【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。
監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。
PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。
ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。
Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart3』の概要

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2』から続く物語で1990年に公開された。
世界的大ヒットを記録したSF映画であり、バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの完結作となる。
監督は全シリーズ共通で、ロバート・ゼメキス。脚本はボブ・ゲイル、製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグが務めている。
前作であるpart2から6か月後に公開された。
日本では1990年に公開された洋画で『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』に続く2位の配給収入となっている。
part2のラストで雷に打たれ、1885年に飛ばされてしまったドク。
ドクの安否を心配しているマーティの元に一通の手紙が届く。
その手紙でマーティはドクが生きていることをしり、ドクに会うために1955年のドクに相談に行く。
鉱山に隠されていたデロリアンを掘り起こし、マーティはドクを助けるために1885年に向かうのであった。
今作は西部劇が舞台となっている。
シリーズを通して、同じシチュエーションが登場する、繰り返しネタと言われるものがあるのも特徴となっており、今作でもpart1やpart2の繰り返しネタが見られるのも魅力となっている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』の登場人物紹介

マーティン・シェイマス・マクフライ(演:マイケル・J・フォックス)

愛称は「マーティ」。
1985年時点でヒルバレーの高校に通う17歳。
好きなものは、ロックとペプシコーラとスケボーで銃の早撃ちが得意。
「チキン」と人に言われるとカッとなってしまう特徴がある。
part2で消えたドクが1885年にいることを知らせる手紙を受け取ったマーティ。
手紙でドクのピンチを知り、彼を助けるために1885年のドクが鉱山に隠したデロリアンを1955年のドクに修理をしてもらい西部開拓時代である1885年へとタイムスリップをする。
1885年では彼の祖先であるジェイマスに名前を聞かれ、とっさに「クリント・イーストウッド」と名乗った。

エメット・ラスロップ・ブラウン(演:クリストファー・ロイド)

愛称はドク。
ヒルバレーでは変わり者の発明家として知られているが、マーティは彼を慕っており、タイムスリップを二人で繰り返している。
1955年に自宅の洗面所で転んだ際に頭をぶつけ、タイムマシンの理論が閃き、デロリアンをタイムマシンとして作り上げた張本人。
1885年では、鍛冶屋を営んでいる。
1885年から1985年に戻るために、試行錯誤しているときに、クララと出会い、恋をする。
未来を変えることはよくないと考えているが、クララと恋に落ちて1885年の西部開拓時代に残ることを決める。
その後、汽車をタイムマシーンに改造し、1985年に戻る。
その際、クララとの間に二人の子どもを設けている。

クララ・クレイトン(演:メアリー・スティーンバージェン)

1885年にヒルバレーへ赴任してきた女教師。
ドクやマーティが来なかった1985年ではクレイトン渓谷と言われている渓谷の名前の元になった人物。
しかし、暴走した馬に乗ったクララをドクが助けたことにより、彼女は渓谷に落ちることはなくなり、クレイトン渓谷という渓谷は無くなってしまった。
ドクと恋に落ち、ジュールとヴェルヌという二人の息子をもうける。
11歳の時にジフテリアで隔離されていた際に、父親から望遠鏡を買ってもらったことがきっかけで科学に興味を持つようになる。
SF作家のジュール・ヴェルヌが好きであり、さらに科学が好きという共通点がドクとクララにはある。
祭りの夜には、無理やりダンスをするビュフォード・タネンのスネを蹴ったり、またタイムマシンについて打ち明けたドクに平手打ちを食らわせるなど、気が強い姿も見られる。

ビフォード・タネン(演:トーマス・F・ウィルソン)

part2でビフの祖先としてテレビで紹介されていた人物。
ビフの祖先であり、今作でマーティとドクの命を狙う悪役である。
通称「マッド・ドッグ」と呼ばれているがその理由は、興奮するとよだれをたらすことからきている。
本人はマッド・ドッグと呼ばれることを気に入っておらず、マーティがそう呼んだことが原因で騒動となる。
タネン一族のなかで最も粗暴で非道な男であり、早撃ちの名手。
しかし、6の次がわからないなど、頭は良くない。
ドクにつけてもらった馬の蹄鉄が外れたことを理由に、代金を払っていないにもかかわらずドクに逆恨みしており、マーティが1885年にタイムスリップしてこなければ、ドクは彼に殺されていた。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart3』の小ネタ・伏線・パロディまとめ

ユニバーサル設立75周年記念作品

映画配給元であるユニバーサル映画の設立75周年記念作品となっている。
そのため、オープニングロゴが75周年も記念したものが使われている。
脚本を手掛けているボブ・ゲイルは、シリーズの統一感を持たせるために、ロゴが変更されることに抵抗があったが、会社の意向で75周年のロゴが使われることとなった。
75周年のロゴが使われた最初の作品であることから、映画会社の期待が高かったことがうかがえる。

乾かす

ドクの家の暖炉には、1985年ドクからの手紙やマーティの靴といった2人が持っていたものが、乾かされている。

アインシュタイン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

目次 - Contents