B1A4(韓国アイドル)の徹底解説まとめ

B1A4とは、2011年4月21日に大韓民国でデビューした5人組男性ユニットである。
メンバー自ら楽曲を作り上げる、「自主制作アイドル」として人気を誇っている。
デビューをした翌年にはゴールデンディスクアワード新人賞候補になり、その4年後には本賞を受賞していることからもその人気がうかがえる。
2018年からはジニョン、シヌの脱退を経て5人編成から3人編成となり活躍しているが、彼らの音楽性は3人になっても衰えることがない。

what’s happening

彼女の浮気を疑うこの曲ではジニョンが女の子のような声を出しているのが見どころだ。
どういうことなんだと狂いそうになる男性の心情をコミカルに描くこの曲は、B1A4ならではの複雑な心境をうまく明るく表現されている曲の一つである。
狭い箱の中でどうにか彼女が本当は何をしているか探ったりしているMVから、浮気されていて不安でどうしようもない心境や心苦しさがうかがえる。
浮気現場に乗り込んで枕投げになるシーンでは、一気に解放されてB1A4らしい、はつらつさでもやもやを吹き飛ばしてくれるような爽快な歌へと変わっていく。
一見、「浮気を疑う曲」と聞くと重い曲かと思うが、B1A4はそんなイメージを吹き飛ばして新しい斬新な曲を作り上げている。

lonely

恋人と別れてしまったことを少しずつ実感するというこの曲では、昔彼女から送られたのであろうプレゼントや曲に浸るシーンが印象的だ。
雪の降るMVがより切なさを演出している。

SOLO DAY

恋人と別れてひとり身になったのが悪いのではなく、いいことだとうたっているこの曲では、恋人がいたときはできなかったことをやってやるぞと前向きに考えているのが前半部分。
MVでもメンバーたちは各々好きなことをして遊んでいる。
しかし後半では、やっぱり寂しいなとつぶやくように表現されているのがリアルでB1A4らしい。
複雑な心境であればあるほど彼らの得意分野なのかもしれない。

Sweet girl

恋した男性が女性に運命を感じているようなロマンチックなこの曲。
舞踏会やマジシャンなどを使って女の子をプリンセスに見立てるなどMVにもロマンチックな魅力がたっぷりだ。
彼らの甘い歌声も最大限に活かされている曲になっている。

a lie

別れが見えてきたカップルの曲。
「もうかえしてあげるよ 明るい陽射しの中に 君が住んでいたところに」という歌詞からもわかるように、終わりは見えているがまだ名残惜しさがあるという表現がとても切ない。MVの中でもメンバーたちと女の子が演じるまだ楽しかったころの二人の思い出も加わって切ないMVとなっている。

Rollin’

曲中でも多く繰り返されるRollin’という言葉で複雑な愛を斬新に表現したこの曲。
メンバーたちが円になってカメラがその周りを囲うように撮影しながら表現しているのも斬新である。

Like a movie

この曲は3人体制になって初めてリリースするMVである。
映画のようにというタイトルのようにメンバーたちが様々な映画のようなシーンを演じる。
演じながらこのようにどんな映画の中でも君を想っているというようなメッセージにとれる。
3人になっても相変わらずロマンチックで独特な彼らの魅力に引き込まれる1曲だ。

B1A4の名言・発言

ゴンチャン「(ファンに)恋愛中だ」

MBC every1 バラエティーラジオスターに出演したゴンチャン。
番組MCから現在恋愛中だと聞いたと質問され、そうだと答えた。
恋愛経験ゼロだと今まで答えたていたが、はっきりと「恋愛中だ。」と認めたのだった。
衝撃ニュースとなるかと思いきや、そのお相手はファンだという。
これまで熱愛を電撃発表をしたスターもいることから、この発言は衝撃ニュースとなるところであった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents