BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

斬魄刀

始解:剡月(えんげつ)

一心の始解。解号は「燃えろ『剡月』」。
焱熱系の斬魄刀であり、発動すると刀身と柄尻の緒に炎が宿る。自身の血を吹きかけることにより炎が巨大化する。
一心も『最後の月牙天衝』を使ったことがあるような発言をしているが、詳細は不明。
卍解は身体に負担がかかるらしく、負傷している場合には使用ができないらしい。最後まで使われることはなかった。

十一番隊隊長:更木 剣八(ざらき けんぱち)

プロフィール

身長202センチメートル、体重108キログラム。11月19日生まれ。
戦闘部隊である十一番隊の隊長。流魂街で最も治安が悪い北流魂街80地区「更木」出身。苗字は出身地名をそのまま使用している。名前は当代最強の死神に与えられる称号『剣八』を自ら名乗った。顔の左側に大きな傷跡がある。髪は11本に分けて束ねており、それぞれの先端に鈴がついている。『死神代行消失篇』からは髪をセットしていない。右眼には眼帯を着けている。
戦闘狂であり、戦いを何よりの楽しみにしている。鈴や眼帯は少しでも敵が自分に対抗できるようにする為の工夫であり、右眼は普通に機能している。この眼帯は自身の霊圧を無限に喰らう機能があり、本気で戦うに値すると判断した場合には眼帯を外す。また、ギリギリの戦いをする為に、無意識で霊圧を抑えている事が分かった。

目上への敬意はなく、元柳斎の事を「じじい」と呼んでいる。大義や正義の為ではなく自身が楽しむために戦闘を行うので、白哉や東仙とは険悪になる事もある。マユリも「野蛮人」と呼び嫌っている。しかし、戦闘を専門とする十一番隊の隊士からは慕われており、更木も部下を重んじる一面もある。
護廷十三隊屈指の実力者であり、自身の力を制限しなければどれほど強くなるのか分からない。入隊試験を受けることなく、前任の十一番隊隊長を殺害することで隊長になった。隊長となる者は卍解の習得が必須となるが、更木は卍解どころか、始解も習得せずに隊長となった異例の存在である。

北流魂街にある『更木』にて幼少の頃から周囲の者を斬り歩いていた。この時に初代剣八である卯ノ花と遭遇し斬り合う。当時から異常な強さを誇っていた更木は、初めて自身と渡り合う者と出会い、戦いの楽しさを知った。更木の力は卯ノ花よりも上回っていたが、その戦いの楽しさから更木は無意識の内に実力を制限して敗北してしまう。この時から、更木は霊圧を抑える悪癖がついてしまった。なお、卯ノ花はこの戦いで『更木が『剣八』の名を継ぐに相応しい』と思い、『剣八』の名を手放した。その後、更木は孤児であった少女と行動を共にすることになる。更木はその少女に自身が憧れる卯ノ花の名前をとって『草鹿やちる』と名付けた(苗字の『草鹿』はやちるの出身地)。

『尸魂界救出篇』では、一護が一角を倒したことから嬉々とした表情で一護の現れた。剣八は一瞬の隙を突き、一護に重傷を負わせる。しかし、一護の斬魄刀である『斬月』が助力した事により一護から強力な一撃を受け、同士討ちとなった(更木は敗北したと思っている)。その時に自身の斬魄刀に語りかけるが、何も返事はなかった。その後、一護と再び戦う為に織姫たちに助力した。その過程で狛村、東仙と戦って2人を圧倒した。
『千年血戦篇』では、敵から特記戦力の1人とされ、警戒されていた。敵の首領であるユーハバッハと戦うが、完敗する。その後、元柳斎が死亡し京楽が総隊長になる。京楽は更木を強くする為に、卯ノ花と更木を戦わせる。更木は死闘の末に卯ノ花を殺害し、本当の強さを得て始解を会得した。その後、やちるが自身の斬魄刀だということが明らかになり、卍解も発動させた。

斬魄刀

始解:野晒(のざらし)

更木の始解。解号は「呑め『野晒』」。
当初は、刃が欠けたボロボロの刀が更木の始解だと思われていたが、それは誤りである。卯ノ花との死闘を経て始解を会得した。
発動すると斬魄刀が巨大な斧に変化する。特殊な能力はないが、破壊力が凄まじい。敵が放った巨大な隕石さえも破壊した。

卍解:名称不明

更木の卍解。草鹿やちるは死神ではなく、更木の斬魄刀が具象化した存在だと明らかになる。やちるの語りかけにより卍解を発動した。
発動すると肌が赤黒く染まり、額から2本の角が生える。戦闘能力が飛躍的に向上するが、理性を保つことができなくなる。その凄まじい力に更木の肉体自体が耐えきれず、右腕が弾け飛んでしまった。

十一番隊副隊長:草鹿 やちる(くさじし やちる)

プロフィール

身長109センチメートル、体重15.5キログラム。2月12日生まれ。好きなものは金平糖。趣味はお菓子を食べること。
十一番隊の副隊長。更木の事を「剣ちゃん」と呼び、基本的に更木のいうことしか聞かない。隊員たちをあだ名で呼んでおり、それは上官である隊長たちも例外ではない。生意気かつ気分屋で、見た目の通り子供のような性格をしているが、何かと可愛がられている。しかし、実力は確からしく、入隊試験を受けずに副隊長に任命されている。

北流魂街79地区『草鹿』出身で、赤子の時に更木に拾われた。その時、出身地と更木が尊敬している人物(卯ノ花八千流)の名前をとって『草鹿やちる』と名付けられた。それから更木と行動を共にしていたが、その正体は更木の斬魄刀であった。やちるは、更木と出会った時「どこから来た?」と問いかけられて更木の斬魄刀を触っていたが、これは伏線であった。
『千年血戦篇』で「あたしをちゃんと使えば斬れない奴はいない」と更木に伝え卍解を発動させた。

斬魄刀

始解:三歩剣獣(さんぽけんじゅう)

発動すると、毛むくじゃらの『前獣』、黒い布を纏い骸骨のような容姿をしている『後獣』が現れる。二匹の獣はやちるの太刀筋を真似して剣を振るう。やちるの攻撃だけを避けても獣の攻撃を受けてしまう。獣は不可視であり、「でておいで『三歩剣獣』」という解号で実体化する。
なお、更木の斬魄刀であるやちるが、なぜこのような能力を持っているのかは謎である。

十一番隊副隊長:斑目 一角(まだらめ いっかく)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents