トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。
主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

あらすじ・ストーリー

金属生命体が生息する星、惑星サイバトロンには二つの勢力が「オールスパーク(金属に生命を宿らせる物体)」を巡って激しい戦いを繰り広げていた。
一つは、自由を尊重する「オートボット」。そしてもう一つは圧制を信条とする「ディセプティコン」。その両軍の長きに亘る戦争で惑星サイバトロンは荒廃し、オールスパークも宇宙へと消えたため惑星サイバトロンから二大勢力は姿を消していた。

ディセプティコンのボスの「メガトロン」は地球にオールスパークがあることを探し当て、地球に訪れるも重力に引かれ、北極海に落ちて凍結してしまった。
1897年、探検家のアーチボルト・ウィトウィッキーは北極圏を調査中に氷付けのメガトロンを発見し、突如メガトロンから放たれた謎の光で息を引き取る。同時にアーチボルトが着用していた眼鏡にオールスパークの在り処が記された地図が刻まれた。

そして現代では、中東カタール基地に数ヶ月前に撃墜されたはずの軍用ヘリコプターが接近。
基地に着陸したヘリは変形を始め、巨大な人型のロボットになり基地を崩壊させる。
そのロボットはディセプティコン兵のブラックアウトであり瞬く間にカタール基地は制圧されてしまう。さらにブラックアウトは国家機密のデータを盗むためにハッキングを開始する。
その頃アメリカ国防省には襲撃の知らせが入っており、急いで対処に回るも既にエアフォースワン(アメリカ合衆国大統領が搭乗している機体)にもディセプティコンが侵入しており、機密データをハッキングされてしまっていた。

崩壊したカタール基地の生き残りであるウィリアム・レノックスとその他の兵士達は、突然仕掛けてきた謎の来訪者の情報を伝えるためディセプティコンの追跡から逃れながら自国への帰還を目指した。

一方その頃、ロサンゼルスではサム・ウィトウィッキーという青年が車を購入するためにネットオークションに祖父の遺品を出品。その中の眼鏡が、重要なものだと知らずに。
結局手に入れたのはオンボロの中古カマロだったが、サム自身が好意を寄せる女性のミカエラ・ベインズと距離を縮めることに成功した。

しばるくして、真夜中に勝手に動き出した愛車を目にしたサムは急いで後を追いかける。
するとカマロがロボットに変形しているところを目撃する。
そして次の日、サムとミカエラはパトカーから変形するディセプティコンに襲われる。
逃走する2人を救ったのは、カマロに変形していたオートボットのバンブルビーだった。

ディセプティコン兵を退けたバンブルビーは夜空にメッセージを送ると、オプティマス・プライム率いるオートボット部隊がサム達の下へ集結する。
オプティマスはサムに自分たちが何者なのか明かし、オールスパークの在り処が刻まれた眼鏡が必要であることを告げる。

サムは自分の家にむかい、眼鏡を探し出してオプティマス達に渡そうとするが、いきなり現れたセクター7(トランスフォーマーを調査する秘密組織)に捕らえられてしまう。
バンブルビーも助けに入るが、サムともども拘束されてしまう。
人間に危害を加えずにサム達を救出するのは不可能と判断したオプティマス達は、仕方なく身を潜めるしかなかった。

サム達はフーバーダム(アメリカ合衆国を代表するダム)に連行され、同時にカタール基地の生き残りのレノックス達もここに帰還していた。
そこでサム達は、現代技術の発達のために利用されている冷凍保存されたメガトロンと巨大なオールスパークを発見する。

サムは事情を説明してバンブルビーを開放してもらい、バンブルビーに凝縮化してもらったオールスパークも手に入れる。

だが、ディセプティコン兵のスタースクリームの働きでメガトロンが復活してしまう。
襲撃を受けたフーバーダムは危険な状態になり、レノックスの提案でサムたちは街までオールスパークを移動させる。
途中でオプティマス達とも合流するが、サム達の動向を耳にしたディセプティコン達も既に街へ移動を始めていた。

街へ集結したトランスフォーマー達は、オールスパーク争奪をかけた戦いを開始した。
状況はオートボット側が劣勢で、さらに姿を現したメガトロンによりオートボットの一人のジャズが破壊されてしまう。
しかし人間たちの決死の行動とオートボット達の奮闘により徐々に形成が変わり、サムを守るためにディセプティコンの一人を相手取っていたオプティマスも街へ到着する。

そして、オプティマスはメガトロンとの決戦に臨む。
メガトロンに圧倒されるオプティマスだが、米軍の戦闘機の援護攻撃でメガトロンは体制を崩し形勢逆転。
サムはメガトロンの胴体にオールスパークを突き付け、その膨大な力を秘めるオールスパークに耐え切れずメガトロンは死亡する。

戦いは終わり、オールスパークは消滅したためにかつての惑星サイバトロンを取り戻すことはできなくなってしまったが、オプティマスは地球を第二の故郷としてここ住むことにした。
そして宇宙に旅立った仲間たちにメッセージを送り、物語の幕をとじた。

登場人物・キャラクター

サミュエル・ジェームズ・ウィトウィッキー(演:シャイア・ラブーフ/吹き替え:小松史法)

通称「サム」。
おっちょこちょいで忙しない、今作の主人公。
二枚目ではないが、相手が誰であろうと臆しない勇気をもつ。
車購入のためにネットオークションに祖父の眼鏡を出品したことから、戦いに巻き込まれる。
ebay(アメリカ合衆国にある会社が経営するインターネットオークション)のユーザーネームはプレイボーイ217。
アメフト部に入部経験あり。

ミカエラ・ベインズ(演:ミーガン・フォックス/吹き替え:東條加那子)

サムの憧れの女性。
サムに比べて冷静で行動力がある。
父は車泥棒で、見よう見まねで父の技術を受け継いだ。実は逮捕歴あり。
戦いの中で、サムと距離を縮めていく。

ウィリアム・レノックス(演:ジョシュ・デュアメル/吹き替え:矢崎文也)

序盤でおきたカタール襲撃の件での数少ない生き残り。
アメリカ陸軍所属で、階級は大尉。
相手がディセプティコンでも果敢に立ち向かう勇敢な戦士。
娘がおり、娘とのテレビ電話で頬を緩めるなど愛情深い一面を持つ。

シーモア・シモンズ (演:ジョン・タトゥーロ/吹き替え:チョー)

セクター7所属の捜査官。
組織に忠実で頑固だが、何故か憎めない性格。
スーパーマンの胸の「S」をパロディにしたシャツを着用している。
作中ではバンブルビーにオイルをかけられたり、ミカエラに服を奪われたりなどコメディ・リリーフを担当する。

登場するトランスフォーマー

オプティマス・プライム(声:ピーター・カレン / 吹き替え:玄田哲章)

バンブルビーのメッセージを受け、地球にやってきたオートボット総司令官。
冷静沈着で思慮深く、率先して行動する頼れるリーダー。
戦闘力はすこぶる高く、エナジーブレードなどを武器としている。
イメージモデルは俳優のリーアム・ニーソン。
地球でスキャンした車はファイヤーパターン入りのピータービルト・379トレーラートラック。

バンブルビー(声:マーク・ライアン / 吹き替え:加藤亮夫)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(Transformers: Dark of the Moon)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(Transformers: Dark of the Moon)は2011年に公開された映画「トランスフォーマー」シリーズの三作目。監督はマイケル・ベイ。 人類が新たな進歩を迎えている中でトランスフォーマー達は争いを続けていた。 だが劣勢のオートボットは総司令官を乗せた船を惑星から最後の希望として脱出させる。 その中に裏切り者がいると知らずに。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(Transformers: Revenge of the Fallen)のネタバレ解説まとめ

「トランスフォーマー/リベンジ」とは前作の映画「トランスフォーマー」の続編にあたる作品である。 2009年に公開された。監督はマイケル・ベイ。 ディセプティコンの脅威が去った地球では、オートボットと米軍によるディセプティコンの残党狩りが行われていた。だが一体のディセプティコン兵が「ザ・フォールン」復活の予言を口にした。地球は再び危機に陥ろうとしていた。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。 彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。 監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

目次 - Contents