BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

鳳橋の始解。解号は「奏でろ『金沙羅』」。
発動すると斬魄刀が鞭のような形状に変化し、それを振り回して攻撃する。

卍解:金沙羅舞踏団(きんしゃらぶとうだん)

鳳橋の卍解。
発動すると指揮をする巨大な手と、12体の人形が出現する。鳳橋は旋律を奏で、人形を踊らせる。鳳橋が奏でる旋律を耳にすると、幻覚を見せられる。この幻覚の中で傷つくと現実でも傷つくことになる。これは人形がそのダメージを再現しているためである。

十一番隊長 → 四番隊隊長:卯ノ花 烈(うのはな れつ)

プロフィール

身長159センチメートル、体重45キログラム。4月21日生まれ。好きなものは濃い味、嫌いなものは薄味。趣味は生け花、特技は剣道。
治療を専門とする四番隊の隊長。巨乳の持ち主である。元柳斎に次ぐ古参の死神であり、京楽は「大先輩」と言っている。おしとやかな女性で怒ることはないが、命令を聞かない者には笑顔でプレッシャーを与える。
聡明な女性であり、『尸魂界救出篇』では藍染の死体から違和感を感じ取っている。
『千年血戦篇』で自身の経歴を明らかにした。卯ノ花は現在は回復を専門とする四番隊に所属しているが、かつて戦闘を専門とする十一番隊の初代隊長であった。また、最強クラスの死神に送られる『剣八』という称号を初めて授かった人物である(『烈』という字を崩すと『剣八』になる)。尸魂界の歴史に残る大罪人であり、凄まじいほどの人間を殺害している。そんな卯ノ花を周囲の人間は『剣八』と呼ぶようになった。回復術を覚えたのも、自身が戦いを続けるためである。元柳斎にその腕を見込まれて護廷十三隊へと入った。『烈』と名乗る前には『八千流』という名前を使っている。これは『あらゆる流派は我が手の中にある』という意味を込めて自身がつけた名前である。幼少の更木と出会い、斬り合っている。更木は子供の頃から強く、卯ノ花を超える力を持っていた。卯ノ花はその時、『剣八』の称号を更木に渡すべきだと感じ、『剣八』の称号を手放した。

総隊長となった京楽から、更木に剣術を教えるように依頼された。そして『剣八』だった頃を思わせる一面を見せ、更木と死闘を繰り広げた。そしてその戦いの末に命を落とした。更木はその戦いにより自身の斬魄刀の名前を知った。

斬魄刀

始解:肉雫唼(みなづき)

卯ノ花の始解。解号は不明。
発動すると刀身がエイのような生物へ変化する。この生物に呑み込まれた者は傷が治癒する。
浮遊が可能で、背に乗ることもできる。

卍解:皆尽(みなづき)

卯ノ花の卍解。更木との戦いで使用した。
詳しい能力は不明。

四番隊副隊長 → 四番隊隊長:虎徹 勇音(こてつ いさね)

プロフィール

身長187センチメートル、体重70キログラム。8月2日生まれ。好きなものはおかゆ(身長を伸ばしたくないため。三食これでもいい)、嫌いなものはかまぼこ。趣味は生け花、特技は裁縫。
四番隊の副隊長。『千年血戦編』で卯ノ花が死亡したことから、最終回では隊長の座についている。その為、卍解も習得していると思われるが、使用されていない。回復を専門としている為に前線に出ることは少ない。長身でショートカットである為に男勝りな印象を受けるが、優柔不断で怖がりという女の子らしい一面がある。
更木から卯ノ花の死を知らされた時には、涙を流しながらその事実を受け入れた。

斬魄刀

始解:凍雲(いてぐも)

虎徹勇音の始解。解号は「奔れ『凍雲』」。
発動すると3本の刀身が出現する。一護との戦いで使用したが、瞬殺されてしまった為に詳しい能力は不明。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents