ターミナル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ターミナル』とはアメリカ合衆国で2004年6月に公開された、ロマンスおよびコメディー映画である。ある目的をもってアメリカ合衆国に入国するビクター・ナボルスキーだったが、母国でクーデターが起き国が消滅してしまう。無国籍状態となり入国ができなくなってしまった。それでも目的を達成するために、空港の乗り継ぎロビーでクーデターが終結することを待ち続ける。空港生活の中で国土安全保障省税関国境保護局との対立、キャビンアテンダントとの恋模様など様々なヒューマンドラマが描かれている作品である。

『ターミナル』の概要

『ターミナル』とはアメリカ合衆国で制作され2004年6月に公開された、ロマンスおよびコメディー映画である。全米での興行収入は7787万ドルだった。また2004年12月に日本で公開され、日本での興行収入は41.5億円となった。監督はスティーヴン・スピルバーグで『E.T.』なども担当した監督だ。そして主演はトム・ハンクスである。本作品前にもスティーヴン・スピルバーグ監督と2度コンビを組んだことがあり、信頼し合っている間柄だ。これまでにコンビを組んだ作品と違ったジャンルの、笑って泣けるヒューマンドラマとなっている。

ビクター・ナボルスキーはある目的を達成するため、アメリカ合衆国に入国手続きを進めていた。しかし、母国クラコウジアでクーデターが発生しクラコウジアは消滅状態にあるということだった。そのためパスポートは無効状態となりアメリカ合衆国へ入国できなくなってしまったのである。
空港の乗り継ぎロビーでクーデターの終結を待つしかなくなったビクターだったが、試行錯誤しながらも何とかお金を稼いで生活をしていく。そんな空港生活が国土安全保障省税関国境保護局のフランク・ディクソンという男の局長への昇進の妨げになってしまう。フランクはビクターに不正入国を行わせて空港から追い出そうと唆すも、ビクターはその罠を見破り、クーデターの終結を辛抱強く待ち続けることを誓う。話すことの出来なかった英語の勉強や建設現場での仕事に懸命に取り組みながら、少しずつ仲間を増やしていく。
そしてフランクの昇進をかけた大事な査察の日に事件が発生する。ロシア人のミロドラゴビッチが許可証のない薬品を所持していたため、空港警察が没収したところ暴れ始めてしまう。言葉の通じないため対応に困り果てたフランクはビクターに助けを求める。ビクターは機転を利かせ、その問題を解決し空港中の職員からの信頼を得ることになる。
また、ビクターは恋にも落ちていく。相手は客室乗務員のアメリア・ウォーレン、不倫をやめることのできないアメリアをビクターが慰めて親しくなっていく。そしてアメリアに初めてニューヨークに来た目的を明かす。ビクターの父はジャズが好きでミュージシャン57人のサインを集めていた。しかし、最後の1人のサインだけ集めることができずに亡くなってしまう。その父の夢を叶えるため、ビクターはアメリカ合衆国へやってきたのであった。
そして空港で過ごすこと9か月、やっとクラコウジアのクーデターが終結した。アメリアがコネで緊急ビザを発行してくれたため、ようやくアメリカ合衆国への入国に1歩近づく。しかし最後にまたもやフランクが立ちはだかる。緊急ビザにはフランクのサインが必要だったのである。もちろんフランクはサインしてくれるはずもなかったが、空港職員皆を味方につけたビクターにはそんなことは関係なかった。空港職員皆のサポートもありニューヨークに入国し、目的達成のためジャズラウンジに向かい無事、父の夢である57人目のサインをもらうことができた。

どんな逆境にもポジティブに立ち向かい、目標のためには努力を惜しまないことをロマンス・コメディーのストーリーから感じることのできる映画となっている。

『ターミナル』のあらすじ・ストーリー

母国クラコウジアのクーデター

母国クラコウジアでクーデターが発生しニュース映像にて、初めてその事実を知ったビクター

ビクター・ナボルスキーはある目的のためアメリカ合衆国へ入国の手続きを行なっていた。しかし入国審査ゲートで要注意と判断され別室へ案内される。そこで知らされたのは、母国クラコウジアでクーデターが起き、現在クラコウジアは消滅状態にあるということだった。そのため自身の持っていたパスポートは無効状態となり、アメリカ合衆国へ入国できなくなってしまった。母国にも戻ることのできないビクターは空港の乗り継ぎロビーでクーデターの終結を待つしかない。そしてビクターは英語が分からなかったため、この事態を本当に理解できたのは空港で流れるテレビのニュース映像を見てからである。
ビクターには食事券とポケベルとテレホンカードが渡されたが、クーデター中のため電話も繋がらない状態であった。終いには食事券まで無くしてしまい、回送中の67番ゲートで一夜を過ごすことになった。こうしてビクターの空港暮らしが始まっていく。
そのあとも毎日アメリカ合衆国に入国を試みようとするビクターだったが、クーデターは終結しておらず無国籍状態のビクターはもちろん入国拒否される。監視の合間を掻い潜り入国することは容易だったが、真面目に辛抱強くクーデターの終結を待つのであった。

ビクターを追い出したいフランクの企み

局長への昇進のかかる査察日前、ビクター(画像右)の対応に悩むフランク(画像左)

国土安全保障省税関国境保護局のフランク・ディクソンは局長の昇進を目前に控えていた。現局長サルチャックから次回の査察をうまくクリアすれば、無事局長に推薦することを約束されている。そのため要注意人物として、無国籍状態のまま空港に存在するビクターを追い出したくて仕方がなかった。
フランクはビクターに空港の出入り口の空港警備員交代の時間を教え、交代中の5分間であれば誰も見張りがいないためアメリカ合衆国に入国できると嘘をつき、不法入国させ追い出そうと試みる。しかし、ビクターはここでフランクの企みに気づき不法入国はせずにクーデターの終結を待つことを誓うのであった。

空港での生活

改装中の67番ゲートにて英語の勉強をするビクター

待つとはいっても食事券を無くしてしまっているビクターは、満足な食事ができていない。そんなときカートの返却代として25セントのお金が稼げることを学ぶ。その後は空港中のカートを集めてお金を稼ぎ、お腹いっぱいにハンバーガーを食べなんとか生活を続けていく。そのような食べることに必死で厳しい状況の中も母国のことが気になり、英語の読めないビクターは空港で流れるニュース映像を翻訳できるように、稼いだお金で英語の勉強も始めていく。
しかし、そんな時間も長くは続かない。ビクターをいち早く追い出したいフランクはお金を稼ぐことができないよう、カート返却専門の職員を雇い空港から追い出そうとするのであった。

エンリケ・クルズとの出会い

エンリケ(画像右手前)に誘われポーカーに参加するビクター(画像右奥)

またもやフランクの企みにより食事に困ったビクターだったが、今度は空港の機内食配送をして働いているエンリケという男に取引を持ち掛けられる。機内食を提供する代わりに、エンリケが恋している入国審査官のドロレス・トーレスの情報を収集してくるように頼まれたのである。ドロレスとビクターは毎日の入国審査で顔を合わせている間柄である。ビクターのクーデターが終結するまで入国は不可能とは分かっていながらも、少しの可能性に賭けて諦めず通い続ける姿にドロレスは一目置いており仲も良かった。お腹が減っていたビクターはすぐに取引を受け入れ、ドロレスの情報を提供しつつ機内食を食べて何とか生活を続けていけるようになった。
また、エンリケからはグプタ・ラハンとジョー・マルロイと夜中に行っているポーカーに誘われ仲間もでき、息抜きをできる場所も見つけていく。

ビクターがヤギのビクター・ナボルスキーへ

ミロドラゴビッチ(画像拝んでいる人物)の通訳をするビクター(画像薬を持っている人物)

フランクの昇進をかけた大事な査察の日に事件が発生する。ロシア人のミロドラゴビッチが許可証のない薬品を所持していたため、空港警察が没収しようとしたところ言葉が通じず暴れ始めた。査察を無事終えなければならないフランクはビクターに通訳を依頼し、事態の収集ができればアメリカ合衆国の入国を認めると約束した。何としてでもアメリカ合衆国へ入国したいビクターはすぐにミロドラゴビッチと話し、その薬はミロドラゴビッチが父親の病気のために持ち出そうとした薬であることが分かった。しかし規定には逆らえないため薬は没収になってしまった。落胆するミロドラゴビッチを見てビクターは、自らがアメリカ合衆国に入国することがことができなくなることを承知の上で機転を利かせ嘘をつき、ヤギの薬だとフランクに伝えた。動物の薬であれば許可証が不要であることを知っていたからだ。この自分の利益を顧みず人の幸せのために行動する姿が空港中の噂になり、ミロドラゴビッチを救ったビクターは「ヤギのビクター・ナボルスキー」として多くの空港職員の信頼を勝ち取ることになる。
しかしヤギの薬だと嘘をついたことをフランクからは見抜かれてしまい、更に嫌われることとなってしまう。

ビクターとアメリアの恋模様

アメリア(画像左)に自らが作成した噴水をプレゼントするビクター(画像右)

ビクターはキャビンアテンダントのアメリアに恋をする。アメリアとは空港で転倒したアメリアを助けたことをキッカケに親しくなっていく。アメリアは不倫中の男に都合の良い扱いを受けている。そんな不倫関係から抜け出せないアメリアをビクターが慰めていく中で2人の距離は縮まっていく。
ビクターはアメリアに何か御馳走しようと、お金を稼ぐため空港内の売店に応募するも、住所も身分証もないので落ち続けてしまう。気晴らしに壁の塗装を勝手にやっていたところ、その塗装技術が空港を出入りする建設会社のボスに気に入られ、空港内の建設現場で働くことができるようになった。そこで稼いだお金でスーツを買いアメリアをディナーに誘う。そのディナーの席でアメリアは不倫相手から、ビクターは国土安全保障省から、連絡を待ち続けずっと縛られていたポケベルを捨て意気投合した。ビクターは愛を伝えるためアメリアにプレゼントを送る約束をするのである。
再会当日フランクがアメリアを呼び出し、ビクターが無国籍で空港滞在している人物だと悪評を流し2人の中を裂こうとしてくる。しかし、アメリアは「あなたにはビクターの良さは分からない」と言い放ち、ビクターに真実を確かめに向かう。そこでビクターはなぜアメリカ合衆国に入国したいのかをアメリアに明かし、父の夢を叶えるためだということがわかった。その思いとアメリアの大好きなナポレオンの物語にかけた噴水のプレゼントに感動し、ビクターに惹かれていく。最後にビクターは告白し2人は熱いキスを交わす。

ビクターのアメリカ合衆国へ来た目的

ディミタル・ナボルスキーがハンガリーの新聞で見た「A Great Day in Harlem」(ニューヨークのジャズミュージシャンたちの集合写真)

ビクターは父ディミタル・ナボルスキーの夢を叶えるためにアメリカ合衆国へ入国しようとしていた。父はジャズが好きで、ハンガリーの新聞で見た「A Great Day in Harlem」(ニューヨークのジャズミュージシャンたちの集合写真)の写真に写っていた57人のジャズミュージシャンにファンレターを送り、メンバー全員のサインを集めピーナッツの缶に保管していた。しかし、ベニー・ゴルソンというミュージシャンからは40年待っても返事が来ず、全員分のサインがそろう前に父は亡くなってしまった。ビクターは父に「必ずニューヨークへ行って、最後の1人のサインをこの缶に入れる」と約束した。

nao_13226
nao_13226
@nao_13226

Related Articles関連記事

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説・考察まとめ

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説・考察まとめ

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説・考察まとめ

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説・考察まとめ

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シカゴ』とは、監督ロブ・マーシャルメインキャストにレニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの3人を起用したミュージカル映画。 1920年代、ショービジネスと犯罪の町シカゴを舞台に、スターを夢見る主人公が、殺人を起こし刑務所に収容されながらもスターへの道を上る様子を描いている。 キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる」 近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒットしないと言われていたが、そのジンクスを覆した作品ともいわれている。

Read Article

スポットライト 世紀のスクープ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スポットライト 世紀のスクープ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スポットライト 世紀のスクープ』とは2015年に製作された伝記・犯罪・ドラマを扱ったアメリカ映画である。第88回アカデミー賞において作品賞を受賞するなど、様々な映画賞で受賞する非常に大きな評価をされた作品である。カトリック教会の神父による小児への性的虐待への真相を暴いた、新聞社『ボストン・グローブ』の特集記事『スポットライト』を担当しているメンバーが奔走する姿を描いた、実話に基づいている。監督はトム・マッカーシーが務め、『アベンジャーズ』シリーズのマーク・ラファロらが出演した。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。物語は1935年のある刑務所の死刑囚棟が舞台で、主人公は看守主任のポール。そこに死刑囚として送られてきた不思議な力を持つ大男の黒人ジョンと、他の看守や死刑囚、ネズミのMr.ジングルスたちとの交流を描いたファンタジーヒューマンドラマである。

Read Article

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』とは2011年のアメリカのドラマ映画。監督はスティーブン・ダルドリー。原作はジョナサン・サフラン・フォアの同名小説。9.11のアメリカ同時多発テロで父親を失ったアスペルガー症候群の傾向を持つ10歳の少年オスカーの葛藤と成長を描いたストーリー。オスカーと母が家族の理不尽な死と向き合い、愛情によって親子関係を修復し、絆を強めていく。映画評論家の反応は賛否両論であり、アメリカの有名な賞にノミネートこそしたが、ほとんど受賞を逃した。

Read Article

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説・考察まとめ

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラダを着た悪魔』とは、2006年の公開から時間が経ってもなお人気を得ているアメリカ映画である。名門大学を卒業後、アンドレア・サックスはジャーナリストになることを夢見て田舎町からニューヨークへと移ったが、何故か超人気ファッション誌『ランウェイ』の悪魔のような編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント職に配属されてしまう。ファッションとは無縁だったアンドレアであったが、本来の彼女の夢をかなえるためにミランダの無謀な要求を乗り越え、ファッション業界とアシスタントの仕事の魅力に気付き始める。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』とは1981年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・アドベンチャー映画。主演はハリソン・フォード、監督にはスティーブン・スピルバーグ、原案と制作総指揮にジョージ・ルーカスが務めた。超常的パワーを秘めた聖櫃(アーク)を巡り、冒険家インディ・ジョーンズはナチス・ドイツを相手に争奪戦を繰り広げる。

Read Article

ウエスト・サイド・ストーリー (映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ウエスト・サイド・ストーリー (映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウエスト・サイト・ストーリー』とは、1957年に上演されたミュージカル作品をスティーブン・スピルバーグ監督が現代版にアレンジした映画だ。物語の流れや人物の基本的な設定は変えず、現代の人々に合わせて内容に絶妙に手を加えることで若い世代にも響く作品に生まれ変わった。スピルバーグ監督の手腕が大いに発揮されている。 劇中の音楽も原作のものを元に、グスターボ・ドゥダメルにより色彩の増した編曲がされている。 物語本来の魅力と現代版のアレンジが新たな魅力を生み出す。

Read Article

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』は1984年5月23日にアメリカで公開されたアクション・アドベンチャー映画。監督はスティーブン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォードであり、前作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の続編にあたる。 富と名声の象徴である伝説の「サンカラ・ストーン」を巡り、冒険家インディ・ジョーンズが恐ろしい邪教集団「サギー教」と熾烈な争奪戦を繰り広げる。

Read Article

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1989年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの3作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。「原点回帰」をテーマに胸躍る冒険活劇は健在で、主人公インディの父役としてショーン・コネリーが演じ話題となった。 キリストの血を受けた「聖杯」を巡り、冒険家インディとその父ヘンリーが宿敵ナチス・ドイツと争奪戦を繰り広げる。

Read Article

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダ・ヴィンチ・コード』とはダン・ブラウンの小説を原作に、2006年に公開されたアメリカの映画。監督はロン・ハワードで、脚本は原作者のブラウンとアキヴァ・ゴールズマンである。2006年の映画興行収入は2番目に高いが、批評家からは酷評も目立つ話題作。大学教授のロバート・ラングドンは、友人でルーブル美術館館長のソニエールが死体で見つかったことから警察に呼び出される。ロバートが追っ手を避けながらソニエールの孫娘と一緒に、ダ・ヴィンチの絵画に秘められたキリストの謎に近付いていくミステリーサスペンス映画。

Read Article

【保存版】永遠の憧れ!芸能人・海外セレブたちのウェディングドレス姿まとめ

【保存版】永遠の憧れ!芸能人・海外セレブたちのウェディングドレス姿まとめ

女性なら誰もが一度は憧れる純白のウェディングドレス。デザインも様々で、選ぶだけでも大変そうですよね。この記事では、日本の芸能人や海外セレブたちが披露してきたウェディングドレス姿の画像を集めました。どのドレスも本当にステキ。そして、それを着ている女性たちがまた溜息が出るほど美しい…。

Read Article

目次 - Contents