BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

卍解:狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)

恋次が最初に覚えた卍解。
刀身が巨大な蛇の骨に変わり、それを操って攻撃を行う。しかし、巨体な為に扱いが難しい。恋次の霊圧で繋がれているために切断する事はできない。ただし、節を破壊する事はできる。一度破壊された節は卍解を解いても修復される事がない。

卍解:双王蛇尾丸(そうおうざびまる)

『千年血戦篇』で使用した卍解。
『蛇尾丸』は猿と蛇の斬魄刀であり、『狒狒王蛇尾丸』は蛇しか覚醒していない卍解だという事が明らかになった。恋次の真の卍解はこの『双王蛇尾丸』である。発動すると斬魄刀が始解時のような形状の刀『オロチ王』に変わり、左手側に巨大な猿の手『狒狒王』が出現する。
オロチ王は始解時と同じく伸縮し、狒狒王は敵を握り殺せるほどの力を持っている。

七番隊隊長:狛村 左陣(こまむら さじん)

プロフィール

身長288センチメートル、体重301キログラム。8月23日生まれ。好きなものは肉、嫌いなものはニンジン。
巨大な肉体を持つ人狼。鉄笠や手甲を身につけ、いつも顔や腕を隠していた。更木との戦いでその顔が明らかになった。それ以降は鉄笠などは着用していない。人狼の姿になっているのは、畜生道に堕ちた一族の出身であるためである。孤独に過ごしていた所を元柳斎に拾われた事から多大なる恩義を感じている。死神になったのも元柳斎に報いる為である。
東仙とは死神になる前から付き合いがあり、親友のような間柄だった。東仙は死んでしまった友人の意思を継いで死神を志した。狛村は東仙が心の奥底では世界を憎んでいる事を知っており、そんな東仙の心の拠り所になりたいと考えていた。

ルキアを奪還に尸魂界に侵入してきた一護たちを迎え撃とうとするが、一護たちの側についた更木と戦闘になる。狛村は卍解を発動して更木を倒そうとするが、その最中に元柳斎の霊圧を感じた為に戦いを中断した。そして元柳斎から藍染の裏切りを聞き、誰よりも速く藍染の元へ駆けつけた。そして卍解して藍染と戦うとするが、詠唱破棄の鬼道一撃で敗北した。
藍染が空座町へと攻め入った時には、東仙と対峙した。狛村はまともに戦おうとせず、防戦一方であった。とどめを刺されようとした時、東仙の部下であった檜佐木が東仙に致命傷を与えた。横たわる東仙に狛村は「憎むなとは言わん。ただ己を捨てた復讐などするな。貴公が失った友に対してそうであったように、貴公を失えば儂の心には穴があくのだ。」と話し、涙を流させた。
『千年血戦編』では、敵に卍解を奪われ、重傷を負わされた。その後、死亡した元柳斎に報いるために一族の長『大爺様』の元へ出向き、一時的に強大な力を得られる『人化の術』を会得した。人化の術を使い圧倒的な力で敵の一人を倒したが、人化の術の副作用により完全な獣の姿となってしまった。
戦いが終わった後には山で暮らしている(護廷十三隊の隊員には戦死したと伝えられている)。

斬魄刀

始解:天譴(てんげん)

狛村の始解。解号は「轟け『天譴』」。
自身の動きに合わせて、巨大な手と刀が出現して敵を攻撃する。卍解と違って出現した手や刀にダメージを受けてもフィードバックはない。

卍解:黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)

狛村の卍解。
巨大な明王を出現させて攻撃を行う。強力な攻撃を繰り出すが、明王が受けた攻撃は狛村へとフィードバックする。狛村が回復すれば明王もそれに応じて回復する。

卍解:黒縄天譴明王・断鎧縄衣(こくじょうてんげんみょうおう・だんがいじょうえ)

『千年血戦編』で使用した。
明王が鎧を脱ぎ去てた形態。動きが俊敏になり、刀での攻撃は爆発するようになる。また、攻撃を受けてもすぐさま治癒する。この卍解を使った時には人化の術を発動して不死身になっていた為、ダメージのフィードバックも問題なかった。

七番隊副隊長 → 七番隊隊長:射場 鉄左衛門(いば てつざえもん)

身長182センチメートル、体重68キログラム。7月18日生まれ。好きなものは広島風お好み焼き、嫌いなものは大阪風お好み焼き。趣味はサングラス集め、特技はイラスト。グラサンを着用し、広島弁を話すヤクザ風の男性。面倒見が良く、仁義に厚い性格をしている。元十一番隊の隊士だったが、母親の治療費を稼ぐために脱退した。
顔に似合わず器用で、「斬」「拳」「走」「鬼」どれもバランスよく使うことができる。射場はバランスよく鍛える事で副隊長に任命されやすいと発言している。獣の姿になった狛村と変わって隊長になった。

斬魄刀

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents