マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。
エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。
今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

サムは結婚式会場に向かう道中、ドナにエスコート役になりたいと話をするが、ドナは突き放す。
結婚式が始まり、ドナは父親について話し出す。そこで3人共が立ち上がり、サム、ハリー、ビルの3人が、自分こそがソフィの父親と考えていることが明らかになる。誰が本当の父親かはわからない状態に、3人は喜んで「3分の1」の父親になると語る。ハリーはドナに初めて愛した女性で最後でもある事を告白し、島で出会った従業員の男性と良い関係になっている事を話す。
一気に父親が3人になったソフィだが、父親探しなどもうどうでもよくなってしまう。
結婚式が再開されようとするが、ソフィは結婚は延期し世界を見て回ることをスカイに提案し、スカイは受け入れる。

ドナの結婚式

ドナとサムの結婚式パーティーで挨拶をしているシーン

ソフィの結婚式が延期され教会から皆が立ち去ろうとするが、サムが止める。サムはドナに愛を告白し、結婚を申し込む。ドナは承諾し、サムとドナの結婚パーティが行われる。
ドナとサムの結婚パーティの雰囲気につられてロージーはビルに突然愛を告白し、最初はいやがるビルだが試してみようと承諾する。ハッピーなムードで皆がダンスを踊る。ホテルの床の割れ目ができていた庭から泉が吹き上がり、ドナは愛の女神であるアフロディーテの泉が噴出したと考える。
ソフィとスカイは、ボートで世界旅行に旅立っていく。

物語は幕を閉じる。

『マンマ・ミーア!』の登場人物・キャラクター

ドナ・シェリダン(演:メリル・ストリープ )

日本語吹替:一柳みる
ソフィの母親であり、ホテル 「Villa Donna」のオーナー。若い頃、友人のロージーとターニャの3人で「ドナ&ザ・ダイナモス」というバンドを結成していた。お酒と歌う事が好きで、久しぶりに娘の結婚式で再会を果たした友人達と歌ったり踊ったりして盛り上がる。娘の父親候補であり元恋人の男性3人とも久しぶりに再会し、懐かしい気持ちになる。

ソフィ・シェリダン(演:アマンダ・サイフリッド )

日本語吹替:小島幸子
ドナの娘。ドナが経営しているホテルの手伝いをしている。母親と一緒で歌う事とダンスをする事が好き。結婚式が控えており、本当の父親とヴァージンロードを歩く為に父親候補3人を結婚式に招待し探し出す。婚約者であるスカイから結婚前に世界を見たいと告げられ、結婚式を延期し彼と共に世界旅行に行く決断をする。結局父親は誰か分からないが、3人も父親候補がいるという事に喜びを感じるようになる。

サム・カーマイケル(演:ピアース・ブロスナン)

日本語吹替:田中秀幸
ドナの元恋人でソフィの父親候補の1人。アイルランド系アメリカ人。仕事は建築家。真面目な性格。ドナとはカロカイリ島で出会い付き合っていたが、ドナがハリーかビルと付き合い自分の元から去った事を知り、地元に戻り婚約者と結婚した。だが、ドナの事が忘れられず離婚しソフィの手紙を機に再びドナの元に現れた。ドナと再び距離が縮まり、プロポーズをして夫婦となる。

ハリー・ブライト(演:コリン・ファース)

日本語吹替:木下浩之
ドナの元恋人でソフィの父親候補の1人。イギリス人。銀行で働いている。慎重派ではあるが、冒険心はある性格。若い頃はパンクロッカーであった。留学中のパリでドナと出会い一夏の恋で終わった。ゲイであり、ドナが最初で最後の愛した女性だったと語る。島の青年と良い感じになっていく。

ビル・アンダーソン(演:ステラン・スカルスガルド)

日本語吹替:福田信昭
ドナの元恋人でソフィの父親候補の1人。スウェーデン人。紀行作家である。『小舟でアフリカ』などの著書がある。自身の船を持っており、冒険を好み好奇心旺盛な性格である。若い頃にカロカイリ島を訪問した時にドナとひと夏の恋に落ちた。ロージーに気に入られてしまい、強引に迫られビルも次第にその気になっていく。

スカイ(演:ドミニク・クーパー)

日本語吹替:杉山紀彰
ソフィの婚約者。結婚後、ドナが経営しているホテルのホームページのデザインをする仕事に就きたいと思っている。ソフィとは恋に落ち、ソフィの希望に従って結婚する事を決意したが、本当はまだ自分探しで世界を見たいと考えており、結婚には少し否定的である。結局、ソフィに全てを打ち明けて結婚を延期し、ソフィと2人で世界を旅する事になる。

ロージー・マリガン(演:ジュリー・ウォルターズ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ブリジット・ジョーンズの日記(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは、2001年に公開されたロマンティック・コメディ映画。原作は作家ヘレン・フィールディングの同名コラムで、結婚相手が見つからない女性の寂しい本音を赤裸々に描いている。ブリジットはちょっと太めのシングル女性で、お酒と煙草が止められず、恋も仕事も失敗ばかり。そんなブリジットの等身大の姿が、世の女性の多くの共感を呼び、異例の大ヒットとなった。温かくて親切で正直な愛すべきキャラクター、ブリジットの恋と仕事を巡るドタバタ劇を描いたコメディ満載のハートフルストーリーだ。

Read Article

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』とは、1868年出版のルイーザ・メイ・オルコットの自伝的小説『若草物語』が映画化されたもの。2019年12月に全米、2020年6月に日本公開。監督のグレタ・ガーウィグが脚本も担当。今作に挑むに当たってガーウィグ監督は、著者であるオルコットが「本当は何を言いたかったのか」という命題を深く掘り下げることに焦点を当てた。古来、女性が置かれてきた状況を顕在化することで、自分らしく生きたいと願う現代の女性へのオマージュに昇華させている。

Read Article

NEW

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』とは2004年に公開されたロマンティック・コメディ映画。前作『ブリジットジョーンズの日記』(2001)の続編としてイギリスとアメリカに共同制作され、またもや大ヒット映画となる。相変わらずドジでぽっちゃり女子のブリジットと、堅物だけど真面目で温かいマークは、恋人として蜜月の日々を送っていた。しかしお互いの育ちや環境の違いで衝突したり、美人な同僚に嫉妬したり、と波乱万丈なブリジットの恋模様がキュートなコメディタッチで描かれている。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

グリンゴ/最強の悪運男(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリンゴ/最強の悪運男』とは、2020年2月に日本で公開されたブラックコメディ。友人のリチャードとその愛人エレーンが共同経営する製薬会社でコツコツと真面目に働いてきたハロルド。彼にまさかの解雇の危機が迫り、愛する妻からは離婚を切り出されるという人生最悪の窮地に立たされる。「正直者はバカをみる」を地でいってきた彼が、一発逆転を狙って身代金500万ドルという偽装誘拐を企てたことで、メキシコの麻薬カルテルを巻き込んでの大騒動に発展する痛快娯楽大作。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

クレイマー、クレイマー(Kramer vs. Kramer)のネタバレ解説・考察まとめ

『クレイマー、クレイマー』とは、1979年に公開されたアメリカ映画。突然訪れた離婚をきっかけに、父親が息子との関係を見直すヒューマンドラマ。ホームドラマの名作とも言われており、その中でも父と子に焦点を当て、幼い子供を一人で育てる事や仕事の両立がいかに難しいかも表現され、現代に通じる内容になっている。また、当時アメリカで問題視されていた離婚や養育権の社会問題を描いた事で高く評価された。 内容だけではなく子役を含むキャスト全員の演技が高い評価を受けた作品でもある。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラダを着た悪魔』とは、2006年の公開から時間が経ってもなお人気を得ているアメリカ映画である。名門大学を卒業後、アンドレア・サックスはジャーナリストになることを夢見て田舎町からニューヨークへと移ったが、何故か超人気ファッション誌『ランウェイ』の悪魔のような編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント職に配属されてしまう。ファッションとは無縁だったアンドレアであったが、本来の彼女の夢をかなえるためにミランダの無謀な要求を乗り越え、ファッション業界とアシスタントの仕事の魅力に気付き始める。

Read Article

目次 - Contents