ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)のネタバレ解説まとめ

Harry7

活発に活動を始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。
J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

あらすじ・ストーリー

ヴォルデモートと死喰い人たちが活発に動き始め、ハリーとダンブルドアは優秀な魔法使いスグラホーンをホグワーツに勧誘する。新学期が始まり不在だった「闇の魔術に対する防衛術」をスグラホーンが担当すると思っていたハリーは、スネイプが「闇の魔術に対する防衛術」を担当し、スグラホーンは「魔法薬学」の担当になったと聞いて驚く。そんな中、ハリーは「半純血のプリンス」と署名された魔法薬学の教科書を見つける。魔法薬学について詳しい書き込みのされたその教科書を、ハリーは研究し始める。それと並行し、ダンブルドアと共にヴォルデモートとの対決に向けた個人授業も始まる。ヴォルデモートを倒すには7つあるという分霊箱を全て破壊しなければならないことを知り、秘密裏にその捜索を始める。ところが分霊箱を見つけ闇の罠をくぐり抜けたダンブルドアが衰弱しているタイミングで、ホグワーツに死喰い人が現れる。ホグワーツに侵入できるよう、マルフォイが一人で動いていたのだった。死喰い人に囲まれたハリーとダンブルドア。ダンブルドアはハリーを庇い、スネイプによって倒されてしまう。スネイプの裏切りに怒りをあらわにするハリー。そこで半純血のプリンスがスネイプのことであると知る。死喰い人が逃亡した後、ダンブルドアと見つけた一つ目の分霊箱が偽物だと気づいたハリーは本物を見つけるため、そして全ての分霊箱を手に入れるため、ロン、ハーマイオニーと共に旅に出ることを決意する。

用語

分霊箱(ホークラックス)

魂を分割し物に隠した物。物質でも生物でもなんでもよく、大きさも定められていない。分霊箱を破壊しない限り、肉体に攻撃をしてもこの世に魂を繋ぎ留めておくことができる。ヴォルデモートが赤子のハリーに倒された際、生きていられたのはこのため。作るには他者を殺害することが条件となるため、最も邪悪な発明とされている。また、分霊箱には人の心を支配したり、身に着けた人物に不快な感情を与える力がある。

破れぬ誓い

約束を交わす二人と、保証人の立ち合いによって成立する儀式のようなもの。手を握り合った二人の腕に赤いひも状のものが巻き付くことで誓いが完了する。この誓いを破ったものは死ぬと言われている危険な儀式。今作ではスネイプとマルフォイの母、ナルシッサ・マルフォイの間で、「ダンブルドアを殺す」というヴォルデモートからの命令をマルフォイが果たせなかった場合、スネイプが代わりに手を下すという誓いを結んでいる。

主要な登場人物・キャラクター

ハリー・ポッター(演:ダニエル・ラドクリフ/吹き替え:小野憲章)

090326 harry6 newmain

主人公でグリフィンドール生。今作では六年生となった。前作では家族と呼べる存在であったシリウスを失ったことで、心に傷を負っている。またヴォルデモートとの繋がりによって見ていた夢も、今はほとんど見ることがなくなった。ハリー自身も、シリウスを失うきっかけであったヴォルデモートとの繋がりに、再び影響されないよう努めている。今作ではヴォルデモートに対抗するための個人授業を、ダンブルドアから受けている。また分霊箱の存在を明かされた後は、共に分霊箱を見つけにホグワーツの外へ出ている。
勇敢で心優しい性格。マルフォイとは仲が悪く、今作では怪我を負わせる描写も見られた。また、今作ではロンに彼女ができ序盤はハーマイオニーと一緒にいることが多い。ロンが離れてしまったことで傷つくハーマイオニーを慰める一方で、ジニーに思いを寄せる様子が見られる。

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー(演:ルパート・グリント/吹き替え:常盤裕貴)

2008 harry potter and the half blood prince 073

ハリーの親友でありグリフィンドール生。今作で六年生となる。クディッチのチームがキーパー不在となったことで、キーパーに立候補。クディッチのキーパーとなり、ハリーとチームメイトとなった。その実力はかなりのものであるがメンタルに左右されやすいため、試合ではあまり実力を発揮できないところがある。
友達思いでお調子者。今作では初めて同じグリフィンドール生のラベンダーという彼女ができる。自分を好きと言ってくれるラベンダーに対し、序盤はかなり浮かれた様子が見られたが、毒物によってうなされていた際、ラベンダーではなくハーマイオニーの名前を呼んだことで破局している。かなりその場の空気に流されやすい部分がある。終盤では一人で分霊箱を探しに行こうとするハリーに対し、自ら同行する意思を見せている。

ハーマイオニー・グレンジャー(演:エマ・ワトソン/吹き替え:須藤裕実)

101117hb5

ハリーの友人であり、グリフィンドール生。今作では六年生である。知識が豊富で優秀なため、スグラホーンからは一目置かれている。クディッチのチームに所属することとなったロンを心配しながらも応援している。ロンに彼女ができたことで、彼にイライラしている様子も見られる。
勤勉で心優しい。不正を許さず、ハリーが半純血のプリンスが使っていた教科書をいつまでも使用しているのを、注意する様子も見られる。しかしこれはその教科書が確実に安全という保障がなく、なにかの罠かもしれないというハリーの身を案じている部分もある。終盤、ハリーが一人で分霊箱を探しに行こうとした時は、ロン同様自ら旅に付いて行く意思を見せている。

今作で重要な人物

ホラス・スグラホーン(演:ジム・ブロードベント/吹き替え:森功至)

052d8931336e5a77938295ec2b5c02e4

新しい魔法薬学の教師。かつてはダンブルドアの同僚としてホグワーツに勤めていたが、ヴォルデモートの強大な力に恐怖し、教師をやめ身を隠していた。ダンブルドアも高く評価するほど優秀な魔法使い。元スリザリン生であるが、強い差別意識は見られない。自身が優秀だと認めた魔法使いは例えどの寮であっても、高く評価する。ハリーの母、リリーのことも高く評価していた。
計算高く日和見主義。学術的興味だと言われ学生時代のトム・リドルに分霊箱のことを教えたことがある。このことを隠しており、ハリーやダンブルドアが何度聞き出そうとしても、頑として答えようとしなかった。最後にはハリーの訴えにより心を動かされ、悔やんでいたことを告白する。

ドラコ・マルフォイ(演:トム・フェルトン/吹き替え:三枝享祐)

Bj5g0chbduhh4ndaeq61krc1nqc7iq24

ハリーの同級生でありスリザリン生。家系が純血主義であるためか、マグルに対しかなり差別的な思考を持っている。父が死喰い人の一人であり、今作では自身もヴォルデモートから死喰い人見習いに任命されている。ホグワーツに死喰い人を侵入させるため、秘密裏に動きその任務を成功させている。また、ダンブルドアの殺害も命じられていたが、それはできず破れぬ誓いをたてたスネイプが代わりに殺害した。
誇り高く、逆らう人間にはどんな手段を使っても貶めようとする。しかし臆病な部分や心優しい部分もあり、ダンブルドアはそのことを見抜いていた様子。ハリーに対し、強いライバル心を抱いている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)のネタバレ解説まとめ

イギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーが闇の魔法使いヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter and the Deathly Hallows)のネタバレ解説まとめ

ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)のネタバレ解説まとめ

三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)のネタバレ解説まとめ

四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)のネタバレ解説まとめ

復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)のネタバレ解説まとめ

二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

目次 - Contents