TEEN TOP(ティーントップ)の徹底解説まとめ

TEEN TOPはTOPメディアに所属している大韓民国の6人組アイドルグループだ。
韓国のアイドルグループの神話に所属しているアンディが発掘したことで知られているグループである。グループ名はEmotional teen top bandとトップを目指す10代という意味が込められている。
デビュー時のメンバー平均年齢が16.5歳で無邪気なイメージから年上ファンから絶大な支持を集めた。時がたつにつれて成熟したイメージや完成度の高いパフォーマンスで現在では世界的にも活動している。

TEEN TOPの概要

TEEN TOP(ティーントップ)は大韓民国で2010年7月9日にシングルアルバム『Come Into The World』を発売し、翌日の7月10日に韓国の『ショー!音楽中心』という音楽番組でデビューした6人組アイドルグループだ。TEEN TOPのグループ名はEmotioal teen band、トップを目指す10代という意味が含まれている。
トップを目指す10代とグループ名にあるように、デビュー時のメンバー平均年齢が16.5歳と大変若い年齢のメンバーで構成されたグループである。
ルックスの良さだけでなく、ダンスのキレの良さに加えて歌唱力も抜群というパフォーマンス力の高さが人気の秘訣だ。
特にヌナ(韓国で男性が年上女性を呼ぶ呼び方)へ向けた曲が多いので、年上ファンに人気が高いグループだ。
メンバーは、キャップ、チョンジ、ニエル、リッキー、チャンジョ、エルジョの6人。
ファンの名前はANGELで、応援カラーはパールライトラベンダー。

TEEN TOPの活動経歴

神話のアンディに発掘された6人

写真真ん中の白いシャツを着ているのが神話のアンディ。

TEEN TOPは、1998年にデビューした韓国の6人組アイドルグループのTEEN TOPからすると先輩にあたる神話のメンバーであるアンディが行った、公開オーディションで選び抜かれた6人で構成されたグループだ。
当時メンバーは全員10代という若いメンバーで構成された。

デビュー大成功

デビューしてから、若くはつらつとしたパワーやイメージが特に多くの年上ファンの心を鷲掴みし、デビュー翌年の2011年には大韓民国演芸芸術賞の男性新人賞、2012年には「CRAZY」が韓国KBSの音楽番組であるミュージックバンクで発表される人気ランキングで一位を獲得するといったように人気を証明し、一躍トップに躍り出た。その後もリリースする曲はほとんど音楽番組で一位を獲得するなど地位を固めていったTEEN TOP。

日本でもほかのグループに人気の差を見せつける

その人気は韓国だけでなく、日本でも衰えることがなかった。
TEEN TOPが日本デビューをした2013年は、日本で新しく人気を出すような韓流グループはいなかった。そのためTEEN TOPも人気が出ないのではと考えられていたが、TEEN TOPは開催することが人気でないと困難な1万人規模の全国アリーナツアーを開催することができたのだ。
これを所属事務所のTOPメディアは、「ファンクラブを韓国デビューと共に日本でも設立した。それを基盤に少しずつ日本でも1000人規模のミニコンサートをしたりと日本のファンを着実に増やしていった。韓国デビューと同時にほかの韓国グループと同じように日本からのオファーもたくさんあったが、K-POPの人気に便乗して人気を出すのではなくてTEEN TOPの魅力を感じてほしかったので断っていた。そこで少しずつでもファンに魅力をわかってもらうことでファンの口コミが広まりここまで大きな人気に結び付けることができた。」と解説している。
まさに実力とファンの口コミで日本でも人気を誇り、成功してきたグループといえるのである。

韓国での人気も着実に確立

日本での活動も成功していく中でも、自国の韓国での人気もおさまることはなかった。
新曲を出せば音楽番組でのランキングはいつも上位をキープしていたのだ。
ずっとランキング上位をキープするのは簡単なことではないので、このことから韓国での人気も確立してきているのがうかがえる。

いきなりの転機

そんな人気を誇る中、2017年2月10日にメンバーの一人であるエルジョがソロ活動希望を理由に所属事務所のTOPメディアに契約解除を求めたことをきっかけに脱退することとなり、5人体制での活動となった。エルジョはファンの好きなメンバーランキングでも上位にいたため、この脱退によって人気が落ちていく時期に入ってしまう。

5人で再始動

しかし、その翌年の2018年からは5人で『SEOUL NIGHT』や『DEAR. N9NE』を発売している。
立ち止まらずに走り続けたおかげかスランプは短く、『SEOUL NIGHT』でGAONアルバム総合チャートで一位を獲得するなど人気を取り戻した。

メンバーの兵役

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents