バイオハザードV リトリビューション(Resident Evil: Retribution)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。
アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

『バイオハザードV リトリビューション』の概要

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。主な舞台は、アンブレラ社の生物兵器研究における最高機密オペレーション施設「アンブレラ・プライム」であるが、その中に登場するシミュレーション施設にアメリカのニューヨーク(タイムズ・スクエア)やロシアのモスクワ(赤の広場)、そして、日本の首都東京(渋谷)も登場する。
監督は映画『バイオハザードIVアフターライフ』に引き続き、実写版映画『バイオハザード』の4作品を手がけたポール・W・S・アンダーソンだ。ポール・W・S・アンダーソンは1993年に『ショッピング』で監督デビューを果たし、その後ハリウッドに招かれて製作した『モータル・コンバット』が全米でヒットする。『バイオハザード』シリーズの主演女優ミラ・ジョヴォヴィッチと婚約している。
シリーズ第1作に登場したミシェル・ロドリゲス扮するアンブレラ社の特殊部隊隊員レイン、シエンナ・ギロリーが演じるジル・バレンタインが再登場し、ゲームでお馴染みのレオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンらも続々と登場。中島美嘉もゾンビ役で登場する。

アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。アリスはジル・バレンタイン率いるアンブレラの部隊や、多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

『バイオハザードV リトリビューション』のあらすじ・ストーリー

ウェスカーの戦いを終え、生存者達を救出したアリスだったが、上空からアンブレラの特殊部隊を乗せたオスプレイが現れた。そこにはかつてラクーンシティを共に脱出したジルも乗っていた。

圧倒的な戦力に押されたアリスは爆発に巻き込まれ海に落ちてしまう。その後、意識をとり戻したアリスの前には、目の不自由な娘ベッキーと夫ドット(パートIIで共にラクーンシティから脱出し、その後感染し皆の為にゾンビの大群の中、トラックの爆発と共に亡くなった)がいた。夫が出勤する為に家のドアを開けた瞬間ゾンビに噛み付かれてしまう。その後にゾンビが続々と家に侵入し、アリスは娘と共に家から脱出するが、街ではゾンビが人々を襲っている光景が広がっていた。

アリスは民家に逃げ、娘をクローゼットに隠した後、ゾンビに襲われてしまう。その後意識を取り戻したアリスは、アンブレラ社の実験施設に囚われていた。そこで、かつての仲間ジルに酷い尋問を受ける。その時、突如警備システムが作動し、アリスはその場所から脱出するが、脱出した先は東京(渋谷)の交差点だった。そこには大量のアンデットがおり、アリスの目の前で人々が襲われていた。

日本吹き替え版の主題歌を歌っている中島美嘉がゾンビ役として登場している。

アリスは間一髪で大量のアンデットから逃げ、施設に避難できたが、何体かアンデットの侵入を許してしまう。

アリスがアンデットを始末し扉が閉まるとアナウンスで「アンブレラ中央施設へようこそ」と流れる。そこで、エイダ・ウォン(元アンブレラ社の工作員)と出会い、モニターにはアリスが始末したはずのウェスカー(IIIから登場しアンブレラ社の東京支部を統括する幹部であった)が映っていた。エイダとウェスカーはすでにアンブレラ社を離れており、アリスは脱出する為にエイダとウェスカーと協力することになる。ウェスカーにより派遣されたアリス救出部隊は、すでに施設の通気孔から侵入し、地上へのエレベーターを確保していた。その部隊には、かつてアリスと行動を共にしたルーサー(IVでアルカディアへ向かう途中捕食されたと思われた人物)もいた。アリスがウェスカーから教えられた脱出ルートを進んでいくと、巨大マジニと戦うことになるが、トラックのガソリンを利用し始末する。そして救出部隊と合流する地点に到着するが、民家に人の気配を感じそこに向かうとクローンアリスが倒れており、クローゼットの中にはクローンの娘がいた。アリスはクローンだと分かっていたが、見捨てることができず一緒に行動することになる。アリス達が民家から外へ出るとジル率いるアンブレラの特殊部隊に囲まれていた。アリスは降参する振りをして戦おうとするが、エイダはアリスに脱出ルートがわかるメガネを渡し、娘と共に逃げるように言った。

その先には、クローンカルロス(カルロスはII、IIIでアリスと行動を共にした兵士)もいた。その後、エイダはジル率いるアンブレラの特殊部隊に捕まってしまう。

一方、アリス救出部隊はモスクワでチェーン男、巨大リッカーなどにやられ、最終的にレオン、ルーサー、バリーの3人になってしまった。そこに、クローンレイン(一般市民でアンブレラ社特殊部隊ではない)に娘ベッキーを預けたアリスが合流する。

アリスは救出部隊と共にクローンレイン、ベッキーと合流する。

アリス達はエイダから受け取ったメガネを頼りに脱出しようとするが、巨大リッカーと遭遇しクローンレインが吹き飛ばされ、娘ベッキーが連れ去られてしまう。アリスはベッキーを救出する為に追い、救出部隊はアンブレラ社の特殊部隊と戦闘をすることになる。バリーの命と引き換えに特殊部隊を引き止めている間にレオンとルーサーはベッキーを救出したアリスと合流する。施設はその後仕掛けていた時限爆弾によって爆破された。脱出し、ヘリを待っていると氷の地面から巨大な船が出現した。その中から拘束されているエイダとジル、そしてクローンレイン(アンブレラ社の特殊部隊)が出てきた。クローンレインは体にプラーガ寄生体(体の主導権を奪われるのと引き換えに体力が桁違いに高くなり、身体能力が格段に上がる)を入れ、レオンとルーサーと戦闘を行う。ルーサーはレインにより心臓を止められてしまう。一方アリスはジルとの戦闘により瀕死状態になるが、なんとかジルを制御していた胸にあるクモ型の制御装置を破壊し、ジルを元に戻す。ジルとの戦闘に勝利したアリスは、氷の下にアンデットがいることを知り、クローンレインの足元を銃で撃った。氷の下に落ちたクローンレインは大量のアンデットに引きずり下ろされる。アリスはその後、気を失ってしまうが、目を覚ますと、そこには娘ベッキーと元に戻ったジル、エイダ、レオンがいた。ホワイトハウスに到着するとウェスカーがおり、突然「T-ウイルス」を打たれてしまう。

「かつての君が必要だ」とウェスカーに言われ、アリスは「いずれ始末する」と言った。そして、ウェスカーに「人類で残っているのはこれだけだ」と言われアリスが目にしたものは、施設が大量のアンデットに包囲されている光景だった。

massa
massa
@massa1005

Related Articles関連記事

バイオハザードIV アフターライフ(Resident Evil: Afterlife)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)のネタバレ解説まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

バイオハザード(映画、Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)のネタバレ解説まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

バイオハザード4(Biohazard 4, Resident Evil 4)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード4』は2005年カプコンよりニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズ第6作目にあたり、2作目の登場人物であるレオン・S・ケネディが中心になっている。ラクーンシティ崩壊から6年後のヨーロッパにある辺境の村が舞台となり、合衆国エージェントになったレオンが行方不明になった大統領の娘アシュリーの捜索と脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード3 LAST ESCAPE(Resident Evil 3: Nemesis)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード3 LAST ESCAPE』は1999年カプコンよりplaystation用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズの3作目にあたり、1作目の登場人物であるジル・バレンタインが中心になっている。1作目で起きた生物災害「洋館事件」の2ヵ月後のラクーンシティが舞台となり、圧倒的強さを誇るクリーチャー「追跡者(ネメシス)」からの逃亡と対峙が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ2(Biohazard Revelations 2, Resident Evil: Revelations 2)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードリベレーションズ2』とは、2015年3月19日にカプコンより発売されたサバイバルホラーゲーム。 スパイ容疑で孤島に収監されたクレアは脱出するために、単身孤島にやって来たバリーはクレアと同じく収監された娘のモイラを救出するために、それぞれを操作して孤島からの脱出と捜索が今作の目的となっている。

Read Article

バイオハザード6(Biohazard 6, Resident Evil 6)のネタバレ解説まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザード2(Biohazard 2, Resident Evil 2)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード2とは、「バイオハザードシリーズ」の第2作目で、1998年にカプコンよりプレイステーション用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。 今作は、1作目の「洋館事件」から2ヶ月たっており、新人警官のレオンと女子大生のクレアを操作して生物災害に見舞われたラクーンシティを脱出するのが目的となっている。

Read Article

バイオハザード コード:ベロニカ(Biohazard CODE: Veronica, Resident Evil CODE: Veronica)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード コード:ベロニカ』とは、2000年2月3日にカプコンよりドリームキャスト用として発売された「バイオハザードシリーズ」第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲームである。 今作は孤島ロックフォートに収容された妹のクレア・レッドフィールドと、クレアを救出しに来た兄のクリス・レッドフィールドの兄妹が主人公である。バイオハザードが起きた孤島からの脱出と救出が今作の主軸となっている。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ(Biohazard Revelations, Resident Evil: Revelations)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード リベレーションズ』とは、2012年1月26日にカプコンより発売されたホラーアクションゲーム。今作は、「バイオハザード4」と「バイオハザード5」の間に起きた事件で、外伝的な位置づけである。捜査中に消息を絶ったクリス・レッドフィールドを救出するために、ジル・バレンタインは地中海上に漂流する豪華客船「クイーン・ゼノビア」に潜入するが、そこで新たな陰謀に巻き込まれていく。

Read Article

バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil, RESIDENT EVIL 7 biohazard)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード7 レジデント イービル』とは、2017年1月26日にカプコンよりPlayStation4、PlayStationVR、XboxOne、PC用に発売されたサバイバルホラーゲームである。 行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、舞台であるバイオハザード化したベイカー邸からの脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード5(Biohazard 5, Resident Evil 5)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード5とは、1996年に第1作目がカプコンより開発・発売されてから続いているシリーズの第7作目(ナンバリング外含む)。 TPS(三人称)視点のバイオアクションゲーム。 今作の舞台は、バイオテロの恐怖に晒されているアフリカ。 闇取引があるとの情報を手に入れた主人公クリスは、新たな相棒シェバと共に、密売人リカルドを確保しようとするが、新たな生物兵器「ウロボロス」との戦いが待っていた。

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

目次 - Contents