ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)のネタバレ解説まとめ

Dragon quest viii 3ds

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第8作目。
同シリーズにおいて初めて後方視点の3Dグラフィックスが導入され、従来のドット絵からリアルなアニメ風の描画に変化した。また、リメイクとして2015年にニンテンドー3DS版が発売された。
呪われた王国を元の姿に戻すべく、王国を呪った張本人、道化師ドルマゲスを倒すため主人公とその仲間が奮闘するストーリーとなっている。

概要

57eb4ce3

今作のストーリーとしては、呪いをかけられてしまった王国を救うために主人公が東奔西走し、自身の出生の秘密に迫るといったものである。
新たな戦闘システムや錬金の要素が追加され、より戦略の幅が広がった。
プレイヤーの選択次第でエンディングが変化するマルチエンディングシステムを取り入れている。
Play Station 2用ソフトとして発売され、同機種国内最多出荷数を記録した。2015年にはニンテンドー3DSでのリメイク版が発売されている。

ストーリー

仲間たちとの出会いと、それぞれの目的

物語は主人公がすでに旅を開始しており、その休憩シーンからはじまる。
主人公の目的は、主人公が近衛兵をつとめていたトロデーン王国トロデ王とミーティア姫の呪いを解くことである。
彼らは道化師ドルマゲスによって王国がイバラの呪いをかけられた際に、魔物と白馬に姿を変えられてしまっていた。
旅の途中でヤンガス、ゼシカ、ククールが仲間となるが、彼らにはそれぞれの目的があり主人公に随伴する形となる。
ヤンガスは主人公への恩返しのため、ゼシカはドルマゲスに殺された兄の敵を討つため、ククールはドルマゲスに殺された育ての親の敵を討つといった目的をそれぞれ抱えている。
主人公は仲間を増やしながらドルマゲスの足取りを追っていく。

ドルマゲスとの対決とゼシカの離脱

物語の中盤で、ゼシカがパーティーから離脱するという事件が起こる。
これは、主人公らがドルマゲスを倒しゼシカがトロデーン王国の国宝である神鳥の杖を手にした際に、杖に封じられている暗黒神ラプソーンに体を乗っ取られたことによる。
「呪われしゼシカ」として主人公たちの前に立ちはだかり、戦闘に敗れ正気を取り戻したゼシカ。
体を乗っ取られてしまったのは、兄の敵討ちをするという負の感情が強すぎたせいかもしれないと語った。
また、操られていた間に暗黒神ラプソーンの意識を垣間見て、その真の目的を知ったとも語った。
暗黒神ラプソーンの真の目的とは、ドルマゲスを利用して自身の復活を目論んでいるというものだった。

暗黒神ラプソーンとの対峙

ゼシカがパーティーと合流したのち、主人公らは暗黒神ラプソーンの復活を阻止するため動き始める。
暗黒神ラプソーンの魂は神鳥の杖に、肉体は聖地ゴルドの女神像に封印されているが、その封印を解くには七賢者の殺害が条件であった。
七賢者とは、以前に神鳥レティスと共に暗黒神ラプソーンを封じた7人の人間の末裔のことである。
主人公らは七賢者の末裔を守ろうとするが、実体を持たず様々なものに乗り移ることができる暗黒神ラプソーンに翻弄され、ついには7人全員が殺されてしまった。
完全体となった暗黒神ラプソーンにはいかなる攻撃も効かず絶望するが、七賢者の魂をオーブから解放することで暗黒神ラプソーンのまわりにはられていた闇の結界が崩落。
主人公らは神鳥レティスに乗って空中で最終決戦を迎える。

竜神族との出会い(リメイク版での追加ストーリー)

暗黒神ラプソーンを打ち破った主人公たちは、竜神の道という竜神族の里へとつながるダンジョンを発見する。
竜神族とは、人とドラゴンの2つの姿をもった種族で、このダンジョンの壁画の情報から推測すると、大昔は人間を奴隷のように扱っていたと考える。

竜神の道を通り抜け、里にたどり着いた主人公たちは、ひどく衰弱した竜神族の姿を目の当たりにする。
その原因は、人間界との関わりを絶つために竜神族の王、竜神王が「封印の儀式」を執り行ったためである。
「封印の儀式」とは、人の姿を捨て完全なドラゴンとなるための儀式で、竜神王が民の前にまず自らの体で試すことにした。
しかし、一見すると完全なドラゴンとなったかのように見えたそれは、他の竜神族の体力を吸収して完全体を維持しているだけに過ぎなかった。
種の存続の危機に立たされていた竜神族は、主人公たちが竜神王を正気に戻したことでその危機を脱したのである。

登場人物

主人公

Dq8 hero

本作の主人公。ミーティアの幼馴染であり元トロデーン王国近衛兵という経歴をもつ。
幼少期の記憶がなく、8歳のときトロデーン王国に迷い込み、王宮の小間使いからミーティアの要望もあり近衛兵となった。
とある理由から呪いに強い耐性があり、そのため王国が呪いで滅んだ際にも無事だった唯一の人物である。(理由についてはエピソードにて後述する)
また、同様の理由からパーティーの中で唯一、呪いのかかった武具を装備できる。

ゼシカ

Dqviii   jessica albert

名家のお嬢様であり、性格は気が強くわがまま。しかし、根はやさしく他人のことを思いやれる一面もある。また、七賢者の末裔でもあり魔法使いの卵。
ドルマゲスに兄を殺害されたことから仇討ちをするため家を飛び出し、主人公らと行動を共にする。
ストーリー中盤で、トロデーン王家の宝の杖に触れたことでラプソーンに体を乗っ取られ主人公らと対峙するが、そのおかげで敵の真の目的が判明した。

ヤンガス

Fff dq8 artwork yangus

元山賊の男。
山賊から足を洗おうとしたが、強面な見た目のせいで何をやっても失敗し、嫌気がさし通りがかった主人公を襲う。
しかし主人公に攻撃をかわされ橋から落ちそうになったところを逆に主人公に助けられた。
それ以来主人公のことを「兄貴」と呼んで慕い、行動を共にするようになる。

ククール

0708fc5f
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第5作目。 また、天空シリーズの第2弾でもある。 今作は、今までの主人公=勇者の図式を覆し、魔王を倒すことが目的ではなく、主人公の父親と共に母親を探すことが冒険の目的であった。 主人公の幼少期から物語は始まり、主人公の人生を追っていく。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第9作目。同シリーズ初のマルチプレイ要素を取り入れた作品で、主人公やパーティーメンバーの自由度の高いキャラクターメイキングができることでも有名な作品である。人間界と天使界が存在し、天使である主人公にしか見えないもの、できないことが多くあり、それらを駆使して世界を危機から救うといったストーリーになっている。

Read Article

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん、ダイ大)のネタバレ解説まとめ

エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ドラゴンクエストII 悪霊の神々(DQ2、ドラクエ2、Dragon Quest II)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第2作目。 ドラゴンクエスト1から100年後の世界。前作の主人公の子孫であるローレシアの王子は、同じく前作の主人公の子孫であるサマルトリアの王子、ムーンブルクの王女と共に、悪の大神官ハーゴンを倒す為に旅をする。

Read Article

ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第6作目。ドラゴンクエストIV、Vと同じ天空シリーズであり、「天空三部作」最古の時代、天空城の始まりの物語が描かれる。 物語は従来の作品での最終目的であった魔王との決戦から始まり、過去のドラゴンクエストシリーズとは一味違うプロローグとなっている。また、夢の世界と現実の世界という2つの世界を行き来したり、魔王を倒した後に大魔王を倒すという2段構えのシナリオも特徴である。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第4作目。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 この作品からドラゴンクエスト独自のシステムが本格的に導入され始める。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(Dragon Quest Builders、DQB)のネタバレ解説まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第1作目。 世界を支配していた魔王ゾーマが倒され、数百年後。アレフガルドは竜王によって再び支配され、ローラ姫がさらわれてしまう。王の命令で伝説の勇者ロトの子孫である主人公は、新たな勇者としてローラ姫を救出するために一人、冒険へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のネタバレ解説まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第7作目。これまでのシリーズで初めて任天堂以外のゲーム専用機で発売された作品。 今作は、魔王の封印を逃れ唯一世界に残っている島「エスタード島」から始まる。主人公たちは「ふしぎな石版」を台座に揃えて過去の時代に行き、その地の封印を解くことで大陸を復活させる冒険に出る。4人の精霊を目覚めさせた後、世界を救うために魔王との最終決戦に挑む。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第3作目。 1作目や2作目の主人公の先祖である伝説の勇者ロトの物語。 マリアハンの勇者オルテガは、魔王バラモスを倒す為に旅立ち、消息を絶った。オルテガの子供である主人公は、父のあとを継ぐために王に願い出て、魔王バラモスを倒す旅へと出発する。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

Contents