バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future、BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

あらすじ・ストーリー

1985年、カリフォルニア州ヒルバレーに住む、ロックが大好きな高校生マーティン・シェイマス・マクフライ(通称マーティ)はうだつの上がらない父親ジョージ・マクフライ、男女交際は一切認めない頭の堅い母親ロレイン・ベインズ・マクフライらと共に平凡に暮らしていた。
ミュージシャンになることを夢見ていたマーティだが、オーディションでは散々な結果を出したりと夢のまた夢となっていた。
運動神経のいいマーティは得意のスケボーに乗り、車の後部にしがみつくと、器用に学校へ向かった。
しかし、授業はとっくに始まっており遅刻をしてしまい教頭にこっ酷く叱られてしまう。そんなマーティを気遣うガールフレンドのジェニファー・ジェーン・パーカーと明日の晩にマーティの父親の車でデートをする約束をし、家に帰る。
しかし駐車場には見るも無残な形をした車が。
なんと父ジョージの車を借りていたビフ・ハワード・タネンが飲酒運転で事故を起こし、責任をジョージに押し付けていた。

落ち込む中、いつの間にか眠っていたマーティは科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)からの電話で目を覚ます。
深夜1時15分に実験を手伝うのをすっかり忘れていたのだ。ビデオカメラを持ち急いでショッピングモール「ツインパインズ・モール」の駐車場に向かった。
駐車場に着くと、そこにはスポーツタイプの乗用車デロリアンDMC-12とドクが待っていた。しかし、それは普通の車ではなく、ドクが開発したタイムマシンになっていた。
ドクは、マーティに持ってきたビデオカメラを回すよう指示し、手始めにドクの愛犬アインシュタインをデロリアンに乗せ、1分後の未来にタイムトラベルさせる。興奮ぎみに実験の記録をするドクとは対照的にアインシュタインが消えたとパニックになるマーティ。そこへ消えたデロリアンが現れアインシュタインも無事に戻り実験は成功に終わった。
そしてドクはタイムマシンに乗り人類初めてのタイムトラベルに挑戦するというところで、リビアの過激派集団の襲撃に遭ってしまう。タイムマシンの燃料はプルトニウムでドクは彼らを騙してプルトニウムを手に入れていた。
ドクは降伏するが銃弾を浴び倒れてしまう。
同じく命を狙われたマーティは、咄嗟にタイムマシンに乗りモールの駐車場内を逃走するが、誤ってシフトレバーを動かす際に肘で次元転移装置のスイッチを入れてしまい、マーティは30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。

気づくと駐車場ではなく畑におり、そのまま牛小屋にぶつかる。
パニックに陥るマーティはなんとか落ち着こうとデロリアンを走らせるが、やがて見たことのある風景にたどり着く。
そこはなんとマーティの住んでいた団地であった。
燃料の尽きたデロリアンを草むらに隠し、ヒルバレーの街にやって来たマーティは、街の様子がおかしいことに気づいた。
行きかう車や人々の服装が前時代的で、1955年の落雷以来何年も止まったままの時計台の時計が鐘を鳴らし動く。なにより決定的だったのは、新聞の日付が1955年になっていた。
そこでようやくタイムスリップしたことが現実味を帯び、マーティは1955年のドクに助けを求めようとした。
早速当時のドクに電話するため入った喫茶店で電話するが不在なのか出なかった。店をでてドクの家に向かおうとするが店主に「注文しなよ」と、止められ仕方なくドリンクを注文した。
そして、カウンターに座ると後ろから「マクフライ!」と声をかけられる。
振り返るとそこには若い頃のビフが。慌てるマーティの横をすり抜け、隣の席の男に話しかけるビフに驚く。なんと、偶然隣にいたのがマーティの父ジョージの若き姿であった。
相変わらずビフにいびられるジョージに口をポカンと開け唖然とするマーティ。
ビフに宿題を押し付けられたジョージは愛想笑いでその場をやり過ごす。ビフたち不良が去ったあと、店員の黒人がジョージに駆け寄ってきて「何であんな奴らに言いたい放題いわせておくんだい!」と説教し始めた。よく見ると、その青年は未来の市長で1955年当時はまだ喫茶店のアルバイトをしていたゴールディー・ウィルソンだった。
マーティは向上心溢れる若者のウィルソンに「市長になるよ!」という言葉かけると、ウィルソンは「市長になってやる!」と、大声で宣言し将来について語り始めた。そんなウィルソンの話を聞いていたマーティは、いつの間にかジョージが店を出て行ってしまったことに気づく。
マーティは大慌てでジョージを追い、ようやく見つけた頃、ジョージは間抜けにも木に登り女性の着替えを見ていた。そして木の上から落下し、車に轢かれそうになるところをマーティが助け、ジョージの代わりに車に轢かれてしまい気を失う。
目が覚めると、若かりし頃の母ロレインの姿があった。なんとマーティを轢いた車の相手がロレインの父、マーティの祖父であるサミュエル・ベインズで、轢かれて気を失ったマーティの介抱を娘ロレインがしていた。
ロレインはマーティに恋をしてしまい、慌てたマーティはベインズ家に別れを告げドクの家に向かった。
1955年のドクはいきなり現れたマーティに疑念の目を向けたが、次元転移装置を思いつくきっかけとなったトイレでの出来事など当時の自分しか知らないはずの事情をマーティが知っていたことから彼を信じる。
ビデオカメラに残っていた1985年のドクの説明から、元の時代に戻るには莫大なエネルギー、もしくはプルトニウムが必要だった。しかし、この時代ではプルトニウムも莫大なエネルギーも用意できないと頭を抱え込むドク。マーティはなんとかならないかと協力を頼む。落雷でも起きない限り無理だと言うドクに、マーティはジェニファーから貰ったチラシにヒルバレー裁判所の時計台に雷が落ちたことが書かれていたことを思い出しドクに見せた。
ドクは次の土曜の夜10時4分に時計台に落ちる雷の電力を利用しタイムマシンを稼動させる算段を立てる。

同時にドクは未来が変わることを危惧し、マーティが過去の人間と接触することで未来が変わってしまうことを恐れ、それが現実になろうとしていた。その証拠にマーティが持っていた兄弟の写真を見たときに兄さんであるデイヴィッド・マクフライの頭が消えかかっていた。
その原因はロレインがマーティを好きになってしまったせいで、ジョージとロレインが結婚する未来が変わろうとしていた。
このままではマーティの存在も消えてしまうため、若き父ジョージと母ロレインをどうにかして結婚させるべくマーティはジョージに学校で行われる深海パーティーへロレインを誘うよう仕掛ける。
しかし、当時からジョージをいじめていたビフもロレインを狙っており、臆病なジョージは彼女を誘えずにいた。
真夜中、SFが好きなジョージにバルカン星人からやって来たエイリアンを装いロレインをパーティーに誘うよう脅迫した。
単純なジョージは次の日マーティ指導の下、彼女に話しかけるが、そこへビフがやってきてジョージの邪魔をしてしまう。マーティはジョージを助けるためビフを殴り逃げる。追いかけるビフから逃げるべく、その辺にいた子供が持っていた手押し車を借り底の部分だけ取り簡易的なスケボーにしてついにはビフらを蹴散らす。その身のこなし方や勇気ある行動にロレインはよりいっそう惚れてしまいマーティの存在が消えかかっていた。
ドクの家に戻ったマーティは未来に帰る当日の予行演習のため模型を使い説明を受けた。これで未来に帰れるわけだが、ややこしいことにロレインがマーティにパーティーのダンスへ誘って欲しいと押しかけてきた。
どうにかしてパーティーでジョージとロレインを惹き合わせるためマーティはジョージに"作戦"を持ちかける。

そして落雷当日がやってきた。
マーティはドクに未来でドクの命が危ないとを伝えたかった。しかし、未来のことを知るのは危険であるとドク自身から口止めされ言葉に出来ずいた。そして考えた結果手紙にしてドクの命を守ろうとした。
そんな中行われたパーティー。
マーティはロレインと会場にやってきて、"作戦"を決行しようとしていた。マーティが無理やりロレインを襲うふりをし、そこへジョージが助けに来るというものだった。
しかし、作戦を決行する直前ビフが現れマーティは捕まりパーティー会場にいたバンドの車に閉じ込められてしまう。そしてマーティの代わりにビフが車に乗り込んでしまう。
そして、作戦のためにやって来たジョージはてっきりマーティだと思い、ロレインを襲うビフに話しかけてしまう。ビフの顔を見た瞬間ジョージは身がすくみ震えてしまう。だが、ロレインを助けるためにビフへ立ち向かうことを決意するが力でねじ伏せられてしまう。
ロレインは、ジョージを今にも殴りかかろうとするビフを制止するが振り払われ尻餅をついてしまう。そんな彼女の姿を見たジョージは怒りに震え左の拳でビフを殴り気絶させることに成功した。
ジョージの勇気ある姿に恋に落ちたロレインはパーティー会場へ向かいダンスをするが、ここでも不良に絡まれロレインを奪われそうになるジョージ。そしてその影響でマーティの指先が透けてしまい、ついに消えそうになる。しかし、完全に自信を付けたジョージは不良を蹴散らし、ロレインにキスを交わす。無事に存在を取り戻したマーティは一安心し、パーティーを抜け出す。

落雷する時間ギリギリにデロリアンへ乗り込み、ドクの計算通りに進める。
そこへパーティーを抜け出したマーティがやってきてドクとの別れにしみじみするが、こっそりドクの上着に入れておいた手紙が見つかってしまい、未来を知るのは危険とするドク自身によって手紙は破られてしまう。
そして、時計台に仕掛けたデロリアンに電力を送る装置が外れてしまいドクが修復しに行ってしまいとうとう彼に伝えれなかった。どうしても未来のドクを救いたいマーティは、時間を1985年のドクが殺されてしまう10分前にセットし発進、デロリアンは落雷のエネルギーでタイムスリップに成功した。

1985年に戻ったマーティは、ドクにその事実を伝えるため現場に向かうが、過激派集団がマーティの前を走って行き、そして一足遅くドクは撃たれ死んでしまう。
その場に泣き崩れるマーティだったが、なんとドクはゆっくりと起き上がった。
マーティが残した手紙を一旦は破るも、繋ぎ合わせ自分が銃撃され殺される未来を知っていたドクは防弾チョッキを着け対策をしていた。
ドクとの再会に喜ぶマーティは自宅に戻り驚愕した。
1955年にマーティが介入したことによって、ビフを倒したジョージは臆病な性格をすっかり改善し、SF小説家として大成していた。そればかりか、いつも気だるげだった兄弟たちもエリート会社員や魅力的な女性、母ロレインは細身でマーティの男女交際も認める優しい母に変貌しマーティは混乱した。
ビフはすっかり丸くなっておりジョージとビフの立場は逆転していた。

マーティはジェニファーとのデートを目前にし、再びドクが現れた。未来で重大なトラブルが起こったので、解決のために同行して欲しいと急いで二人はデロリアンに乗せられ未来へと向かうのだった。

登場人物・キャラクター

マーティン・シェイマス・マクフライ(演:マイケル・J・フォックス)

本作の主人公。周囲からは愛称は「マーティ」。
ジェニファー・ジェーン・パーカーはガールフレンドである。
ヒルバレー郊外にあるリヨン団地在住のロックとコーラが好きな高校生(1985年時点で17歳)。ギター演奏が得意でギターのことになると夢中になってしまうことも。
また、運動神経と身体能力も優れており、スケボーを巧みに操り逃げきったり身軽である。
変人のドクに対して真面目で常識人ではあるが、挑発されるとすぐカッとなる性格。
「ピン・ヘッズ」という名のバンドを結成しているが、オーディションでは「音が大きい」として不合格になっている。
ドクの実験の記録を手伝う途中、過激派集団に襲われ逃げる際、1985年から1955年にタイムスリップしてしまう。
そして1985年のドクを救い、歴史の修復を行うために過去で奮闘する。

エメット・ラスロップ・ブラウン(演:クリストファー・ロイド)

マーティの親友の科学者で発明家(1985年時点で65歳)。通称ドク。
背が高く、大きな鼻とボサボサの白髪頭、クリクリとした目が特徴の老人。
ヒルバレーでは変人として知られており誰も寄り付かない。
根が科学者なため、目的のためには見境のない行動をとることが多く、マーティとジェニファーの2人ぐらいしか話し相手がいない。
とてつもなく理屈っぽい性格で、論理的に考えてしまう癖がある。
1955年11月5日、トイレ転んで洗面器に頭をぶつけ、タイムマシン理論を閃いた。そしてデロリアンが完成した。そして1985年、デロリアンの燃料であるプルトニウムを入手するために危険な行為をして結果殺害されてしまう。

ジョージ・ダグラス・マクフライ(演:クリスピン・グローヴァー)

1985年の姿

1955年の若い頃

マーティの父親。
息子のマーティとは正反対で、うだつの上がらない気弱な性格で、一見するとマーティとは似ても似つかないが、寝相の悪さや癖がたびたび共通する。
SF作品が好きで、作家になることが夢だったが、1985年では単なる会社員になっている。
学生時代から同級生で会社の上司でもあるビフには頭が上がらず、常にこき使われている。
ロレインとの出会いは、ジョージが女性の着替えを覗き見していて木から落ちたことでロレインの父サミュエルがジョージを轢いてしまったことからロレインに介抱され結婚に至る。
1955年当時からビフにいびられる生活を送っていたが、タイムスリップしてきたマーティの介入で事情が変わり、自信をつけた結果修復された1985年では小説家として大成している。

ロレイン・ベインズ・マクフライ(演:リー・トンプソン)

右・1985年の姿

1955年の若い頃

マーティの母親。
旧姓はベインズで、サミュエルとステラーの長女。
酒飲みで中年太りの堅物、おまけに「自分が若い頃はそんなこと考えたこともなかった」が決まり文句の女性。
ジョージと付き合うことになるきっかけは典型的なナイチンゲール症候群で、ジョージを看病しているうちにその弱々しさに母性本能を擽られ恋に落ちた。
しかし、1955年当時はマーティが仰天するほどかなり口が悪く奔放な性格であり、マーティが思わず「痩せてる!」と口にするほどスレンダーな美少女であった。
マーティの介入によって、マーティに恋してしまうが、彼にキスした際に、「まるで弟としてるみたい」と、キョトンとしていた。
そしてビフに襲われているところをジョージに助けられ彼に恋をし、新たな1985年では細身で男女交際を認める開放的な性格の母親となった。

ビフ・ハワード・タネン(演:トーマス・F・ウィルソン)

画像左。1985年の姿。

1955年の若い頃

ヒルバレーに住む不良。
ジョージ、ロレインとは高校時代の同級生。
ロレインに気があり、彼女を力ずくで自分のものにしようとしている。
1985年では会社員(ジョージの上司)で、ジョージの車で飲酒運転して事故を起こし難癖をつけジョージをなじり憂さを晴らしていた。
1955年当時は高校生で、手下を三人引き連れて1946年型フォードを乗り回し、当時から町や学校で暴虐を働いていたが、マーティの介入で散々な目に遭い、弱気だったジョージに殴られ気絶、その後自信のついたジョージに頭が上がらずすっかり丸くなっている。

用語

デロリアン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(Back to the Future Part II、BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

目次 - Contents