龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

通常攻撃を5回決めた後、蹴りで敵を吹っ飛ばした時に使用できるヒートアクション。蹴りを入れて吹っ飛んだ敵へ、追い討ちの浴びせ蹴りを叩き込んで大ダメージを与える。

龍が如くの知識と報酬を得られる「サブストーリー」

神室町の各所にいる特定の人物に話しかけると、その人物から依頼を受け、それを達成する「サブストーリー」が発生する。これらのサブストーリーは主人公たちも含めた本作の登場人物と世界観を知ることができるもの、小さな出来事を追いかけるものまでその内容は様々で、クリアするとアイテムや経験値などの報酬をもらうことができる。

鍵を使ってアイテムを手に入れる「コインロッカー」

神室町の泰平通りと地下街の2つに「コインロッカー」と呼ばれる宝箱のようなものがあり、これらは神室町のいたる所に落ちている「コインロッカーの鍵」を入手して開け、アイテムを獲得していくことができる。また、ストーリーを進めると「ロッカーキーウォッチャー」と呼ばれるアイテムを入手することができ、このアイテムを持っていると鍵のある場所に近づくと音が鳴って教えてくれるようになる。

キャラクターを強化できる「天啓」と「修行」と「地下闘技場」

本作ではキャラクターを強化するシステムとして「天啓」「修行」「地下闘技場」の3つがあり、いずれも桐生、秋山、冴島、谷村でも挑戦することができる。ストーリーを進めていくにつれて敵が強くなって先に進めなくなったり、もっとキャラクターを強くしたいという時におすすめできる。

天啓

前作「龍が如く3」から、特定の場所で発生する出来事から強力な必殺技「ヒートアクション」を習得するシステム「天啓」が継承されており、前作と同じく画面に表示されるコマンドをタイミングよく入力していくことになる。そして、コマンド入力後に登場する3つの選択肢のうち、正解の選択肢を選べばヒートアクションを習得することができる。また、このイベント中に目の前で起きた出来事から、後記の必殺技(ヒートアクション)を思いついて記録していくことになるが、その方法が主人公ごとに異なるのも見所となっている。桐生と秋山は携帯電話、谷村は警察手帳というそれぞれ独特な方法を、冴島は木彫りを作るという3人よりも独特で豪快な方法をとっており、街中でいきなり木を掘り出す様は圧巻の一言に尽きる。

修行

ストーリーをある程度進めると、主人公ごとに用意された「師匠」と呼ばれる特定の人物に話しかけることで「修行」に挑戦できる。桐生はとある格闘術の師範代・古牧宗太郎、秋山は元傭兵・西郷大二郎、冴島は掘削作業を生業とするホームレスの老人・センニン、谷村は海外からやってきた女性刑事・ナイールからそれぞれ修行を受けられる。これらの修行をこなすことで、主人公たちの各種ステータスやヒートアクションの威力を上げたりと戦力アップを図ることができる。

地下闘技場

修行と同じようにストーリーをある程度進めると挑戦できる「地下闘技場」は、闘技場ポイントとは、特定のアイテムと交換できるポイントで、交換できるラインナップの中には強力な装備品が用意されている。また、名声ポイントは貯めることで闘技場における主人公のランクを上げることができ、ランクが上がれば上がるほど経験値やお金も含めた報酬を多くもらえるようになる。

ミニゲームが楽しめるボリューム満点のプレイスポット

「龍が如く」シリーズでは作品ごとに多くのミニゲームが追加・収録されており、本作でもそのミニゲームを楽しむことができるプレイスポットが多く存在し、内容もこれまでのシリーズ作品に負けないくらいにボリューム満点となっている。そこで本作で遊ぶことができるプレイスポットを以下に紹介する。

クラブセガ

神室町のおなじみのゲームセンターである「クラブセガ」は様々なゲームの筐体が取り揃えられており、クレーンゲーム「UFOキャッチャー」、クイズゲーム「Answer×Answer」など、「龍が如く3」まで登場したゲームをここでプレイして楽しむことができる。そして新たなゲームとして「ボクセリオス2」が登場し、このゲームでは「龍が如く3」に登場した、無敵の戦闘機を操って時間内にどれだけ多くの敵を倒せるかを競うゲーム「ボクセリオス」と同じく、次々と登場する敵をいかに早く撃墜するかが攻略のポイントとなっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)』のポイント解説。キャッチコピーは「その生き様に、男たちの血が騒ぐ」。遥が主人公になると話題を呼んだ本作は、シリーズ最大のボリュームを誇る傑作アクションゲームとなっています。球界と芸能界、さらには日本各地の極道組織を巻き込む大規模なストーリーと、それに負けない程の濃いサブストーリーが用意されています。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents