バイオハザード(Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

Img 5

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

あらすじ・ストーリー

世界でトップクラスの大企業アンブレラ社は、製薬会社という表向きの顔の裏では生物兵器を開発していた。そんなアンブレラ社のウイルス研究用の地下研究所「ハイブ」で、ウイルスが漏れて蔓延し、感染した所員が施設の制御コンピュータ「レッドクイーン」によって閉じ込められ全員殺されるという事態が発生。事態を重く見たアンブレラ社は暴走したコンピュータをシャットダウンするため特殊部隊を送り込む。
その一方で、地方都市ラクーンシティにある洋館の浴室でアリスという女性が目覚めた。自分が誰かも分からないまま洋館をさまよっていた彼女は、突如突入してきた特殊部隊に取り押さえられる。実はアリスはアンブレラ社の特殊部隊員でハイブへの入り口である洋館を守る任務を負っていたが、建物の防御システムである神経ガスによって一時的な記憶喪失になっていたのだった。
アリスはハイブへと向かう特殊部隊に同行するが、そこはレッドクイーンが暴走し、ウイルスによってゾンビ化した所員たちが蠢く地獄と化していた。

主な登場人物・キャラクター

アリス・アバーナシー

Original

物語の主人公。アンブレラ社の特殊部隊員で、記憶喪失ながら高い戦闘能力はそのまま保っている。
レッドクイーンや感染者、クリーチャーたちの襲撃を乗り越えて生き残っていくうちに徐々に記憶が戻り、ウイルスパニックの原因やアンブレラ社の実態に迫っていく。

マット・アディソン

Mig

アリスとともに特殊部隊に捕らえられた、自称「地元の警官」の男。
実際は過激な環境保護団体の一員で、アンブレラ社の非倫理的なウイルス実験の証拠を掴むために動いていた。
アリスや特殊部隊の一行とともにハイブへと入り、感染者たちに立ち向かう。

スペンス

Respence

洋館とハイブを繋ぐ輸送用の地下鉄内で眠っていた男。
アリスと同じく記憶喪失だったが、実は彼も特殊部隊員で洋館の警護のためアリスと偽装結婚して暮らしていた。
物語が進んでいくうちに記憶が戻り、自分が地下鉄車両内で何をしていたのかを思い出す。

ワン隊長

Tspmjbd

隊長として特殊部隊を率いる黒人男性。
冷静な判断力、高い戦闘能力を持っていたが、ハイブの制御コンピュータであるレッドクイーンの防御システムに為す術もなく死亡する。
その死に方は、高出力のレーザービームでバラバラになって切断されるというショッキングなものであった。

レイン・オカンポ

1 alice5

特殊部隊の一員の女性。
男勝りな性格で、口調も男性のような話し方をする。
他の特殊部隊員が次々に死亡していく中で、高い身体能力によって終盤まで生き残る。
戦闘を通して同じ女性であるアリスとは特に強い絆が生まれることになる。

用語

アンブレラ社

世界有数の大企業。
表向きは製薬会社だが、裏では生物兵器の研究・開発を行う軍事企業としての顔も持ついわゆる「死の商人」である。
広大でハイテクな地下研究所や自前の特殊部隊を持つなどその規模は計り知れない。

ハイブ

アンブレラ社の地下研究施設。「ラクーンシティ」というとある地方都市の地下に存在する。
およそ500人の所員が在住し、ウイルス兵器やそれによって変異した犬や異形の怪物を開発していた。
ウイルスの漏洩によって一旦は封鎖されるが、アンブレラ社の特殊部隊によって再び開けられることとなる。

T-ウイルス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザード6(BIOHAZARD 6, Resident Evil 6)のネタバレ解説まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)のネタバレ解説まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)のネタバレ解説まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

目次 - Contents