リトル・ダンサー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リトル・ダンサー』(原題『Billy Elliot』)は2000年にイギリスで公開されたヒューマン・ドラマ映画。スティーブン・ダルドリー監督のデビュー作である。舞台は1984年イギリスの炭鉱町ダラム。父の趣味であるボクシングを習っていた少年は、ある日バレエ教室に出会う。町は炭鉱不況の最中で、父と兄は炭鉱ストライキに参加していた。「男がバレエなんか。」と反対されながらも、少年はますます夢中になる。プロのバレエダンサーを目指す少年と家族と町の人々の物語。

『リトル・ダンサー』の概要

『リトル・ダンサー』とは、2000年にイギリスで公開された映画。
1984年、イギリス北部の炭鉱町ダラムに住む少年ビリーは、炭鉱で働く父、兄と祖母と暮らしている。ビリーは父の趣味であるボクシングを習っているが馴染めずにいた。そんなある日、ボクシングジムの横でバレエ教室が開かれることになった。居残りをさせられていたビリーは、音楽に引き寄せられるようにバレエ教室を覗く。「バレエは女がするもの」と言う父に対してビリーは家族に隠れてバレエの練習を重ねる。そして、ビリーの才能を見出しサポートする先生は、ビリーにロンドンにあるロイヤル・バレエ学校の受験をすすめる。

バレエは女のもの、ボクシングは男のもの、という偏見に対して、ビリーは純粋に「なんで?」と言うことができる。女の子しかいないバレエ教室で、ビリーは毎日練習を重ねる。純粋に踊ることが好きというビリーの様子は、劇中のダンスシーンが物語っている。感情が高ぶったビリーは、それを解き放つように町中を踊りながらかけていく。体から湧き出るパッションを感じられるビリーのダンスは、圧巻の一言である。

監督は『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』などを手掛けたスティーブン・ダルドリー。本作が長編映画第1作。「イギリス北東部の訛りを持つ、ダンスが得意な少年」という条件を満たして選出された主人公ビリー役のジェイミー・ベルは俳優デビュー作品にして、英アカデミー賞主演男優賞を受賞した。作品としても英アカデミー賞作品賞、日本アカデミー賞外国語映画賞などを受賞し大ヒットとなった。2005年には本作に基づいたミュージカル「Billy Elliot the Musical」も作製され、イギリスで最も権威のあるとされているローレンス・オリヴィエ賞やトニー賞の主要な賞を総なめにした。

『リトル・ダンサー』のあらすじ・ストーリー

バレエとの出会い

ターンを何度も練習するビリー(画像中央)。

ビリー・エリオットは父ジャッキーと兄トニーと軽度認知症の祖母と暮らす11歳の男の子。1984年イングランド北東部ダラムの町は炭鉱の閉鎖に反対し、ストライキの真っ只中。炭鉱夫である父と兄もそれに参加していた。ビリーの母ジェニーは亡くなっていて、父はその傷が癒えずにいた。

ビリーは父の趣味でもあるボクシングを習わされていた。ある日、ボクシングジムの横でバレエ教室が開かれる。居残りをさせられていたビリーは、ピアノの音に誘われてバレエ教室を覗く。見よう見まねで踊るビリーに、バレエ教室のウィルキンソン先生はバレエシューズを貸して練習に参加させる。当時、バレエは女性のものと思われており、ビリーもバレエをして楽しかったと素直に言うことができないでいた。
別の日の帰り道、ウィルキンソン先生の娘でバレエを習っているデビーは、ビリーに男性バレエダンサーの存在やオリンピック選手に負けないスタミナを持つことを教える。ビリーはボクシングがあるからバレエには行けないと言いつつも、翌日はボクシングに行かずバレエ教室に参加する。それでも口では「バレエは女が習うものだ」と言うビリーに、ウィルキンソン先生は「決めつけないの」と一喝する。
それからビリーは、友達のマイケルにバレエを習うことを打ち明け、図書館でバレエの本を借り、家でも家族の目を盗んで練習に励んだ。

親の反対

口紅を塗られた状態でオーディションの相談をするビリー(画像右)とワンピースに化粧の姿で真剣に話を聞くマイケル(画像左)。

練習の成果があらわれ、ますますバレエにハマっていくビリーであったが、父にボクシングへ行っていないことがバレる。「なんでバレエをしてはいけないの」というビリーに父は「男はサッカーとかボクシングとかレスリングとか…バレエなど!」と言う。それに対してビリーは反抗するが「バレエもボクシングもやめろ」と言われ授業料を払ってもらえなくなる。ビリーはウィルキンソン先生の家に訪れ、辞めることを伝える。しょうがないと肩を落とすビリーに先生はロンドンにあるロイヤル・バレエ学校のオーディションの受験をすすめる。そして、ビリーの父には内緒で無償の個人レッスンをすると申し出る。

ビリーがマイケルの家に行くと、なぜかマイケルはお姉さんのワンピースを着て化粧をしていた。怪しむビリーにマイケルは何食わぬ顔で口紅を塗る。そんなマイケルにロイヤル・バレエ学校のオーディションがあることを相談する。「どう思う?」と聞かれたマイケルは「寂しい」と言う。

ビリーの決意と家族の支え

父(画像左)の前で初めてダンスを踊るビリー(画像右)。

それからオーディションを受けることにしたビリーは日々練習を重ねた。しかし、オーディション前日に兄が逮捕されてしまう。そのおかげでビリーはオーディションに行けなかった。何も知らされなかった先生はビリーの家を訪ねる。そこで兄はビリーがバレエをしていることを初めて知り「俺が逮捕されている時にバレエだと?」と激怒し、先生と口論になる。

クリスマス、ビリーはマイケルにキスをされる。ビリーは「バレエが好きでも僕はゲイじゃない」と言う。その後体育館に忍び込み、マイケルがずっと興味を持っていたチュチュを着させてはしゃぐ2人だったが、父に見つかってしまう。一瞬固まるビリーだが父の前でダンスを披露する。全身で力強く伸び伸びと踊るビリーを見て、父は先生の自宅へ走る。そこでオーディションに必要な金額を聞き、「あの子への助けは感謝するが俺の息子だ。俺が決める。」と伝える。

ビリーのためにお金が必要だと考えた父は、スト破りを決心する。自分達の現状に絶望し、ビリーの未来のためだと泣きながら謝る父に対して、兄も泣きながら「金なら何か他に方法がある」と強く抱きしめて父のスト破りを引き留める。結局、父は母の形見であるアクセサリーを売ってオーディションのお金にした。

ロイヤル・バレエ学校の受験

面接中のビリー(画像左)と父ジャッキー(画像右)。

オーディション当日、ビリーは父とオーディション会場である学校に行く。実技試験でダンスを披露するも先生たちの反応がイマイチだと感じたビリーは、時間の無駄だったと荒ぶり、待合室で慰めてくれた男の子を殴ってしまう。それが見つかってしまい、親子面接では選考に影響を及ぼすことを告げられる。質疑応答でも良い回答ができず、肩を落として部屋を出る2人であったが、1人の面接官がビリーを呼び止める。「踊っている時はどんな気持ちがしますか?」との質問に対しビリーは「宙を飛んでる気分になります。鳥のように電気のように。そう、電気のように。」と答える。

後日、合否の書類が届く。父と兄と祖母は学校から帰ってきたビリーをソワソワと迎え、手紙が届いたことを知らせる。ビリーは1人部屋にこもり、その手紙を開封する。なかなか出てこないビリーに痺れを切らせて3人が部屋を開けると、ビリーは泣きながら「受かった」と言う。父は走って仲間のところへ行き報告する。すると仲間たちは落胆した様子でストライキの終了と職場復帰を教える。

ロンドンへ旅立つ日、ビリーはそれまで合格の報告さえできていなかったウィルキンソン先生のところへ挨拶に向かった。申し訳なさそうにするビリーに対して、先生は激励の言葉を贈ってバレエ教室に戻っていく。その後、おばあちゃんと熱い抱擁を交わし、寂しがるマイケルには頬にキスをして明るく別れを告げ、バス停まで見送りに来た父と兄とは感情をあらわにして別れを惜しむ。ビリーは寂しそうな表情でバスに揺られ、父と兄は復活した炭鉱の仕事に戻り、ウィルキンソン先生はビリーとの思い出の練習場で思い巡らすのであった。

時が経ちビリーは25歳。父、兄とマイケルはビリーが主役の白鳥の湖を観に行く。成長したビリーが舞台で舞い、幕が閉じる。

『リトル・ダンサー』の登場人物・キャラクター

ビリー・エリオット(演:ジェイミー・ベル、アダム・クーパー)

日本語吹替:11歳のビリー→遠藤一宏(DVD版)、矢島晶子(BD版)/25歳のビリー→川村拓央(DVD版/BD版)
父と兄と軽度認知症のおばあちゃんと暮らす11歳の男の子。おばあちゃんの面倒を見ながらボクシングジムに通うが、母が遺したピアノを弾くことが好き。偶然目にしたバレエ教室で踊る楽しさに目覚め、バレエの虜になる。自分の才能を見出した先生にロイヤル・バレエ学校の受験を薦められ、家族に隠れて練習を重ねる。「バレエは女がやるもの」という偏見に流されず、父と兄に反対されても自分の信念を貫く強さと前向きさをもつ。バレエの先生の娘デビーと学校の友達マイケルに想いを寄せられるが、本人はバレエに夢中。
11歳のビリーをジェイミー・ベル、25歳のビリーをアダム・クーパーが演じている。

ジャッキー・エリオット(演:ゲイリー・ルイス)

日本語吹替:池田勝(DVD版)、稲葉実(BD版)
ビリーの父親。炭鉱夫として働くが、炭鉱不況の真っ只中のため、ビリーの兄と共に炭鉱ストライキに参加している。自分の趣味であるボクシングをビリーに習わせるが、いつの間にかボクシングに行かずバレエ教室に通っていることを知り、「男がバレエなんか」と激怒。強面の厳しい父に見えるが、妻に先立たれた悲しみを乗り越えられずにいる。ビリーが踊る姿を見てからは自分の信念を曲げてでも全力で協力する。

トニー・エリオット(演:ジェイミー・ドラヴェン)

トニー(画像中央青い服)

Iikanji34
Iikanji34
@Iikanji34

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』とは2011年のアメリカのドラマ映画。監督はスティーブン・ダルドリー。原作はジョナサン・サフラン・フォアの同名小説。9.11のアメリカ同時多発テロで父親を失ったアスペルガー症候群の傾向を持つ10歳の少年オスカーの葛藤と成長を描いたストーリー。オスカーと母が家族の理不尽な死と向き合い、愛情によって親子関係を修復し、絆を強めていく。映画評論家の反応は賛否両論であり、アメリカの有名な賞にノミネートこそしたが、ほとんど受賞を逃した。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロケットマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

目次 - Contents