BLEACH(ブリーチ)のネタバレ解説まとめ

2001年から2016年まで週刊少年ジャンプに連載された王道バトル漫画。作者は久保帯人。主人公である高校生の黒崎一護が、ある日自らを「死神」と名乗る少女・朽木ルキアと出会うことから物語は始まる。原作は漫画作品であるが、テレビアニメ・ゲーム・ミュージカルなど幅広いメディアで展開された。

概要

BLEACH(ブリーチ)は久保帯人による王道バトル漫画。週刊少年ジャンプにて2001年36・37合併号から2016年38号まで連載された作品である。
単行本は全74巻。アニメ・ゲーム・ミュージカルなど幅広いメディアに展開された。

あらすじ・ストーリー

BLEACHのストーリーは「死神代行篇」「尸魂界篇」「破面篇」「死神代行消失篇」「千年血戦篇」の全5篇からなる。

死神代行篇

霊感の強い高校生、黒崎一護は、ある日自らを「死神」と名乗る少女、ルキアと出会う。
死神の仕事は虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊を魂葬することだと聞かされるが、そもそも死神の存在を信じることが出来ない一護。
しかし、虚に襲われることで信じざるを得ない状況になる。家族を騒動に巻き込まないために虚に立ち向かう一護であったが、ただの高校生が敵うわけもなく、一護を庇ったルキアは重傷を負ってしまう。どうしようもない状況下でルキアは一護に死神の力の一部を渡すことで一護を死神化させた。
そうすることで一護は虚を倒すことが出来たが、一護がルキアの想像以上に力を奪ってしまいルキアは死神の力のほとんどを失ってしまう。
そこでルキアは一護に死神代行として自身の代わりに仕事をしてもらうように頼み、一護はこれを了承する。
自身のクラスメートである井上織姫や茶渡泰虎を虚から守る中で死神の仕事を覚えていった一護であったが、その折、自らを滅却師(クインシー)と名乗り、虚を滅する力を持つ同級生の石田雨竜に勝負を持ちかけられる。その中で井上織姫・茶渡泰虎も隠された力を開花させていく。

尸魂界篇

緊急事態だったとはいえ、人間への死神の力の譲渡は重罪。死神の世界である尸魂界(ソウル・ソサエティ)から重禍違反者として、ルキアへ捕縛命令が出る。ルキアを連行するために現世に来たのは死神を統括している組織、護廷十三隊(ごていじゅうさんたい)の六番隊隊長・朽木白哉と六番隊副隊長・阿散井恋次であった。ルキアを助けようと2人に立ち向かう一護であったが、逆に重傷を負わされ、死神の力も奪われてしまう。

一護はルキアを助けるため、浦原喜助の修行を受け死神の力を取り戻した。そして謎の猫・夜一の先導の下、同級生の井上織姫・茶渡泰虎・石田雨竜と共に尸魂界に潜入する。尸魂界に潜入した一護たちであったが、ルキアがいる瀞霊廷に突入する際に離れ離れになってしまう。ルキアのもとを目指す一護だが、そこに阿散井恋次や十一番隊隊長・更木剣八が立ちはだかる。
一方その頃、瀞霊廷でも異変が起きていた。ルキアの処刑に異を唱え、疑問を抱いていた五番隊隊長・藍染惣右介が殺害され大問題になっていたのだ。
ルキアとの接触に成功したが一護だが、そこに再び朽木白哉が立ちはだかる。一護は白夜と交戦するが、そこに突如現れた夜一によって戦いは中断された。夜一に連れられ姿を消した一護は、己の斬魄刀(ざんぱくとう)の卍解(ばんかい)を習得するべく修行に入る。

藍染を尊敬し、慕い、藍染の下で副隊長として働いていた雛森は、混乱の中生きているはずがない藍染の姿を見つける。しかしそれは紛れもなく藍染であり、安堵を覚えた瞬間、藍染が雛森に手をかけた。藍染殺害事件は自身の斬魄刀である鏡花水月を用いて仕組んだ策略であり、一護たちが尸魂界に突入した混乱に乗じて、謀反を画策していたのであった。

一方、卍解を習得した一護はルキアの救出に成功する。そこに立ちはだかるのは三度目の対峙となる朽木白哉。白夜との戦いは死闘となったが、一護は卍解・天鎖斬月を使いなんとか勝利する。そして、今回の混乱の張本人である藍染と、藍染の仲間となり尸魂界を裏切った市丸ギン・東仙要が現れる。藍染の目的は処刑されるはずだったルキアの体内に隠された崩玉(ほうぎょく)を手に入れることだった。ルキアの体内から崩玉を抜き出した藍染は、手を結んだ虚の反膜(ネガシオン)によって虚圏(ウェコムンド)へと消えていった。

破面篇

尸魂界から現世に戻ってきた一護たち。平穏な日々も束の間、斬魄刀と仮面を携えた奇妙な転校生・平子真子がやってくる。彼は死神と虚の境界をなくした者「仮面の軍勢(ヴァイザード)」だった。そんな中、藍染の影を感じ、一護の父・黒崎一心も死神に復帰する。ほどなくして藍染の配下である破面(アランカル)・ウルキオラが空座町を襲撃、その力の差に一護は愕然とする。この事態を護廷十三隊が見過ごすはずもなく、日番谷を筆頭にした日番谷先遣隊が現世に派遣された。彼らから藍染の真の目的を知らされた一護。藍染の目的は王鍵(おうけん)という、王族が住む場所へ入るための鍵の創生であった。

藍染の命により、織姫がウルキオラによって連れ去られてしまう。一護は織姫救出のため、浦原の助けのもと、石田・茶渡と共に破面達の住む世界・虚圏へ向かう。虚圏で恋次・ルキアと合流し共に虚夜宮(ラス・ノーチェス)へ向かう。そこで待ち受けていたのは十刃(エスパーダ)と呼ばれる破面の精鋭たち。グリムジョーやウルキオラとの死闘を繰り返し満身創痍になる一護。他方では、石田や茶渡たちも苦戦を強いられる。

時は遡ること100年前、尸魂界では魂魄の消失事件が相次いでいた。その調査に乗り出した六車拳西率いる九番隊も事件に巻き込まれてしまう。裏で糸を引いていたのは当時、五番隊副隊長を務めていた若き藍染であった。藍染の不審な動きに気づいていた平子も、藍染の策略にかかり実験体にされてしまう。平子たちを藍染から救うため浦原が現場に急行するも、藍染を取り逃してしまう。そればかりか、逆に大逆の罪を着せられ、尸魂界を追放処分となる。そして過去から今に繋がっていく。

空座町に侵攻した藍染たちと護廷十三隊との全面戦争が始まった。護廷十三隊は十刃の従属官(フラシオン)をなんとか退けるも苦戦が続き、次々と隊長格が倒されていく。そんな中、虚圏での戦いを終えた一護が現世に帰還。浦原・夜一・一心と共に藍染を迎え撃つが、崩玉を手にした藍染には為す術もなかった。空座町の、そして世界の命運を賭けた戦いは、一護が習得した新たな力「最後の月牙天衝」によって完全覚醒した藍染を倒し、終止符が打たれた。

死神代行消失篇

藍染との死闘から17ヶ月後。
空座町を守った代償に死神の力を失った一護は高校3年生になっていた。平穏な高校生活を送っていた一護であったが、突如代行証を持った男・銀城空吾が現れる。彼の目的は一護に死神の力を取り戻させることだと言う。一方、一護の異変に気づいていた石田が何者かに襲われる。それを知った一護は力を取り戻すため、銀城へ接触する。彼はXCUTIONという組織を率いていた。その組織は完現術(フルブリング)をあやつる完現術者(フルブリンガー)の集団であった。完現術は物体に宿る魂を引き出し使役する力。親が虚に襲われたことにより宿った力であり、彼らはその力を捨てたいという。そのためには一護に死神の力を取り戻させ、自身の力を一護に譲渡することが必要とのこと。一護は銀城たちのもとで力を取り戻すための修行を開始する。

一護は修行の末、完現術を発現する。わずかな希望を抱いた時、井上織姫が月島という男に切られてしまう。井上の異変を察知した一護と茶渡は現場へと向かう。そこには「何もなかった」と主張する井上がいた。井上自身は違和感を覚えていたが、その違和感が言いようのないもののため一護たちに話すことが出来なかったのだ。この一件を一護が銀城に伝えると衝撃の事実が語られる。「月島はかつて俺たちのリーダーだった。」それを聞いた一護は修行のペースを早めていく。銀城との修行を経て、完現術を身に着けた一護。しかしそこに待ち受けていたのは信じられない事態だった。

遊子や夏梨、水色、啓吾など一護の家族や仲間たちが月島の手にかけられていたのだ。混乱と絶望の中、月島のアジトに乗り込み攻撃を畳み掛ける。しかし、そこで唯一の味方であった銀城が月島に切られてしまう。そして一護の目の前に現れた石田。彼の言葉を遮るように、銀城の刀が一護を突き刺す。最初から銀城と月島の作戦であり、銀城の真の目的は、一護の完現術を奪うことだったのだ。
絶望に陥る一護に再び一振りの刀が突き刺さる。それはルキアによるものだった。その刀には、一護に力を取り戻させるべく、死神たちが力を注いでおり、そのおかげで一護は力を取り戻すことに成功した。力を取り戻した一護は見事に銀城を打ち倒した。

千年血戦篇

尸魂界で突如、虚が完全に消滅する事件が次々と発生する。一方、一護たちは石田と同じような力を持つ者からの襲撃を受ける。それを皮切りに尸魂界が『見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)』からの襲撃を受ける。一番隊副隊長である雀部長次郎忠息をはじめ、多くの隊士が殺害され宣戦布告を受けたのだ。一護は突如虚圏から来訪してきたネルから虚圏も見えざる帝国の襲撃を受け、藍染たちが去った後実質的に虚圏を支配していたティア・ハリベルが囚われの身になったことを知らされる。

尸魂界の調査により、見えざる帝国の正体は滅んだはずの滅却師の集団であることが判明した。そして再度、尸魂界は見えざる帝国の侵攻を受ける。一護たちを加えた護廷十三隊も必死の応戦をみせ、なんとか見えざる帝国を撤退させることに成功するが、被害は甚大。護廷十三隊総隊長である山本元柳斎重國を含め多くの死神たちが戦死した。この状況を立て直すべく、王属特務・零番隊が現れた。一護は零番隊のもと、新しい力を手に入れることになる。

そして三度、尸魂界は見えざる帝国の侵攻を受ける。突如瀞霊廷が黒い影に覆われ、見たこともない場所へと姿を変えたのだ。再び交戦状態に入り、以前の戦いで卍解を奪われた隊長たちも工夫を凝らし戦うものの、星十字騎士団の圧倒的な力の前に倒されてしまう。そこに浦原の作った薬が届き、それによって卍解を取り戻し戦況は拮抗する。霊王宮で修行を終えた一護たちも戦いに加わるが、ユーハバッハは一護たちが降下してくる際にできた抜け道を通り、霊王宮への侵攻を始めてしまう。後を追う一護たち、そして零番隊がユーハバッハを待ち受ける。

主な登場人物・キャラクター

黒崎一護(くろさき いちご)

主人公。幼い頃から霊感が強く、死神であるルキアから死神の力を譲渡され、以降「死神代行」として死神の仕事をすることになる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents