龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

冴島組の旗揚げを見届けにやってきた桐生。沖縄からやってきた遥は、自分と共に沖縄へ戻る前の最後の用事を果たしに行く桐生の後ろ姿を門前から見守る。

こうして事件が終結した後、スカイファイナンスになんと花が戻ってきて、もう一度秋山と一緒にスカイファイナンスをやり直したいと申し出たことにより、秋山はほぼ元通りの日々を取り戻した。冴島は殺人罪が冤罪となって釈放となり、真島と桐生の推薦を受けて東城会直系冴島組を旗揚げし、亡き浜崎の想いを汲むために極道の道を再び歩き始める。谷村は捜査一課に配属されることになり、警察官としての新たな人生を歩み始めた。そして桐生は真島や大吾と共に、帰ってきた東城会本部で冴島組の旗揚げを静かに見守るのだった。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の登場人物・キャラクター

メインキャラクター

桐生一馬(きりゅう かずま)

CV:黒田崇矢

「堂島の龍」の異名で知られる元東城会四代目会長で、神室町の生きる伝説となっている元極道。
3年前から沖縄の養護施設「アサガオ」を運営しており、最愛の女性である澤村由美の娘・遥と孤児たちと共に穏やかな生活を過ごしている。

1年前に起こった沖縄のリゾート開発による土地買収騒動に巻き込まれた際、襲われた遥ら地元の人間を守るために再び立ち上がる。その後、事件の黒幕にいた男たちとの激しい戦いに決着をつけるも、その黒幕のひとりで、敵対していた浜崎組組長・浜崎豪に刺されて瀕死の重傷を負う。
そして現在では傷も完治して再び元の幸せな生活を送っていたが、浜崎と思わぬ再会を果たしたことで事件に巻き込まれていくことになる。

秋山駿(あきやま しゅん)

CV:山寺宏一

天下一通り沿いの雑居ビルの一室で「スカイファイナンス」という店を経営する金貸しの男。
通称「神室町の駆け込み寺」と呼ばれ、他の町金融が融資を断ったような客にまで金を貸し付けているというが、その理由は一切不明であり、一部の噂では金を借りに来た客に「条件」と称して特殊なテストをさせているという噂も流れている。

数年前までは元ホームレスという異色の経歴のせいか、格好や世間体には無頓着である。店の運営は事務員の花に任せ、自分は好きな時間に出社し、好きなだけ昼寝し、好きな時に外出するという典型的なワンマンスタイルを貫いており、そのせいか花には携帯電話越しに怒鳴られていることが多い。
ある日、店のソファで呑気に昼寝をしていたところ、貸付金の回収に行けと花から携帯電話越しに怒鳴られ、嫌々ながら街へと繰り出した。そしてそこで、上野誠和会が起こした抗争に巻き込まれていくことになる。

冴島大河(さえじま たいが)

CV:小山力也

元東城会直系笹井組若衆で、1985年4月に都内某所で起こった上野誠和会組員18人が殺害された「上野吉春襲撃事件」の実行犯。
桐生の戦友にして好敵手である真島吾朗とは親交を深めており、彼が嶋野組構成員であった頃に兄弟の盃を交わしている。

事件から数ヶ月が経った後に「死刑」判決を受けて東京刑務所に25年間、他人と交わることもなく孤独な服役生活を送っていた。
2010年3月に突如として沖縄第弐刑務所に移送されることになり、誰もその存在を知らない「謎の刑務所」として知られるその刑務所で、元東城会の大幹部である浜崎との邂逅を果たす。
そして浜崎から襲撃事件の裏の真相を聞かされた冴島は、その真相を確かめ、自分の極道としての仁義を貫き通すために脱獄を決意する。

谷村正義(たにむら まさよし)

CV:成宮寛貴(PS3版)/増田俊樹(PS4版)

警視庁神室署生活安全課に属する若手刑事。アジア圏の人々が住まう「亜細亜街」を行動拠点としており、その影響から中国語や韓国語、タガログ語を現地人レベルで使いこなすことができる。
神室町に数多ある違法風俗店に頻繁に出入りしては違法行為を見逃す代わりに賄賂をもらっていることから、「神室町のダニ」という二つ名で同僚や上司から嫌われている。さらに無頼のギャンブル好きとして知られ、勤務時間中にラジオの競馬中継を聴いていたり、雀荘に入り浸って金銭を賭けたりすることもある。

そんな「ダニ」の二つ名に恥じない悪徳な面ばかりが目立つが、実は受け取った賄賂で身寄りのない孤児たちの支援をしていたり、その他の犯罪行為は見逃さずに取り締まることで検挙率トップに輝くなど、根は心優しい且つ正義感に満ち溢れており、決して悪人ではない。
また、自らの育ての親である谷村大義の死の真相を探るべく日夜神室町を徘徊しており、そこで大義が接触しようとしていたリリこと冴島靖子の存在に辿り着くが、極道たちの抗争に巻き込まれていくことになる。

サブキャラクター

リリ / 冴島靖子(さえじま やすこ)

CV:小沢真珠

冴島大河の義理の妹で、神室町を騒がせる連続殺人事件の犯人として警察と東城会からマークされている女性。当初は過去にホステスの仕事をしていた際に名乗っていた「リリ」という偽名を使っていた。
幼い頃は病気がちで身体が弱く、義理の兄である大河が心を込めて世話をし、そして守ってくれたことから、大河を心から慕っている。そのため、普段は大人しげで内向的な性格だが、大河のためならば殺人など一線を超えたことへ踏み切ることも厭わない。

上野吉春襲撃事件の犯人として兄が突然逮捕されたことに愕然となりながらも、兄の無実を証明するためにひとりで必死に奔走していた。そんな中、葛城と出会い、兄の無実を証明する代わりに1億円の用意、もしくは柴田組の組員の始末という取引を持ちかけられる。そして、大河を助けたい一心で柴田組の組員たちを相手に殺人を重ね続けるが、罪悪感に耐えきれなくなり、1億円を手に入れるべくスカイファイナンスの秋山の元を訪れた。

城戸武(きど たけし)

CV:桐谷健太

東城会直系柴田組の傘下団体「金村興業」の構成員。
喜怒哀楽のある人間味ある性格と人懐っこさから任侠的な匂いを感じさせない若手の極道で、金村興業の若頭である新井を「兄貴」と呼んで全面的な信頼を寄せ、常に付き添っている。
上野誠和会の事件の後、事件の重要参考人としてマークされると共に突如失踪した新井を探すために秋山と協力関係を結ぶことになる。

堂島大吾(どうじま だいご)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)』のポイント解説。キャッチコピーは「その生き様に、男たちの血が騒ぐ」。遥が主人公になると話題を呼んだ本作は、シリーズ最大のボリュームを誇る傑作アクションゲームとなっています。球界と芸能界、さらには日本各地の極道組織を巻き込む大規模なストーリーと、それに負けない程の濃いサブストーリーが用意されています。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents