バイオハザード リベレーションズ2(Biohazard Revelations 2)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードリベレーションズ2』とは、2015年3月19日にカプコンより発売されたサバイバルホラーゲーム。
スパイ容疑で孤島に収監されたクレアは脱出するために、単身孤島にやって来たバリーはクレアと同じく収監された娘のモイラを救出するために、それぞれを操作して孤島からの脱出と捜索が今作の目的となっている。

『バイオハザード リベレーションズ2』の概要

『バイオハザード リベレーションズ2』は、2015年3月19日にカプコンよりPlayStation4、PlayStation3、Xbox One、Xbox360、Windows用に発売されたサバイバルホラーゲームである。
前作であるバイオハザードリベレーションズとは時系列は繋がっているが、ストーリー面は繋がっておらず独立されているため、今作から始めても問題ない。
前作と同じく、チャプター毎にはダイジェストと次のチャプターの予告が流れる。
また、今作はマルチエンディングが採用されているため、グッドエンドとバットエンドが存在する。

今作はパッケージ版より先駆けて、全4章のエピソードを4週に分けてオンライン配信するという手法が取られた。
主人公はクレア・レッドフィールドとバリー・バートンで、1チャプターごとにクレア編とバリー編と分かれてプレイしていくことになる。
クレア編は、スパイ容疑で孤島の収容所に収監されたクレアがバリーの娘のモイラとともに孤島から脱出するまでのストーリー。
バリー編は、モイラの救出に来たバリーが到着してすぐ出会った不思議な少女ナタリアとともにモイラの捜索をするストーリーとなっている。

ストーリーモードでは、相棒(モイラ、ナタリア)と操作キャラを切り替えることができ、キャラ特有のアクションの恩恵を受けられる。
また、道中で拾えるルビーなどの宝石でBPを取得し、BPと交換することでプレイヤーに役立つスキルが習得できる。

『バイオハザード リベレーションズ2』のあらすじ・ストーリー

エピソード1「流刑地にて」(Penal Colony)

クレア編

ラクーン事件の生き残りであるクレア・レッドフィールドは、バイオテロの被害者救済を目的としているNGO団体『テラセイブ』に所属し、世界を飛び回っていた。
ある日、クレアは本部で開かれたパーティに参加する。そこには新人職員であり友人でもあるモイラ・バートンがいた。
クレアとモイラが談笑していると突如、謎の特殊部隊が突入してくる。
拘束されたクレアたちは、孤島の収容所に収監されてしまい、目が覚めたクレアたちの腕には、恐怖を感じると色が変わるという謎の腕輪が付けられていた。
自我と理性がなく、生きた人間を見付けると見境なく襲ってくる生物兵器の『アフリクテッド』を退けながら収容所を脱出すると、腕輪から声が聞こえ、オーバーシア(監視者)と名乗る謎の人物が『ヴォセクへ向かえ、全てはそこで始まる』と一方的に告げる。
戸惑いながらも漁村にあるというバーのヴォセクを目指すことにする2人。
途中、通信塔を見つけてモイラが涙ながらに助けの通信を試みるが応答はなかった。
クレアは大海原を見つめ、連れて来られた場所が絶海の孤島であることを知る。

バリー編

バリー・バートンは洋館事件生き残りで、現在は生物兵器を使用したバイオテロ専門の特殊部隊のB.S.A.A.のアドバイザーをしていた。
行方不明である娘のモイラが、孤島にいるという情報を得たバリーは船で孤島に向かっていた。
到着すると、気がついたら孤島にいたと言う謎の少女ナタリア・コルダと出会う。
ナタリアに船で待っているように伝えるが、1人になりたくないと言うため、バリーはナタリアとともにモイラの捜索を開始する。
道中、ナタリアには化物の気配が分かる特殊能力があることが判明する。ナタリアのサポートを受けながら進んでいくと、通信塔に辿り着いた。
通信塔にはモイラからのメッセージが残されていたが、日付は半年前のものだった。
すると、モイラの名前を聞いたナタリアが、突然頭を抱えて苦しみだし『モイラは死んだ』とバリーに告げる。

エピソード2「観察」(Contemplation)

クレア編

漁村内にあるバーのヴォセクにたどり着いたクレアたちは、そこでテラセイブの仲間であるガブリエル・チャベスことゲーブとペドロ・フェルナンデスと再会する。
村の中を探索していると壊れたヘリコプターを発見し、修理をゲーブに任せてその場を離れると、大勢のアフリクテッドに襲撃される。
応戦しているとオーバーシアから通信が入り、すでに恐怖を感じるとアフリクテッドに変異してしまうt-Phobos(ティーフォボス)ウイルスが体に投与されていることと、感じる恐怖が最高値に達すると腕輪が赤く光り、発症してしまうと告げられる。
すると、アフリクテッドに囲まれた恐怖に耐えきれなくなったペドロが発症してしまい、襲いかかってくる。
なんとか逃げ切り、ペドロが発症前に言っていたオーバーシアは電波の阻害を受けない高い塔から発信しているという情報を思い出し、2人は島の中心にある塔を目指すことにする。
途中、1人彷徨っていたナタリアと出会い、行動をともにする。
3人で塔に向かっていると、ヘリの修理に成功したゲーブが頭上に飛んでくるが、オーバーシアに遠隔操作でヘリを故障させられ、墜落して死亡してしまう。
そして、クレアとモイラがヘリに気を取られている間に、ナタリアが何者かに連れ去られてしまう。

バリー編

ナタリアから塔に行く途中までモイラと一緒だったと聞いたバリーは塔を目指すことにする。
そして、塔にたどり着いたバリーは、塔の中で洋館事件の首謀者であったアルバート・ウェスカーと1人の女性が写った写真を見つける。
写真を見たナタリアが女性の名前はアレックス・ウェスカーだと教えてくれる。
自分の知るウェスカーと同じ名前な事に驚きを隠せないバリーの前に、呼吸器を付けた謎の人物が突如現れ、ナタリアを見つめ『お前を待っていた』と指を差しながら告げる。

エピソード3「審判」(Judgment)

クレア編

ナタリアを見失った2人は、探しつつ先へと進む。
なんとか塔にたどり着くと、エレベーターの前でテラセイブの仲間であるニール・フィッシャーを見つける。
そして、ニールがバイオハザードリベレーションズで解散した(設立者がバイオテロを引き起こしたことで解散してしまう)対バイオテロ組織のFBCの元幹部であり、FBCを再興するためにウロボロス・ウイルスという適合すると劇的に進化できるウイルスを使って世界を恐怖で支配しようと考え、オーバーシアに協力してクレアたちを献体として孤島に送り込んだことがわかる。
しかし、オーバーシアに用済みとされたニールはウロボロス・ウイルスを打ち込まれ、化物となりクレアたちに襲いかかってくる。
なんとか倒してエレベーターに乗り込むが、まだ生きていたニールにクレアが殺されそうになってしまう。
過去のトラウマ(小さい時に銃で遊び、暴発して妹に当ててしまった)から銃を握れなかったモイラだったが、殺されそうなクレアを見てトラウマを克服し、クレアが落とした銃でニールを倒すことに成功する。

バリー編

謎の人物が呼吸器を外し、不気味な素顔を見せると、ナタリアが目の前にいる人物こそアレックス・ウェスカーだと告げる。
バリーがアレックスにモイラの行方を問うと、『みんな死に、残りはナタリアだけだ』と言い、アフリクテッドを呼んで周りを取り囲んで襲いかかろうとする。
ナタリアの機転でその場を逃げ、モイラの無念を晴らすためにアレックスを探して進むが、またも突然アレックスが現れて、バリーをはじき飛ばしてしまう。
そして、ナタリアの首を締め上げるが、何故か急に怯えだし逃げ去るのだった。

エピソード4「変身」(Metamorphosis)

クレア編

エレベーターに乗り、塔の最上階にいるオーバーシアの元へと急ぐクレアたち。
最上階の研究室に残された資料から様々なことが判明する。
オーバーシアは、洋館事件を引き起こしたアルバート・ウェスカーの妹のアレックス・ウェスカーであった。
病気で寿命が残り少ないアレックスは、他人に自身の人格を移植して転生しようと研究していた。
その結果、恐怖を克服した人間しか新たな体となる器にはなれないとわかり、島の人間やテラセイブの人間を使って実験をする。
アレックスは転生を果たし、恐怖によって人々を支配する新世界を作ろうと企んでいた。
海上都市のテラグリジアでヴェルトロという組織によって引き起こされたバイオテロ『テラグリジア・パニック』を体験して恐怖という感情を無くしてしまったナタリアがアレックスの新たな器に選ばれてしまい、クレアたちが来る前に処置を施され、半年間の眠りについてしまっていた。
ついにアレックスと対峙するクレアたちだが、アレックスは『実験は成功した』と言い、銃で自殺してしまう。
訳がわからず混乱していると、塔の爆破システムが作動して崩れ始めてしまう。
必死で逃げていると瓦礫がクレアに向かって落ちてきて、咄嗟に庇ったモイラが下敷きになってしまうが、クレアは自分を置いて逃げるように言うモイラを置いて、泣く泣く1人脱出する。
無事生還できたクレアが病院の集中治療室に運ばれている途中、バリーにモイラの安否を聞かれるが、クレアは意識が朦朧とする中でバリーに謝ることしかできなかった。

バリー編

気絶していたバリーが目を覚まし、ナタリアの無事を確認すると、2人は逃げたアレックスを追って先へと進む。
アレックスがまだ生きているのは、アレックスが自殺した時に恐怖を抱いたことで、投与していたt-Phobosが発症し、化物となったからであった。
そして、アレックスとしてまだ覚醒してないナタリアを偽物として憎み、殺そうとしているのだ。
アレックスの研究所にたどり着いたバリーたちは、アレックスがウロボロス・ウイルスを自らに投与している場面に遭遇する。
ウロボロス化したアレックスが2人に襲いかかり、バリーは投げ飛ばされ、ナタリアがアレックスに締め上げられてピンチに陥ってしまう。
そこに銃を構えたモイラが現れ、アレックスを撃ち倒してナタリアを助け出す。
モイラは塔が崩壊したあと、サバイバル生活をして生きていたのだ。
モイラの手引きでその場を逃れて外に出るが、さらに進化して、自我をなくしたアレックスが迫ってくる。
すると、今度はヘリに乗ったクレアが現れ、応戦する。
最後はバリーがアレックスを引き付け、その隙に、モイラとクレアがヘリからロケットランチャーを撃ち込んでアレックスをようやく倒すことに成功する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザード5(Biohazard 5)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード5とは、1996年に第1作目がカプコンより開発・発売されてから続いているシリーズの第7作目(ナンバリング外含む)。 TPS(三人称)視点のバイオアクションゲーム。 今作の舞台は、バイオテロの恐怖に晒されているアフリカ。 闇取引があるとの情報を手に入れた主人公クリスは、新たな相棒シェバと共に、密売人リカルドを確保しようとするが、新たな生物兵器「ウロボロス」との戦いが待っていた。

Read Article

バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)のネタバレ解説まとめ

「バイオハザードIII(Resident Evil: Extinction)」は主演ミラ・ジョヴォビッチ、監督ポール・W・S・アンダーソンで2007年に公開されたホラー・アクション映画。文明が崩壊した世界を舞台に主人公アリスの戦いを描いている。アンデッドやクリーチャーなどこれまでのホラーらしい要素だけでなく、本作からはSF色も強い世界観となった。

Read Article

バイオハザードIV アフターライフ(Resident Evil: Afterlife)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザード3 LAST ESCAPE(Resident Evil 3: Nemesis)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード3 LAST ESCAPE』は1999年カプコンよりplaystation用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズの3作目にあたり、1作目の登場人物であるジル・バレンタインが中心になっている。1作目で起きた生物災害「洋館事件」の2ヵ月後のラクーンシティが舞台となり、圧倒的強さを誇るクリーチャー「追跡者(ネメシス)」からの逃亡と対峙が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード コード:ベロニカ(Biohazard CODE: Veronica)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード コード:ベロニカ』とは、2000年2月3日にカプコンよりドリームキャスト用として発売された「バイオハザードシリーズ」第4作目のホラーアクションアドベンチャーゲームである。 今作は孤島ロックフォートに収容された妹のクレア・レッドフィールドと、クレアを救出しに来た兄のクリス・レッドフィールドの兄妹が主人公である。バイオハザードが起きた孤島からの脱出と救出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード6(Biohazard 6)のネタバレ解説まとめ

2012年にCAPCOMより発売された、バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル6作目であり、前作の「バイオハザード5」以来、約3年ぶりの発売となった。進化を続けるバイオテロによって崩壊していく様子を描いた今作では、4つの異なるストーリーから成り、非常に内容の濃い作品となっている。 レオン、クリス、シェリーは新たなパートナーと共に世界各地で勃発するバイオテロを収束させるために命を懸けて戦う。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(Resident Evil: Retribution)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

バイオハザード2(Biohazard 2)のネタバレ解説まとめ

バイオハザード2とは、「バイオハザードシリーズ」の第2作目で、1998年にカプコンよりプレイステーション用として発売されたホラーアクションアドベンチャーゲーム。 今作は、1作目の「洋館事件」から2ヶ月たっており、新人警官のレオンと女子大生のクレアを操作して生物災害に見舞われたラクーンシティを脱出するのが目的となっている。

Read Article

バイオハザード(映画、Resident Evil)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード』 (Resident Evil) は、2002年に公開されたホラー・アクション映画。生物を死に至らしめ凶暴化させて蘇らせる生物兵器T-ウイルスが暴走した地下研究所で、主人公たち特殊部隊員が死闘を繰り広げる様を描く。日本の有名ホラーゲームを原作としている本作の大ヒットから、現在までに6作目まで続編が製作されている。

Read Article

バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード7 レジデント イービル』とは、2017年1月26日にカプコンよりPlayStation4、PlayStationVR、XboxOne、PC用に発売されたサバイバルホラーゲームである。 行方不明となった妻のミア・ウィンターズを探しているイーサン・ウィンターズを主人公とし、舞台であるバイオハザード化したベイカー邸からの脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

バイオハザード リベレーションズ(Biohazard Revelations)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード リベレーションズ』とは、2012年1月26日にカプコンより発売されたホラーアクションゲーム。今作は、「バイオハザード4」と「バイオハザード5」の間に起きた事件で、外伝的な位置づけである。捜査中に消息を絶ったクリス・レッドフィールドを救出するために、ジル・バレンタインは地中海上に漂流する豪華客船「クイーン・ゼノビア」に潜入するが、そこで新たな陰謀に巻き込まれていく。

Read Article

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)のネタバレ解説まとめ

バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)は2004年のホラー・アクション映画。前作で猛威を振るったゾンビ化ウイルスが市街地へと広がり、生存者たちが決死のサバイバルを繰り広げる様を描く。前作の主演ミラ・ジョボビッチが続投しているほか、本作からはゲームキャラクターをモデルにした人物も登場する。

Read Article

バイオハザード4(Biohazard 4)のネタバレ解説まとめ

『バイオハザード4』は2005年カプコンよりニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたゲームである。バイオハザードシリーズ第6作目にあたり、2作目の登場人物であるレオン・S・ケネディが中心になっている。ラクーンシティ崩壊から6年後のヨーロッパにある辺境の村が舞台となり、合衆国エージェントになったレオンが行方不明になった大統領の娘アシュリーの捜索と脱出が今作の主軸となっている。

Read Article

《ゾンビ好き必見!》面白い家庭用ゾンビゲームまとめ

人間およびその他動物がゾンビ化するネタは、もはや定番ではあるこんにちですが、今回は面白い家庭用ゾンビゲームをご紹介・まとめてみました。ゾンビならではのスリルや緊張感を味わえるものから、汚らわしいゾンビ共を一掃するものから、中にはとんでもない発想やネタを体験することもできます!初心者必見!ですが、心臓の悪い方にはオススメできませんのでご注意を!

Read Article

バイオハザード7怖すぎ!!! クリア不可能? 現在明らかになっているエンディング

2016/06/14 バイオハザード7の無料体験版がPlayStation®Plus会員限定でダウンロード開始となりました。 かなり怖い!と話題の本作ですが、どうやらクリアは不可能とSNS上で話題を呼んでいます。 プレーステーションの新作ハード、PlayStation®VRにも対応する本作、 クリア不可能は本当なのか、現在明らかになっているエンディングをご紹介します!

Read Article

「バイオハザード」別シリーズ内容まとめ

大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」では、現在発売されている1〜6がメインではありますが。様々なアフターストーリーや裏設定、異なるゲーム性により新アクションなどなど、たくさんの別シリーズも登場しています。しかしながら実際、どれがどのポイント・裏要素なのかわかりづらいものです。今回はそんな別シリーズの「バイオハザード」の特徴をわかりやすくまとめてみました。

Read Article

《閲覧注意》Youtuber兄者弟者さん「極限の緊張感を味わえる《でも笑える》ホラー動画集」

チャンネル登録者数が100万人を突破するなど、大人気Youtuberである兄者弟者さん。今回はそんな兄者弟者さんの数多くある動画の中でも人気のある、ホラー動画に注目。このホラー動画は他の方とは異なり「極限の緊張感を味わえ、そしてなぜか笑えてしまう」のです。それは何十年も前のゲームから最新のものまで、プレイ人数も単身から複数人と、まさに多種多様です。※ホラー動画などが苦手な方は、ご注意ください。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents