ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)のネタバレ解説まとめ

Maxresdefault

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

「ドラゴンクエストVI 幻の大地」の概要

001

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年12月9日にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売された、スーパーファミコン専用ゲームソフト。
ドラゴンクエストシリーズの6作目の作品であると同時に、スーパーファミコンで発売された最後の本編作品でもある(ただしリメイク版を含めると、同機種に登場した最後のシリーズ作品は、スーパーファミコン版の『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』となる)。
キャッチコピーは、「DQ(ドラクエ)を超えるのは、DQだけ」。

前々作の『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』、前作の『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』と同じ世界観を持つことから、両作品とともに『天空シリーズ』(または『天空三部作』)と称されており、同シリーズの完結編として位置づけられている。
ちなみに、「PlayStation」版が制作された『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』や、「PlayStation 2」版が制作された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは異なり、天空シリーズの中では本作のみ、PSハード版の作品が存在していない。

「発見」をテーマとした作品となっており、2つの世界を行き来しながら冒険を進めることが特徴となっている。
本作と同様に複数の世界が登場した過去の作品では、序盤は主人公の住んでいる世界だけを移動し、物語が進むと他の世界に入るという形式が多かったのに対し、本作はゲーム序盤から2つの世界を行き来しながら物語が進行するという形となった。
また、SFC版には作中に登場する2つの世界を描いた白地図が付属しており、プレイヤーが発見したスポットをメモすることが可能になっている。

物語の進行に伴い、頻繁に町の住人たちの台詞が変化するようになっている。
これはゲームデザインを担当した堀井雄二の「住人達の会話内容からも生活感を出したい」という考えによるもので、本作以前から実装を考えていたもの。
本編のボリューム増加にも合わせ、シナリオのテキスト量はそれまでのシリーズで最長の4,000ページに及んでいる(前作『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は2,800ページ程)。

日本国内での売上本数は約320万本で、スーパーファミコン用ソフトとしては歴代3位の記録を打ち立てている。

2010年1月28日にはリメイク版であるニンテンドーDS版が発売された。
DS版のキャッチコピーは、「この旅は、夢という真実へ」となっている。

2015年6月11日にはスマートフォン(iOS、Android)版が発売された。

「ドラゴンクエストVI 幻の大地」のあらすじ・ストーリー

オープニング

O0671049114289652304

出典: www.google.co.jp

主人公と仲間達が魔王ムドーに敗れる光景

主人公と仲間達が世界を支配しようとする幻術の使い手・魔王ムドーに挑むも、その術の前に成す術もなく敗れ去る。

Dq6 03

出典: www.google.co.jp

主人公と妹のターニア

そんな光景を目にした主人公は、気が付くと、山の上に位置する村・ライフコッドの自宅にいた。
側にいた妹・ターニアによれば、主人公はベッドから転げ落ちたのだという。
目を覚ました主人公は、この日の夜に行われる村祭りで用いる道具・精霊の冠を買うべく、ライフコッドの近くにある商人の町・シエーナへと出かけた。

その道中で、主人公は誤って大地に開いた大穴に落ち、その下にあるもう1つの世界に入ってしまう。
そこでは主人公の姿が半透明になっており、現地の人々に声をかけても、彼の存在に気付く者はいなかった。

光を放つ不思議な井戸を見つけ、そこを通ることで元の世界へと帰った主人公は、事の次第をライフコッドの老人に話す。
するとライフコッドの老人は、「それはたぶん幻の大地と呼ばれる場所だ」と口にした。
「幻の大地」と呼ばれる下の世界では、主人公達が住む上の世界の住人は、その姿を認識されないのだということだった。

その夜、ライフコッドの村祭りが予定通り行われる。
祭りではターニアが、精霊の冠を教会の女神像に捧げる「精霊の使い」の役目を担った。

D1c330fd

出典: www.google.co.jp

精霊ルビスのお告げ

ターニアが役目を果たした後、教会の中に何者かの声が響く。
それは、ルビスという名の精霊の声だった。
精霊ルビスは主人公に対し、旅に出て自分の本当の姿を解き明かすよう、お告げを下した。

主人公は精霊ルビスのお告げに従い、ライフコッドを離れて旅立つこととなった。

ストーリー前半・魔王ムドーとの戦い

S dq6 13

出典: www.google.co.jp

レイドックの兵士採用試験の様子

ライフコッドを旅立った主人公は、魔王ムドーに抗戦する国・レイドックに辿り着いた。
統治者であるレイドック王に面会するため、兵士となって王に近付くことを考えた主人公は、城で行われていた新たな兵士の採用試験に挑み、合格を勝ち取る。
そして、レイドック王との面会が実現すると、主人公は「ラーの鏡」というアイテムを入手するよう、命令を受けた。
ラーの鏡は真実を映し出す力を持っており、それがあればムドーの幻術を打ち破ることができるのだという。

主人公は、自分と同じくレイドックの兵士に採用された筋肉質な男性・ハッサンと共に、ラーの鏡を探す。
だが、2人はその道中で、「幻の大地」と思しき下の世界へと転落してしまった。

4fa647e9

出典: www.google.co.jp

半透明の姿になった主人公とハッサンが、ミレーユから声を掛けられた場面

姿が半透明になったために周囲の人間に気付かれず、困り果てる主人公とハッサンだったが、そこに謎の女性・ミレーユが声を掛けて来る。
ミレーユは、以前は下の世界で姿を認識されなかったものの、夢占い師と呼ばれる老婆・グランマーズに助けられたことで、下の世界でも姿が見えるようになっていた。
そのため、姿が半透明になっている主人公とハッサンを認識することができていたのだった。

ミレーユの手引きでグランマーズと出会った主人公とハッサンは、グランマーズによって「夢見のしずく」という名の液体をふりかけられる。
それにより、主人公とハッサンの姿が下の世界で見えるようになると、ミレーユは2人に同行することを決め、仲間に加わった。

Maxresdefault%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%a9%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%82%ac%e3%83%9f

出典: www.google.co.jp

バーバラと、ラーの鏡を発見した場面

その後、主人公達はラーの鏡を発見するとともに、以前の自分達と同じく半透明の姿をした少女・バーバラと出会う。
バーバラは他人に存在を認識されないことを嘆きつつ、真実を映すラーの鏡になら自分の姿も映るかもしれないと考え、ラーの鏡を探していたという。

主人公達は夢見のしずくをふりかけてバーバラの姿を見えるようにすると、記憶喪失で行く当てがないという彼女を仲間に迎えると同時に、ラーの鏡を手中に収めた。

126527211655616308587 png

出典: www.google.co.jp

レイドック王が女性の姿になった場面

主人公達が上の世界に帰還し、ラーの鏡をレイドック王に預けると異変が起こる。
若い男性の姿をしていたレイドック王が、女性の姿になったのだった。
女性は、自分はレイドック王ではなく、その妻である王妃シェーラだと名乗り、本物のレイドック王は魔王ムドーになっていると語る。

主人公達は、ムドーの所に向かえば全てが分かるはずだと話すシェーラに促され、ムドーの居城・地底魔城に攻め込んだ。

Ddua7clvwaaena0

出典: www.google.co.jp

自分が魔王ムドーになっていたことを知った、レイドック王

地底魔城の最奥部でムドーを発見した主人公達は、そこでラーの鏡を使う。
すると、ムドーの姿はシェーラの夫・レイドック王へと変わった。

レイドック王は以前、ムドーの討伐を目指して下の世界のレイドックから船出し、その居城を目指していた。
しかし、船上でムドーの幻術にかけられて以来、自身が上の世界における魔王ムドーとなっていたのだった。

事態を把握したレイドック王は、上の世界が「夢の世界」であり「幻の大地」と呼ぶべき場所であることに気付くと、「現実の世界」である下の世界のレイドックへと戻って行った。

Imgd5f72ae3zik3zj

出典: www.google.co.jp

ゲントの村でチャモロを仲間に加えた場面

現実の世界でレイドック王と面会した主人公達は、現実の世界で生き延びている本物の魔王ムドーの討伐を依頼され、これを引き受ける。
そして、癒しの力を持つ民族・ゲント族が所有する「神の船」を借り受けると、精霊ルビスから主人公達の旅に同行するようお告げを受けたゲントの民・チャモロを仲間に加え、船でムドーの居城へ向かった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴンクエストII 悪霊の神々(DQ2、ドラクエ2、Dragon Quest II)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第2作目。 ドラゴンクエスト1から100年後の世界。前作の主人公の子孫であるローレシアの王子は、同じく前作の主人公の子孫であるサマルトリアの王子、ムーンブルクの王女と共に、悪の大神官ハーゴンを倒す為に旅をする。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第7作目。これまでのシリーズで初めて任天堂以外のゲーム専用機で発売された作品。 今作は、魔王の封印を逃れ唯一世界に残っている島「エスタード島」から始まる。主人公たちは「ふしぎな石版」を台座に揃えて過去の時代に行き、その地の封印を解くことで大陸を復活させる冒険に出る。4人の精霊を目覚めさせた後、世界を救うために魔王との最終決戦に挑む。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第4作目。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 この作品からドラゴンクエスト独自のシステムが本格的に導入され始める。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ、Dragon Quest of the Stars)のネタバレ解説まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第1作目。 世界を支配していた魔王ゾーマが倒され、数百年後。アレフガルドは竜王によって再び支配され、ローラ姫がさらわれてしまう。王の命令で伝説の勇者ロトの子孫である主人公は、新たな勇者としてローラ姫を救出するために一人、冒険へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』とは、2004年に発売された「PlayStation 2」専用ソフト。「ドラゴンクエスト」シリーズの8作目の作品となる。邪悪な呪いによって時を止められた王国を救うべく、主人公が仲間達と共に旅をするストーリーが展開される。キャラクターからフィールド背景まで全てが3D表現となったほか、スキル選択による成長、テンション上昇による強化戦闘、アイテム錬金などのシステムが登場した。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第9作目。同シリーズ初のマルチプレイ要素を取り入れた作品で、主人公やパーティーメンバーの自由度の高いキャラクターメイキングができることでも有名な作品である。人間界と天使界が存在し、天使である主人公にしか見えないもの、できないことが多くあり、それらを駆使して世界を危機から救うといったストーリーになっている。

Read Article

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ダイ大)のネタバレ解説まとめ

エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第3作目。 1作目や2作目の主人公の先祖である伝説の勇者ロトの物語。 マリアハンの勇者オルテガは、魔王バラモスを倒す為に旅立ち、消息を絶った。オルテガの子供である主人公は、父のあとを継ぐために王に願い出て、魔王バラモスを倒す旅へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第5作目。 また、天空シリーズの第2弾でもある。 今作は、今までの主人公=勇者の図式を覆し、魔王を倒すことが目的ではなく、主人公の父親と共に母親を探すことが冒険の目的であった。 主人公の幼少期から物語は始まり、主人公の人生を追っていく。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のネタバレ解説まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(DQ11、ドラクエ11、Dragon Quest XI)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンクエスト(DQ、ドラクエ、Dragon Quest)の呪文まとめ

1986年5月27日にスクウェア・エニックス(当時エニックス)から発売された「ドラゴンクエスト」。キャラクターやモンスターの愛らしさ、分かりやすいストーリーの良さなどから、今や誰もが知る国民的人気ゲームとなっている。今回はゲームを進めていく上で欠かせない「呪文」についてまとめてみた。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents