【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

ジョージの身代わりとなって車に轢かれたマーティを看病したロレインが、ジョージではなくマーティを好きになってしまうというシーンでの事。

母ロレインの実家で目を覚ましたマーティ。ロレインに履いていたカルバン・クラインの下着を見られるが、1955年にはまだ下着メーカーのカルバン・クラインはなく、マーティの名前がカルバン・クラインだと勘違いされてしまう。

冒頭1985年食卓シーンで母ロレインは、「女の方から誘うなんてはしたない、私の頃はそんな事無かった」と言っているのだが、1955年のロレインはマーティにとても積極的にアプローチして迫ってくる。

冒頭1985年食卓シーンで母ロレインが「ジョーイおじさんの仮釈放が延期になった」と言っているのだが、1955年のジョーイおじさんはまだ赤ちゃんで、柵つきのベビーベッドに入れられている。今も昔も檻の中というオチだ。冒頭のシーンに伏線がたくさんあった事に気づかされる。

マーティがロレインにテレビを持ってるかどうか聞かれて、「2台持ってる」と答えたら、ロレインの母親に「そんな家あるわけないでしょ、冗談よ」と言われてしまう。1955年はアメリカの家庭にテレビが普及した頃なので、お金持ちでも2台持ってる家なんて滅多になかったのだ。

ロレイン家のテレビで新番組『ハネムーナーズ』を見て、マーティは「再放送で見た事がある」と言ってしまい、不思議がられる。ちなみに冒頭1985年食卓シーンで、ジョージが爆笑しながら見ていたテレビがこの番組だ。

マーティがロレインの父に道を聞いた時に『ケネディ通り』の話をするのだが、伝わらないというシーンがある。1955年ではケネディはまだ上院議員で大統領にもなっていないので、『ケネディ通り』と命名されていなかったからだ。

マーティがロレイン家を出た後、度重なる不思議な言動をしたマーティに対してロレインの両親は「ろくな親じゃないな。あんな子供を産んだら勘当するぞ」と言う。もちろんマーティの母親はロレインなのだから、現実のものとなる。

ドクの尊敬する科学者達

ドクの家には4人の尊敬する科学者の肖像画が飾ってある。
アイザック・ニュートン(物理学者):万有引力の発見者。
ベンジャミン・フランクリン(物理学者):凧を使って雷が電気であることを証明。
トーマス・エジソン(発明家):白熱電球・蓄音機などを発明。
アルベルト・アインシュタイン(物理学者):相対性理論の発見。
ちなみに、1955年に飼ってる犬の名前はコペルニクス。1985年に飼ってる犬の名前はアインシュタイン。

宇宙人に変装するマーティ

マーティはジョージをなんとか説得する為に、未来の服装やアイテムを使い宇宙人に扮する。その際ジョージに爆音で聞かせたのはロックグループ『ヴァン・ヘイレン』の曲『Out The Window』(アルバム未収録のレア曲)。しかし、劇中のバンド名使用の許可は降りなかった為、ヴァン・ヘイレン個人に許可をもらい、グループ名ではなく個人名である『エドワード・ヴァン・ヘイレン』とカセットテープに表記されている。
また、1955年の人にはわからない未来の映画のパロディをセリフに織り交ぜて信じさせている。「我が名はダース・ベイダー。バルカン星からやってきた宇宙人だ!」ダース・ベイダー(スター・ウォーズ)、バルカン星(スター・トレック)、宇宙人(E.T)。

マーティお得意のスケボーも1955年にはまだなかった

マーティがビフから逃げるシーンでは、子供が遊んでいた手押し車(木箱にタイヤがついたようなもの)を分解し、スケボーにして逃げるシーンがある。スケボーが流行るのは1960年以降だったので、周りの人々がなんだあれはと驚いている。

ちなみにこのシーンをよく見ると、コンクリートに白線のようなものが見えるので、練習した跡もしくは通る道筋のガイドラインだと思われる。

いつの時代でもジョーンズ肥料店

マーティがスケボーでうまくビフを躱すと、ビフはそのまま大量の肥料にダイブし悪臭まみれになる。この後のPART2やPART3でもビフやビフの子孫が肥やしに突っ込むシーンがあるのだが、毎回突っ込むのはジョーンズ肥料店の肥料。

読心機の設計図が見える

1955年のドクに初めて会った時、当時ドクが研究していた読心機(人の心が読める機械)の実験に付き合わされるシーンがあるのだが、その後1985年に帰る為の作戦会議中のシーンで、後ろの壁に読心機の設計図がちゃんと貼ってあるのが見える。

マーティが弾くジョニー・B・グッド

この映画の名シーンと言えばこのシーンというぐらい有名なシーン。
パーティーで演奏する黒人バンドのギター/ボーカルのマーヴィンがマーティを助ける為に手を怪我してしまい、代わりにマーティが演奏する事になる。「ホットな曲を弾いてくれ」と言われ、マーティが選んだ曲はチャック・ベリーの1958年発売『ジョニー・B・グッド』。
ロックンロールの代名詞と呼ばれる程、世間を騒がせ話題になった名曲だが、1955年はまだ発売される3年前。皆、聞き慣れない新しいサウンドに驚きつつも観客は踊り、バンドはなんとかマーティの演奏についていく。しかし、最初はノリノリだったお客さん達も、暴れまわりながらギターを弾くマーティを見て、引いてしまう。

演奏の途中で舞台袖にいた手を怪我した黒人がおもむろに電話をかける。「チャック?俺だよ、俺俺。いとこのマーヴィン・ベリーだ。お前確か新しいサウンドを探してるって言ってたよな?これ聞いてみな!」と受話器をステージに向けるシーンがある。つまり、チャック・ベリーはこのマーティの演奏を聴き、『ジョニー・B・グッド』を作ったんだよというネタなのだが、そもそもマーティは未来でチャック・ベリーが作ったCDを聴いて覚えたという、タイムパラドックス(時間軸の矛盾)ジョークになっている。

撮影秘話としてはマーティ役のマイケル・J・フォックスは本当にギターが弾ける為、自分が弾いた音源を使って欲しいと願いでたのだが、残念ながら却下され、歌もギターも別人のものとなっている。なのでマーティが「リズムはブルース、キー(調)はBで適当に合わせて!」とバンドメンバーに指示するセリフがあるのだが、実際のキーはB♭だし、最後ギターのチョーキングをしているシーンもよく見るとギターの音はビブラートがかかっているのに、マーティの手はビブラートの動きをしていない。

ちなみに、マーヴィン・ベリーを演じたハリー・ウォーターズJrは当時、チャック・ベリーの音楽が「白人の少年」(マーティ)から生まれたという設定が問題視されるのではないかと不安だったそうだ。事実、チャック・ベリーがこの曲を発売した当時1958年はまだ黒人差別が色濃く残っており、黒人音楽も差別されてきた背景があったので、この設定に批判の声が集まったそうだ。もちろん、製作陣にそのような意図はない。

ラストシーン~未来へ帰って1985年へ

使用許可証を求める警察官

未来へ帰る為、時計台から雷の電力を得ようと作業しているドクに警察官が近寄り、「使用許可証を持っているか?」と聞いてくる。すぐに「あるとも。」と答えているドクだが、少しうろたえる様子で「どこかにあるはずだ。」と言い直し、明らかに財布から何かを取り出そうとしている。本当は使用許可証など取っておらず、お金を渡して解決したのが伺える。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future、BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II、BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

目次 - Contents