BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

始解:名称不明

始解を行うと斬魄刀が鍔がなく広い刀身の中ほどに枝のような刃が付いた形状に変化する。名称や能力は不明。
隊長になっているために卍解を会得していると思われるが、披露されていない。

七番隊隊長:愛川 羅武(あいかわ らぶ)

プロフィール

身長189センチメートル、体重86キログラム。10月10日生まれ。通称はラブ。
サングラスを掛けたアフロの男性。特殊なアフロであり、様々な方向から突き出している。
110年前に七番隊の隊長を務めていた。藍染が起こした魂魄消失事件の始末特務部隊に選出され、事件の解決に乗り出すが、虚化してしまい尸魂界から現世に渡った。ジャンプが大好きで、よく漫画のことを語っている。好きな台詞は「おまえはもう死んでいる」。ひよ里の面倒をよく見ている。

空座町での戦いでは、戦闘不能になった京楽と浮竹の代わりにスタークと戦った。藍染との戦いが終わった後、仲間の中には尸魂界へ戻る者もいたが、ラブは「ジャンプのない世界に用はない」と言って現世へ戻った。現世に戻ったのは、ひよ里の保護という名目もある。

斬魄刀

始解:天狗丸(てんぐまる)

ラブの始解。解号は「打ち砕け『天狗丸』」。
発動すると斬魄刀が巨大な棘が生えた金棒に変化する。攻撃力が高い上に、頑丈。敵の攻撃を受けても物ともしなかった。炎を纏うこともできる。
卍解も会得していると思われるが、使用していない。

八番隊隊長 → 一番隊隊長:京楽 春水(きょうらく しゅんすい)

身長192センチメートル、体重87キログラム。7月11日生まれ。好きなものは酒饅頭、酒、女。嫌いなものは抹茶、仕事、争いごと。
八番隊の隊長。元柳斎が死亡した後には一番対隊長、護廷十三隊の総隊長になった。上級貴族『京楽家』の次男坊である。フルネームは京楽 次郎 総蔵佐 春水(きょうらく じろう さくらのすけ しゅんすい)である。
女物の羽織や帯を着用している。物腰が柔らかく、飄々とした性格をしている。普段は軽いように思えるが、護廷の為であれば悪を利用することも厭わない非情な一面もある。元柳斎の教え子であり、元柳斎にタメ口をきく唯一の存在。元柳斎には家族以上の情を抱いている。

『尸魂界救出篇』では、チャドを斬魄刀解放もせずに一撃で倒した。その後、ルキアの処刑に疑問を抱き、浮竹と共に元柳斎と戦った。藍染が空座町へ侵攻した時には、『十刃(破面の精鋭)』、第1十刃であるスタークと戦い、卍解を使わずに勝利した。
『千年血戦篇』では、敵に卍解を奪われるという事実に動揺し、その隙に右眼を潰された。元柳斎に喝を入れられて巻き返すが、元柳斎が死亡した事によりショックを受けて敗北した。その後、元柳斎に変わって一番隊隊長・護廷十三隊の総隊長となった。その時から眼帯を着用している。それから卯ノ花に命をかけて更木を訓練するように頼んだり、幽閉されていた藍染を解放するなど、様々な策を講じた。

斬魄刀

始解:花天狂骨(かてんきょうこつ)

京楽の始解。解号は「花風紊れて花神啼き 天風紊れて天魔嗤う『花天狂骨』」。
発動すると斬魄刀が青龍刀のような形状に変化する。二対一刀の斬魄刀は珍しく、他には浮竹の斬魄刀しかない(後に一護が二刀の斬魄刀を手にした)。
能力は、花天狂骨が行う『遊び』に強制的に参加させる、というもの。遊びは『影鬼(影を踏まれたら負け)』『だるまさんがころんだ(動いているところを見られたら負け)』など、様々な種類がある。遊びは花天狂骨がランダムに選ぶため、場合によっては京楽が不利になる場合もある。能力の対象になるのは、花天狂骨が放つ霊圧領域内に存在する人物である。

後に二刀のうちの一つが、京楽の部下である七緒のものであることが判明し、「二対一刀とはなんだったのか」という疑問が読者の中に生じた。

卍解:花天狂骨枯松心中(かてんきょうこつからまつしんじゅう)

京楽の卍解。
発動すると京楽の霊圧が周囲に展開され、辺り一帯が黒く染まる。この霊圧領域内にいる人物は花天狂骨が繰り広げる劇に強制的に参加させられる。その劇の内容は『愛し合う男女が仲違いし、共に病にかかってしまう。二人は共に入水自殺することを決めるが、男は怖気づき、それに怒った女が男を刺し殺す』というものである。この女役を京楽が、男役を敵が担当する事になる。劇は四段階に分かれており、終幕を迎えると敵は死亡する。

八番隊副隊長 → 一番隊副隊長:伊勢 七緒(いせ ななお)

プロフィール

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents