ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とは2016年に公開されたロマンチック・コメディである。ブリジット・ジョーンズシリーズ最後の完結作ということで大きな話題を呼んだ。43歳になっても相変わらずシングルトンのブリジット・ジョーンズだったが、今回はイケメン億万長者ジャックと元恋人マークのと間で恋の三角関係を繰り広げる。果たしてブリジットはどちらを選ぶのか。そして今度こそ彼女は幸せをつかめるのだろうか。世界中の女性に愛されたブリジット・ジョーンズのドタバタ恋愛劇がついに完結する。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の概要

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とはイギリス・アメリカ・フランスで共同制作され、2016年に公開されたロマンチック・コメディである。『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004年)のシリーズ完結作として話題となる。興行収入は2億ドル以上を叩き出し、前作前々作と共に大ヒット映画シリーズとなった。

3作連続で主役を演じたレネー・ゼルウィガーは、アカデミー賞主演女優賞と助演女優賞をW受賞したことのある演技派女優だ。生真面目弁護士マーク役のコリン・ファースはイギリス出身のベテラン俳優で、テレビ、映画、舞台と多彩な場で活躍している。今回初登場のブリジットの新恋人ジャック役のパトリック・デンプシーは、大ヒットテレビドラマ『グレイズ・アナトミー』で大ブレイクしたアメリカのイケメン俳優である。

前作でマークにプロポーズされ、ブリジットは幸せの絶頂にいた。しかし弁護士として忙しい日々を過ごすマークとはすれ違いが多く、寂しさを感じたブリジットは結局彼と別れてしまう。そして今年はなんとも孤独な43歳の誕生日を迎えていた。ある日同僚に誘われブリジットは野外フェスに参加する。そしてフェスで出会ったイケメン男性ジャックと一夜の火遊びを楽しむ。また数日後偶然マークに再会したブリジットは、彼への思いが再燃し、今度は彼と体の関係を持つ。その結果、ブリジットはおもいがけず妊娠してしまうのだが、どちらが父親なのか判別がつかない。最初は戸惑ったブリジットであったが、徐々にお腹の子への愛情が芽生え始める。そしてマークとジャックも父親になる喜びを感じ、3人でのマタニティ生活が始まる。しかしマークとジャックはお互いに張り合うようになり、2人の間でブリジットの気持ちは揺れ動くのだった。3作に渡って繰り広げられ、世界中の女性の共感を呼んだブリジットのドタバタラブストーリーが、ついにここに完結する。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のあらすじ・ストーリー

ダニエルのお葬式

ダニエル(右写真)でお別れの言葉を述べるブリジット(左)

43歳の誕生日の朝、ブリジット・ジョーンズはダニエル・クリーヴァーのお葬式に出席した。ダニエルは突然飛行機事故に遭ってしまい、不幸にも遺体さえ見つかっていなかった。ダニエルと一時期交際していたブリジットは、女癖の悪い彼に酷い裏切られ方をした思い出がある。ブリジットにとっては目の敵だが、ダニエルの突然の死に彼女は大きなショックを受けた。そのお葬式には妻カミラ・ダーシーを伴ったマーク・ダーシーも参加していた。マークにプロボーズされる程愛し合っていた2人だったが、すれ違いが続き結局は別れてしまったのだ。教会に集まった面々は女性ばかりで、ダニエルのプレイボーイぶりをブリジットは改めて痛感する。そこである若い女性がお別れの言葉を述べた。彼女はダニエルがキーツの詩を朗読してくれた思い出を語った。すると周囲が急にザワつき始める。どうやらダニエルはその場に居合わせた女性のほとんどに、その詩を語りながら口説いていたらしい。ブリジットも例外ではなく、ダニエルの相変わらずの軽薄ぶりに思わず吹き出してしまった。

誕生日の決意

その夜、ブリジットは悪友たちと誕生日をお祝いする予定だった。しかし子育て中のシャザーとジュードはベビーシッターが見つからず、ゲイのトムはパートナーと養子を迎えるために大忙しで、あっさりとキャンセルされてしまう。かくしてブリジットは自宅アパートでカップケーキにロウソクを点し、1人でハッピーバースディを歌うというサイテーな誕生日を過ごした。かつて真剣に愛した2人の男性のうち、1人は死んでしまい、1人は他の女性と結婚してしまった。これからのブリジットは自由奔放に恋愛を楽しもうと決意した。

フェスで火遊び

泥だらけのブリジット

新たな決意をしたブリジットは、同僚ミランダと共に、野外フェスに出かける。そこでミランダから、始めに出会った男性と関係を持つよう指令が下った。しかし出だしでいきなり転んで、ブリジットはぬかるみにハマってしまう。すると通りがかった男性が、ぬかるみでもがくブリジットを救い出してくれた。ジャック・クワントと名乗ったその男性は、どストライクなイケメンで、一瞬ときめくブリジットであった。その後フェスで盛り上がったブリジットは、ベロベロに酔っぱらった状態で宿泊用のテントに帰る。しかしなぜかテントにはジャックの姿があった。ブリジットは間違えてジャックのテントに乱入していたのだった。そこで勢いにのったブリジットは、ジャックと関係を持ってしまう。翌朝ブリジットは会ったばかりの男性と関係してしまったことを後悔するが、あとくされのない一夜の遊びと思うことにした。

マークと恋の再燃

洗礼式に参加したブリジット(左)とマーク(右)

後日、ブリジットは友達のジュードの子の洗礼式に立ち会う。そこでまたしてもマークと再会する。まだマークに未練があるブリジットは終始気まずくてたまらなかった。その後お祝いのパーティーは「江南スタイル」で大盛り上がりとなる。「江南スタイル」とは韓国で一大ブームを巻き起こした曲で、まるで馬に乗っているようなコミカルなダンスが特徴だ。そんな楽しい余興なおかげか、2人の心は段々とほぐれていく。そして2人で外を歩きながら、久しぶりにゆっくりと近況を語り合った。マークがカミラと離婚協議中であることがわかったブリジットは、昔の思いが再燃し、2人はすぐさまベットインとなる。そこでマークはブリジットに「すごく恋しかった」と告白する。しかし翌朝、ベットにブリジットの姿はなかった。以前マークと上手くいかなかったのは、彼の仕事が忙しく寂しかったからだ。ブリジットはもう同じ過ちを繰り返すつもりはなかった。

思いがけない妊娠

思いがけない妊娠に悩むブリジット

しかし年代物の劣化コンドームを使ったせいで、ブリジットは思いがけず妊娠してしまう。しかもジャックとマークどちらの子どもか判断がつかない。産婦人科医のドクター・ローリングスに相談するも結局は分からなかった。一方ブリジットは現在、ニュース番組の敏腕プロデューサーとして活躍していた。そこに新しい上司アリスがやってくる。ブリジットが担当する『ハード・ニュース』の堅苦しさを刷新すべく送り込まれた刺客だ。アリスは大規模なリストラを行うとの噂も流れていた。周囲に動揺が走る中、アリスはメディアショーのプレゼンの仕切り役を募った。生まれてくるあかちゃんのためにもクビになる訳にはいかず、アリスにやる気を見せるためにブリジットはその役に立候補する。

一夜のお相手の正体

『ハード・ニュース』に出演したジャック

ある日テレビを点けると、そこにはあのジャックが映っていた。婚活サイトの創設者として注目されている人物で、なんと億万長者だったのだ。そして赤ちゃんがどちらの男性の子か調べるために、ブリジットはある作戦を立てる。まずジャックを『ハード・ニュース』のゲストとして招く。メイク担当者に協力してもらってジャックの毛髪やつめを採取し、DNA鑑定をするという作戦だ。番組の生放送中、キャスター役のミランダにジャックにプライベートな質問をするよう、ブリジットは陰から指示を飛ばした。ジャックは家族を持つことについて問われ「自分が父親になることを考えると怖くなる」と答える。その答えにガッカリしたブリジットだったが、思い切ってジャックに妊娠していることを告げる。しかし他にも父親候補がいることはついに言えなかった。

マークに妊娠報告

妊娠したブリジット(右)を優しく抱きしめるマーク(左)

そんな状況の中、ブリジットは定期健診のエコー検査で初めて胎児を目にする。そして「こんな幸せな気持ち初めて」と大感激する。そして胎児の健康とDNA鑑定をするため、羊水穿刺(せんし)という検査に申し込む。しかし検査のためにお腹に刺す長い針にビビッてしまい、結局検査を受けることが出来なかった。結局父親の断定が出来なかったブリジットは、マークにも妊娠を告白する。マークは「今まで生きてきた中で、これ以上嬉しいニュースは受け取ったことがない」と言って、ブリジットを優しく抱きしめた。手放しで喜んでくれるマークを前にして、ブリジットはジャックのことをついに言い出せなかった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ブリジット・ジョーンズの日記(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは、2001年に公開されたロマンティック・コメディ映画。原作は作家ヘレン・フィールディングの同名コラムで、結婚相手が見つからない女性の寂しい本音を赤裸々に描いている。ブリジットはちょっと太めのシングル女性で、お酒と煙草が止められず、恋も仕事も失敗ばかり。そんなブリジットの等身大の姿が、世の女性の多くの共感を呼び、異例の大ヒットとなった。温かくて親切で正直な愛すべきキャラクター、ブリジットの恋と仕事を巡るドタバタ劇を描いたコメディ満載のハートフルストーリーだ。

Read Article

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』とは2004年に公開されたロマンティック・コメディ映画。前作『ブリジットジョーンズの日記』(2001)の続編としてイギリスとアメリカに共同制作され、またもや大ヒット映画となる。相変わらずドジでぽっちゃり女子のブリジットと、堅物だけど真面目で温かいマークは、恋人として蜜月の日々を送っていた。しかしお互いの育ちや環境の違いで衝突したり、美人な同僚に嫉妬したり、と波乱万丈なブリジットの恋模様がキュートなコメディタッチで描かれている。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シカゴ』とは、監督ロブ・マーシャルメインキャストにレニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの3人を起用したミュージカル映画。 1920年代、ショービジネスと犯罪の町シカゴを舞台に、スターを夢見る主人公が、殺人を起こし刑務所に収容されながらもスターへの道を上る様子を描いている。 キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる」 近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒットしないと言われていたが、そのジンクスを覆した作品ともいわれている。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

目次 - Contents