BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

二番隊隊長:砕蜂(ソイフォン)

プロフィール

身長150センチメートル、体重38キログラム。2月11日生まれ。好きなものは魚、嫌いなものは肉。
二番隊隊長であり、隠密機動総司令官・隠密機動第一分隊「刑軍」総括軍団長も務めている。
暗殺や処刑を生業としていた下級貴族『蜂(フォン)家』の9代目当主。上に5人の兄がいたが、隠密機動隊に所属してまもなく死亡した。

かつては二番隊の隊長を務めていた夜一の部下だった。夜一に対して尊敬を超えた愛情のような感情を抱いていたが、突如、夜一が浦原喜助と共に姿を消したことにより、裏切られたような思いを抱いた。夜一が消える前は可愛らしい性格をしていたが、消失以降は冷酷な一面が見えるようになり、夜一を捕まえることを目標に実力をつけていった。
『尸魂界救出篇』で夜一と再会し、戦闘を繰り広げる。基本的な戦闘で夜一を上回ったが、鬼道を肉弾戦に組み込んだ『瞬光』を発動させた夜一に敗北した。その時に「何故私を…連れて行って下さらなかったのですか…!」と本心を語った。それ以降は友好的な関係を築いている。
他者に対しては冷酷な対応をすることが多いが、夜一だけに対しては恋する乙女のような態度を取っている。

斬魄刀

始解:雀蜂(すずめばち)

砕蜂の始解。解号は「尽敵螫殺『雀蜂』」。
発動すると斬魄刀が指に装着する爪のような形状に変化する。雀蜂で傷付けられると『蜂紋華』という蝶のような紋様が現れる。この箇所に再び雀蜂による攻撃を受けると死に至る。

卍解:雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)

砕蜂の卍解。
発動すると右腕に巨大な砲台が装着され、そこから砲弾を放って攻撃を行う。
絶大な破壊力を秘めているが、重すぎて移動が不可能となる。隠密機動を得意とする砕蜂の矜持から外れているため、砕蜂はこの卍解をあまり使いたがらない。また、体力の消耗が激しいため、3日に1度の発動しかできない。

二番隊副隊長:大前田 希千代(おおまえだ まれちよ)

プロフィール

身長210センチメートル、体重151キログラム。5月5日生まれ。好きなものは油せんべい、肉。嫌いなものは魚。
二番隊の副隊長。隠密機動第二分隊「警邏(けいら)隊」隊長でもある。
ふっくらとした体型で、髪がやや後退している。裕福な家の出身であり、大前田自身も大前田宝石貴金属工場の社長を兼任している。好物である油せんべいを常に持ち歩いている。『大前田 日光太郎右衛門 美菖蒲介 希千代(おおまえだ にっこうたろうえもん よしあやめのすけ まれちよ)』という大層な本名を持っている。
基本的には弱者に強く強者に弱い情けない性格をしている。しかし、護廷十三隊としての意地も持ち合わせているらしく、星十字騎士団との戦いでは「護廷十三隊として戦わなければならない」と奮起した。

大柄な体格だが、隠密機動隊に所属しているだけあって動きのスピードはかなり速い。しかし、鬼道を不得意としており、二十番台の鬼道を詠唱破棄で発動しようとした際に爆発させたことがある。

斬魄刀

始解:五形頭(げげつぶり)

大前田の始階。解号は「打っ潰せ『五形頭』」。
発動すると、刀身が棘の付いた鉄球のような形状に変化する。特殊能力は特にない。
『尸魂界救出篇』では一護に素手で破壊された。

二番隊隊長:四楓院 夜一(しほういん よるいち)

プロフィール

身長156cm、体重42kg。1月1日生まれ。褐色の肌、巨乳が特徴の美人。猫の姿に姿を変えることができる。
尸魂界の四大貴族である『四楓院家』の22代目当主。名家の出身だが、偉ぶった様子はない。一人称は「儂」であり、老人のような話し方をする。かつては二番隊の隊長を務めていたが、藍染の策略により尸魂界から追放されそうになった浦原喜助を助け、共に現世に渡った。この事から砕蜂に恨まれる事になるが、後に関係を修復している。
現世で一護たちと出会い、ルキア救出を共に行う。その後も、一護の仲間として共に戦っていく。

死神が使う高速の移動術である『瞬歩』の達人であり『瞬神』という異名を持つ。若かりし白哉と鬼ごっこをした時には一度も捕まったことがなかった。斬魄刀を持っていたことがあるが、一度も使用したことがなく、肉弾戦で戦闘を行う。鬼道と体術を組み合わせた戦闘法『瞬光』を編み出した。

三番隊隊長:市丸 ギン(いちまる ギン)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents