【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

マーティが弾くジョニー・B・グッド

この映画の名シーンと言えばこのシーンというぐらい有名なシーン。
パーティーで演奏する黒人バンドのギター/ボーカルのマーヴィンがマーティを助ける為に手を怪我してしまい、代わりにマーティが演奏する事になる。「ホットな曲を弾いてくれ」と言われ、マーティが選んだ曲はチャック・ベリーの1958年発売『ジョニー・B・グッド』。
ロックンロールの代名詞と呼ばれる程、世間を騒がせ話題になった名曲だが、1955年はまだ発売される3年前。皆、聞き慣れない新しいサウンドに驚きつつも観客は踊り、バンドはなんとかマーティの演奏についていく。しかし、最初はノリノリだったお客さん達も、暴れまわりながらギターを弾くマーティを見て、引いてしまう。
演奏の途中で舞台袖にいた手を怪我した黒人がおもむろに電話をかける。「チャック?俺だよ、俺俺。いとこのマーヴィン・ベリーだ。お前確か新しいサウンドを探してるって言ってたよな?これ聞いてみな!」と受話器をステージに向けるシーンがある。つまり、チャック・ベリーはこのマーティの演奏を聴き、『ジョニー・B・グッド』を作ったんだよというネタなのだが、そもそもマーティは未来でチャック・ベリーが作ったCDを聴いて覚えたという、タイムパラドックス(時間軸の矛盾)ジョークになっている。
撮影秘話としてはマーティ役のマイケル・J・フォックスは本当にギターが弾ける為、自分が弾いた音源を使って欲しいと願いでたのだが、残念ながら却下され、歌もギターも別人のものとなっている。なのでマーティが「リズムはブルース、キー(調)はBで適当に合わせて!」とバンドメンバーに指示するセリフがあるのだが、実際のキーはB♭だし、最後ギターのチョーキングをしているシーンもよく見るとギターの音はビブラートがかかっているのに、マーティの手はビブラートの動きをしていない。
ちなみに、マーヴィン・ベリーを演じたハリー・ウォーターズJrは当時、チャック・ベリーの音楽が「白人の少年」(マーティ)から生まれたという設定が問題視されるのではないかと不安だったそうだ。事実、チャック・ベリーがこの曲を発売した当時1958年はまだ黒人差別が色濃く残っており、黒人音楽も差別されてきた背景があったので、この設定に批判の声が集まったそうだ。もちろん、製作陣にそのような意図はない。
また、ギターを弾いているマーティのテンションが上がりすぎた時、彼は様々はギタリストのオマージュを行っている。
チャック・ベリーの有名なダックウォーク、ザ・フーのピート・タウンゼントのアンプ倒し、AC / DCのアンガス・ヤングと同じく、寝っ転がっての演奏、ザ・ベンチャーズのテケテケ奏法、ジミー・ヘンドリックスやジミー・ペイジのようなギターパフォーマンス、そして指の立てての演奏はヴァン・ヘイレンといったものだ。

ミス4

マーティが演奏を終えた後、パーティにいる学生から白けた目で見られる。
この時、左にいるストリックランド先生を見ると、次のズームカットと同じ動作をしている。
もしかして編集ミスなのかもしれない。

I guess you guys aren't ready for that yet. But your kids are gonna love it.

ギターを爆奏したあとにマーティが“I guess you guys aren't ready for that yet. But your kids are gonna love it.”という。
マーティは演奏のノリも含めてこの発言をしたのだが、実際ジョニー・B・グッドは3年後の1958年に発表されている。

ジョージらしさ

ジョージがビフと対決する際に、マーティの指示通り一発目のパンチをお腹にかます。
言われた指示に従うことからもジョージの真面目さがよくわかる。
しかし、このパンチ全然聞かずに最後はマーティの指示を無視して自分でビフの顔めがけてパンチをかまし無事にビフを倒した。

3D

ビフの手下の一人である3D。
彼はいつも立体映像を見るために作られた赤と青ののフィルムが付いたアナグリフメガネというものをかけている。
しかし、ビフが車の中でロレインに手を出したとき、3Dメガネを思わず外すほど注目している。

キスシーン

ジョージとロレインのキスシーン。
二人がキスをした瞬間、盛り上げるかのような音楽が流れる。
しかし、この音楽をよく聞くと演奏しているはずのバンドメンバーにはいないオーケストラの音が入っている。
このことを、ボブ・ゲイルは映画だからと言っている。
たしかに、映画にあまりリアリティを求めすぎるのは無粋であるのだろう。

ラストシーン~未来へ帰って1985年へ

使用許可証を求める警察官

未来へ帰る為、時計台から雷の電力を得ようと作業しているドクに警察官が近寄り、「使用許可証を持っているか?」と聞いてくる。すぐに「あるとも。」と答えているドクだが、少しうろたえる様子で「どこかにあるはずだ。」と言い直し、明らかに財布から何かを取り出そうとしている。本当は使用許可証など取っておらず、お金を渡して解決したのが伺える。

マーティから受け取った手紙

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説・考察まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

【BTTF3】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part III】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、アメリカのSF映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。 監督は全シリーズ共通でロバート・ゼメキスが務める。 PART2のラストで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ一通の手紙が届けられた。その手紙は1885年にタイムスリップしたドクからピンチを告げるものであった。 ドクを助けるためにマーティは1885年にタイムスリップする。 Part3に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

【BTTF2】バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future Part II】

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』とはアメリカのSF映画で、1985年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編作品である。 1989年公開で原題は『Back to the Future Part II』。監督は前作と同じロバート・ゼメキスが務めた。 主人公マーティは、親友であるドクから未来で息子に危険が迫っているといわれ、デロリアンで30年先の未来へタイムスリップする。Part2に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

宇宙戦争(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦争』とは、アメリカ合衆国で2005年6月に公開されたSFアクション映画である。 H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を原作としたスティーヴン・スピルバーグ監督作品。 主人公レイは、離婚した妻がボストンの実家を訪ねる間、妻に引き取られ、自分を軽蔑する子供達ロビーとレイチェルを預かった。そんなある日、奇妙な稲妻が町に落ち、地中から巨大な何かが現れて人々を攻撃、街を破壊していく。今まで家族をかえりみなかった父親だったが、必死に子供達を守っていく中で家族を守る父親へと変わっていく。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

グレムリン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレムリン』とは、ジョー・ダンテ監督による1984年の映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

目次 - Contents