マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)のネタバレ解説まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。
エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。
今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

『マンマ・ミーア!』の概要

『マンマ・ミーア!』(英題:Mamma Mia!)とは、ギリシャの小島でホテルを経営するシングルマザーのドナとヴァージン・ロードを父親と歩きたいと願い、自身の父親を探し出す娘ソフィの母娘の絆を描いた物語。ソフィの結婚式を明日に控えて、友人達がギリシャの小島に到着し始め、ドナも久しぶりに会う友人達との再会に大喜び。そんな中、ドナの部屋でドナの日記を盗み読みしたソフィは自身の父親候補が3人いる事を知り、ドナには内緒で結婚式に3人を招待する。そこから自分の父親は誰なのかを探す物語がABBAのヒット曲に乗せながら進んでいく。
母と娘の愛の深さを描いた作品である。

全世界170都市以上で上演され、空前の大ヒットを記録した同名ミュージカルを映画化し、2008年12月に公開された『タイタニック』をしのぎ、イギリス史上最高のヒット作品となった。興行収入は26億円をも叩き出した。主役のドナ役は『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープ、娘役のソフィは『レ・ミゼラブル』のアマンダ・サイフリッド、父親候補の3人には『007 ゴールデンアイ』のピアース・ブロスナン、『ブリジット・ジョーンズの日記』のコリン・ファース、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのステラン・スカルスガルドが演じた。
世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAが挿入歌を全て担当している。

『マンマ・ミーア!』のあらすじ・ストーリー

ソフィの夢

ドナの昔の日記を読み、父親の存在を知り喜ぶシーン

舞台は、ギリシャの美しいリゾート地カロカイリ島。結婚を控えたソフィには「父親と一緒にバージンロードを歩く」という夢があった。
母親ドナの日記を読んだソフィは、自分には父親と思われる男性3人がいる事を知る。ソフィの父親が誰かは母親のドナ自身も知らない。
ソフィは母親に内緒で日記を手掛かりに、父親捜しを試みる。ソフィは3人全員に母親の名前で結婚式の招待状を送る。
結婚式に呼んだソフィの親友であるリサとアリも島に到着し、2人の父親候補の話と彼らを結婚式に招待した事を話し、盛り上がる。
更に、ドナの昔からの友人であり「ドナ&ザ・ダイナモス」というバンドを組んでいたターニャとロージーも島に到着し、久しぶりの再会を喜ぶ。

父親候補3人の登場

ドナに見つからないように、3人をヤギ小屋に連れて来たシーン

ソフィの前に、父親候補の男性ハリー、サム、ビルの3人が同時に訪ねてくる。慌てたソフィは、ドナの娘であることを名乗り、とっさにドナへのサプライズに自分が3人を呼んだと説明する。ドナにはまだ見つからないように、ソフィは3人をヤギ小屋の屋根裏に連れて行く。
だが、物音を聞いたドナは怪しみ、3人がいることに気づく。驚くとともに久しぶりの再会に胸が高鳴るのを感じるドナだが、男たちをその場から追い出す。急な出来事に思わず泣き出してしまうドナを、ターニャとロージーが励まし、ようやく落ち着きを取り戻す。

父親探しに困惑するソフィー

ハリーからドナとの出会いを聞いてるシーン

島から追い出された3人は仕方なくヨットでセーリングに向かう。それを見たソフィーは、帰ってしまうのだと勘違いをしてしまい、ヨットを追いかけてセーリングに同行する。そこでそれぞれのドナとの思い出を聞いたソフィは益々自分の父親が誰なのか分からなくなってしまい、落ち込む。ドナから帰るように言われた3人に、改めてドナへのサプライズとして結婚式の出席を頼む。

独身最後のパーティー

結婚式の前夜祭で久しぶりに再復活を果たした「ドナ&ザ・ダイナモス」の登場シーン

ビーチに戻って来たソフィは、婚約者であるスカイと互いに愛を誓い合い父親探しに困惑しているソフィを励ます。
スカイは友達にバチェラーパーティーに連れて行かれ、ソフィも女性だけでの結婚式前夜祭を行う。
そこで久しぶりに「ドナ&ザ・ダイナモス」が再結成を果たす。
そこにハリー、ビル、サムも居合わせソフィから自分が父親なのかもしれない事を告げられ驚く。各々が自分が父親なのだと思い込み、ソフィに自分が父親であると告白し始める。ソフィは混乱と失意のあまり気絶してしまう。

それぞれの思い

ペッパーがターニャにしつこく言いよるシーン

翌日、ハリーとビルは自分が父親である事を告白し合う。だが、お互いの話が噛み合わないまま話は終わってしまう。
父親候補3人が一気に自分が父親であると告白してきて、どうしたらいいか分からなくなったソフィは、ドナに対して父親が誰か分からないみじめな思いをぶつけて喧嘩をしてしまう。
久しぶりに再会したドナを愛していることに気づいたサムだったが、ドナはつれない態度を取る。だが、ドナもサムを愛していることに気づく。
前夜祭で良い雰囲気になったターニャとスカイの親友でもある若い男性バーテンダーのペッパーはターニャにしつこく言い寄るが相手にしない。
自己嫌悪に陥ったソフィが助けを求めるため、スカイに父親候補を自分が招待した事を全て話す。スカイはそのことを話してくれなかったことに失望し、結婚式は父親探しの為に行われた事だったのかと強くあたる。スカイ自身自分探しを中断していた事に気づき、ソフィもこのまま結婚していいのか思い悩む。

母と娘の絆

結婚式当日、ドナがソフィにドレスアップの手伝いをするシーン

落ち込むソフィの結婚式のドレスアップの手伝いをするドナは、ソフィを励ます。ドナは、成長したソフィに目を細める。ソフィも1人で子育てとホテルの経営をして自分を育ててくれたドナに感謝の気持ちでいっぱいになり、エスコート役をお願いする。ドナは涙ながらに引き受ける。

結婚式

エスコートをドナに頼み、ヴァージンロードを歩くシーン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クレイマー、クレイマー(Kramer vs. Kramer)のネタバレ解説まとめ

『クレイマー、クレイマー』とは、1979年に公開されたアメリカ映画。突然訪れた離婚をきっかけに、父親が息子との関係を見直すヒューマンドラマ。ホームドラマの名作とも言われており、その中でも父と子に焦点を当て、幼い子供を一人で育てる事や仕事の両立がいかに難しいかも表現され、現代に通じる内容になっている。また、当時アメリカで問題視されていた離婚や養育権の社会問題を描いた事で高く評価された。 内容だけではなく子役を含むキャスト全員の演技が高い評価を受けた作品でもある。

Read Article

キングスマン(Kingsman: The Secret Service)のネタバレ解説まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説まとめ

『プラダを着た悪魔』とは、2006年の公開から時間が経ってもなお人気を得ているアメリカ映画である。名門大学を卒業後、アンドレア・サックスはジャーナリストになることを夢見て田舎町からニューヨークへと移ったが、何故か超人気ファッション誌『ランウェイ』の悪魔のような編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント職に配属されてしまう。ファッションとは無縁だったアンドレアであったが、本来の彼女の夢をかなえるためにミランダの無謀な要求を乗り越え、ファッション業界とアシスタントの仕事の魅力に気付き始める。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

目次 - Contents