宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。
H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。
主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

『宇宙戦争』の概要

『宇宙戦争』とは、H・G・ウェルズが1898年に発表したSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督の作品。
妻に離婚され、子供達からは軽んじられるダメ親父が主人公で、巨大なマシンを操り地球を侵略する宇宙人に対して、必死の抵抗を試みる人々を描くアメリカ合衆国のSFパニック映画である。
H・G・ウェルズの『宇宙戦争』は1938年にラジオドラマ、1953年にバイロン・ハスキンが監督をして映画化もしている。
そして2005年6月29日に『E.T.』など人類と宇宙人の友好的な交流を扱った作品を手掛けてきたスティーブン・スピルバーグ監督によって再度映画化され、2000年代の代表作のひとつとされている。
作中には墜落したジャンボ旅客機、掲示板に貼られた無数の人探しの張り紙などが登場するが、これらは2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件で受けたアメリカに住む人々の衝撃・思いを反映させるため、あえて描いたものである。
原作では火星人の侵略という展開だが、現代の科学では火星についても多少は解明されているので、スピルバーグ監督の作品では謎の宇宙人という展開に変更されている。
主演はトム・クルーズで、スピルバーグ監督とは2002年の映画『マイノリティ・リポート』以来のタッグとなる。また、トム・クルーズは映画・テレビドラマ・ホームビデオなどの優秀なサイエンスフィクション・ファンタジー・ホラー作品に送られるサターン賞で「主演男優賞」を、子役のダコタ・ファニングは「若手俳優賞」を受賞している。他にもサターン賞では「SF映画賞」「監督賞」「脚本賞」「音楽賞」「特殊技術賞」にノミネートされ 、アカデミー賞では「視覚効果賞」「音響賞(編集)」「音響賞(調整)」の3部門にノミネートされている。

『宇宙戦争』のあらすじ・ストーリー

子供たちとの再会

ロビー(画面奥)とレイチェル(画面手前)を預かったレイ(画面右の男性)は、妻と離婚する前に使っていた子供部屋をそのまま子供たちに使わせる。元妻のメリー(画面右の女性)はレイに「思春期を迎えているロビーにはいかがなものか」と注意する。

主人公レイ・フェリエは貨物港でクレーンのオペレーターとして勤めている。メリー・アン・フェリエと結婚して2人の子供を授かったが、レイが家庭を顧みない性格だったため離婚し、子供たちはメリーに引き取られ、レイはニュージャージー州のベイヨンで一人暮らしをしていた。

ある日、元妻であるメリーがボストンの実家を訪ねる間、妻が引き取った子供たち、長男のロビーと妹のレイチェルを預かったのだが、レイはいまだに彼らと良好な関係を築けずにいた。2人が昔過ごしていた子供部屋は残っているものの、昔のまま2人で1つの部屋を共有している状態だった。その状況にメリーは「思春期を迎えているロビーにはいかがなものか」とレイに注意する。

出発する彼女を見送った後、レイはテレビを見ていたロビーをキャッチボールに誘いコミュニケーションを取ろうとするが途中でムキになり、ボールを全力で投げロビーに呆れられてしまい、失敗に終わる。レイチェルに適当に出前を取るよう言ってレイは夜勤があるため自室のベッドで一眠りする。

外から来た侵略者

地中から出てきた巨大な三脚歩行機械「トライポッド」と、その様子を伺う人々。

その後起き出したレイはレイチェルが取った出前を食べつつ、ロビーがレイの車で勝手に出かけたことを聞かされる。外に出てみると車はなく、ロビーが許可なく車を使用したことに唖然としていたレイだったが、町のみんなが空を見上げていたため、嵐がきていることに気づく。家の裏に回って様子を確認しに行くが、嵐の中心に向かって吸い込まれるように風が吹いていることに違和感を感じていた。風が止んだその直後、稲光がして奇妙な雷が町の特定の箇所に数十回も落ちる光景に異変を感じる。すぐに稲妻が止んだが、家の中にあるすべての電子機器、腕時計までもが機能しなくなっていた。

レイが家の外へ出てみると町中の車のコイルが焼けていたため動かなくなってしまっていた。勝手にレイの車で出かけていたロビーが車が動かなくなってしまったため戻ってくる。そしてレイはロビーにレイチェルの側にいるよう指示する。

町が不気味な雲に覆われる下、レイが多くの野次馬たちとともに落雷した場所の様子を見にいくと、雷が落ちた箇所には穴が空いており、その周辺の破片は熱くなく、氷のように冷たくなっていた。その後建物が倒壊するほどの地割れが起き、道路が陥没。そして地響きと共に陥没した地中から巨大な三脚歩行機械が出現した。この三脚歩行機械は光線兵器で次々に人々を殺害し、町を破壊してゆく。

侵略者による破壊

三脚歩行機械「トライポッド」の攻撃により壊滅した街の様子。

なんとか逃げ延びたレイは、家へ戻りロビーとレイチェルのもとへ帰ってきた。街から逃げ出すため急いで荷造りをし、焼けたコイルを交換して盗んだ車でレイチェルとロビーと共に町を出た。一旦はロビーとレイチェルがメリーとその再婚相手と暮らしている家へ行くが、家には誰もおらず、レイたちはその家の地下で一夜を過ごす。
深夜、三脚歩行機械に攻撃された旅客機が泊まっていた家の近くに墜落し、翌朝には大破した飛行機の残骸のみ残っていた。レイは飛行機の食料を漁りにきた軍隊を取材していたテレビ局の取材班達に、侵略者が操縦している三脚歩行機械は「トライポッド」と軍が呼んでおり、トライポッドを操縦している侵略者たちは雷と共にやってきたことを知らされる。取材班たちの情報によると、三脚歩行機械は世界各地で出現しており、地球への侵略を開始していた。人類は軍隊を動員して抵抗するもなすすべなく撃破されていき、逃げ場はなくなっている。レイたちはメリーがいるであろうボストンへ向かうため車を走らせていたが、途中でレイたちが運転している車に無理矢理乗り込もうとする群衆により車を奪われてしまう。
レイたちはハドソン川を渡るフェリー船に乗ることができたが、船は水中から襲って来たトライポッドに転覆させられてしまう。トライポッドは川に落ちた人たちを捕獲しトライポッドについている箱へと入れていく。なんとか対岸に泳ぎ着いた三人は、トライポッドがいまや人間を殺すだけではなく、捕獲していることを知る。

レイチェルを守るために

トライポッドの攻撃から逃げて、オグルビーの隠れていた空き家に逃げ込んだレイとレイチェル。

軍隊がトライポッドに対抗するが、シールドを張られてしまい手も足も出ない。 ロビーは軍隊と一緒に戦おうとするが、トライポッドの放った攻撃により軍隊が壊滅状態になり、ロビーも行方不明となってしまう。
レイとレイチェルは空き家の地下室に逃げ込み、先に避難していた救急車の運転士ハーラン・オグルビーと一緒になる。オグルビーは侵略者達に家族を殺されており、復讐する機会を伺っていた。だがレイはレイチェルを守るため、侵略者へ攻撃を仕掛けるより逃げて隠れることを優先していた。そんなレイに対してオグルビーが「腰抜け」と挑発している時、トライポッドから偵察用の触手が伸びてきた。見つからないように回避し難を逃れた三人は、その後にトライポッドから降りて地下室内の様子をうかがう3本足の侵略者たちの姿を目撃する。そして、侵略者が持ち込んだ赤い植物が、地表に広がり始めた。屋外の様子をうかがったレイは、トライポッドが捕らえた人間の血液を吸い取り、赤い植物の肥料として散布する光景を目撃する。外に出られない状況下でオグルビーは次第に錯乱し、人間が吸血されている光景を見て大声を出し始める。我が子の身の危険を感じたレイは、レイチェルに目隠しをして耳を塞がせた後、やむを得ず彼を殺害する。

その後疲労のため眠り込んでいた二人は侵略者たちに見つかってしまい、レイチェルはトライポッドに捕らえられてしまう。レイは捕らえられたレイチェルを助けるため、軍の車両からいくつかの手榴弾を入手してレイチェルを捕えたトライポッドに向かって1つ投げつけ、自らトライポッドに捕まった。トライポッドには籠がついており、その中には何人もの人たちが捕まっていた。その中にはレイチェルもいた。レイはレイチェルを抱きしめた直後、トライポッド内部から触手が伸びてきて、血液を吸い取るためにレイを捕まえ、トライポッド内へ引っ張り込もうとしたが、籠内にいた他の人たちに引っ張り戻された。レイは入手した手榴弾をトライポッド内に残して爆発させ、トライポッドを撃破することに成功する。それまでレイチェルにとって父親は軽蔑の対象でしかなかったが、勇敢な行動を目の当たりにしたレイチェルは父親への認識を改める。

家族との再会

レイ(画面中央)とロビー(画面右)がメリーの両親の実家で再会できたシーン

やがて活動を停止するトライポッドが発生し始めた。ボストンにたどり着いたレイとレイチェルは、赤い植物が枯れ、まだ動いているトライポッドがシールドを張れなくなっていることに気付く。そのことを指摘された軍隊が対戦車ロケットや無反動砲で攻撃を仕掛けると、直撃を受けたトライポッドは簡単に撃破されていく。転倒したトライポッドの搭乗口の扉が開くと、無傷だが弱り切った宇宙人が出てきて、人々の目の前で息絶えた。彼らは地球に一般に存在するバクテリアに対する耐性がなく、感染して死に至ったのであった。

そしてレイとレイチェルは、メリーの両親の実家に向かって歩いていき、メリーと彼女の再婚相手、彼女の両親の元へと辿り着いた。そして生還していたロビーとの再会を果たし、レイとロビーは抱き合いお互いの無事を喜んだ。

『宇宙戦争』の登場人物・キャラクター

レイ・フェリエ(演:トム・クルーズ)

吹き替え:森川智之

レイ・フェリエは、ニューヨークの港湾でクレーン・オペレーターの仕事をしている。元妻であるメリー・アンとの間にロビーとレイチェルの2人の子どもがいるが、子ども達との関係は良くない。侵略者から逃れるため、元妻の実家であるボストンに向かう。しかし、道中で侵略者たちを倒したい息子のロビーが軍について行きたいと聞かないため別行動を取り、レイチェルがトライポッドに捕まってしまう。捕まったレイチェルを助けるため、捨身の作戦によりトライポッドを撃破、レイチェルを助けることができた。侵略者から子ども達を守るために父親として奮闘する。

レイチェル・フェリエ(演:ダコタ・ファニング)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。 イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

ミッション:インポッシブル(M:I)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

アウトロー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アウトロー』とは、2012年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画で、リー・チャイルドが発表した小説『アウトロー』を原作としている。5人の命が亡くなる射殺事件の容疑をかけられたジェームズの要請を受けたジャック・リーチャーは、弁護士の依頼を受けて不可解な射殺事件の捜査を開始することにする。監督はクリストファー・マッカリーが努め、主人公のジャック・リーチャーをトム・クルーズが演じ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、ロバート・デュヴァルらが共演した。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(M:I-2)のネタバレ解説・考察まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

目次 - Contents