Girls Planet 999:少女祭典(ガルプラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Girls Planet 999:少女祭典(ガルプラ)』とは、2021年8月6日から2021年10月22日まで、韓国音楽チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組である。日本ではABEMAで独占配信。日韓中から集まった99人の少女たちが、仮想世界「Girls Planet」を舞台に、K-POPアイドルという同じ夢へ向かう姿を放送し、話題を集めた。視聴者投票によって選ばれた上位9人が、新たなガールズグループ「Kep1er(ケプラー)」としてデビューの夢を掴んだ。

『Girls Planet 999:少女祭典』の概要

『Girls Planet 999:少女祭典』は、韓国の音楽専門チャンネルMnetが放送したサバイバルオーディション番組である。Mnetは、I.O.IやWANNA ONE、X1、IZ*ONEらを輩出した『PRODUCE 101』シリーズを手がけた放送局として知られており、番組放送開始前から大いに注目されていた。

韓国、中華圏(中国本土、香港、台湾)、日本からそれぞれ33人、計99人の少女たちが異なる言語や文化を持ちながら、同じ「K-POPアイドル」という夢を追いかけて成長していく姿が人気を集めた。「ガールズプラネット」という仮想空間を舞台として、そこでの少女たちの旅路を描くという世界観で、「プラネットガーディアン」と呼ばれる視聴者たちが、モバイルアプリ「UNIVERSE」を通じて投票を行うことができる。視聴者投票により順位が変動し、9,800万を超える総投票数により、最終回で1位〜9位までに選ばれた9人が、K-POPグループ「Kep1er(ケプラー)」としてデビューを決めた。

番組は日中韓で同時放送され、日本では動画配信サービス「ABEMA SPECIAL」で配信された。

企画:CJ ENM
制作:STUDIO TAKE ONE / CJ ENM
放送:Mnet(韓国)、iQIYI(中国)、ABEMA SPECIAL(日本)

『Girls Planet 999:少女祭典』のあらすじ・ストーリー

#1:プラネット探索戦(前半)

2021年8月6日放送。Kグループ、Cグループ、Jグループ合わせて99人の少女たちが初めて顔を合わせる。何かしらの共通点を持つ各グループ1人ずつの少女たちが、3人1組のセルになって「ガールズプラネット」へ到着。異なる言語や文化に戸惑いつつ、互いの共通点を見つけて話が弾む。99人全員が席へ着くと、少女たちの成長をサポートするトレーナーであるマスター達も現れ「プラネット探索戦」がスタート。同時に、番組主題歌であるシグナルソング「O.O.O」の各グループ内順位(1位〜33位)が発表された。

「プラネット探索戦」は、Kグループ、Cグループ、Jグループが1〜6人程度のユニットに分かれてステージを披露。#1では「ビジュアルキラー」から「ブランド比率少女」までのユニットのパフォーマンスが放送された。

Cグループ:ビジュアルキラー

ボーカル面で心残りのあるステージになったが、チームの一体感が評価された

使用曲:H.I.N.P (Hot Issue of Ntl. Producers) 「Rumor」
メンバー:シェン・シャオティン(1位)、シュイ・ルォウェイ(24位)、ファン・シンチャオ(26位)、チェン・シンウェイ(33位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

Jグループ:クリスタルガールズ

ボーカルスキルにばらつきがあったが、全体としては明るいパフォーマンスが評価

使用曲:TWICE「FANCY」
メンバー:村上結愛(4位)、川口ゆりな(9位)、岸田莉里花(14位)、北島由菜(24位)、早瀬華(28位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

Kグループ:もちもち大福

高難度の課題曲を見事に消化し、オーラ溢れる鳥肌もののパフォーマンスで魅了

使用曲:aespa「Black Mamba」
メンバー:イ・ユンジ(7位)、キム・チェヒョン(23位)、アン・ジョンミン(30位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

Kグループ:ホットソース

難易度の高いボーイズグループの曲だが、確実に自分のものにして会場を魅了したことで高評価

使用曲:NCT 127「英雄(Kick It)」
メンバー:ソ・ヨンウン(10位)、ユン・ジア(22位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

Jグループ:12月の少女

パワフルなダンスながら生歌が安定し、マスターたちを驚かせた

使用曲:(G)I-DLE「DUMDi DUMDi」
メンバー:坂本舞白(2位)、比屋定和(17位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

Jグループ:山内若杏名

プロのようなスタイルが高評価

使用曲:BoA「BLACK」
メンバー:山内若杏名(3位)
※カッコ内の数字は「O.O.O」による評価順位

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents