東京喰種トーキョーグール / Tokyo Ghoul

『東京喰種トウキョウグール』とは、石田スイによる集英社出版の漫画作品である。
ヒトでありながらヒトを食べることでしか生きられない「喰種」と、反して通常の食物を食べることができる「人間」同士で、物語は繰り広げられる。
ある日、主人公である金木研が、「喰種」である神代リゼに恋心を抱いてしまい、あやうく彼女に"たべられ"そうになるところから物語は始まる。
事故の直後に彼女の内蔵を移植された彼は、人間でありながら人肉を食べなければならない"半喰種"へと変貌してしまう。
紆余曲折ありながらも、彼は彼なりに半喰種として生きる道を模索し、涙ぐましい努力を重ねていく。
いわゆる「ヒト」を好きになり、嫌いにもなる。だが、最後はともに歩めないかという思惑の元にたどり着く。
累計出版部数は2021年時点で4700万冊であり、その続編に『東京喰種トウキョウグール:re』という姉妹作品がある。
また、十和田シンによるノベライズも行われており、喰種捜査官である有馬貴将の青年期を描いた『東京喰種トウキョウグール[JACK]』や、什造と半兵衛の歩みを辿った『東京喰種トウキョウグール[JOKER]』という作品が出版されている。
2014年にはテレビアニメ化されており、今までの常識を打ち破り震撼させた壮絶なアクションシーンが特に有名である。
その殺伐で荒涼としたとした世界観に引き込まれた者も多い。