トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

『トランスフォーマー』の概要

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックスシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。
マイケル・ベイ監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、ドリームワークスが制作した本作は、約180億円(ドルに換算すると1億5000万ドル)の制作費がかかった。

アメリカでの初日の興行収入は30億円以上、公開から2週間で240億円以上を記録した大ヒット作品である。配給はパラマウント映画。

宇宙のどこかにある惑星サイバトロン、そこでは機械や金属に生命を吹き込む物質「オールスパーク」によって誕生した、金属生命体「トランスフォーマー」たちが住んでいた。
しかし「メガトロン」というトランスフォーマーによる反乱が起き、平和だった惑星サイバトロンは、メガトロン率いる悪の軍団「ディセプティコン」とオプティマス・プライム率いる正義の軍団「オートボット」が争う戦場と化した。

その戦いによってオールスパークは、どこかへ消え去ってしまう。
その使い道について争っていた両者は必死に探し回った結果、地球にオールスパークがあることを知った。

オールスパークがある場所を示す鍵を握っているのは、地球にいるサムという1人の人間だった。平凡な男子高校生が、トランスフォーマー同士の戦いに巻き込まれていく。

これは、トランスフォーマー同士の戦いだけでなく、その戦いの中で築かれた、人間とトランスフォーマーの友情も描かれている。
それを証明するように、日本版のキャッチコピーは、「彼らの戦争、選ばれたのは地球」「未知なる侵略はトランスフォーム(変形)から始まる」「地球の危機を救ったのは、少年の勇気と、変形する愛車だった」だ。

『トランスフォーマー』のあらすじ・ストーリー

あらすじ【起】

父親・ロンと共に、中古車売り場にあったバンブルビーを買いに来たサム

機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって、金属生命体「トランスフォーマー」が誕生した。
トランスフォーマーたちは、平和と秩序が保たれた惑星サイバトロンに住んでいた。

やがて、オールスパークを悪用して他の惑星の機械を操り支配しようと企むメガトロン率いる「ディセプティコン」の反乱により、星全体に被害が広がり、オールスパークは宇宙のどこかへ消えてしまった。
そのオールスパークを取り戻し、荒廃した惑星サイバトロンを復興させたいオプティマス・プライム率いる「オートボット」は、ディセプティコンと激しい戦いを繰り広げていく。

どちらが先にオールスパークを手に入れるのか、その勝負にまで発展した両者の戦いは、ついに地球に舞台を移した。
そう、オールスパークが地球で発見されたからだ。先に発見したのは、ディセプティコンの方だった。

ディセプティコンの兵士「ブラックアウト」は、軍用ヘリコプター「シコルスキー・MH-53 ペイブロウ」に変形し、中東・カタールにあるアメリカ空軍基地へ飛来する。
ロボットモードへ姿を戻し、ブラックアウトは自身に搭載されたプラズマキャノンを発射し、基地を破壊していく。

ブラックアウトは基地を破壊しながら、軍が保有する国家機密データにハッキングしようとするが、それに気づいた米軍兵士がシステムを強制的に停止させたため、失敗する。
その翌日、アメリカ・ロサンゼルスにある高校では、男子高校生の「サム・ウィトウィッキー」が、自身の祖先である冒険家「アーチボルト・ウィトウィッキー」の遺品を他の生徒たちに売ろうとしていた。

アーチボルトは、北極圏に最初に到達した偉大な冒険家だ。
だからこそサムは、車を買うお金を集めるために高く売ろうとしたのだが、彼がそれをやったのはただの研究発表会の場だった。

だが、いじめっ子の同級生「トレント・デマーコ」にからかわれたせいで、サムが売り出すアーチボルトの遺品は1つも売れなかった。
もちろんサムの評価も「B-」になってしまったが、サムは必死に先生を説得した結果、最終的には「A」をもぎ取った。

サムが遺品を売って金を集めようとしたのも、成績を「A」評価にしたかったのも、全て父親・ロンがサムに出した車の購入する際の条件だったからだ。
サムは早速、放課後学校まで迎えに来たロンと一緒に、自分の車を買いに行くことにした。

「ボビー・ボリビア」という黒人男性が営む中古車売り場へやって来たサムは、その中で錆びついた黄色のシボレー・カマロを気に入る。
だが、ボビーが親子の予算4000ドルを超える5000ドルで売ろうとしたため、サムは諦めて別の車にしようとする。

その瞬間、まるでサムに買って欲しいかのように、シボレー・カマロは他の車全ての窓ガラスを割るほどの衝撃波を出し、ボビーにも嫌がらせをする。
これに根負けしたボビーは、サムに予算内の4000ドルでシボレー・カマロを売ることに決めた。

アメリカ国防総省に集められたハッカーのマギーたち

一方、アメリカ・ワシントンDCにあるアメリカ国防総省では、ジョン・ケラー国防長官が、信号分析に優れた民間人のハッカーを大勢集めていた。
ケラー国防長官は集まったハッカーたちへ、カタールの基地を襲撃した犯人を捜してほしいと依頼する。その犯人につながる手掛かりは、ハッキングされた時に発せられた信号のみだった。

ケラー国防長官は、一歩間違えばカタールとアメリカが戦うことになってしまう危機的状況にあるため、大統領命令で動いている米軍に犯人の情報を教えてやって欲しいと頼む。
ハッカーたちはそれぞれ少数の人数でチームを組み、早速仕事に取り掛かっていった。

その頃、サムは憧れの同級生「ミカエラ・ベインズ」が参加するパーティーに出席しようとしていた。だが、ミカエラの恋人であるトレントに追い返されてしまい、サムは友人と共に帰ることにした。
しかし、その直後ミカエラはトレントと揉め、1人でその場を立ち去ろうとする。

サムはこれをチャンスだと思い、ミカエラを助手席に誘い、シボレー・カマロを運転して彼女の家まで送り届ける。
その道中でゆっくり話せた2人は、クラスメイトから気になる友人へと距離を縮めた。

アメリカ国防総省国家軍事指揮センターで信号を分析していたハッカー「マギー・アドセン」は、同時刻に「大統領専用機(エアフォースワン)」に侵入した諜報活動専門の小型ディセプティコン「フレンジー」が、再び国防総省のデータにハッキングした信号と犯人の信号が一致することに気づく。
マギーからこの報告を受けたケラー国防長官は、すぐさま全ての回線を切断するよう部下に命じ、エアフォースワンにいる護衛の兵士たちにもその旨を伝える。

エアフォースワンから脱出し、仲間にメッセージを送るフレンジー

すばしっこい動きと、胴体から射出する手裏剣型カッターを駆使して戦うフレンジーは、自分を排除しようとする兵士たちを退け、空港へ着いた瞬間にエアフォースワンから脱出する。
そしてフレンジーは、近くに停まっていたパトカーに乗り込み、ディセプティコンたちに「トランスフォーマーの文字を見た”アイスマン”こと、アーチボルト・ウィトウィッキーの眼鏡にオールスパークの所在が刻印されている。その眼鏡を持つハンドルネーム”プレイボーイ217”を探せ」とメッセージを送る。

あらすじ【承】

カタールにある砂漠地帯で、レノックスたちに襲い掛かるスコルポノック

ディセプティコンに狙われているとは知らない「プレイボーイ217」ことサムは、夜中に突如ガレージから出ていったシボレー・カマロを追いかける。
すると、工場地帯へ入っていったシボレー・カマロはロボットモードへ変形し、空へ車の中にあったオートボットのエンブレムを投影していた。

そう、シボレー・カマロの正体は、オートボットの斥候「バンブルビー」だ。
バンブルビーの姿を見たサムは、その後駆けつけた警察官にその事を説明するが、当然信じて貰えはしなかった。

同じ頃、アメリカ国防総省軍事指揮センターにいたマギーは、ケラー国防長官と話をする大統領に、「DNAを持つ、生きたコンピューターの仕業だ」と訴えたが、誰も信じてくれなかった。
一方、カタールの基地襲撃事件の生存者である「ウィリアム・レノックス陸軍大尉」率いる部隊は、迷い込んだ砂漠地帯でサソリ型ディセプティコン「スコルポノック」に遭遇し、襲われていた。

スコルポノックは、基地襲撃の際にブラックアウトの姿を目撃した兵士を口封じのために殺すべく、彼に命令されてレノックスたちに襲い掛かる。
ブラックアウトの姿を目撃したのは、レノックスの部下で同じ部隊のアメリカ空軍技術軍曹「ロバート・エップス」だ。

レノックスたちはスコルポノックと戦いながら、民家を見つけ、そこにあった携帯電話で国防総省へ連絡を取り、救援を要請する。
これに応じた国防総省は、レノックスたちの元へ空軍の戦闘機「F-22」を送り込む。

レノックスたちの銃から発せられるレーザーポインターにより、スコルポノックの居場所を特定した「F-22」は、スコルポノックに爆撃を食らわせる。
爆撃によって生じた煙に隠れたスコルポノックは、爆撃で切り取られた尻尾を地上に残したまま、砂の中へ潜って逃げる。

スコルポノックの姿がないことで、奴を倒したと思ったレノックスたちは、その後無事にヘリに救助された。
マギーは2度目のハッキング時に出た信号をUSBメモリにコピーし、友人のハッカー「グレン・ホイットマン」にその信号の分析を依頼する。

グレンによって、信号に「アイスマン」「セクター7」というメッセージが隠されていたことが判明した。
だがその直後、データを持ち出してきたことがバレて、マギーとグレンは駆けつけたFBIに取り押さえられ、国防総省へ連行されることになった。

シボレー・カマロがロボットに変形したのを見たサムは、自分に駆け寄ってくるシボレー・カマロに追われていると勘違いし、家から飛び出して逃げ回る。
だがそれは、本当にサムを狙って追いかけてくる、パトカーのサリーン・S281に変形したディセプティコン「バリケード」とフレンジーから、バンブルビーは彼を守ろうとしただけだった。

パトカーからロボットモードへ変形し、サムに尋問するバリケード

パトカーから本来の姿、ロボットモードへ変形したバリケードは、サムがアーチボルトの眼鏡を持つ「プレイボーイ217」かどうか問い詰める。
そして、サムが「プレイボーイ217」だと分かると、バリケードはサムがネットオークションに出品したアーチボルトの眼鏡の所在を聞く。

しかし、そこへサムを助けに駆けつけたバンブルビーが現れたことにより、バリケードはその事をサムから聞き出すことは出来なかった。
逃げるサムを目撃したミカエラは、サムと一緒にバンブルビーに乗り、追ってくるバリケードたちから逃げようと工場地帯へ向かう。

逃げ込んだ工場地帯で、ミカエラはサムと一緒に、シボレー・カマロからロボットモードへ変形するバンブルビーを目撃する。
バンブルビーは襲い掛かってきたバリケードと戦い、戦いの最中に離れたフレンジーはサムに襲い掛かるが、近くの工場から工具を持ち出して戻ってきたミカエラに体を破壊されてしまう。

サムたちは、バリケードを退けたバンブルビーが、ラジオを使って「自分は宇宙の彼方から来た」と言っても、驚きはしたが引くことはなかった。
そして、ミカエラに貶されたことで新型カマロをスキャンし、変形したバンブルビーに乗って、サムたちはその場を立ち去っていった。

あらすじ【転】

サムとオプティマス・プライムの初めての対面シーン

そしてサムたちは、バンブルビーが空に向けて送ったエンブレムを見て地球へ駆けつけた、オートボットの「オプティマス・プライム」「ラチェット」「ジャズ」「アイアンハイド」たちと会う。
サムはオプティマス・プライムから、「自分たちオートボットは、惑星サイバトロンから来た金属生命体”トランスフフォーマー”であり、反乱軍のディセプティコンより先にオールスパークを手に入れることが目的で地球へ来た」ことを告げられる。

そして、サムが持つアーチボルトの眼鏡には、先に地球へ飛来したが北極圏で凍ってしまっていたメガトロンを、アーチボルトが発見して起こした際にオールスパークの位置座標が刻印されてしまったことを知る。
もし、オールスパークがディセプティコンのリーダー「メガトロン」の手に渡ってしまえば、地球上にある機械をトランスフォーマーに変えられ、新たな軍団を作って全ての人間が抹殺されてしまう。

人間が助かるための鍵を握っているのは、その眼鏡の所有者であるサムただ一人しかいない。
その頃、レノックスたちはスコルポノックの尻尾を持ち帰って調べる。FBIに捕まったマギーたちは、ウィトウィッキーという人物とセクター7に関する情報を、ケラー国防長官に話をさせて欲しいと懇願していた。

早く眼鏡を見つけるよう急かすオプティマス・プライム(写真右)と、ロンたちに見つからないようにオートボットたちに隠れていて欲しいサム(写真左)

オプティマス・プライムに急かされ、家にある眼鏡を取りに帰宅したサムだったが、姿を隠そうとしないオートボットたちをロンたちに見せないように必死に誤魔化す。
そんなサムの気持ちも知らず、隠れようとしてビーグルモードに変形したり、庭中暴れまわるオートボットたち、サムは物音がするたびに窓から顔を出して彼らに注意する。

オプティマス・プライムたちと一緒に外で待っていたはずのミカエラも加わり、必死に部屋中探し回った結果、母親のジュディの助言によって眼鏡を見つけ出すことが出来た。
その間ラチェットが転んだり、転んだ衝撃で電柱が倒れて近隣住居が停電になったり、ロンたちが大事にしている庭や花壇を荒らしてしまったりと、オートボットたちは慣れない地球で大騒ぎを起こしたのだった。

そのたびにロンたちに誤魔化していたサムだったが、今度はトランスフォーマーの存在を調査する政府の特殊組織「セクター7」が家に押しかけてくる。
サムとミカエラはセクター7に連行された挙句、車を盗んで刑務所にいるミカエラの父親を人質に取ったセクター7捜査官「シーモア・シモンズ」に、「父親の刑を重たくされたくなければ、匿っているトランスフォーマーたちの事を話せ」と脅迫されてしまう。

そこへ眼鏡を持つサムを救おうと、オプティマス・プライムたちが駆けつけ、2人を無事救出する。
しかし、シモンズが呼んだ増援により、バンブルビーが拘束され、オプティマス・プライムの手から離れてしまったサムたちも再び捕まってしまった。

サムたちを捕まえたセクター7がその場を立ち去った後、オプティマス・プライムはサムが落としてしまった眼鏡を回収し、仲間と共に彼らの救出作戦を考える。
シモンズより先に国防総省へ到着したセクター7調査部「トム・バナチェック」はケラー国防長官に、数年前に消息を絶った火星の探査機が写した映像にあったトランスフォーマーと、カタールの基地襲撃事件時にエップスが撮ったブラックアウトが似た機体であることから、「これは宇宙からの侵略だ」と訴える。

ケラー国防長官はこの話を聞いて本当かどうか疑ったものの、またしても通信がウイルスによって遮断されたことから、この話を信じることにした。
そしてケラー国防長官は、アメリカ軍の全隊員に敵襲に備えろと命じる。

アーチボルトの眼鏡に刻印された、オールスパークの位置座標を見て、オールスパークの所在地を割り出そうとするオートボット

一方、オートボットはアーチボルトの眼鏡に刻印された、オールスパークの位置座標から場所を割り出し、人類と自分たちの為に近くにあるオールスパークを奪取しようとしていた。
その中でジャズは、セクター7に拘束されて連れ去らわれてしまったバンブルビーの身を案じていた。

ケラー国防長官は、セクター7やトランスフォーマーと戦った事があるレノックスたち、マギーたちハッカーとサムたちをフーバーダムの中に建設した施設「セクター7本部」へ連れて行く。
そこで、トムやシモンズたち「セクター7」が独自に調査しているメガトロンの存在を明かす。

サムはオプティマス・プライムに、「メガトロンがオールスパークの力を使って、地球上にある全ての機械をトランスフォーマーへ変え、全人類を抹殺しようとしている。さらには地球も支配しようとしている」と聞いたことを思い出し、それをケラー国防長官たちに伝える。
この話を聞いてセクター7は、独自に入手した巨大なキューブ「オールスパーク」をサムたち皆に見せた。

頭部だけになったフレンジーは、ミカエラの携帯電話に偽装してここへ着いてきており、この情報をディセプティコンたちに伝える。
すると、その情報を得たディセプティコン「ブラックアウト」「スタースクリーム」「ボーンクラッシャー」「バリケード」「ブロウル(デバステーター)」が、一気にサムたちがいるセクター7本部へ押し寄せてくる。

あらすじ【結】

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。 彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。 監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

Read Article

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MEGA MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。護送中のドミニク・トレットを救出し、共にブラジルに逃亡した元警察官のブライアン・オコナーとミア・トレットは、逃亡生活に終止符を打つ為、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案する。世界中から凄腕ドライバーの仲間たちを集め、裏社会に立ち向かう。警察と犯罪者たちが協力するかつてないストーリーだが、立場を超えた信頼関係と友情が感じられる映画となっている。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

Read Article

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

目次 - Contents