バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil, RESIDENT EVIL 7 biohazard)のネタバレ解説まとめ

2d76af64

『バイオハザード7 レジデント イービル』とは、2017年1月26日にカプコンよりPlayStation4、PlayStationVR、XboxOne、PC用に発売されたサバイバルホラーゲームである。
行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、舞台であるバイオハザード化したベイカー邸からの脱出が今作の主軸となっている。

『バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil)』の概要

『バイオハザードシリーズ』20周年記念作品で、カプコンより2017年1月26日に発売されたゲームソフトである。
アクションゲーム要素が強かった同シリーズだが、今作は「バイオハザード1」を思わせるような田舎にある一軒の薄暗い不気味な廃屋を舞台とし、"極限状態からの脱出"や"閉ざされた空間"という、シリーズの原点回帰と言えるホラーにフォーカスした作風になっている。
2017年12月14日には、全てのDLCを収録したゴールドエディションが発売された。
DLCは、べイカー家で起きた過去の事件を追体験するミニゲームの「発禁フッテージ(Banned Footage)」。
本編エンディング後に、クリス・レッドフィールドがルーカス・ベイカーを捕える内容の「Not A Hero(ノット ア ヒーロー)」。
ジャック・ベイカーの兄であるジョー・ベイカーを主人公とし、ゾイ・ベイカーを助けるために奔走する「End of Zoe (エンド オブ ゾイ)」の3つが配信されている。

CEROレーティングがZ指定(18才以上プレイ可能)の『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』も発売されており、価格やゲーム内容は通常版と同じだが、グラフィックや演出面の残虐表現がより過激になっている。
外国版の残虐表現が最も強く、日本版は一部削除されている場面がある。

今までの『バイオハザードシリーズ』は三人称視点(TPS)だったが、今作では一人称視点(FPS)に変更されており、よりゲームの世界に没入できるようになっている。
行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、ルイジアナ州ダルヴェイにあるベイカー農場に向かうところからゲームは始まる。
ベイカー家ではバイオハザードが起きており、数々のクリーチャーと戦いながら、ミアを救出して脱出するのが今作の目的である。

『バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil)』のあらすじ・ストーリー

170588

ベイカー家から脱出しようとしている最中に、ジャックに襲われるシーン。

主人公であるイーサン・ウィンターズは、ルイジアナ州にあるベイカー農場へと向かっていた。
理由は3年前に行方不明になった妻のミア・ウィンターズから迎えに来てほしいとメールが来たからだ。
ベイカー家に侵入し、捜索していると地下室でミアと再会する。
イーサンはミアとともに屋敷から脱出しようとするが、突然ミアが豹変し、襲いかかってくる。
なんとかミアを退けたイーサンだが、背後からベイカー家の主のジャック・ベイカーに殴られて気絶してしまう。

ベイカー家の住民は父であるジャック、妻のマーガレット、息子のルーカス、娘のゾイ、祖母と思われる老婆(名前は不明)の5人がいた。
ジャック、マーガレット、ルーカスの3人は、おぞましい物を食べたり、腕を切り落とされても平然としているなど狂気じみている。
しかし、ゾイだけは正気を保っており、電話でイーサンの脱出の手助けをしてくれる。
老婆は屋敷内で神出鬼没に現れ、何度も遭遇するが、見てくるだけで特に何もしてこないため、無害な存在だった。

目が覚めたイーサンは、隙を見てジャックから離れ、脱出を試みる。
何度もジャックに襲われながらも、脱出するために屋敷内を探索していると、ゾイから電話が入る。
ゾイの話によると、ゾイを含めたベイカー家の住民とミアは穢れているらしく、穢れを治さないと屋敷の外には出られないと言う。
そして、穢れを治すには血清が必要らしい。
イーサンはミアを救出するために、血清の材料を集めることにする。

途中、マーガレットが虫を遣って襲って来るが、なんとか倒し、血清の材料を集め終える。
ゾイと合流しようと待ち合わせ場所に向かうが、ゾイはルーカスによって連れ去られてしまっていた。
ミアもルーカスの元に居るらしく、イーサンは2人を解放するために、ルーカスの元へと急ぐ。
ルーカスの用意した罠をくぐり抜けて、たどり着くと、そこにルーカスの姿はなく、ミアとゾイの姿だけがあった。
ゾイに血清の材料を渡して、2本の血清を作ってもらうと、異形と化したジャックが襲いかかってくる。
死闘の末、血清を使用して、ジャックを倒すことに成功するイーサン。
しかし、血清を1本使ってしまったため、ミアとゾイのどちらかしか助けることができなくなってしまっていた。
イーサンはミアに使うことを選び、2人はゾイを屋敷に残してボートで脱出する。
途中、イーサンはミアに説明を求めるが、ミアは記憶を失ってしまったらしく、何も覚えていなかった。
廃船となった大きな船の前を横切ろうとすると、ボートが大きく揺れて、2人は投げ出されてしまう。

ミアが目を覚まし、イーサンを見つけると、大きな黒い触手がイーサンを攫ってしまう。
ミアは触手を追って、廃船へと進んでいく。
廃船に入ると、ミアをママと呼ぶ謎の少女エヴリンの幻覚が見え始める。
エヴリンを追って先へと進むと、ミアの失われた記憶が呼び起こされる。

実はミアはとある組織(詳細は不明。)の特殊工作員だったのだ。
そして、エブリンは一見ただの少女にしか見えないが、「E型特異菌」と呼ばれる新種の菌を組み込みこんで開発されたもので、黒いカビを自由自在に操ったり、他人を菌に感染させて自身の支配下に置くことができる生物兵器だった。
生物兵器だが、自我を持っており、研究施設で孤独に過ごしたことから「家族」への歪んだ憧れを持っていた。
3年前、ミアはエヴリンの母親を装い、エヴリンを移送する任務についていた。
船での移送中、研究施設の生活に嫌気が差していたエブリンが暴走して、船内でバイオハザードを起こす。
船が崩壊してしまい、ミアとエヴリンはベイカー家のすぐ側まで流され、2人はジャックに保護される。
そして、家族が欲しいエヴリンが能力を使ってベイカー家を支配し、イーサンが訪れるまで家族のように生活していたのだ。

記憶が戻ったミアは、ママになってほしいというエヴリンを拒絶し、イーサンを探して船底に向かう。
そこで、エヴリンに捕まったイーサンを発見する。

イーサンはジャックの姿を夢に見ていた。
そして、本来の心優しいジャックから、家族を救ってくれと懇願される。
イーサンはミアに救出されて目を覚ますが、エヴリンの手引きでミアと離されてしまう。
イーサンがエヴリンを倒すために探索していると、ルーカスの研究所を見つける。
実はルーカスのエヴリンによる洗脳は、エヴリンを開発した組織のおかげで解けていた。
そして、エヴリンに支配されているように装い、エヴリンの観察を行うなどして、組織に協力していた。
イーサンは研究所で、エヴリンを殺処分するために作られた「E-ネクロトキシン」という薬を手に入れる。

イーサンはベイカー家に戻り、エヴリンの幻覚に翻弄されながらも先に進むと、ついにエヴリンを発見する。
そして、エブリンに「E-ネクロトキシン」を打つと、幻覚が解けてベイカー家の祖母が現れる。
実は、祖母だと思っていた人物はエヴリンだったのだ。
エヴリンは細胞劣化の速度は人の数十倍であるため、普通の人間より25倍の速さで老化してしまうのである。
そのため、劣化を抑え込む薬が必要だったが、組織の管理下から外れたことで投与が出来なくなってしまい、老婆になってしまったのだ。
エヴリンが化物となって襲ってくるが、なんとか倒すことに成功する。
直後に、対バイオテロ専門の民間軍事会社として創設された「アンブレラ」のヘリに乗ったクリス・レッドフィールドがやってくる。
イーサンがヘリに乗り込むと、ミアも救出されており、2人はベイカー家から無事脱出した。

545f9eb9

暴走したエヴリンとの最終決戦。

『バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil)』のゲームシステム

一人称視点(FPS)

B7 4 1024x579

『バイオハザードシリーズ』は三人称視点(TPS)だったが、今作では一人称視点(FPS)に変更されており、よりゲームの世界に没入できるようになっている。
また、PlayStation VRにも完全対応しており、より身近に恐怖を感じることができる。

体力ゲージ

%e4%bd%93%e5%8a%9b

今作の体力ゲージは「コデックス」という腕時計型デバイスに表示される。
バイタルサインの波形のみが表示され、残りのライフは不鮮明になっている。
ダメージをくらうと画面上に血しぶきが出る演出もある。
また、重傷を負うと視界不良に陥り、操作にハンデを伴ってしまう。

セーブシステム

1ec04600 s

セーブは特定の箇所に設置された「カセットレコーダー」でしかセーブすることができない。
特に高難易度「Madhouse」では、専用のカセットテープ(消費アイテム)が必要で、セーブ回数に上限があるため、慎重にセーブをしていかなければならない。

アイテム入手可能数の制限とクラフト

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88

今作のアイテムの取得方法は、エネミードロップ(倒した敵がアイテムを落とす)ではなく、マップ上にアイテムが散りばめられている。
消費アイテムの入手には制限が課せられるため、敵を殲滅しようとするとすぐに弾薬などはなくなってしまう。
また、弾薬や回復薬の多くは発見時に使用できないか、もしくは効果の薄い材料の場合がある。
その場合は、合成用アイテムの「薬液」を組み合わせると生成できる。
薬液も入手制限があるため、状況に合わせて弾薬にするか回復薬にするかを選んだ方が良い。

影絵パズル

今作では影絵をパズルを用いた仕掛けがいくつか存在する。
絵画や落書きの一部が欠損しており、ライトの前に特定アイテムをかざして、欠損している部分にフィットさせることで完成させられる。
絵を完成させるには、影の角度を微調整して当てはまるようしたり、かざすアイテムが何かを考える必要がある。

Found Footage

%e3%81%b3%e3%81%a7%e3%81%8a

今作にはキーアイテムとして「ビデオテープ」が登場し、特定の場所に置いてあるビデオデッキで再生すると、映像の撮影者が体験した出来事を追体験できる。
操作キャラが一時的にイーサンから撮影者へ変更される。
ビデオの内容は過去映像になるため、攻略のヒントや物語の重要な内容であったりする。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザード リベレーションズ(Biohazard Revelations, Resident Evil: Revelations)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード リベレーションズ』とは、2012年1月26日にカプコンより発売されたホラーアクションゲーム。今作は、「バイオハザード4」と「バイオハザード5」の間に起きた事件で、外伝的な位置づけである。捜査中に消息を絶ったクリス・レッドフィールドを救出するために、ジル・バレンタインは地中海上に漂流する豪華客船「クイーン・ゼノビア」に潜入するが、そこで新たな陰謀に巻き込まれていく。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)のネタバレ解説まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

バイオハザード5(Biohazard 5, Resident Evil 5)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード5とは、1996年に第1作目がカプコンより開発・発売されてから続いているシリーズの第7作目(ナンバリング外含む)。 TPS(三人称)視点のバイオアクションゲーム。 今作の舞台は、バイオテロの恐怖に晒されているアフリカ。 闇取引があるとの情報を手に入れた主人公クリスは、新たな相棒シェバと共に、密売人リカルドを確保しようとするが、新たな生物兵器「ウロボロス」との戦いが待っていた。

Read Article

バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)のネタバレ解説まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

バイオハザード3 LAST ESCAPE(Resident Evil 3: Nemesis)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード3 LAST ESCAPE』は1999年カプコンよりplaystation用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズの3作目にあたり、1作目の登場人物であるジル・バレンタインが中心になっている。1作目で起きた生物災害「洋館事件」の2ヵ月後のラクーンシティが舞台となり、圧倒的強さを誇るクリーチャー「追跡者(ネメシス)」からの逃亡と対峙が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ2(Biohazard Revelations 2, Resident Evil: Revelations 2)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードリベレーションズ2』とは、2015年3月19日にカプコンより発売されたサバイバルホラーゲーム。 スパイ容疑で孤島に収監されたクレアは脱出するために、単身孤島にやって来たバリーはクレアと同じく収監された娘のモイラを救出するために、それぞれを操作して孤島からの脱出と捜索が今作の目的となっている。

Read Article

バイオハザード6(Biohazard 6, Resident Evil 6)のネタバレ解説まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザード2(Biohazard 2, Resident Evil 2)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード2とは、「バイオハザードシリーズ」の第2作目で、1998年にカプコンよりプレイステーション用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。 今作は、1作目の「洋館事件」から2ヶ月たっており、新人警官のレオンと女子大生のクレアを操作して生物災害に見舞われたラクーンシティを脱出するのが目的となっている。

Read Article

バイオハザード(Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

バイオハザード コード:ベロニカ(Biohazard CODE: Veronica, Resident Evil CODE: Veronica)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード コード:ベロニカ』とは、2000年2月3日にカプコンよりドリームキャスト用として発売された「バイオハザードシリーズ」第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲームである。 今作は孤島ロックフォートに収容された妹のクレア・レッドフィールドと、クレアを救出しに来た兄のクリス・レッドフィールドの兄妹が主人公である。バイオハザードが起きた孤島からの脱出と救出が今作の主軸となっている。

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents