に彼に迫るレナをほのかに赤く輝く異様な眼差しで静かに見守っていたのだった。

雑誌の記事によれば、雛見沢村で起きた殺人事件の遺体は鉈やツルハシで滅多打ちにした上で斧でバラバラにされた凄惨なものだったという。読書に夢中だった圭一は、鉈を持って近づいてきたレナに驚くが、彼女はそれを「斧かノコギリが必要だと言っていたから」持参したのだという。圭一はその説明に納得して感謝するも、すっかり日が暮れてしまっており、ケンタ人形の回収は翌日に持ち越されることとなった。

レナとケンタ人形を回収する約束をした日、学校では体育の授業があった。子供の少ない田舎の学校で、様々な学年の生徒が一緒に勉強していることもあり、各自が自分の判断で体を動かせばそれでいいのだという。魅音の発案で、圭一たちは鬼ごっこをすることとなる。誰かを捕まえても鬼役は渡せず、ただ新たに鬼役が増えていく変則鬼ごっこである。
圭一は鬼となった沙都子からうまく逃げ隠れ続けるが、らちが明かないと判断した彼女は学校の他の生徒に圭一たちがどこにいるか(隠れているか)聞くという手段に出る。そちらがそう来るならと、圭一は「沙都子の両親が校門に来ている」やら「先生が校門で魅音を呼んでいる」といった偽情報を流しまくった。その魅音も似たようなことをして誰の話も信用できなくなってしまい、結局ただの鬼ごっこが続く。結局圭一の仏心に訴えたレナと、鬼に捕まったふりをしていた魅音の二人が最後まで逃げ切ることに成功するのだった。

放課後、約束通り圭一はレナと共にケンタ人形を回収に向かう。廃材を取り除こうとレナから借りた鉈を振るう内、圭一の脳内に“自身が誰かを金属バットで撲殺する”光景が映る。記憶にないはずなのに異様に生々しかったそれに困惑しつつ、圭一はレナと協力して掘り出したケンタ人形を彼女の自宅へと運ぶ。
数日後、雛見沢村では綿流し祭りが催された。圭一たち部活仲間は屋台の店を大いに楽しみ、巫女役である梨花の奉納の舞を見届ける。その頃、自身も祭りに参加していた富竹は、彼が雛見沢村を訪れる本当の理由とも噂される女性と密会していた。

第3話 鬼騙し編 参

別人かと思うほどの異様な気配を放ちながら、圭一が隠し事をしていることを糾弾するレナ。

レナにやり方を教えてもらいながら祭事に参加した圭一は、富竹が村の診療所の女性と密会しているところを目撃する。魅音から二人が付き合っているという噂を聞いていたこともあり、邪魔をしては悪いと考えた圭一は彼らに声をかけることなく立ち去る。その様子を、レナは木陰から暗い眼差しで見詰めていた。

その翌日、大石 蔵人という男が学校まで圭一を訪ねてくる。彼は自分が刑事であることを明かすと、圭一に富竹の写真を見せてくる。大石が言うには、富竹、そして彼と一緒にいた女性が行方不明になっているのだという。
続けて大石は「雛見沢村の人々はオヤシロ様の祟りを恐れている」と言い出し、そのきっかけとなった四年前のバラバラ殺人事件について語り始める。ダム建設の現場監督が六人の作業員に撲殺され、遺体はバラバラに切断。犯人の内五人は逮捕されたものの、主犯と遺体の右腕は未だに見つかっていない。それから毎年、綿流しの祭りの日には殺人事件が起きているのだという。雛見沢村の人々はこれを「オヤシロ様の祟り」だと恐れ、事件に関わること(=警察への協力)を渋っている。そのため捜査は遅々として進んでいないのだ。
富竹の自転車と、密会相手の女性鷹野の車は付近で見つかっているものの、このまま見つからなければ二人も「オヤシロ様の祟り」に遭ったことにされてしまう。大石はそうなってこの事件まで迷宮入りすることを避けるべく、村の風習とはまだ関わりのない圭一に「気が付いたことがあれば教えてほしい」と協力を求めに来たのだった。
綿流しの際レナに教えてもらった古手神社の祭神の名前が“オヤシロ様”だったことを思い出しながら、圭一はそれを了承。雛見沢村は住人同士の結びつきが強いため、誰の口から話が広まるか分からない。だから友人であっても他言無用だと釘を刺して、大石は引き上げていった。

翌日、圭一はレナと魅音が綿流し祭の日に失踪者が出たことについて、「鬼隠しに遭ったのでは」と噂していることに気づく。放課後にまたやってきた大石にその意味を知らないかと尋ねると、彼は雛見沢村には人食い鬼の伝承があることを教える。ここ数年の事件では必ず死者と行方不明者が一人ずつ出ており、今年も鬼隠しが起きるのなら殺人事件が起きるのはむしろこれからだと、大石は圭一に告げる。

翌日、下校中に圭一は「自分に何か隠していることがあるのではないか」とレナを問い質す。鬼隠しとここ数日の不穏な行動について突き止めようとしたのだ。しかし、レナは逆に「圭一くんこそ私たちに隠していることがあるよね」と質問を返し、彼が自分たちに隠れて大石と会っていたことを言及する。秘密にしろと言われていたことを思い出し、慌てて誤魔化そうとする圭一。しかしレナは追及を緩めず、なおも取り繕う圭一の言葉を「嘘だ」と痛罵する。
「人って幸せになるために、どれだけの努力が許されるのかな。レナすごい頑張ったよ?すごいすごい頑張り物語だったよ?」
普段とはまるで異なる冷たく鋭く、どこか狂気をも感じさせるその言動に圭一が呆然と立ち尽くしていると、レナは不意に元の口調に戻り「圭一くんに隠し事があるように、レナにだってあるんだよ」と笑みを浮かべながら去っていった。

その日の夜、前原家にかかってきた大石からの電話に、圭一は自室で応対する。大石は鬼隠しの話を聞いた時に圭一が名前を出したレナについて調べてみたと言い、彼女がかつて学校中のガラスを割って回るという事件を起こしていたことを伝えてくる。自律神経失調症と診断され不起訴になるも、カウンセリングを受ける中でレナは繰り返し「オヤシロ様」の名を口にしていたという。なぜレナが古手神社の祭神を知っているのかと首をかしげる圭一に、大石は意外な事実を告げる。レナはもともと雛見沢村の出身で、一度茨城に越して去年また故郷に戻ってきたというのだ。
レナ本人の説明とは食い違う内容に混乱する圭一。そこに父親の伊知郎がやってきて、圭一は大石との話をそこで打ち切る。何をしに来たのかと問う圭一に、伊知郎は冷やかすような口調でこう言うのだった。
「誤魔化さなくてもいいぞ。来てるんだろ、レナちゃん」
大石からの電話があった少し後、レナが圭一の家にやってきたらしい。彼女は圭一の部屋が二階の奥にあることを伊知郎から教えられ、そのまま階段を上がっていったということだった。
つまりレナは「圭一が自分に隠し事をしていた」証拠を目の当たりにし、「自分の隠し事を圭一に知られた」ことを理解し、その上で圭一に会わずに去っていったのだ。ここ数日の彼女の不審な行動を思い返し、圭一は部屋の中で一人戦慄する。

『ひぐらしのなく頃に業』の登場人物・キャラクター

主要人物

前原 圭一(まえばら けいいち)

CV:保志総一朗
本作の主人公。都会で生まれ育った少年で、物語開始の一月前に雛見沢村に家族ごと引っ越してきた。十代の学生ではあるが、媒体によって年齢の設定が異なり、マンガおよびアニメでは中学二年生、実写映画版は高校二年生になっている。
明るくてノリの良い、軽妙な人物。頭の回転が速く舌もよく回るため、他人を自分の思惑通り動かす才能に長け、魅音からは「口先の魔術師」と呼ばれている。好奇心旺盛で行動力に富み、追い詰められると良くも悪くも爆発的な力を発揮。半面、調子に乗って失敗することも少なくない。成績優秀で、年上の魅音に勉強を教えることもある。
部活仲間の五人の少女たちとは仲が良く、レナとは友達以上恋人未満といった間柄。魅音からも好意を寄せられている。しかし女性からの好意に対してどころか自分自身の恋心にも鈍感という困った特徴を持ち、彼女たちとの関係はほとんど進まなかった。
かつて雛見沢村で起きたバラバラ殺人事件のことを富竹から教わり、好奇心の赴くままそれについて調べ始める。レナや魅音に尋ねるも、異様に頑なに「知らない」と言い張る彼女たちの態度に困惑。さらに廃材を片付けようと鉈を振るう中で“自分が誰かを撲殺している”というまったく記憶にない光景が頭に浮かび、大いに戸惑う。

竜宮 レナ(りゅうぐう れな)

CV:中原麻衣
圭一の同級生で部活仲間の一人。圭一と特に仲の良い少女で、彼に好意を抱いていることがうかがえる描写も多い。料理上手で、圭一に手料理を褒められた際は終始照れていた。魅音が圭一に好意を抱いていることにも気付いているが、何も言わない代わりに遠慮するつもりもないようである。
自身の心の琴線に触れる“かぁいいもの”を愛でるのが趣味で、そのためならすさまじい力と情熱を発揮する。どういったものが“かぁいいもの”かは完全にレナの独断であり、沙都子や梨花といった他人にも分かりやすいものからファーストフード店の等身大人形まで多種多様。特に後者については熱心に集めており、本人曰く「宝探し」のため雛見沢村にある不法投棄場へとよく赴いている。
優しくて意志の強い人物で、行動しながらそれ以上の勢いで考え続ける圭一とは異なり、しっかり考えてから動くタイプ。だからこそ大切な人を傷つけられることには猛然と怒りを示し、必要だと判断すれば思い切った行動を取る。一見ほんわかした少女だが、内面はかなりのリアリストであり、その意味でも圭一とはいいコンビである。
圭一からかつて雛見沢村で起きたバラバラ殺人事件について聞かれた際は、「一年前に引っ越してきたばかりだから何も知らない」と答えるも、事件のことを調べ始めた圭一を時折り不穏な眼差しで見詰めるようになる。一方で綿流し祭りで圭一に手をつながれた時は年相応の少女らしく頬を赤らめており、その真意がどこにあるのかは不明である。
本名は「礼奈(れいな)」だが、幼い頃に両親が離婚しており、それ以来「“イ”ヤなことを忘れよう」と自分の名前から“い”を取って「レナ」と名乗るようになった。

園崎 魅音(そのざき みおん)

CV:ゆきのさつき
圭一の一学年上の受験生で、部活仲間の一人。園崎家は雛見沢村で大きな権力を持つ家であり、魅音はその跡取りになる予定。学校ではクラス委員長を務める。
「部活」と称して圭一たち五人にカードゲームや鬼ごっこを吹っかけ、些細なことでも全力で楽しむガキ大将気質。これには「村に不慣れな圭一が孤立しないように」といった彼女なりの心遣いもあるようで、圭一たちも特に不平も無く付き合っている。
気配り上手な一方で、あまり考えずに言葉を発する癖があり、彼女が不用意なことを口走ったために事件が起きるという展開も従来のシリーズではたびたび描かれた。テンションによって力量が大きく上下する気分屋で、周囲の人間関係を意識し過ぎて動くべき時に動けず状況を悪化させたこともある。
圭一に対しては好意を抱いているが、それを知られるのは恥ずかしいらしく、言葉や態度にすることは稀。一方の圭一は、“女性として”という点ではあるいはレナ以上に魅音を意識している節があり、表向きには互いに友達として認識しながら想いが擦れ違っている状態である。
かつて雛見沢村で起こったダム反対運動では、園崎家が中心となって戦っていたこともあり、当時の事も詳しい。しかしバラバラ殺人のことについて圭一に尋ねられた際には強い口調で「(そんなことは)無かった」と即座に断言し、何も聞かれなかった風を装うようにその場を立ち去っている。

北条 沙都子(ほうじょう さとこ)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

六花の勇者(Rokka: Braves of the Six Flowers)のネタバレ解説まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

Read Article

NEW

ひぐらしのなく頃に(Higurashi When They Cry)のネタバレ解説まとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。原作はビジュアルノベルで、2006年から断続的にアニメ化された。小説や実写映画なども制作され、2000年代後半から2010年代前半を代表する人気作品となった。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一の周囲で不穏な事態が相次ぎ、凄惨な惨劇が繰り返されていく。

Read Article

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ISLAND』とは、フロントウイング原作のノベルゲーム『ISLAND』のTVアニメ版である。 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働きながら、自身の記憶と世界の謎を解き明かしていく。古の伝承や風土病、本土との確執などの伏線が散りばめられたSFファンタジー。

Read Article

ISLAND(第3話『ただしいゆめのつむぎかた』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音を昼の海に連れ出す作戦を実行し、成功した切那たち。楽しい時間を過ごす4人だが、ある廃墟を見つけた時に凛音の様子がおかしくなり気を失ってしまう。媒紋病や島の伝説、失われた記憶など様々な事柄が絡まり、謎は深まるばかりだ。一方、過去から目を逸らす凛音に対して、夏蓮は自分を変えるための行動を起こす。 今回は「ISLAND」第3話『ただしいゆめのつむぎかた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第6話『そこにあなたがいればいい』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮と沙羅が良い方向に変わり、今度は凛音が変わることを決意する。自分の気持ちに正直になって昼間に積極的に外に出て切那とデートをしたり、ペアグッズを身に付けたりする凛音。そして凛音は、5年前の神隠しに関係する廃屋での記憶を思い出し、過去に向き合い始めた。 今回は「ISLAND」第6話『そこにあなたがいればいい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第9話『マタアエタナオマエト』)のあらすじと感想・考察まとめ

2万年後の世界で目覚めた切那が出会ったのは、地下シェルター『アイランド』に住む少女・リンネだった。再び記憶を失った切那は、リンネに助けられて生活していた。そんなある日、枢機卿の娘・サラと札なし(無戸籍)の子どもたちのリーダー・カレンと偶然知り合ったことで、アイランドを取り囲む真実を2人は知る。 今回は「NEVER ISLAND」第9話『マタアエタナオマエト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

「玖音はリンネなのか?」と切那は疑問を抱き、玖音が指輪をしていたかどうか、そして、玖音の過去を調べる。そして先代の御原家当主・典正の日記を読んだ切那は、衝撃的な真実を知ってしまう。時を超えた伝承のリンネとセツナの物語。伝承の本当のエンディングが今明かされる。 今回は「ISLAND」第12話『てをつないでアシタへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働くことになる。凛音と切那は昔会ったことがあるようだが、凛音も5年前以前の記憶を失くしていた。二人の出会いにより、失くした記憶の謎が深まる。 今回は「ISLAND」第1話『またあえたねあなたと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第4話『このせかいはひみつだらけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮に頼まれて夏蓮の結婚式を滅茶苦茶にすることにした切那。許婚の播守や凛音、沙羅もその計画に協力して成功し、夏蓮と切那は本土の夏蓮の母親の元に向かう。しかし見つけたのは夏蓮の母親のお墓だった。夏蓮の母親の元教え子と話をした夏蓮は、自分の決めた人生を生きる決意をする。 今回は「ISLAND」第4話『このせかいはひみつだらけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第7話『ずっとすきでいたいのに』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音は廃屋での記憶を思い出し、切那と共に過去を断ち切った。しかしそれは凛音の失った記憶の一部に過ぎず、凛音は新たな忌まわしい記憶を思い出す。一方、切那も衝撃の事実を知った。凛音は、真実を求めるために1人で嵐の海へ消えてしまう。 今回は「ISLAND」第7話『ずっとすきでいたいのに』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

札なしの子どもたちの救出に向かった切那とカレン、サラ。しかし子どもたちは既に殺されおり、大司教の陰謀で3人は枢機卿を殺害したテロリストに仕立て上げられる。リンネの機転で命からがら街から逃げ出したが、運命は容赦なく4人を襲う。 今回は「NEVER ISLAND」第10話『モウクヤミタクナイカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

citrus(第1話『love affair!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公、藍原柚子は母親の再婚がきっかけで女子高に編入することとなった。 登校初日から校則違反が目立ったため、生徒会長の藍原芽衣に目を付けられる。 その日、新しい家族として芽衣が迎え入れられ、二人の共同生活が始まる。 今回は「citrus」第1話『love affair!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第2話『くやまないでほしいから』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音がかかっているという風土病・媒紋病(ばいもんびょう)。病気のことを調べる切那は、浦島に伝わる伝説と媒紋病の関係を知る。そして自分の失われた記憶は、伝説に関わるものではないかと考え始める。一方、凛音や沙羅、夏蓮も自らの運命に苦悩していた。 今回は「ISLAND」第2話『くやまないでほしいから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第5話『だからあなたをしんじてる』)のあらすじと感想・考察まとめ

「私には時間がないんです!」と焦る沙羅。彼女は過去に戻って火事を防ぎ、自分の「神の子」としての力を取り戻すために行動する。しかし、御原家の地下室に残されていた古文書から伽藍堂家の暗黒の歴史を知ってしまい、本殿に火をつけて心中しようとする。 今回は「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第8話『またあえたらあいしてね』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那と凛音が辿り着いたのは、凛音が5年前に漂流した暴龍島だった。凛音はそこで真の切那が迎えた結末と想いを知り、過去に決着を着ける。浦島に戻ろうとした2人には、明るい未来が待っているはずだった。しかし浦島に戻った切那が直面したのは、凛音の死という現実だった。 今回は「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那は浦島に戻ってきて凛音や夏蓮、沙羅と改めて出会い、3人を次々と良い方向に変えていく。そして凛音の死という未来を変えるために突き進むが、切那は更なる衝撃の真実に気づく。それは、玖音が切那が愛したリンネではないか、という事実だった。 今回は「ISLAND」第11話『またあえたけどアナタは』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフまとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。

Read Article

目次 - Contents