これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

81aodmhe7hl. sl1500

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

究極の自由とFPS&RPG「フォールアウト4」

81aodmhe7hl. sl1500

「フォールアウト4」
もはやこれは外せないタイトルです。そして今なにかと話題のベゼスダ・ソフトワークス様からの名作・超大作ですb

4c3e006a

核戦争後の世界を描いた、とにかく自由度の高いFPS&RPGです。初心者の人でも「V.A.T.S.」のシステムを使えば、射撃時に時間を止めて攻撃できるので、無理なくクリアーできますbまあ、仲間もたくさんいるし。
そしてとにかく、会話の駆け引き一つで敵が味方になり、味方が敵になります。スリ、奇襲、賭博、ダンジョンへの宝探しから、なんでも出来ちゃうのが楽しい。それと、4ではマインクラフト的な要素もあるので、マイクラ好きからのデビューもok

極限の緊張を体感するFPS「レインボーシックスシージ」

81ezta chsl. sx385

「レインボーシックスシージ」
コチラはTom Clancy'sかつUBI SOFT様でお馴染みのレインボーシリーズの最新作b

R6s 001 cs1w1 400x

特に「マルチプレイ」がオススメb
5対5のチーム戦ですが、どこに敵が居るかor現れるかわからない緊張感が、とにかくヤバい!FPS史上、ここまでドキドキするゲームは存在しなかった。まあCoDやMGSとは全く内容が異なるので。

また、2016年は春夏秋冬の4期に渡って大型アップデートがあるので、長く遊べる仕様になってますb
(ただしこの「マルチプレイ」を遊ぶには「※PS4、ネット環境、PSplusの加入」の必要になるので、結構お金かかりますw)

スパイク・チュンソフトの超名作「ウィッチャー3」300時間アクションRPG

91ufluomwol. sl1500

「ウィッチャー3」
これもフォールアウトのように自由度の高いアクションRPGです。大きな違いは、向こうは銃やロボットなどで、コチラは剣と魔法です。会話の駆け引きなどは、両者同じくb

51cnweg5kbl

まず先に言いたいのが、このゲームは極めて自由度の高いアクションRPGであることと、300時間プレイしても終わっていない人が多くいるというボリュームww
銃とかある自由度を求めるなら「フォールアウト」で、剣とか魔法で自由度を求めるならコチラの「ウィッチャー3」ですね。コチラでは、古代ローマや西欧のような時代背景の中で、ウィッチャーとしての特別な生き方を体感出来ます。

「バイオハザード0 HDリマスター」と「リベレーションズ2」

4976219071192

我らがカプコン様の超名作!「バイオハザード」シリーズb
バイオ好きなら絶対に「0」はやらんといかんぜよ?

Bio 044

特に「0」は、絶対にPS4でプレイしていただきたい。
その理由は、画素数が全然違うからb 隠れファンも多いレベッカやビリーのコスプレなども充実していて、その解析度が悪いと「はい?」ってなるから!それと、「0」はバイオ史上でも極めて難しく作ってあるので、そのやりごたえは実感しておきたい。

814m cupmcl. aa1500

あと、こっちもb
エピソードごとに販売されていたタイトルですが、市販のソフトを購入すれば、基本全部入ってますのでご安心を。

20150310 1 1024x560

「リベレーションズ2」は、特にナタリアの存在が大きいですね(一番右)。
ナタリアセンスは、ゾンビの存在を壁越しにも感知できるので、新しいバイオって感覚。それと,個人的にCVが悠木碧ちゃんなんで、その辺も4649、よろしくですb
また、リベレーションズ2では、キャラクターをリアルタイムで入れ替えて操作するところも面白い。あとは、敵が概ね新しいやつが多いのもいいですね。

「スター・ウォーズ バトルフロント」

71cbcsdcqzl. sl1000

もはや、スターウォーズをちょっとでも知っているor好きなだけで、めちゃくちゃ楽しめるゲームですb

Maxresdefault 2

とにかくなぜオススメしたいかというと、ダースベーダーやルークなど、あの伝説のヒーローたちを自分で操作できる!というところ。今まで、「スーパースターウォーズ」やら、スターウォーズのゲーム自体は数多く出てきましたが、専らそれっぽい感じでもなかったのです。だがしかし、そのバトルフロントでは、3Dのキャラクターとしてフィールドを自由に駆け飛び回り、フォースの圧倒的な力を使ってバッサバッサと敵を倒せるのです。
この爽快感と使用感は、絶対に体感しておきたいです!

まとめ

今回はFPSやRPG、オープンワールドをメインにまとめましたが、まだまだ面白いゲームはたくさんあります!
まず上記のゲームはプレイし、他にも自分が絶対にオススメしたタイトルを探してみてくださいねb

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(Star Wars: Episode IV A New Hope)のネタバレ解説まとめ

1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)のネタバレ解説まとめ

映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。1977年から現在まで続く『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品。 武力によって銀河を統治しようとする帝国軍と、それに反発する女兵士ジン・アーソが結成するチーム「ローグ・ワン」との戦いを描く。

Read Article

バイオハザード(Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解きます。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

《グロ注意》「Fallout4」バグ&面白シーンまとめ

「Fallout」シリーズといえば、ベゼスダソフトワークス様の珠玉の名作ですよね。核戦争後の荒廃世界を描いた、FPS&RPGオープンワールドゲームの代表作です。1プレイで100時間以上かかってもクリアーできないなど、その圧倒的なボリュームが売りである一方で、これは有名な話ですが極めてとにかくバグが多いのです(仕方が無いことですが)。今回は、そんな多発するバグの中でもネタになるものをまとめました。

Read Article

一度プレイしておきたい家庭用オープンワールドゲーム

オープンワールドゲームとは、スマホなどでは到底味わう事の出来ない広大なフィールドを自由に駆け回れる、極めて自由度の高いゲームのことです。いつ何をしなければいけないという閉塞感がなく、クエストを受けてもやるかやらないかさえ自由、どこへなにしにいっても自由いう、まさに二次元世界で自由気ままな旅をしているような感覚を味わえるのです!

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね・・・。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね・・・」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

博多華丸、大吉ついにYouTuberに挑戦!! 第八章 スターウォーズの名台詞を博多弁で言ってみた~

「華丸大吉ユーチューバーなりたい」も今回で八回目。今回は華丸と大吉それぞれがプレゼンした企画で YouTube動画作成。それぞれの企画から華丸と大吉それぞれの「個性」が表れているのがこの動画作品の特徴である。 また、所々に彼らの普段の姿を垣間見ることができる。一つの動画で二度楽しめる構成になっており、お得感満載の動画作品に仕上がっている。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

目次 - Contents