ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。
1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ストーリー

赤ん坊の頃両親を亡くした少年、ハリー・ポッターは引き取られた親戚の家でいじめられながら暮らしていた。しかし11歳を迎えたある日、ホグワーツ魔法学校から手紙が届く。自分の両親が偉大な魔法使いであったこと、そしてその血を継いでいることを知りホグワーツに通うことを決心したハリー。信頼できる友人、ロンとハーマイオニーと楽しい学園生活を送り始める。そんな彼らの前に死んだはずの両親の仇、ヴォルデモートの影が忍び寄る。彼らはヴォルデモートの目的がホグワーツに隠された「賢者の石」であることに気づく。自分たちの身を守るため、ホグワーツと魔法界を守るため、ハリー、ロン、ハーマイオニーの三人は手を取り合い、強大な敵ヴォルデモートに立ち向かう。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の登場人物・キャラクター

ハリー・ポッター(演:ダニエル・ラドグリフ / 吹替え:小野憲章)

ヴォルデモートによって両親を亡くした少年。ヴォルデモートに打ち勝った唯一の子供、「生き残った男の子」として魔法界では有名だった。彼自身は魔法界とは縁のない親戚の家にいたため、入学までそのことを知らなかった。親戚は詳しく教えてくれなかったため、彼の両親についてあまり知らない。彼の両親と親しかった人によると、外見は父、ジェームズに似ており目は母、リリーに似ているとのこと。
優しく正義感に溢れた性格。謙虚で友達思い。その反面、頑固で無鉄砲な一面もある。入学時、組み分け帽子がスリザリンかグリフィンドールで悩んだか、彼の強い希望でグリフィンドールとなった。箒の飛行について優れた才能があり、クディッチでは最年少の選手としてシーカーに選ばれた。白いフクロウ、「ヘドウィグ」をペットとしている。

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー(演:ルパート・グリント / 吹替え:常盤裕貴)

ハリーが魔法界に来た時、一番最初に出来た同い年の友人。愛称はロン。ウィーズリー家の六男。兄弟が多いため、家があまり裕福ではない。妹が一人いるが、まだ入学できる歳ではない。ハリーとはホグワーツ特急の中で仲良くなった。ペットはネズミの「スキャバーズ」。
冗談をよく言うなど、ムードメーカー的な役割をすることが多い。自分の大事な人間を守ろうとする気持ちが強く、仲間思い。優秀な兄達が多いためか自分に自信を持てず才能がないと思っている一面もある。チェスの達人であり、このことではハリーやハーマイオニーよりも秀でている。また今作ではこの才能が役に立っている。身内がグリフィンドールに行くことが多く、例に漏れずグリフィンドールに組み分けされた。

ハーマイオニー・グレンジャー(演:エマ・ワトソン / 吹替え:須藤祐実)

魔法界とは関係のない家系(通称:マグル)から生まれた子供。入学当初から習っていない魔法を使うような勉強家。教科書はもちろん、ホグワーツに関する書籍を読み、理解している。最初はハリーやロンとは仲良くなかったが、彼女が魔法生物に襲われかけていたところを二人が助けたことで仲良くなった。
完璧主義者。生真面目で頑固だったため、入学当初は友達も少なかった。規則破りにも厳しい一面があったが、ハリーとロンとの出会いによって、徐々にその性格も柔和になる。なにかあると真っ先に心配してくれるなど仲間思いで面倒見がいい一面もある。知識を得るために努力する部分や、記憶力の良さから、組み分け時はレイブンクローと悩んだらしい。結果グリフィンドールに組み分けされた。

ヴォルデモート(演:リチャード・ブレマー / 吹替え:江原正士)

この時、ヴォルデモートは体を持たないため、他人の体に寄生していた。

魔法界を恐怖に陥れた闇の魔法使い。その恐怖から人々は名前を呼ぶことを避け、「例のあの人」や「名前を言ってはいけないあの人」と呼んでいる。彼と対決して生きていられた者はいないと言うほど強力な力を持っている。ハリーの両親を手にかけた際、赤ん坊のハリーにかけた呪いが跳ね返ったことで姿を消した。魔力が戻るまで、他の魔法使いの体を借りるなどして生きながらえている。
目的のためなら手段を問わない冷酷な性格。自分以外を信用していない。ホグワーツにいた頃の成績は優秀で、スリザリンに在籍していた。魔法使いになるのは純粋な魔法使いの家系がふさわしいという、純血主義。そのため全盛期は多くのマグル(魔法界と関係のない人間)を手にかけた。

アルバス・ダンブルドア(演:リチャード・バリス / 吹替え:永井一郎)

ホグワーツの校長。ハリーの両親とも面識があり、ハリーを親戚の家に預けた張本人。偉大な魔法使いであり、多くの面で実績を残している。そのためヴォルデモートが唯一恐れた魔法使いでもある。本名が長いため、あまり使わない。本名はアルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア。
常に穏やかな性格。他人にチャンスを与える優しさを持っており、茶目っ気の多い一面もある。ハリーやホグワーツの生徒を思いやり、常に暖かい視線を送っている。彼自身もグリフィンドール出身である。洞察力が高く、ヴォルデモートの思惑を防いだり、ハリーのピンチを手助けするなどの描写が見られる。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の用語

ホグワーツ

ホグワーツのエンブレム。左上がグリフィンドール。右上がスリザリン。左下がハッフルパフ。右下がレイブンクローとなっている。

ハリーたちが入学する魔法学校。魔法に関する様々なことを学ぶために設立された。魔法使いになれる素質のある子供が11歳になると入学の権利を得ることができる。7年制。
入学するとグリフィンドール、スリザリン、ハッフルパフ、レイブンクローの四つの寮に、組み分け帽子を使って分けられる。

グリフィンドール

ゴドリック・グリフィンドールが創設した寮。シンボルはライオン。勇猛果敢な騎士道を持った生徒が集まる寮で、過去に優れた魔法使いを多く輩出している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

目次 - Contents