【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

ドクの収入源

ドクの車には、『ドクターブラウン・科学サービス、24時間営業』と書いてある。たくさんかかる研究費を稼ぐ為に出張科学サービスをしているのだろう。仕事内容は謎だが、『リビア過激派に爆弾を作る依頼』をされている。

デロリアンのナンバーと1.21ジゴワット

タイムマシンの車デロリアンのナンバーは「OUT A TIME」となっている。訳すと「時間の外側」という意味で、この車は時間軸の外側にあるという事を教えてくれている。
デロリアンに積まれている次元転移装置というタイムスリップに必要な装置の動作には1.21ジゴワット(jigowatt)が必要とあるが、正しくは1.21ギガワット(gigawatt)。脚本家のボブ・ゲイルがうっかり綴りを間違えた。

タイムスリップ後1955年(過去)

1955年に上映中の映画

タイムスリップして変わった街並みを不思議そうに見渡すマーティ。このシーンで写る映画館が上映中している映画は『バファロウ平原 / Cattle Queen of Montana』。1985年では大統領になっているロナルド・レーガンがまだ俳優として活躍しているのがわかる。このあとマーティは1985年からタイムスリップしてきた事をドクに伝えるが、なかなか信じてもらえず、疑ってかかるドクに「じゃあ、1985年の大統領は誰だ?」と聞かれ、「ロナルド・レーガンだよ」と言ったら、余計に信じてもらえなくなるというシーンに繋がっている。

1955年のガソリンスタンドと選挙カー

ガソリンスタンドでは1台の車に対してスタッフが4人も来て給油するシーンがあるのだが、元々は1人の予定だったのを監督のロバート・ゼメキスが急遽、4人に変更した。1985年のアメリカではガソリンスタンドはセルフが主流だったので、「人が給油してくれる?しかも4人も!?」と、時代格差を強調したのだ。

喫茶店店主との噛み合わないやりとり

店に入ってすぐ、店主に「船が難破でもしたのか?」と聞かれるマーティ。1955年ではまだダウンジャケットがなく、救命胴衣に見えたのだ。

お店の中の電話を借りるシーンではマーティの時計のアラームがなり、店主に気味悪がられる。1955年ではまだアラーム機能がないからだ。

店主に「何か注文をしろ」と言われ、マーティがまず頼んだのは『タブ(Tab)』。コカ・コーラ社の低カロリー飲料だが、まだ発売されてない1955年では請求書の事を指す為、店主に「請求書?それは注文の後だ。」と言われてしまう。「じゃあ、ペプシのフリー(砂糖なしの意味)ある?』とマーティが聞くと「うちには無料(フリー)の物はねぇよ。」と言われてしまう。そして、最終的に「なんでもいいから砂糖の入ってないものを。」と注文し、やっとコーヒーが出てくる。序盤のペプシフリー推しはここへの伏線だろう。
ちなみに、『タブ』は1970年代に流行った飲み物で、1985年時では古い飲み物だったそうだ。

ウィルソンとの出会い

1955年のウィルソン(右側)

1985年のウィルソン市長

1955年の喫茶店で働く青年ゴールディ・ウィルソンとマーティは出会う。ウィルソンは「自分はそのうち夜学に通って、いつか立派な人物になってみせる」と将来の夢をマーティに熱く語るが、1985年では市長になっている事を知ってるマーティは、ウィルソンに「市長になるよ!」と明るい未来を示し、ウィルソンをその気にさせる。また、このマーティの一言に影響されたからこそ、ウィルソンは市長になれたとも考えられる。

ジョージとロレインの出会い

冒頭1985年食卓のシーンで母ロレインが二人の出会いを話している。父ジョージが木から落ちて、ロレインの父が運転する車に轢かれ、それを助けて看病したロレインと恋に落ちるというものだ。「あの時バードウォッチングでもしてたの?」とロレインに聞かれ、曖昧な返事をするジョージだが、過去に行ったマーティによって真相はのぞきだったことが判明する。この時、マーティがジョージを助けてしまい、両親の出会いという大事な過去を変えてしまう事になる。

母ロレイン一家との噛み合わないやりとり

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future、BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II、BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

目次 - Contents