ハイキュー!!(HQ、Haikyu!!)のネタバレ解説まとめ

『ハイキュー!!』は、古舘春一による、高校バレーボールを題材にした漫画作品、及びそれを原作とした小説、アニメ、舞台作品である。漫画は『週刊少年ジャンプ』にて連載している。アニメは2014年4月から9月まで第1期、2015年10月から2016年3月までセカンドシーズンとして第2期が、そして2016年10月から12月までは第3期として『烏野高校VS白鳥沢学園高校』が放送された。

「どうしてお前が一番、怒られると思う?一番、期待されてるからだよ」

白鳥沢学園高校の五色は、1年でありながらレギュラーを務めていた。
しかしそのプレイはまだまだ未熟で、ミスも多い。

度重なるミスに、試合中であるにもかかわらず監督に怒鳴られ、五色は思わず顔をしかめる。
そんな五色の様子を見かねた大平が口にしたのが、この台詞。

これにより五色は再び、闘志を取り戻す。

「チャンスは準備された心に降り立つって言うだろ?この先、烏野が強くなることなんてないのかもしれない。なっても何年も先のことかもしれない。それでもチャンスが来たら掴めよ!!」

激戦の中、澤村の回想に登場する、その当時の烏野高校バレー部主将、田代の言葉。

『墜ちた強豪』と呼ばれていることに甘え、まじめに練習を行ってこなかった田代たち。
だが、自分たちにできることから頑張っていくと言う澤村、東峰、菅原たちの姿に感化され、少しずつやる気を取り戻していく。

しかし、そう簡単に強くなれるはずがなかった。
最後の試合に負け、引退することが決まった田代は、自分たちは団結するのが遅すぎた、と悔いの涙を流し、この言葉を続ける。

そのことを思い出した澤村は、強く、強く胸に思うのだった。
今が、今がそのチャンスなのだ、と。

「俺が何かに絶望するとしたらバレーができなくなった時だけだ」

一進一退の攻防が続く中、チームの司令塔であるセッター、影山の体力、精神力は限界を超えていた。
第4セット。デュースを迎え、影山は天童に、君にとっては絶望のデュースかな、と煽られる。

それに対しての影山の答えが、この言葉である。

「下を向くんじゃ……ねええええええッ! バレーは、常に上を向くスポーツだ!」

たった1点、けれど、あまりに遠い1点。
白鳥沢学園高校との点差、その1点を縮めることがなかなかできない烏野高校。
体力も気力も限界を迎えており、さすがの部員達も勝利を諦めてしまいそうになる。

その瞬間、烏養コーチが発した言葉。
これにより部員の勝利への執念に、再び、火が灯される。

「俺は、俺の40年をかけて、烏野10番、お前を否定したい」

白鳥沢学園高校の監督、鷲城は、現役時代、小柄であるが故にコートに立つ機会すら与えられないと言う辛酸を舐めさせられていた。
体格と言う、自分ではどうしようもない現実に打ちのめされた鷲城は、バレーにおいて圧倒的な力である高さを追い求めるようになる。
全てをねじ伏せる高さ。技術で小柄な体格をクリアしようとしていた自分の思いすらも、打ち砕くような高さを。

そして指導者となった彼の前にあらわれたのが、牛島の存在だった。

大きいものが強い。それが自然の摂理だと断じた上で、鷲城が心の中で日向にぶつけたのが、この思いである。

「烏野には俺ありっすから。でも、俺にもできないことがある。だから無理を承知で言います。太ももがはちきれようとも、空中戦は頼みます!!」

死闘と表現するにふさわしい戦いの中。
澤村は、ボールが見えていながら、そしてそれを上げなければと思いながら、体が疲労のあまりに動かないと言う事態に陥る。
そのピンチを救ったのが、西谷だった。
上がったボールは牛島に打たれるが、そのボールを、またしても西谷が、ほとんど全身で受け止める。
そしてそのボールを東峰が打ち、烏野高校は点数を獲得する。

そんな西谷に、攻撃陣は称賛の声をおくる。
しかし浮ついた様子ひとつ見せず、西谷が口にしたのがこの言葉。

「下を向くんじゃ……ねええええええッ! バレーは、常に上を向くスポーツだ!」に関するエピソード・逸話

2016年10月、『烏野高校VS白鳥沢学園高校』の放送が開始された直後、ひとつの訃報が飛び込んできた。
それは第1期から烏養役を演じてきた声優の田中が、脳幹出血のために亡くなったと言うものであった。
あまりに突然すぎる訃報に、『ハイキュー!!』の多くは驚きと共に深い悲しみに襲われた。

またアニメの中で、『ハイキュー!!』ファンからも熱い支持を受けているこのセリフの登場が予想されていただけに、田中の声でそれが聞けないかもしれないことをとても残念がる、不安がる声も相次いだ。

田中一成は、『ちびまるこちゃん』の野口や、『プラネテス』のハチマキなど、烏養以外にも、数多くのアニメキャラクターを担当していた。
亡くなったのは49歳。あまりに早すぎる、そしてあまりに突然すぎる訃報だった。

え…ちょっと信じられない…
繋心の声が一成さん以外で再生されるなんて想像つかない
しばらくハイキュー観るの辛い…

出典: nijimen.net

呆然としています。ハイキューの烏養さんの声は田中さん以外想像できません。本当に本当に残念で悲しいです。

出典: nijimen.net

信じられない…排球のコーチ割と好きだったのに…
田中さん以外考えられない

出典: dic.nicovideo.jp

ハイキューの収録はどこまで終わってるのですか..。あの名台詞は叫んでくれたんですか..?
悲しすぎます。

出典: nijimen.net

第三期の監督の見せ場どうすんだろ…あの名言はこの人の声以外考えられんぞ…

出典: dic.nicovideo.jp

そして迎えた第8話。
烏野高校の部員たちが苦境に立たされた瞬間、この名言は登場した。
この名言を演じたのは、他の誰でもない、田中だった。

そして翌週の第9話からは、烏養の声は後任の江川へと変わっていた。
つまり田中の烏養としての最後の台詞は、この名言だったのだ。

この、あまりに偶然過ぎる偶然に、『ハイキュー!!』ファンからは感動の声が相次いだ。

昨日のハイキュー見たんだけど、亡くなった田中一成さん演じる烏養コーチが発する最後のセリフが「下を向くんじゃねぇ!バレーは常に上を向くスポーツだ!」っていう、チーム全員を鼓舞する大音声だったんだと思い至って鳥肌が立ってしまった…本当に素晴らしかった。

出典: animedayo.net

田中一成さんの烏養コーチの最後の台詞が、この名台詞だったなんて…
下を向くんじゃねえ、バレーは常に上を向くスポーツだ!

泣かずにはいられないです。

田中一成さんのお疲れ様でした。

出典: animedayo.net

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハイキュー!!の名言・名セリフまとめ

「ハイキュー!!」は、古舘春一による漫画作品。 烏野高校バレー部のエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた主人公「日向翔陽」は烏野高校に入学し、排球(バレー)部に入部する。そこでチームメイトとなった中学時代の宿敵「影山飛雄」や、個性的な同級生や先輩達と共に、全国大会を目指していく高校バレー漫画である。青春の熱が強い数々の名言が存在する。

Read Article

えっ!こんなのがあったの?『ハイキュー!!』裏話・トリビア・小ネタを集めてみた。

現在少年ジャンプにて連載中の『ハイキュー!!』。アニメ二期放映も大好評で、ミュージカルの続演も決定しました。そんな『ハイキュー!!』から、最近見付けた意外なものや裏話・トリビア・小ネタ、そして古舘先生が出されたクイズ(?)の答えなどを探し、そのいくつかをまとめてみました。

Read Article

「ハイキュー!!」ファンがお気に入りに登録しているYouTubeの3曲!

2015年10月期のアニメでは「おそ松さん」が圧倒的な人気で話題になっているため見逃されがちですが、堅実に人気を積み上げているアニメが「ハイキュー!!セカンドシーズン」です。一部のランキングサイトでは「おそ松さん」以外では実質1位の人気を獲得しているとまで言われている「ハイキュー!!」のオープニング3曲を、YouTubeの公式動画からご紹介します!

Read Article

目次 - Contents