更木剣八(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

更木剣八(ざらきけんぱち)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の中でも武闘派が集まる十一番隊の隊長を務める男だ。「剣八」とはその代の最強の剣士の呼び名で、生まれたときに名前を持たなかった剣八は自分で自分に「剣八」と名付けた。名前の通り非常に好戦的で、強い者との戦いを至上の幸福としている一方で、自身が強すぎるあまりに対等に渡り合える敵がなかなか現れず、主人公の一護と出会うまで退屈しきっていた。最終章「千年血戦篇」で初代剣八の卯ノ花との戦いを通して初めて自身の斬魄刀の名前を知る。

更木剣八のプロフィール・人物像

更木剣八(ざらきけんぱち)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の中でも武闘派が集まる十一番隊の隊長を務める男だ。
「剣八」とはその代の最強の剣士の呼び名で、生まれたときに名前を持たなかった剣八は自分で自分に「剣八」と名付けた。名前の通り非常に好戦的で、強い者との戦いを至上の幸福としている一方で、自身が強すぎるあまりに対等に渡り合える敵がなかなか現れず、主人公の一護と出会うまで退屈しきっていた。

流魂街で最も治安の悪い地区「更木」の出身で、物心ついたころからひたすらに強い者との戦いを求めて流魂街を彷徨っていた。その頃に初代剣八であり「八千流(やちる)」と名乗っていた頃の卯ノ花と出会い、同じ価値観を持つ者同士で刃を交え、敗北する。それ以来卯ノ花に憧れ、偶然出会った名前のない少女に「やちる」と名付けたのが、後の十一番隊副隊長草鹿やちるとの出会いだった。

斬魄刀は死神になる前に死体から拾ったものを使っており、隊長でありながら自身の斬魄刀の名前すら知らずにいた。一護との戦いを通して斬魄刀に対する認識を改め、名前を知りたいと思うようになるが、その時点では知ることはできなかった。最終章「千年血戦篇」で卯ノ花と決闘し、初めて斬魄刀の名前が「野晒(のざらし)」であることを知る。

更木剣八の能力

斬魄刀「野晒(のざらし)」

流魂街を彷徨っていた頃の剣八が、死神の死体から奪った斬魄刀。最終章の「千年血戦篇」まで名前すらわからなかった。
一護の斬月(ざんげつ)と同じく常時解放型の斬魄刀と言われていたが、卯ノ花との死闘を経て名前が判明し、始解が存在することがわかった。始解すると巨大な斧のような形状に変わる。
他の隊長格の斬魄刀と違って特殊能力はなく、剣八の強さを引き出すという一点に特化している。

更木剣八の必殺技

始解

解号は「呑め『野晒』」。巨大な斧のような形をしている。

卍解

作中で剣八が卍解を使うのは一度きりで、名前は登場しない。
発動すると額から鬼のような角が生えて肌が赤くなり、数十メートルもの大きさの敵の腕を顎の力だけで引きちぎり、その敵を一太刀で縦に両断するほどの強さを発揮する。その代わりに剣八自身は理性を失い、仲間とのコミュニケーションも取れない。また、解放した力に肉体がついていかず、腕がもげてしまった。
斬魄刀自体は始解の形状から変化しない。

更木剣八の来歴・活躍

尸魂界篇

一護

ルキアを救出するために尸魂界に渡った一護たちは、現世からの侵入者として護廷十三隊と敵対することになった。剣八は一護の前に圧倒的な力の差がある強敵として立ちはだかる。
剣八は隊長として侵入者を排除することやルキアの処刑には全く興味がなく、ただ強い敵との戦いを楽しみたいだけだった。剣八は一護に「てめえから先に斬らせてやる」と言って刀も抜かずに棒立ちになる。一護は無防備な相手を攻撃することに抵抗を示すが、剣八は「殺そうが殺されようが、所詮は暇潰しだろうが」と一護を煽る。しかし実際に一護が刀を振ると、斬られたはずの剣八の胸は全くの無傷で、斬ったはずの一護の掌が裂けて血を吹いた。霊圧同士がぶつかったとき、小さい方が大きい方に押し負ける。一護が敵を斬るために研ぎ澄ました霊圧より、戦う気のない剣八が無意識に垂れ流している霊圧の方が大きいのだった。剣八は興ざめして刀を抜いた。
「剣八」とは、護廷十三隊の中で最も戦いを好み、最も多くの敵を殺してきた者に与えられる名で、「幾度斬り殺されても絶対に倒れない」という意味を持つ。
その後も一護は必死に戦うが、何度斬りつけても剣八に傷ひとつつけることができず、防戦一方となる。剣八の圧倒的な霊圧に怯えすら感じていた一護だったが、遠くに感じていたチャドの霊圧が消えてしまったことを感じる。チャドが殺されてしまったのかと焦る一護だったが、チャドの霊圧は微かながら残っていた。チャドが敗北してしまったが死んではいないことを確信した一護は仲間を助けるために己を奮い立たせ、怯えを捨てて剣八に挑む。迷いを捨てた一護の刃は剣八に届き、ようやく傷を負わせることに成功する。これなら勝てると一護が確信したとき、剣八は心底嬉しそうに「やりゃあできるじゃねえか」と笑った。
その後も一護は善戦を続けるが、剣八が斬魄刀の名前を知らず、解放も出来ないと知ったことでほんの一瞬気が緩んだ隙に胸を刺されてしまう。久しぶりに戦いを楽しめる敵が現れたと喜んでいた剣八はあっけない勝利に「つまんねえな…」と呟いてその場を立ち去ろうとした。しかし死んだと思われた一護は剣八が驚くほどの霊圧と共に立ち上がった。
斬魄刀の名前を知り、その力を借りて共に戦うというのがどういうことか、斬月によって示され理解した一護は、自分ひとりではなく斬月と共に戦う。剣八に深手を負わせ、鍔迫り合いに押し勝った一護は速攻で勝負をつけて仲間を助けに行こうとするが、剣八は思いもよらない強敵の出現に歓喜し、自身の重傷を気にも留めず一護との死闘に挑む。しかし一護には、剣八の斬魄刀が悲鳴をあげているのが聞こえていた。死神と斬魄刀が互いを信じあわなければお互いの力を損なうばかりで、真の強さは得られない。戦いを好むあまり自分の力しか信じない剣八には、自身の斬魄刀の悲鳴も、斬月と信じあう一護の強さも理解できない。
最後の一撃の後、腹を深く斬られた一護は意識を失って倒れる。一護の敗北と思われたそのとき、剣八の斬魄刀がまっぷたつに折れた。直後に剣八は倒れ伏す。一護の勝利だった。

一護に敗北を喫した剣八は、十一番隊副隊長の草鹿やちると初めて出会ったときのことを夢にみていた。拾った斬魄刀を携えて、戦いを求めて流魂街を彷徨っていた頃の剣八が偶然出会った幼い少女がやちるだった。剣八もやちるも、呼ばれる名前を持たず、何者でもなかった。剣八は自身に最強の死神の通り名である「剣八」と、出身地である「更木」を合わせて「更木剣八」と名付け、少女には唯一剣八が憧れた人の名前である「やちる」と、少女の出身地である「草鹿」を合わせて「草鹿やちる」と名付けた。
他の者には当然のようにある呼び名が自分にだけない苦痛と寂しさを思い出した剣八は斬魄刀の名前を知りたいと初めて望むが、斬魄刀は答えない。
剣八は悔し涙を堪えながら、「強くなりてえ」と叫ぶ。長年ぶりに一護という好敵手に出会い、剣八は自分がまだ強くなれると知ったのだった。

破面(アランカル)篇

ノイトラ

死神の力を手に入れた虚(ホロウ)である「破面(アランカル)」たちの世界「虚圏(ウェコムンド)」で破面を従えた藍染によって織姫が連れ去られ、一護たちは虚圏へ乗り込む。少々遅れて剣八も尸魂界から虚圏へ派遣され、一護の窮地を救う形となる。
剣八が対峙したのは第5十刃(クイント・エスパーダ)であるノイトラ・ジルガで、歴代全十刃(エスパーダ)の中でも最高硬度を誇る男だった。自身の強さに絶対的な自信を持つノイトラだったが、何度斬っても何度刺しても剣八は倒れず、ノイトラが力の差を見せつけるたびにますます喜んで立ち向かってくる。ノイトラは苛立ちを募らせながら帰刃で剣八を殺そうとする。このまま楽しみに任せて攻撃を受け続ければ死ぬと判断した剣八は「嫌だなァ…死ぬのは…」と呟くと、久しぶりに剣道をやると決める。
剣八が護廷十三隊に入隊したばかりの頃、総隊長の山本に剣道の稽古をつけられたことがあったという。型を重んじる剣道は剣八の性に合わず、「剣の道」という名前も剣八の気に入らなかったのですぐにやめてしまったが、「剣は片手で振るより両手で振った方が強い」という至極当たり前の理屈だけは納得し、覚えていた。
剣八が両手で斬魄刀を振るった、その一太刀でノイトラは致命傷を負う。それでもノイトラは立ち上がり、死ぬまでは敗北ではないと剣八に向かって行く。剣八は勝敗の決した勝負には興味がなく、ノイトラにとどめを刺そうとも思わなかったが、死ぬまで戦おうとするノイトラに向かって笑顔で剣を振るった。
倒れ伏し、今度こそこと切れたノイトラに向かって剣八は「愉しかったぜ」と笑ったのだった。

死神代行消失篇

ギリコ

snow9854
snow9854
@snow9854

Related Articles関連記事

涅マユリ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

涅マユリ(くろつち まゆり)とは週刊少年ジャンプで連載していた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊の十二番隊隊長であり、技術開発局二代目局長を兼任している。 容姿は白い肌に奇抜な黒い化粧を施したような姿で、髪型も特徴的だ。また、姿はどんどん変化している。 隊長として理知的に隊をまとめているが、その本性はかなりのマッドサイエンティストである。強い好奇心の持ち主のため、人体実験を特に好んでいる。

Read Article

兵主部一兵衛(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

兵主部一兵衛(ひょうすべいちべえ)とは、『BLEACH』に登場する王属特務・零番隊に所属するリーダー格の男であり、異名は「真名呼和尚(まなこおしょう)」。尸魂界の万物に名前をつけた人物であり、すべての斬魄刀の真の名前を知っている。「名前」を支配する力を持ち、死亡しても名前を呼ばれることで、呼んだ者の力を借りて復活することができる。同じ手段で零番隊の面々を蘇らせることも可能。霊王宮に攻め込んだユーハバッハと交戦するが、敗北して死亡し、ユーハバッハを追ってきた一護に名前を呼ばれて復活する。

Read Article

石田雨竜(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

石田雨竜とは、『BLEACH』に登場する滅却師(クインシー)の少年で、主人公・一護の友人。死神との戦いでほとんどの滅却師が死亡した後の数少ない生き残りとされていた。冷静沈着な頭脳派で滅却師としての誇りが強く、一護とは衝突しがちだが最終的には腐れ縁のような仲になる。「金にならない」と言って滅却師の仕事を毛嫌いする父に反発し、祖父に師事した。そのため父と同じ医者にはならないと言っていたが、最終的には和解し、医者になって父の病院に勤めることになった。

Read Article

日番谷冬獅郎(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)とは週刊少年ジャンプで連載していた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊の十番隊隊長。史上最年少で隊長の座に就いた天才で、氷雪系最強の斬魄刀「氷輪丸」の所持者。女性死神からの人気も高く、元々の実力は高いもののそれに驕らず、鍛錬に励む努力家。 少年のような見た目で銀髪の翡翠眼が特徴的。主人公、死神代行の黒崎一護(くろさき いちご)からは「冬獅郎」と呼ばれ、なぜか慕われているが、本人は必ず「日番谷隊長だ」と頑なに訂正している。

Read Article

卯ノ花烈/卯ノ花八千流(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

卯ノ花烈(うのはなれつ)/卯ノ花八千流(うのはなやちる)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の四番隊隊長で、当初は卯ノ花烈として登場した。四番隊は救護や補給を主な任務とする部隊で、卯ノ花の斬魄刀「肉雫唼(みなづき)」には治癒能力がある。卯ノ花の正体は初代「剣八」にして初代十一番隊隊長、当時の名は卯ノ花八千流という。少年の頃の更木剣八が唯一「こうなりたい」と憧れた人だ。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との決戦のため、剣八との一騎打ちでその真の強さを引き出し、死亡する。

Read Article

ユーグラム・ハッシュヴァルト(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーグラム・ハッシュヴァルトとは、『BLEACH』に登場する滅却師(クインシー)の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」の皇帝補佐、星十字騎士団最高位(シュテルンリッター・グランドマスター)、星十字騎士団団長を務める男で、ユーハバッハの腹心の部下だ。通常の滅却師とは違って霊子を収束できない特異体質で、幼い頃は弓矢を作れない落ちこぼれの滅却師だったが、ユーハバッハに見出されて側近となる。ユーハバッハに絶対の忠誠を誓う一方で、幼い頃に親友だったバズビーを切り捨てた後悔を抱えている。

Read Article

ユーハバッハ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーハバッハとは、『BLEACH』に登場する滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」を率いる人物で、すべての滅却師の始祖。自身のために部下を殺すことを躊躇わない冷酷な男だ。この世とあの世のバランスを破壊し、生と死の区別のない世界を作るべく、尸魂界に侵攻し、全面戦争を起こす。あらゆる未来を見通し、干渉、改変する「全知全能(ジ・オールマイティ)」という力を持つ、『BLEACH』最強の敵。

Read Article

NEW

市丸ギン(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

市丸ギンとは(いちまるぎん)とは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていたバトル漫画作品『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊三番隊元隊長。 その実力は護廷十三隊の中でも相当なもので、たったの一年で真央霊術院を卒業している不世出の天才。 市丸ギンは「尸魂界(ソウルソサエティ)篇」の終盤で護廷十三隊を裏切り、藍染惣右介と共に虚圏(ウェコムンド)に行く。だが市丸ギンの行動はすべて幼馴染である松本乱菊のためであった。最期は藍染惣右介との決闘に敗れ、黒崎一護に思いを託し死亡する。

Read Article

雀部長次郎忠息(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

雀部長次郎忠息(ささきべちょうじろうただおき)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の一番隊副隊長で、天候を操る強力な卍解を持ち、何度となく隊長への昇進を打診されても頑なに断り続け、一番隊隊長山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)を支えるために副隊長でありつづけた忠義の男だ。無口な性格で、作中での会話シーンは少ない。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」が尸魂界に宣戦布告した際、卍解を奪われて殺害される。

Read Article

山本元柳斎重國(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊総隊長にして一番隊隊長。死神の中でもかなりの高齢だが、護廷十三隊の中でトップクラスの実力者が集まる一番隊の隊長を1000年以上も務めてきた。尸魂界(ソウルソサエティ)を守るために非情な決断をすることもあるが、付き合いの長い隊士たちを我が子のように思う面もある。滅却師(クインシー)の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との戦いの中でユーハバッハにより殺害される。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BURN THE WITCH(バーン・ザ・ウィッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BURN THE WITCH(バーン ザ ウィッチ)』とは、久保帯人による日本の漫画及びそれを原作とするアニメ作品。 ロンドンの裏側に存在する街リバース・ロンドンで、ドラゴンと呼ばれる異形の存在への対処を担う組織ウイング・バインド。ニニーとのえるはそこに所属する魔女であり、それぞれ実力は確かながら噛み合わない名物コンビだった。彼女たちの知己でドラゴン憑きでもある青年バルゴが処分対象とされたことを発端に、ニニーとのえるは組織の上層部や伝説の怪物を敵に回して大立ち回りを演じていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents