【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

喫茶店でビフと出会うマーティ

バック・トゥ・ザ・フューチャーにはシリーズ通して繰り返されるネタがいくつか描かれている。
例えば、タイムスリップした先でマーティが入った飲食店で必ず店主に時代錯誤なファッションをいじられていたり、タイムスリップした先のヒル・バレー広場でマーティが必ず車に轢かれそうになるのも繰り返しネタの一つ。
さらに、マーティが最初に入った飲食店では必ずタネン家と出会ってしまったり、タイムスリップ先で気を失ったマーティを起こす人を母親だと勘違いして起きるというシーンも繰り返されている。

間違えられたドクの名前

マーティが電話帳でドクのことを調べた際、ドクの名前が”Brown Emmet L”と記載されているが、ドクの名前の正確な実スペルは”Brown Emmett L”であるので、電話帳には間違えた名前が載ってしまっている。
また、この電話帳から1955年のドクの屋敷はリバーサイド通り1640番地にあることがわかる。

アラームがついた腕時計

マーティが電話をかけてる時に腕時計のアラームがなる。
このことに、喫茶店の店長はひどく驚いた様子であるが、その理由は1955年にアラーム機能がついた腕時計がまだ存在していないから。

さすが親子

1955年で若い頃の父親に会ったマーティは、父親であるジョージのあまりにもふがいない態度に少し呆れている。
しかし、二人は親子なだけあって、自然と同じ動作をしてしまっている。

ジョージとロレインの出会い

冒頭1985年食卓のシーンで母ロレインが二人の出会いを話している。父ジョージが木から落ちて、ロレインの父が運転する車に轢かれ、それを助けて看病したロレインと恋に落ちるというものだ。「あの時バードウォッチングでもしてたの?」とロレインに聞かれ、曖昧な返事をするジョージだが、過去に行ったマーティによって真相はのぞきだったことが判明する。この時、マーティがジョージを助けてしまい、両親の出会いという大事な過去を変えてしまう事になる。

ロレインらしさ

ロレインの部屋にある鏡台のまわりには、50年代の男性アイドル写真が多数飾られている。
このことから、ロレインは男性への興味を強く示していることがわかる。

母ロレイン一家との噛み合わないやりとり

ジョージの身代わりとなって車に轢かれたマーティを看病したロレインが、ジョージではなくマーティを好きになってしまうというシーンでの事。
母ロレインの実家で目を覚ましたマーティ。ロレインに履いていたカルバン・クラインの下着を見られるが、1955年にはまだ下着メーカーのカルバン・クラインはなく、マーティの名前がカルバン・クラインだと勘違いされてしまう。
冒頭1985年食卓シーンで母ロレインは、「女の方から誘うなんてはしたない、私の頃はそんな事無かった」と言っているのだが、1955年のロレインはマーティにとても積極的にアプローチして迫ってくる。
冒頭1985年食卓シーンで母ロレインが「ジョーイおじさんの仮釈放が延期になった」と言っているのだが、1955年のジョーイおじさんはまだ赤ちゃんで、柵つきのベビーベッドに入れられている。今も昔も檻の中というオチだ。冒頭のシーンに伏線がたくさんあった事に気づかされる。
マーティがロレインにテレビを持ってるかどうか聞かれて、「2台持ってる」と答えたら、ロレインの母親に「そんな家あるわけないでしょ、冗談よ」と言われてしまう。1955年はアメリカの家庭にテレビが普及した頃なので、お金持ちでも2台持ってる家なんて滅多になかったのだ。
ロレイン家のテレビで新番組『ハネムーナーズ』を見て、マーティは「再放送で見た事がある」と言ってしまい、不思議がられる。ちなみに冒頭1985年食卓シーンで、ジョージが爆笑しながら見ていたテレビがこの番組だ。
マーティがロレインの父に道を聞いた時に『ケネディ通り』の話をするのだが、伝わらないというシーンがある。1955年ではケネディはまだ上院議員で大統領にもなっていないので、『ケネディ通り』と命名されていなかったからだ。
マーティがロレイン家を出た後、度重なる不思議な言動をしたマーティに対してロレインの両親は「ろくな親じゃないな。あんな子供を産んだら勘当するぞ」と言う。もちろんマーティの母親はロレインなのだから、現実のものとなる。

1955年の流行

食事のシーンでロレインの弟ミルトンがかぶっている帽子当時流行していた デイビークロケットハット。
こちらは、1955年に制作された『デイビー・クロケット/鹿皮服の男』で主人公がかぶっており、大流行となった。
ミルトンはすごくこの帽子を気に入っているのか、母親のステラが二回帽子を取るがそのたびにかぶり直している。

ドクの尊敬する科学者達

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

目次 - Contents