ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』とは2004年に公開されたロマンティック・コメディ映画。前作『ブリジットジョーンズの日記』(2001)の続編としてイギリスとアメリカに共同制作され、またもや大ヒット映画となる。相変わらずドジでぽっちゃり女子のブリジットと、堅物だけど真面目で温かいマークは、恋人として蜜月の日々を送っていた。しかしお互いの育ちや環境の違いで衝突したり、美人な同僚に嫉妬したり、と波乱万丈なブリジットの恋模様がキュートなコメディタッチで描かれている。

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』の概要

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』とは2004年に公開されたロマンティック・コメディ映画。前作『ブリジットジョーンズの日記』(2001)の大ヒット作を受け、続編としてイギリスとアメリカで共同制作された。ヒット作の続編ということで大きな話題となり、2億ドル以上の興行収入を記録する。また原作はヘレン・フィールデングスの同名小説で、こちらも大ベストセラーとなった。

ブリジット役のために13キロも体重を増やしたレネー・ゼルウィガーは、今作でもその体当たりな演技が評価され、ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) にノミネートされた。マーク役を演じたコリン・ファースは実力派俳優として数々の映画賞を受賞し、2011年には大英帝国勲章を授与されている。ダニエル役のヒュー・グランドはその端麗な容姿と確かな演技力で、『ノッティングヒルの恋人』(1999)など数々のロマンチック・コメディ映画に出演している。また今作の役柄同様、プライベートでも数々の浮名をながしているプレイボーイでもある。

今作は前作でマークと結ばれてから数週間たったブリジットの恋愛生活を中心に描いている。マークとアツアツな毎日を過ごすブリジットの毎日はまさにバラ色だった。相変わらず仕事では大失態ばかりの彼女は、マークとの結婚を考え始める。しかしマークの同僚レベッカとの浮気を疑い、次第に関係がギクシャクしてくる。また弁護士であるマークとの知識や育ちの違いがハードルとなり、結局2人は別れてしまう。そんな折、撮影旅行でタイに出かけたブリジットは、麻薬所持の疑いで誤認逮捕される。しかしマークは全力でブリジットの釈放に奔走し、そのおかげで彼女は無事は帰国の途についた。困難なハードルを乗り越えた2人は、改めてお互いの愛をしっかりと確かめ合ったのだった。前作同様、ドジだけどキュートな人柄で世界中に愛されたブリジットが、恋に仕事に大奮闘する、コメディ満載のロマンチック・ムービーだ。

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』のあらすじ・ストーリー

毎年恒例新年のパーティー

新年のパーティーでブリジットが着ていた「アグリー・クリスマス・セーター」

毎年恒例実家で行われる新年のパーティーに、ブリジット・ジョーンズは今年も参加した。お尻を触ってくるジェフリーおじさんやうるさいウナおばさんなどの面々にうんざりしながら、したくもないお見合いをこのパーティーでさせられてきた。毎年惨めな思いをしているブリジットだったが、今年は全く違った。昨年このパーティーで出会ったマーク・ダーシーと結ばれ、今年はお揃いの「アグリー・クリスマス・セーター」を着て、意気揚々とパーティーに参加したのだ。マークと恋人同士になったブリジットは幸せ一杯だった。

マークの浮気疑惑

会議中に乱入してしまったブリジット(中央)

恋愛難民を卒業したブリジットだったが、昔からの悪友シャザー、ジュード、トムはしょっちゅういらぬお節介を焼いてくる。「男はそのうち浮気するから別れろ」などと言ってブリジットを脅すのだ。悪友に煽られ、ブリジットはマークと彼の同僚レベッカ・ギリースとの浮気を疑い始める。レベッカは美人でスタイル抜群なマークの同僚だ。不安になったブリジットは、突然夜中にマークの自宅を訪ねる。ブリジットは勢い込んでマークの自宅に入るが、そこには同僚の弁護士たちが勢揃いしていて、会議をしている真っ最中だった。仕事の邪魔をされた上、浮気を疑われたマークだったが、紳士的な態度でブリジットを安心させる。そして法律協会の晩餐会に彼女を誘った。

宿敵ダニエルとの再会

テレビ画面に映るダニエルを見つめるブリジット

ブリジットはテレビ局「シット・アップ・ブリテン」で、リポーターとして活動していた。ある日、スカイダイビングの取材で着地に失敗し、見事肥溜めに突っ込んでしまう。私生活では順調なブリジットだったが、仕事では相変わらずドジを踏んでばかりいた。しかし上司のリチャード・フィンチは彼女のそんなドジっぷりを気に入っているようだった。
そんなありのままの自分をマークは愛してくれているのだとブリジットは自信を持ち、結婚を夢見るようになった。しかしそこに突然ダニエル・クリーヴァーが現れる。ダニエルは以前ブリジットと付き合っていたのだが、あっさりと彼女を裏切り、別の女性に乗り換えた軽薄な浮気男だ。ダニエルは『スムーズ・ガイド』という番組で、ライトなノリで海外の文化事情を紹介しているリポーター、いわばブリジットの同業者である。女癖の悪さのせいで大切なブリジットを失ってしまった過去を顧みたダニエルは、セラピーに通って反省していると言う。ダニエルはブリジットを食事に誘うが、弁護士のパーティーがあるからとブリジットはすげなく断った。

晩餐会で大失態

晩餐会ではりきって発言するブリジット(中央)

ブリジットは友達のマグダと一緒に晩餐会のドレスを選びに行く。マグダはマークの同僚の弁護士の妻で、以前この晩餐会で婚約にこぎつけた女性だ。ブリジットも気合を入れて、お腹をへこます強力なガードルとゴージャスなドレスを手に入れた。しかしヘアメイクに失敗し、焦ったブリジットはシャザー達に相談する。シャザーもジュードもトムも髪型をこうしろああしろと好き勝手なことを言い、ブリジットはすっかり困惑してしまった。その結果、晩餐会に遅刻してしまう。気の効いた会話で名誉挽回しようと目論んだブリジットは、マークとお仲間の輪に張り切って参加する。ちょうどある男性があらゆる慈善事業に反対しているという話をしていたのだが、ブリジットは真っ向からその意見に反対した。貧しい人には致し方ない理由があると思うブリジットは、それは金持ちのおごった考えだと言わんばかりに、まるで「上流中産階級のつるピカおやじ」みたいだと揶揄しひんしゅくを買ってしまう。またもや失態を犯したブリジットは、マークと自分は違う世界の人間なのだといたたまれない気分になる。惨めな気分を抱えたブリジットと、弁護士仲間を批判されたマークは言い争いになり、ブリジットは怒って帰ってしまう。帰宅後、マークを「嫌味なゴーマン男」呼ばわりしてしまったことを、ブリジットは深く後悔していた。そこへマークが訪ねてきて、ブリジットに「愛してる」と初めて告白する。大感激したブリジットは、マークに自分の部屋の鍵を渡し、無事仲直りとなった。そしてマークは今度はブリジットをスキー旅行に誘う。

マークとスキー旅行

スキー旅行に来たブリジット(中央左)とマーク(中央右)

張り切ってスキー旅行に臨んだブリジットだったが、実は全くスキーが滑れなかった。リフトの降り方さえわからず、派手にゲレンデに突っ込んでしまう。しかもスキー旅行を聞きつけて、レベッカを始め他の弁護士仲間も一緒にやってきたのだ。ロマンチックな二人旅が弁護士仲間の親睦旅行になってしまい、ブリジットは酷くガッカリする。しかもスキーのスピードが制御できず、ブリジットはゲレンデで大暴走を繰り広げた。そしてたまたま開催されていたスキーの競技大会に乱入し、なんと銅メダルを獲得する。

ブリジット妊娠疑惑

妊娠検査薬の結果を待つブリジット(左)とマーク(右)

なんとか無事ホテルに戻ってきたブリジットだったが、生理が遅れていることに気付き、妊娠検査薬を買って調べてみる。結果で出るまでの間、ブリジットとマークは子育てについて理想を話し合った。ダーシー家は5代続けてイートン校を卒業しているため、息子だったらぜひ入学させたいと嬉しそうにマークは語った。しかしブリジットは「イートンみたいなファシスト組織もってのほか」と批判し、2人はまたケンカになってしまう。そして妊娠検査薬の結果は陰性、ブリジットは妊娠していなかった。2人の間に険悪な雰囲気が漂う。

マークとの別れ

マークとケンカ別れし、孤独を噛みしめるブリジット

後日、ブリジットは母パメラの昼食会に呼ばれ、マークと出席する。そこで親たちに結婚について問われるが、マークはまだそれについては考えていないと答える。結婚を夢見ていたブリジットは困惑し、マークの自宅で話し合うことになった。マークがちょっと席を外した時、レベッカから電話がかかってくる。そして留守電にマークとブリジットの関係がどうなのか気になって仕方がない、というようなメッセージが残された。マークとレベッカの浮気を疑ったブリジットは、怒りをぶちまけた後、家を飛び出していってしまう。まるで自分以外はすべてがカップルというような、世界に独り取り残されたような孤独をブリジットは味わう。それから5週間。マークからの連絡は一切途絶え、ブリジットは散らかり放題のアパートで荒んだ生活をしていた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ブリジット・ジョーンズの日記(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは、2001年に公開されたロマンティック・コメディ映画。原作は作家ヘレン・フィールディングの同名コラムで、結婚相手が見つからない女性の寂しい本音を赤裸々に描いている。ブリジットはちょっと太めのシングル女性で、お酒と煙草が止められず、恋も仕事も失敗ばかり。そんなブリジットの等身大の姿が、世の女性の多くの共感を呼び、異例の大ヒットとなった。温かくて親切で正直な愛すべきキャラクター、ブリジットの恋と仕事を巡るドタバタ劇を描いたコメディ満載のハートフルストーリーだ。

Read Article

ノッティングヒルの恋人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本、主演はヒュー・グラントとジュリア・ロバーツによる1999年のイギリス映画。イギリスのノッティングヒルで本屋を営む冴えない店主とハリウッド女優のラブストーリー作品。主題歌はシャルル・アズナヴール作曲による「She」をエルヴィス・コステロがカバーして歌った事でも有名。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シカゴ』とは、監督ロブ・マーシャルメインキャストにレニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの3人を起用したミュージカル映画。 1920年代、ショービジネスと犯罪の町シカゴを舞台に、スターを夢見る主人公が、殺人を起こし刑務所に収容されながらもスターへの道を上る様子を描いている。 キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる」 近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒットしないと言われていたが、そのジンクスを覆した作品ともいわれている。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とは2016年に公開されたロマンチック・コメディである。ブリジット・ジョーンズシリーズ最後の完結作ということで大きな話題を呼んだ。43歳になっても相変わらずシングルトンのブリジット・ジョーンズだったが、今回はイケメン億万長者ジャックと元恋人マークのと間で恋の三角関係を繰り広げる。果たしてブリジットはどちらを選ぶのか。そして今度こそ彼女は幸せをつかめるのだろうか。世界中の女性に愛されたブリジット・ジョーンズのドタバタ恋愛劇がついに完結する。

Read Article

目次 - Contents