牛島若利(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

牛島若利(うしじま わかとし)とは『ハイキュー!!』に登場する、強豪校として不動の王者「白鳥沢学園高校」のスパイカー。大砲級のパワーで大量得点を奪い取る”絶対王者”として活躍する。全国三本の指に入るスパイカーだ。キャプテンとしてチームメイトや監督からの信頼が高い。19歳以下の日本代表にも選出された逸材。真面目な性格で天然なところもある。超バレー馬鹿で、自分に厳しく一切の妥協は許さない。日本代表のエースとして活躍する。

牛島若利のプロフィール・人物像

白鳥沢学園高校3年生

白鳥沢学園高校 中央1番が牛島

所属:白鳥沢学園高校(しらとりざわがくえんこうこう)3年3組
役職:バレーボール部主将
ポジション:ウィングスパイカー
背番号:1番
身長:189.5cm
体重:84.8kg(高校3年10月)
誕生日:8月13日
好物:ハヤシライス
兄弟構成:一人っ子
最近の悩み:なし
CV:竹内良太
舞台:有田賢史

Vリーガー

所属:シュヴァイデンアドラーズ(VリーグDivision1)
ポジション:オポジット
背番号:11
身長:192.7㎝
体重:90.6kg
最近の悩み:語学をもっと頑張りたい。

全日本代表

中央から右側2番目が牛島

所属:全日本代表
ポジション:オポジット
背番号:1番
時期:高校卒業後19歳の時に初めて日本代表に選出された。24歳で再び日本代表に選出された。

牛島若利(うしじま わかとし)とは、白鳥沢学園高校(しらとりざわがくえんこうこう)の男子バレー部に所属する青年であり、大砲級の力で大量得点を奪い取る「絶対王者」、全国三本の指に入るスパイカーだ。周りの人からは「ウシワカ」と呼ばれている。牛島が大量得点を奪え、全国三本の指に入れる理由として1つ目は、恵まれた体格だ。190㎝前後と恵まれた身長と鍛え上げられた筋力・バネから繰り出される強烈なスパイク。その威力は、烏野高校戦の試合前の練習でスパイクをワンバウンドで体育館の2階に飛ばしたり、180㎝ある人が3人でブロックしてもこじ開け吹き飛ばすほど。この事からパワーがある事がよく分かる。2つ目は、驚異的なスタミナ。烏野高校(からすのこうこう)戦では5セット目の終盤でも牛島のスパイクの特徴である「美しいフォーム」が乱れることはなかった。フルセットを戦い打ち続ける驚異のスタミナの持ち主である事が分かる。3つ目は、サウスポーだということ。高校のバレー界では数少ないサウスポー。サウスポーだと回転が右利きとは異なり取りにくくなる。その為相手のレシーバーはミスをしやすくなってしまう。これら3つの理由から牛島が「絶対王者」と呼ばれる存在なのだと分かる。
牛島はスパイクだけではなくレシーブも上手い。日向のスパイクを自ら取りそのままスパイクを打ちにいき決めるシーンがある。いつもは冷静な牛島だがレシーブ後、白布賢二郎(しらぶ けんじろう)に「よこせ」と言うシーンは「絶対的エース」と感じさせる圧力がある。白布とは、後輩でチームメイトでセッターをしている。
烏野高校戦では5セットを戦い疲労困憊のはずだがスタミナが切れることはなかった。そして、どれだけブロックにワンタッチされても折れない心。屈強な精神の持ち主だ。追い込まれた場面でも「穴のない守備など存在しない」と冷静に物事を考え分析する能力がある。
そんな牛島は白鳥沢学園高校のチームメートの大平獅音(おおひら れおん)の言葉通り“超バレーバカ”だ。バレーに一途で自分が強者だと思っている。一切の妥協も許さず自分に厳しい。ロードワークでは、県内最強チームのメンバーがついて来れない程のスピードで走っている。謙遜を一切しない正直者で暴言ともとれる言葉を口にすることもしばしば。しかし、本人に全く悪気はなく少々天然な一面がある。性格が全く真逆の天童覚(てんどう さとり)とは何故か馬が合いお互いにとって大事な存在だ。天童とは白鳥沢学園高校でのチームメートだ。卒業後、19歳の時日本代表のオポジットとしてプレーしたが、スパイクミスが目立ち海外勢に惜敗してしまう。そのニュースをネットで見た天童が電話をかけてきてくれた。そして落ち込んだ牛島を励ましてくれアドバイスをしてくれた。牛島にとって天童は心許せる存在だ。
『ハイキュー!!』には牛島・天童のコミカルなやり取りが載っている。心許せる存在だからこそ「ボケ」「ツッコミ」のような関係が成り立つのだろう。そんなシーンを2つ挙げる。1つ目は、烏野高校戦で「ビクトリィィィ!!!」と叫ぶ天童に「まだだぞ、あと2点ある」と言う牛島。天童からは「律儀か」と突っ込まれる。2つ目は、烏野高校戦終了後、キャプテンとして一人ずつに話をしていく。その時、川西に対して「天童亡き後、お前がブロックの要だ。もっと自信をもっていい」と言う。川西太一(かわにし たいち)とは白鳥沢学園高校バレー部の後輩で雑食ブロックとして活躍する。天童から「若利君、それ死んだときの言い方じゃない?」と突っ込まれる場面。牛島・天童のやり取りは笑えるシーンだ。そんな天然な一面を持っている牛島だが、チームメートに対し細かくアドバイスや良い所を話している。チームメートのプレーをしっかり見ていた事が分かる。そんな中、五色に対しては一言「頼むぞ」と。五色工(ごしき つとむ)とは白鳥沢学園高校の後輩だ。大エースからエースへと託されたバレー部。どんな言葉よりも重く感動する言葉だ。キャプテンとしてチームの事・後輩の事を考えていたことがよく分かる。

牛島若利のポジション・能力

誰もが羨む「美しいフォーム」

「白鳥沢学園高校3年能力パラメータ」
パワー:5/バネ:4/スタミナ:5/頭脳:3/テクニック:3/スピード:3

「シュヴァイデンアドラーズ2018年能力パラメータ」
パワー:5/バネ:4/スタミナ:5/頭脳:4/テクニック:4/スピード:4
サーブ:10/レセプション:7/ティグ:8/セッティング:7/スパイク:10/ブロック:8

出典:ハイキュー!!極ファイナルガイドブック

能力パラメータは5段階評価になっている。このことから、パワー・スタミナに優れている事が分かる。高校3年時とVリーグを比較すると、頭脳・テクニック・スピードが強化されている。サーブからブロックの能力は高校3年時のデータはないが、10段階評価になっていて全てが優れている事が分かる。
高校生時代のフォームは、ボウアンドアロー(弓矢)アームスイング。空中で腕をグッと引いてからドカンと弓を引くようなオーソドックスなフォーム。
プロになってからのフォームは、サーキュラー(循環)アームスイング。円を描く感じで勢いを止めずに打ち込む。腕を回すというより体幹と連動する感じ。”止まる”瞬間が無くパワー全部乗せだ。その為、動作が止まる瞬間がなく打ってくるコースがとても分かりにくい。テクニックが成長した要因が、スパイクフォームである事が分かる。

牛島の特徴は「サウスポー(左利き)」「パワー」のあるスパイク・サーブだ。
高校生バレーの中で左利きは少ない。そのため普段右利きを相手にする事の方が断然多い分、左利きを相手にするのは想像以上にやりずらい。
例えばブロックだが、一人でブロックに跳ぶ時、相手の利き腕の正面に跳ぶ。その為、利き手よって肩一個分ブロックの位置が違ってくる。つまり、牛島の利き腕が左なため、右利きのブロックと同じように跳ぶと位置がずれるのである。余程単調な攻撃でもない限り勝負は一瞬の判断だ。体に染み込んだ感覚で跳べばどうしたってブロックに食い違いが起こる。スパイクレシーブの場合は、左利きは単純に右利きとはスパイクを打った時のボールの回転のかかり方が違う。バレーはボールを持てない競技。更にボールを捉える”面”は非常に狭い。ボールを捉える一瞬小さな”面”にボールの当たり方がほんの僅か違うだけで大きなズレを生む。その為、正面に入っていてもスパイクレシーブがしにくい。そして牛島の場合、単に左利きだから強いとういう訳だけではない。
「”左”搭載の上、更に火力は最強クラス」これが牛島だ。例え正面にレシーブに入っても回転・パワーで吹き飛ばされてしまう。それは、ブロックも同じだ。
三枚ブロックを跳んでもパワーで吹き飛ばされてしまう。「美しいフォーム」からの強烈スパイクは読者の心を惹きつける。

牛島若利の来歴・活躍

過去

幼少期

父親が左利きを守ってくれるシーン

幼少期に牛島は親戚から「早いうちに左利きを矯正した方がいいのではないか」と父と共に言われてしまう。しかし、父親は「少しでも人と違うものを持っているというのはきっとこの子の力になるので…!他の事は口出しませんから…!」と言って牛島の左利きを守ってくれた。牛島の父親は、空井崇(うつい たかし)と言って2部リーグのバレー選手だった。父親から「俺たちのエースは文字通り日本一のエースでな!体格だけじゃなく”こいつに上げれば絶対に決めてくれる”そう思わせてくれる奴だった!」、「こいつは何かやってくれる!こう…ワクワクするんだよな!!」と高校時代の話を聞いて幼いながらに、「そういう風になりたい」と思った牛島。この幼少期の父親の話が「絶対王者」を作り出している事が分かる。牛島にとって父親の存在が今のバレーに大きな影響をもたらしている。

小学生時代

父親と一緒にバレーをするシーン

「お前がバレーを好きになってくれたらうれしい」と話す父親

牛島の回想。父親とバレーをしながら会話をするシーン。「強いチームに入るといい。強くなれる環境には強い奴や面白い奴が集まる」、「そして強くなれば色んな奴と戦える。強い奴・変な奴・新しい奴。そいつらはきっとお前を強くしてくれる」、「お前がバレーを好きになってくれたらうれしい」その言葉通り、牛島は強豪「白鳥沢学園」に入学した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

天童覚(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

天童覚(てんどう さとり)とは『ハイキュー!!』に登場するキャラクターで、バレーボール強豪校として不動の王者「白鳥沢高校」のミドルブロッカーとして活躍する。直感と読みで跳ぶブロック「ゲスブロック」を得意としているため「ゲスの怪物(ゲスモンスター)」と言われている。ゲスブロックでドッシャとブロックを決めチームに貢献している。ブロックを決め叫ぶ場面がありお茶目な一面がある。そして全国3本の指に入るアタッカー牛島若利と親友として卒業後も交流があり相談に乗りアドバイスをするなどしっかりした一面もある。

Read Article

孤爪研磨(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

孤爪研磨(こづめ けんま)とは、漫画『ハイキュー!!』に登場する音駒高校バレーボール部の2年生。運動選手としてはスタミナがないが鋭い観察眼を持つ切れ者で、通称「音駒の脳」。ゲームが大好きで、バレーボールに関しても相手チームの弱点を探り攻略するための戦略を練る。1つ歳上の黒尾鉄郎(くろお てつろう)とは自宅が隣同士で、彼に勧められて7歳の頃からバレーボールを一緒に練習するようになり、現在ではチームメイトである。主人公の1人である日向翔陽(ひなた しょうよう)とは、練習試合をきっかけに友達になる。

Read Article

ハイキュー!!(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハイキュー!!』は、古舘春一による、高校バレーボールを題材にした漫画作品、及びそれを原作とした小説、アニメ、舞台作品である。漫画は『週刊少年ジャンプ』にて連載している。アニメは2014年4月から9月まで第1期、2015年10月から2016年3月までセカンドシーズンとして第2期が、そして2016年10月から12月までは第3期として『烏野高校VS白鳥沢学園高校』が放送された。

Read Article

月島蛍(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

月島蛍(つきしま けい)とは、『ハイキュー!!』に登場する烏野高校バレー部の1年生。約190cmの長身と冷静な分析力を生かし、チームのブロック攻撃の要となる。「ブロックはシステム」と語り、烏野のトータルディフェンスを成功に導く。性格はシニカルな毒舌家。周囲に刺々しい発言ばかりするが、真正面から話をされるのが苦手で、ストレートな物言いには大人しくなる。音駒の黒尾や梟谷学園の木兎からブロックの技術やバレーの楽しさを教わる。チームメイトの山口とは、少年バレー時代からの幼馴染で親友である。

Read Article

及川徹(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

及川徹とは高校バレーを題材にした古舘春一の漫画『ハイキュー!!』のライバル校青葉城西高校の主将。ポジションはセッターで中学時代ベストセッター賞を受賞したほどの実力者。主人公の一人である影山飛雄の中学時代の先輩で、「ブロックとサーブを及川さんを見て覚えた」というほど影響を与えた。一方、自らは影山や同世代の牛島若利といった、いわゆる天才の存在を受け、「自分は凡人である」と自覚し、敗北を乗り越え、努力を続け、卒業後はアルゼンチン代表として、日本のライバルたちに立ち向かった。

Read Article

NEW

灰羽リエーフ(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

灰羽リエーフ(はいば りえーふ)とは、『ハイキュー!!』の登場人物で、東京の強豪、都立音駒高等学校男子バレー部に所属する1年生。日本人とロシア人のハーフだが日本生まれ日本育ちのため、ロシア語は話せない。名前のリエーフはロシア語で”獅子”を意味する。 バレーは高校に入学してから始めたため、周りから下手だと言われているが、生まれ持った高身長、身体能力、バレーのセンスを兼ね備えている。 主人公の日向翔陽がいる宮城県立烏野高等学校と”ゴミ捨て場の決戦”を実現させるため全国大会への出場を目指していく。

Read Article

田中龍之介(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

田中龍之介(たなかりゅうのすけ)とは、『ハイキュー!!』に登場する烏野高校の2年生。パワフルなスパイクで、チームの得点を叩き出す。烏野の元気印として試合のファーストポイントを任されることが多い。ポジションは、ウィングスパイカー。スパイクの技術も安定感もある優秀なスパイカーと周囲から称されている。烏野バレー部の時期エースとして期待される。一見パンチの強いタイプだが、後輩の面倒見が良く、後輩から慕われている。マネージャーの清水潔子(しみずきよこ)に絶賛片思い中。

Read Article

NEW

宮侑(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

宮侑(みや あつむ)とは『ハイキュー!!』に登場する、優勝候補筆頭の強豪校「稲荷崎高校」のセッターだ。双子でバレーをしていて、「高校バレー最強ツインズ」と言われる。スパイカーを絶妙に操る高校NO.1セッターとして活躍する。誰よりも真摯で献身的なトスを上げる事を心掛けている。サーブでは高校時代は二刀流で、Vリーグでは三刀流と成長する。そのサーブでチームの流れを作っている。明るく飄々とした性格で喜怒哀楽の表情が豊か。バレーに関しては、毒舌な一面を持ち合わせている。日本代表のセッターとして活躍する。

Read Article

NEW

瀬見英太(ハイキュー!!)の徹底解説・考察まとめ

瀬見英太とは『ハイキュー‼』内で登場する白鳥沢高校のセッター。春の高校バレー宮城県大会・決勝戦で主人公日向翔陽の所属するチーム烏野と対峙することになる王者白鳥沢の3年生セッター。宮城県最強のスパイカー牛若の強さを活かす白布がセッターになったことにより正セッターではなくなってしまうも凄まじい威力のサーブでピンチサーバーとしても白鳥沢を支えていく。変わり者ぞろいのメンバーをまとめる役割も担っている。

Read Article

ハイキュー!!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「ハイキュー!!」は、古舘春一による漫画作品。 烏野高校バレー部のエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた主人公「日向翔陽」は烏野高校に入学し、排球(バレー)部に入部する。そこでチームメイトとなった中学時代の宿敵「影山飛雄」や、個性的な同級生や先輩達と共に、全国大会を目指していく高校バレー漫画である。青春の熱が強い数々の名言が存在する。

Read Article

えっ!こんなのがあったの?『ハイキュー!!』裏話・トリビア・小ネタを集めてみた。

現在少年ジャンプにて連載中の『ハイキュー!!』。アニメ二期放映も大好評で、ミュージカルの続演も決定しました。そんな『ハイキュー!!』から、最近見付けた意外なものや裏話・トリビア・小ネタ、そして古舘先生が出されたクイズ(?)の答えなどを探し、そのいくつかをまとめてみました。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

翠星のガルガンティア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。 物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ・Joker Game)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説・考察まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

NEW

風が強く吹いている(風つよ)のネタバレ解説・考察まとめ

『風が強く吹いている』とは箱根駅伝を舞台にした、三浦しおんによる青春小説。2006年9月に刊行され、2007年に漫画化・ラジオドラマ化、2009年1月に舞台化、同年10月に実写映画化する。また、2018年にテレビアニメ化された。元天才ランナーの大学1年生蔵原走(カケル)は、万引きの逃走のために夜道を軽快に走っていた。その走りに魅了された同じ大学の4年生清瀬灰二(ハイジ)は自転車で並走しながら「走るの好きか」と聞く。ハイジによる寄せ集め10人の大学生たちが箱根駅伝を目指して走る物語。

Read Article

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説・考察まとめ

『東のエデン』とは、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

「ハイキュー!!」ファンがお気に入りに登録しているYouTubeの3曲!

2015年10月期のアニメでは「おそ松さん」が圧倒的な人気で話題になっているため見逃されがちですが、堅実に人気を積み上げているアニメが「ハイキュー!!セカンドシーズン」です。一部のランキングサイトでは「おそ松さん」以外では実質1位の人気を獲得しているとまで言われている「ハイキュー!!」のオープニング3曲を、YouTubeの公式動画からご紹介します!

Read Article

目次 - Contents