【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。
1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。
主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2』の概要

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 』は1989年公開のアメリカ映画。
前作で過去の1955年からやっと現代に戻って来たマーティ。
タイムスリップの冒険も終わりだと思っていた彼のもとに、未来へと旅立ったドクが現れる。
ドクはマーティに、マーティの子どもが危ないので、一緒に未来へ来てほしいと告げる。
マーティの彼女であるジェニファーも一緒に2015年の未来へタイムスリップをするのであった。
前作では、過去への旅しかなかったが、今作では2015年や前作の舞台であった1955年にも戻ったりと過去も未来も楽しめる作品となっている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2』の登場人物・キャラクター紹介

マーティン・シェイマス・マクフライ(演:マイケル・J・フォックス)

ヒル・バレーの高校に通う17歳の高校生。
愛称はマーティ。
part2では、自分とジェニファーの息子を危険から救うために2015年の未来へ向かう。
息子の危機を救うことはできたが、2015年のアンティークショップで見かけたスポーツ年鑑を出来心で購入したことがきっかけで、未来から戻った1985年の様子が大きく変化してしまう。
1985年を自分のいた世界に戻すため、ドクと共に再び1955年にタイムスリップ。
そこで、1985年に変化をもたらした原因となったビフと奮闘する。
彼は、人から「チキン」と言われるとかっとなってしまい、それが原因で交通事故を起こし、2015年ではギタリストになる夢をあきらめてしまい、さらには会社の不正行為にも手を出してクビになってしまっている。
好きなものは、ロックとペプシコーラとスケボー。

エメット・ラスロップ・ブラウン(演:クリストファー・ロイド)

ヒル・バレーでは有名な変人であり、発明家。
通称はドク。
マーティとは年の離れた親友で、短気なマーティを理詰めで諭すことがある。
2015年にタイムスリップした際に、マーティの息子に起こる危機を知り、マーティとジェニファーを連れて、マクフライ家の危機を救う。
2015年に行った際に、若返りの整形手術を受けており、皺を伸ばし、髪の毛を増やし、血液を入れ替えるなどして、寿命が30~40年ほど伸びた。
どんな時代でも対応できるように、あらゆる年代に流通している紙幣をデロリアンに入れている。
2015年についたときも、マーティにも時代に合った服を買うよう勧めている。
小説や西部劇が大好き。
過去の自分に現在の自分を気づかれてしまったら世界が爆発してしまうが、1955年に若かりし頃の自分に声をかけられており、若い時のドクが気が付かなかったため、世界が爆発することがなかった。

ジェニファー・ジェーン・パーカー(演:エリザベス・シュー)

マーティの恋人。
2015年ではマーティと結婚して、マーティ・ジュニアとマーリーンの母親となっている。
息子の危機を救うために、ドクに理由もわからず2015年に連れてこられるも、ドクの発明品である催眠装置で眠らされてしまう。
寝ているところを警察官に発見され、2015年の自宅に連れてこられるが、未来の自分と遭遇し、気絶してしまう。
このように、物語の大半は眠っているシーンばかりである。
というのは、脚本家であるボブ・ゲイルがジェニファーの存在が邪魔だと思っていたため。
「最初は続編制作の予定はなかったため、事前に続編が決まっていたらジェニファーは未来に行っても特にやることがなかったからデロリアンに乗せなかった。考えたけどどうしようもなかったからほぼ全編気を失っている。」とコメントをしている。

マーティ・マクフライ・Jr.(演:マイケル・J・フォックス)

マーティとジェニファーの息子。
グリフにそそのかされ、窃盗事件を起こし、逮捕される。
この事件がきっかけとなりマクフライ家は崩壊する運命となっていたが、その未来を変えるために、ドクとマーティとジェニファーが過去からかけつける。
父親の若い頃とうり二つであるが、性格は正反対で気弱で弱虫。
父親と目の色が異なっており、息子の目の色は茶色である。

ビフ・ハワード・タネン(演:トーマス・F・ウィルソン)

2015年では老人となったビフが、スポーツ年鑑を手に入れたことで、1985年を変えてしまう。
デロリアンがタイムマシンであると気が付いた唯一の人物。
スポーツ年鑑がきっかけで変わってしまった1985年ではヒル・バレーを牛耳っており、マーティの義理の父親になっている。
しかし、歴史を変えたことにより、1985年でロレインに殺されてしまった過去が誕生してしまった。
そのことにより、2015年に戻った際タイムパラドックスが起こり、一度消滅しかけたこともある。
ずる賢いが頭が悪く、1955年のビフは、言葉の使い方を間違える事が多い。
1985年を牛耳っているビフのモデルは、ドナルド・トランプと言われている。

グリフ・タネン(演:トーマス・F・ウィルソン)

ビフにそっくりなビフの孫。
性格もビフに似ているが、ビフ以上に頭が悪く、手加減も知らない。
ドクが脳に移植した回路がショートしていると言うほど。
マーティの息子に窃盗をそそのかした本人であるが、変化した未来では、マーティの息子の代わりに、裁判所に突っ込み、器物破損の罪で捕まることとなる。
偉そうで威張り散らし、子分をいつも引き連れている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2』の小ネタ・伏線・パロディまとめ

Part2を作る予定はなかった

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の最後に出たテロップ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

目次 - Contents