鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(たかの みよ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村にある入江診療所に勤務する看護婦。普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面も見せる。
筋金入りのオカルトマニアで、フリーのカメラマンである富竹ジロウとは親しい間柄。劣悪な環境の孤児院で育ち、ここを脱走して雛見沢村で医者をしていた鷹野一二三の養女となる。養父の生涯を賭した研究が闇に葬られようとしているのを知り、これを阻止するために軍隊による雛見沢住民の虐殺・雛見沢大災害を画策した。

鷹野三四のプロフィール・人物像

性別:女
誕生日:6月20日
血液型:O型
趣味:野鳥観察・ぬいぐるみ集め
CV:伊藤美紀/大浦冬華(幼少期)

鷹野三四(たかの みよ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、「祭囃し編」の主人公である。雛見沢村にある入江診療所に勤務する看護婦。普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面も見られる。筋金入りのオカルトマニアで、雛見沢の黒歴史を資料としてスクラップ帳に保存している。
雛見沢の謎に対してさまざまな説を立て、村の子供に聞かせている。
フリーのカメラマンである富竹ジロウ(とみたけ じろう)と仲が良く、富竹と一緒にいる時は二人してカメラを持ち歩き、村の中をあちこち歩き回って撮影している。
正体は「東京」より派遣された、雛見沢村特有の風土病・雛見沢症候群の研究をしている入江機関の実質的な最高責任者である。防衛省が企画している都合上陸上自衛隊に所属しており階級は三佐で、直属の行動部隊「山狗」を持つ。必要とあれば県警から日本政府に至るまでを動かすことができる絶大な権力を手中に収めている。
雛見沢症候群を利用して、雛見沢の住民を「滅菌作戦」で全滅させ、雛見沢滅亡という事実で、雛見沢症候群の研究の第一人者で、鷹野の育ての親である高野一二三(たかの ひふみ)の論文を世界に刻むという道を示すため、作戦を実行していた。雛見沢一帯に硫黄ガスを撒いてガス災害を装い雛見沢を封鎖し、警察や一般的な自衛隊に紛した山狗達が村人たちを学校などの施設に集め、毒ガスで一網打尽にするのである。世間では沼から湧き出た毒ガスによる大災害「雛見沢大災害」 として扱われることとなる。
毎回綿流しの祭りの後に、隣県の山中でドラム缶の中から焼死体となった姿で発見されているが、検死の結果、死亡日が綿流しの前日ということが判明している。つまり、彼女は 綿流しの日には既に死亡していたことになる。だが、綿流しには富竹と参加し、多くの世界では東京から雛見沢へ引っ越して来た前原圭一(まえばら けいいち)たちとも談笑している為、「死人が歩き回ってる」などと警察は解決できないでいたが、実は死体は偽装されたもので、鷹野は富竹を暗殺した後雛見沢を脱出していた。

鷹野三四の能力・装備

雛見沢症候群

雛見沢村のみに蔓延する微生物が引き起こした、風土病。空気感染するため、病気が拡散しやすいのが特徴。現実に存在するウイルス性脳炎ともある程度の共通点はあるが、悪化すると麻薬中毒の禁断症状にも似た重度の精神的・肉体的な症状も出てくるため、非常に危険である。その段階に応じて、L1〜L5までランク付けされており、数字が大きいほど重症で、L5は末期症状となっている。L1〜L3程度なら大した自覚症状もないのだが、雛見沢のほぼ全体に感染が及んでいる。重症化すると、首を血が出るまで掻きむしり、死んでしまうことがある。雛見沢症候群の病原体は、アリやハチの様な社会型生物と同じ習性があるものと考えられており、ゆえに感染者の“女王”にあたる感染者が常に1人存在する。雛見沢症候群の感染者は、本能的に女王感染者に付き従うようになる。女王感染者に接近することで、感染者の脳内に鎮静効果のある物質が作られ、進行した症状のレベルを抑え回復させる。古手家が代々引き継いでいて、現在では古手家の一人娘である古手梨花(ふるで りか)のことを指す。女王感染者は雛見沢を離れる事ができない。ゆえに女王感染者のそばから離れられない一般感染者も、必然的に雛見沢から離れると発症の可能性が高くなる。女王感染者が死亡した場合、48時間以内に感染者全員が末期症状を起こすとされる。
雛見沢症候群の第一発見者である一二三は、雛見沢症候群の研究や解明、治療法の確立にも邁進していた。戦時中は軍医少佐として中国で活動しており、戦中、盧溝橋に駐留していた旧日本軍の中隊に雛見沢出身者がいたことで、日中戦争勃発の原因とされる盧溝橋事件の発端が雛見沢症候群の影響だった可能性が浮上する。だが、各界に大きな影響力を持つ小泉(こいずみ)が雛見沢症候群の研究を強く推薦したため、周囲の権威達を動かし目的に向けて着実に進んでいた。そんな時、最大の後ろ盾であった小泉が亡くなったことで、3年後に入江機関の解体が決定してしまう。小泉の通夜中にも関わらず、理事会に呼び出され一方的に中止を告げられた。この中止とは最終的に雛見沢症候群を秘密裏に抹殺するということであった。雛見沢症候群の研究を世に明かしたい鷹野は、研究の無期延長を求めるべく東京の新理事会に嘆願するも、資料もろくにも読んでもらえないばかりか余計に悪印象を抱かれ、研究中止の意思をより強固にさせるという最悪な結果に終わった。

H173

投与することで雛見沢症候群に感染させ、擬似的に脳に興奮状態を誘発させることで錯乱させる薬。H173の濃度を投与されると直ちにL5の症状が起こる。
その危険性故、入江機関がすべて破棄していたはずだったが、鷹野が隠し持っていた。鷹野はこの薬を富竹に使用し毎回殺していた。

拳銃

三佐である鷹野だが、この三佐という階級はかつて、祖父である一二三に与えられていた階級に相当するものであったが、正式な軍人ではないため、軍事訓練は受けていない。拳銃は扱えるが、小隊指揮に関しては全くの素人同然である。「祭囃し編」で、雛見沢村で崇拝されているオヤシロ様である羽入(はにゅう)を撃とうと銃弾を放ったが当たらなかったことがあった。

山狗

日本を陰から支配するために存在する秘密結社「東京」に属する部隊であり、東京の特命で動ける陸上自衛隊の特務部隊の一つ。本来は、毒ガス戦の研究を名目として極秘裏に設立された。入江機関の補佐が仕事であり、女王感染者である梨花の護衛もしていたが、鷹野に買収された山狗は梨花を殺害しようとする実行部隊となる。
入江機関と山狗を監視する自衛隊の別部隊が番犬であり、戦闘に特化した部隊で戦闘能力は圧倒的に番犬が優っている。

鷹野三四の来歴・活躍

鷹野の過去

鷹野は一二三の養女となり、一二三の研究の手伝いをするようになる。

鷹野は幼い頃、事故で両親を亡くしていた。両親の死因は、原作では鉄道事故、アニメではバスの事故でとなっている。両親の死により施設に預けられた鷹野だが、その施設は虐待が頻繁に行われている施設であった。虐待により死んでしまう子も後を絶たず、恐れをなして逃げ出してしまう子供もいたが、捕まるとより酷い拷問が待っているため、その恐怖で逃げ出すことが出来ない子供が多かった。鷹野はそれを知りながら、ここにいても殺されるだけと、恐怖に耐えきれず逃げ出そうと仲間を集めて脱出計画を練る。途中で捕まった子もいたが鷹野は何とか逃げ出し、父の恩師であり、日本で雛見沢症候群の研究をしている一二三に電話するが、追って来た大人に捕まり施設に連れ戻されてしまう。鷹野からの電話を不審に思った一二三は、施設を訪れ鷹野を引き取ることにした。
一二三は雛見沢症候群の研究をしていた。助けてもらった恩を返そうと、鷹野もその研究を手伝い始めた。鷹野の本当の名前は「田無美代子」というが、一二三の養子になったことで「高野美代子」になる。一二三の手伝いをしていくうちに、一二三の研究を世に認めてもらいたいと強く思うようになる。一二三の存在は、鷹野にとって大きな存在であり、一二三の研究の為にという鷹野の執念の強さは、この幼少期に形成されたものだった。
一二三の死後、雛見沢症候群の研究を引き継いだ鷹野だったが、私情で研究をしていると思われては、研究費のスポンサーを得られなくなる可能性があったため、名前を「高野」から「鷹野」に変えた。「美代子」という名前も「三四」へと変更し、その理由は一二三に続くように、また一二三の後を引き継ぎその先を行くという意味があった。
研究を否定され、救われることなく死んでしまった一二三の無念を晴らそうと、勉学に勤しみ日本最高の大学を首席で卒業し、日本を陰から支配するために存在する秘密結社「東京」と小泉という政界に強い影響力を持つスポンサーを得て、「三佐」の階級と山狗部隊という軍事組織、彼らが持つ地域に浸透した諜報網、そして必要とあれば県警から日本政府に至るまでを動かすことができる絶大な権力を手中に収めた。研究は飛躍的に進むが、小泉が亡くなり研究の打ち切りが決まってしまう。そこに東京から野村と名乗る謎の女がアプローチしてくる。野村の手で自身の傷心の本質を巧みにすり替えられ、鷹野の目的に沿うよう誘導された結果、祖父の偉業を政府に突きつけるべく、一二三の論文の内容を使い東京の面々、そして日本政府を踊らせ、自分や一二三が神となるという独善的で短絡的な考えを持つに至り、その手段として梨花の殺害による滅菌作戦の強行を選択する。しかし野村は研究そのものには全く興味がなく、鷹野に滅菌作戦を行なわせることで、その責任を雛見沢症候群の研究を管理する理事会に負わせ、政治的に敵対関係にある彼らの発言力を低下させるという政治的思惑で動いていた。研究が打ち切られれば、雛見沢症候群の存在自体がなくなり、一二三の研究が認められる機会が失われてしまうと考えた鷹野は、とんでもない作戦とわかっていながらも終末作戦を決行する決意をする。しかし、実際は“一二三が生涯を賭した研究を闇に葬られたくない”という弱みに付け込まれ、「自分の敵対勢力の政治力を弱めたい」野村に良いように踊らされていただけに過ぎなかった。

鬼隠し編

圭一に祟りについて話す鷹野

「鬼隠し編」で綿流しの祭りの日に富竹と一緒に登場する。そこで東京から雛見沢へ引っ越して来た前原圭一(まえばら けいいち)と出会う。圭一はダム工事現場の殺人事件について調べていた。そのことについて圭一から聞かれ、雛見沢の黒歴史を話すことが好きな鷹野は、圭一に雛見沢の守り神であるオヤシロ様の祟りの話を聞かせた。
翌日、圭一は興宮の刑事である大石蔵人(おおいし くらうど)に呼び出される。昨晩富竹と鷹野を知っているかと聞かれた後、富竹が亡くなり、鷹野は行方不明であることを知らされた。

綿流し編

祭具殿に侵入する鷹野

「綿流し編」では鷹野は富竹と一緒に綿流しの祭りの前日に、圭一と園崎家の次期当主である園崎魅音(そのざき みおん)と魅音の双子の妹である園崎詩音(そのざき しおん)の前に現れる。そこへ大石もやってきて毎年おきているオヤシロ様の祟りについて話す。
綿流しの晩、鷹野は富竹と禁断の地である祭具殿に侵入しようとしていたところへ圭一と詩音が来て、鷹野は圭一と詩音と祭具殿に入った。祭具殿の中を見ながら鷹野は、綿流しの祭りは元々人喰い鬼が生贄の腹を裂く儀式で、その風習が今も残っているのではないかと研究していることを話した。
翌日、詩音は鷹野は焼死体で発見され、富竹は喉を掻き毟って自殺したことを知り、圭一にこのことを知らせ、これはオヤシロ様の祟りなのではないかと話した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に卒』とは、竜騎士07原作のアニメ作品で、2020年放送の『ひぐらしのなく頃に業』の続編。同シリーズは2006年から断続的にアニメ化されてきた人気作である。 繰り返される昭和58年6月の中、日本の田舎町・雛見沢村で次々に起きる怪事件。その全ては、村を出て行こうとする古手梨花を引き留めるために、北条沙都子が裏で糸を引いたものだった。果たして沙都子は事件の裏でどのように暗躍していたのか、無数の惨劇を重ねた彼女たちの行く先に何が待ち受けるのか。物語は真の結末に向けて動き出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃にのネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。原作はビジュアルノベルで、2006年から断続的にアニメ化された。小説や実写映画なども制作され、2000年代後半から2010年代前半を代表する人気作品となった。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一の周囲で不穏な事態が相次ぎ、凄惨な惨劇が繰り返されていく。

Read Article

ひぐらしのなく頃にの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ひぐらしのなく頃に』とは、竜騎士07が考案した同人ゲームで、アニメ化や実写映画化など、多数のメディア展開がなされている。昭和の田舎を舞台としたミステリーで、残酷で切ない物語や惨劇に立ち向かう強さを描いたストーリーが世間では高く評価されている。意味深なセリフや、仲間との絆を感じさせるセリフが、人々の心に深く刻まれている。

Read Article

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(りゅうぐう れな)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、「かぁいいもの」を偏愛する女子中学生。元々雛見沢の出身だが、幼い頃に親の仕事の都合で茨城県に引っ越し、昭和56年までをここで過ごし、その後昭和57年に故郷へ戻った。転校してきたばかりの前原圭一の面倒を見たりと、優しく献身的な性格で、無自覚な善意の塊。本名は「竜宮礼奈(れいな)」だが、幼少期に実母が不倫相手との子供を妊娠したことで、両親が離婚したことをきっかけに、「レナ」と自称するようになり、周りにもそう呼ばせるようになった。

Read Article

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ほうじょう さとこ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物でトラップの名手であり、様々なトラップを自在かつ効果的に駆使する女子小学生である。生意気な性格で年上である前原圭一に、事あるごとにちょっかいをかけたり、憎まれ口を叩いたりしている。古手家の一人娘である古手梨花と親友で、互いに両親を亡くした者同士、寝食を共にする仲である。沙都子の兄である北条悟史を強く慕っており、兄のやっていた野球では、圭一が事前交渉で投げさせたスローボールを見事に打ち取った。活発で運動神経は大変良好である。

Read Article

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(そのざきみおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、姐御肌のムードメーカーであり、通っている学校では委員長を務めている。勝気かつ男勝りでやや強引な性格で、一人称に「おじさん」を使うことが多い。趣味で集めているゲームを、皆で遊ぶ事を主旨とする「部活」の部長をつとめる。毎日放課後に部活を開き、持ち前の明るさでメンバー達を盛り上げている。転校してきた前原圭一に好意を抱いており、親友である竜宮レナとは親友であり良きライバルでもある。雛見沢村で権力を誇る御三家の園崎家の次期頭首の顔も持つ。

Read Article

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ふるで りか)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、古手神社の一人娘。同学年の北条沙都子と同じ家で生活をしている。毎年6月に行われる「綿流し祭」では、巫女役を務めている。周囲をいつも和ませるが、時に年齢に似合わぬ冷静さも見せる不思議な雰囲気の女の子。自分のことを「ボク」と呼び、「み〜」「にぱ〜」などの口癖を持つ。村人からオヤシロ様の生まれ変わりであると崇められているが、実はオヤシロ様の正体は羽入という少女の見た目をした存在であり、梨花は羽入の姿を唯一目にする事のできる存在である。

Read Article

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(まえばら けいいち)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、シリーズ通しての主人公であり、昭和58年5月に東京から雛見沢に引っ越してきた中学2年生の少年である。直情的な熱血漢である反面、デリカシーがなく無神経だったり女心に鈍感なところがある。明るく気さくな性格であり、転校して来てすぐに同じクラスの竜宮レナ(りゅうぐう れな)や園崎魅音(そのざき みおん)といった複数の友人を作った。 都会にいた頃から学業に優れ、優秀な知力を持ち「口先の魔術師」と呼ばれる程非常に口が達者。

Read Article

園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(そのざき しおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、同作ヒロインの一人園崎魅音の双子の妹。物語の舞台である雛見沢村に隣接する興宮で両親と暮らし、全寮制の学校に通っているがサボりがちで、「エンジェルモート」という店でウェイトレスのアルバイトをしている。魅音とは瓜二つで、服や髪型をそろえると見分けがつかないほど。勝気かつ男勝りでやや強引な性格の魅音とは正反対に、女の子らしさを前面に出している。北条悟史に想いを寄せているが、魅音が好意を抱く前原圭一の事も気になっている。

Read Article

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(はにゅう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、本作の「皆殺し編」から姿を現し、「祭囃し編」では主人公を務める、雛見沢の守り神であるオヤシロ様そのもの。オヤシロ様の生まれ変わりといわれている古手梨花以外の人間には、羽入の姿は認識できない。「祭囃し編」にて、古手家最後の生き残りとして、部活メンバー達の前に現れる。性格は内気で頼りなく子供っぽく、困ったり興奮したりすると「あうあう」としゃべる癖があるが、時折神のように非常に厳粛な喋り方をすることもある。

Read Article

うみねこのなく頃にのネタバレ解説・考察まとめ

『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品。 この物語は、『六軒島』という孤島で巻き起こる連続殺人を通して、その犯人が『人』なのか『魔女』なのかを、登場人物達が推理考察していくというものになっている。一見人間には不可能な犯行を、独特なルールで推理していくことができるので、数多くのミステリーファンを楽しませた。

Read Article

うみねこのなく頃にの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『うみねこのなく頃に』とは、同人サークル『07th Expansion』が発売したサウンドノベルゲームや、それを原作としたメディアミックス作品のことである。 この物語は、孤島で起きた連続殺人事件の真相が人の手によるものなのか、はたまた魔女の仕業なのかを焦点に話が進む。うみねこの世界では「魔法」と「愛」が密接に関わりあっている。現実世界において、本当の魔法とは何か、愛とは何かを問いかける数々のセリフが、読者や視聴者の心を惹きつけた。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説・考察まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

六花の勇者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「六花の勇者」とは2015年7月から9月まで放送された日本のテレビアニメ作品。アニメ制作会社のパッショーネが製作した。全12話。原作は同名の小説で著者は山形石雄。 世界を支配しようと復活を目論む魔神を倒すために選ばれたのは「六花の勇者」と呼ばれる六人の勇者たち。しかし集まったのは七人だった。王道のファンタジーとミステリーを絡めた異色作。

Read Article

マリア様がみてる(マリみて)のネタバレ解説・考察まとめ

『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は2004年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

美味しんぼ(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『美味しんぼ』とは原作・雁屋哲、作画・花咲アキラによる日本の漫画。『ビッグコミックスピリッツ』にて1983年より連載され、累計発行部数は1億3500万部を突破している。東西新聞文化部の記者、山岡士郎と栗田ゆう子が企画する「究極のメニュー」に対し、ライバル紙の帝都新聞が海原雄山の監修により「至高のメニュー」を立ち上げ、海原と山岡の間で料理を通じた親子対決が繰り広げられる。アニメ、ドラマ、映画など様々なメディア展開が行われ、グルメ漫画や日本のグルメブームの活性化に寄与した。

Read Article

citrus(シトラス)のネタバレ解説・考察まとめ

「citrus」は、サブロウタ原作の2018年冬アニメである。原作は『コミック百合姫』(一迅社)にて2013年1月号より連載している。 同性愛(いわゆる「百合」)を描いた作品である。キスシーンなど、情熱的なシーンが多い。 主人公、藍原柚子と、母親の再婚相手の娘である藍原芽衣の友情・姉妹の枠を超えた絆の物語である。 ピュアな柚子が懸命にクールで寡黙な芽衣の気持ちを理解し、自分の気持ちを伝えようと歩み寄ろうとする。

Read Article

GIANT KILLING(ジャイアント・キリング、ジャイキリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GIANT KILLING』とは、『モーニング』で2007年より連載されているサッカーマンガ。2010年にはテレビアニメが放映された。元スター選手の達海猛が、低迷した古巣チームの監督として就任し、強豪チームを相手に"GIANT KILLING"(番狂わせ)を起こしていく。サッカーの試合だけではなく、サポーターやフロント、スポンサーや日本代表など、プロチームを多面的に扱う。読者からは「サッカーマンガというよりJリーグマンガ」と言われるほど、細部へのこだわりが魅力的で注目を集めている。

Read Article

坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。

Read Article

らんま1/2(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『らんま1/2』とは『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1987年36号から1996年12号まで連載された高橋留美子原作の中華風ドタバタラブコメディーである。2002年から2003年にかけて新装版が、2017年から2018年にかけて少年サンデースペシャル版がそれぞれ出版されている。水をかぶると女になってしまう早乙女乱馬と、その許婚天道あかねを軸に数々の個性的なキャラクターが登場するハチャメチャコメディー漫画。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

幕末Rock(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「幕末Rock」とは、2014年に発売された音楽ゲーム、及びそれを題材としたアニメ・舞台作品。舞台は幕末、幕府の作る天歌(ヘブンズソング)以外の音楽を禁止されていた。ロックを愛する主人公「坂本龍馬」は「高杉晋作」「桂小五郎」、そして序盤は敵であった新撰組の「沖田総司」「土方歳三」の五人でバンドを組み、時代に革命を起こす。

Read Article

ひなこのーと(Hinako Note)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひなこのーと(Hinako Note)』とは、三月による4コマ漫画。またそれを原作として2017年4月から6月まで、全12話にわたって放送されたアニメ作品のことである。漫画は4コマ漫画専門雑誌『コミックキューン』にて連載中。少女たちの同居生活や学生生活、また演劇に向き合う姿を可愛らしいタッチで描いている。アニメのキャッチコピーは『元かかし少女の演劇コメディ!』

Read Article

目次 - Contents