ハイキュー!!(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『ハイキュー!!』は、古舘春一による、高校バレーボールを題材にした漫画作品、及びそれを原作とした小説、アニメ、舞台作品である。漫画は『週刊少年ジャンプ』にて連載している。アニメは2014年4月から9月まで第1期、2015年10月から2016年3月までセカンドシーズンとして第2期が、そして2016年10月から12月までは第3期として『烏野高校VS白鳥沢学園高校』が放送された。

物語(アニメ版)

第1期

中学最後の大会で影山に惨敗した日向はいつかリベンジすることを目標にカラスの高校へ入学した。
バレー部が活動している体育館に向かったところ、影山がおり、日向は呆然とする。

バレー部の主将、澤村は新たに入学してきた日向、影山に期待を抱いていた。
だが、何かと仲が悪い二人、そして自己中心的なの影山の態度を前に、一度、入部を保留させる。
そして同じ1年である月島と対抗試合を行うことを課す。
試合の結果は入部には関係ないが、負けた場合、影山は現在の3年生が引退するまでは、影山はセッターポジションにつくことができないと言う条件がつけられる。

日向、影山と試合をすることになった月島は、熱くなる日向、影山に対し、たかが部活と言い張るような人間だった。
しかも身長は高く、恵まれたバレーセンス持っているため、日向はますます熱くなる。
試合は終始、月山チームが優勢を保つ。
しかし徐々に、日向と影山の連係プレイがかみ合い始める。

影山が『コート上の王様』と呼ばれていたのは、自らの才能に任せるがまま、チームメイトすらも顧みようとしていなかったからだ。
そのため、とうとう、影山があげるトスを、チームメイトすらとらなくなると言う事態が発生してしまう。
中学生自体のその苦い経験は、影山の胸にも充分すぎるほどに突き刺さっていた。

しかしそんな影山に対して、日向がトスを求める。
「俺にトス、持って来い!」と。
そして影山は日向が全速力で飛び、手を振り下ろした先にピンポイントにボールを持っていくという神業を見せた。
二人のコンビネーションは月島達を圧倒し、勝利を手にする。

かくして日向、影山、そして月島と、いつも月島の後ろに隠れるようにしている山口の1年生4人が、烏野高校に入部を果たす。
そして練習試合を行うことになる。
相手は青葉城西高校。県大会ベスト4の実力を持つ強豪校であり、影山の中学の先輩である及川、岩泉が在籍している高校だった。
しかし練習試合当日、故障明けだと言う及川は、試合には参戦していなかった。

初めての練習試合で、日向は様々なミスを犯してしまう。
だが、どうにか本調子を取り戻し、城西を追い詰める。
そこで、及川が試合に参戦する。
及川の強力なサーブに、烏野高校バレー部は圧倒され、なすすべを失う。
試合にはどうにか勝利したものの、様々な課題も見つかった。

ある日、練習に励む日向たちの前に一人の部員が姿を見せる。
それが烏野高校バレー部の守護神、リベロの西谷だった。
西谷は、あることが理由で部活禁止を命じられていたのだ。
そしてそのことには、バレー部のエース、東峰も関係していた。
一方、練習試合を経てコーチの必要性を痛感した顧問の武田は、前任の監督の孫である烏養に、指導を依頼する。

言葉巧みに、烏養の気持ちを火をつけた武田の作戦により、烏養はコーチに就任する。
そして組まれた町内会バレー部との練習試合には、たまたその場に居合わせていた東峰も参加することになる。

ある試合で東峰は、スパイクを打っても、打っても、相手チームにブロックされると言う経験をしていた。
自分を信じ、自分にトスを上げてくれているチームメイトやセッターに申し訳ない。
その思いがうまく口に出せず、気遣いの言葉をかけてくるチームメイトに辛辣な態度をとってしまっていた。
一方、西谷も、相手ブロックに弾き返されたボールを拾うことができないでいた自分に怒りと、ふがいなさを感じていた。
そしてある日、ふたりは口げんかをしてしまう。
そのさなか、西谷は学校の備品を壊してしまい、それがもとで部活禁止を命じられていたのだった。

久しぶりに参加した試合の中で、東峰は、改めて自分が、バレーのことが大好きだと言うことに気が付く。
そして菅原にボールを求め、渾身のスパイクを打つ。

相手チームのブロックをものともせず、床に突き刺さるようなその力強いスパイクで東峰は完全復活を果たす。
その東峰の姿に、日向は改めてエースへの憧れを強く抱くのだった。

インターハイ予選のために、音駒高校と練習試合をすることになった烏野高校。
音駒高校は、烏野高校との縁が深い高校で、両者の対決は『ゴミ捨て場の決戦』(猫と烏から来ている)と呼ばれることもあった。

音駒高校の武器は、冷静沈着な黒尾と、その黒尾の頭脳となって的確なトスを上げる狐爪の存在、そしてその二人を核とした守備力の高いバレープレイだった。
エースとリベロの復活、そして日向、影山のプレイにより戦力に厚みが増した烏野高校は、音駒に対して優勢を保つ。
しかし狐爪の観察眼、それを的確に実現する実力により、徐々に音駒が優位に立ち始める。
実力は勿論だが、音駒高校は、経験でも大きな差を烏野高校につけていたのだ。

音駒高校との練習試合を経て見つかった課題。
それを解決すべく、努力を続ける烏野高校の面々。
そしていよいよ、インターハイ予選当日を迎える。

1回戦に勝利した烏野高校の次の相手は、伊達工業高校だった。
伊達工業高校は、青根、二口を双璧として、高い到達点でのブロックを得意とするチームだった。
そしてかつて、東峰のスパイクを完膚なきまでに封じたチームでもあった。
しかし日向や影山と言った新たな戦力が加わり、更に東峰自身も復活を果たした烏野高校は、伊達工業高校に勝利をおさめる。

3回戦の相手は、因縁の青葉城西高校に決まった。
練習試合では果たされなかった、影山VS及川のセッター対決が幕を開ける。

だが音駒高校との練習試合同様、ここでも試合経験の差が如実に出てしまう。
烏野高校の隙をつくようにしてトスを上げ、サーブを打つ及川。そして点数を重ねていく青葉城西高校。
そんな試合の流れの中で、影山は少しずつ、余裕を失っていく。

それを感じ取った烏養は、影山をベンチに下げ、菅原と交代させる。
菅原は、実力では影山に劣っていた。
しかし、的確な声かけ、アタッカーの個性に合わせたトスを上げる技術で、試合の流れを再び引き寄せていく。
その菅原の姿に、影山は冷静さを取り戻していく。

一方、優勢を保つ青葉城西高校の及川は中学時代のことを思い出していた。

絶対的セッターとして活躍していた彼の前にあらわれたのが、影山だった。
年齢離れした天性のセンスで影山は及川を脅かす存在となっていった。
焦り、不安、怒り―日に日に、影山に対してのそのような感情が強くなっていく及川は、ある時、影山に暴力を振るってしまいそうになる。
しかしそれを直前で止めてくれたのが岩泉の存在だった。

バレーは6人で強い方が強い。
岩泉のその言葉に冷静さを取り戻したことを思い出した及川は、岩泉にトスを上げる。
そして改めて、影山に、烏野高校に勝利することを胸に誓う。

ファイナルセット。
流れを変えるために烏養は、ピンチサーバーとして山口を投入する。
しかし山口のサーブは失敗してしまう。
だがそのことが、烏野高校の闘争心に改めて火をつけるのだった。

一進一退を続ける両校。
しかし最後は、青葉城西高校が勝利をおさめたのだった。

こうした烏野高校のインターハイ予選は幕を閉じた。
あと一歩のところで勝利を掴むことができなかった悔しさに、部員たちは涙を流す。
だが、いつまでも落ち込んでいる暇はなかった。

来るべき春高予選に向けて。
烏野高校バレー部は、新たな一歩を踏み出す。

第2期(セカンドシーズン)

東京の強豪校から合同合宿の誘いを受けた烏野高校バレー部。
だが、日向、影山、西谷、田中はテストの成績を理由に、その参加が危ぶまれていた。

一方、清水は新マネージャー勧誘を開始する。
少しでもチームに貢献したいと言う思いからだった。
そんな中、ひとりの少女が興味を示し、仮入部する。
谷地仁花というその少女は、成績優秀であるため、日向や影山は彼女に勉強を教えてもらう。

谷地は、バレーボールの魅力に少しずつ知っていく。
だが彼女は、マネージャーになることを母親に言い出せずにいた。
バリバリのキャリアウーマンである母親に、否定されるのが怖かったからである。
しかし日向の助けを借り、彼女は母親にその思いを伝える。

そして谷地は正式なマネージャーとして入部し、日向たちもどうにか試験に合格し、東京合宿へと向かうのだった。

東京合宿には、音駒高校、梟谷学園高校など、名だたる強豪校が参加していた。
そして音駒高校には、以前の練習試合の時には見かけなかった選手がいた。
灰羽リエーフと言うその生徒は、ロシア人と日本人のハーフで190センチ超えの長身を武器に、圧倒的なスパイクで点数を稼いでいく。

烏野高校は、強豪校相手に全力を尽くす。
しかし日向、影山の連係プレーをはじめとするあらゆるプレーは、強豪校たちに打ち破られていく。

このままではだめだ。
そんな思いを抱いた日向は、自分の意思でスパイクを打ちたいと影山に申し出る。
しかし影山は、自分が日向の打ちやすいボールを上げるから、日向の意思はいらないと突っぱねる。
そして両者は激しい口げんかを繰り広げる。

そんな日向に、烏養は、自分の祖父でありかつて烏野高校バレー部を全国へ導いた烏養前監督のもとに連れていく。
そこで日向は、影山のトスに合わせて、しかし同時に、自分のタイミングでスパイクを打つために必要な技術を学ぶための練習を重ねていく。

一方、影山は、及川と再会し、その技術を教えてもらいたいと頭を下げる。
及川は、つれない態度をとるが、アドバイスだけは授けるのだった。
スパイクの主導権はセッターにではなく打つ人間にある、つまり日向にあると言うそのアドバイスに、影山は自分の考えが間違っていたことを思い知る。

そして日向、影山に触発される形で、他の部員達も努力を重ねていく。
その中にあってただひとり、月島だけは、いつものように淡々としたペースを貫いていた。

月島は、音駒高校の黒尾や梟谷学園高校の木兎に、練習後のブロック自主練に誘われる。
その中で黒尾から、日向にいつかポジションを奪われるのでは、と言われる。
だが月島は、そうなったらそれはそれで仕方のないこと、と言葉を返し、その場を後にする。

何故、たかが部活にあそこまで熱くなるのか。
烏野高校、他の高校の生徒たちを見て、月島はそう思わずにはいられなかった。

月島がそう思うのは、兄との出来事がきっかけだった。
兄、月島明光は月島にとっては憧れの存在だった。
月島がバレーを始めたのも、その憧れからだった。
中学時代、バレー部のエースとして活躍していた明光は、烏野高校へと進学し、バレー部に所属する。

しかし当時、強豪校として名をはせていた烏野高校には、実力を持った生徒たちが全国から集っていた。
その中で明光は、ベンチメンバーにすら入ることができないでいた。
だが明光は、自分に憧れている弟に対して、そのことを言い出せずにいた。
そのために、烏野高校のエースとして活躍している、と弟に嘘を吐き続ける。

だが、その嘘は、月島が試合を観戦しに来たことで露呈してしまう。
嘘をつかれていたショックは勿論だが、たかが高校の部活に懸命になっていた兄を、ヒーローのように思っていた自分自身に対しても呆れたような気持ちを抱き、そのことがきっかけで月島は、何かに熱くなることを避けるようになったのだった。

一方、山口は、月島に対して憧れを抱いていた。
同じ年でありながら月島は、何でもスマートにこなすように、山口の目には映ったからだ。

合宿中、月島の様子がいつもと違うことに気が付いた山口は、それを月島に問い質す。
どんなに努力をしても、上には上がいる。そしてどこかで負ける。だから絶対に1番にはなれない。
なのにみんな、何を原動力にして動いているのかと、語気を荒げる月島に対して、山口は強い言葉で答える。
『そんなもん、プライド以外になにがいるんだ』と。

山口の言葉に虚を突かれたように思いがした月島は、更に梟谷学園高校の木兎にも、同じようなことを問い質す。
その答えに、月島の中でようやく、何かが動き出すのだった。

個々の技術を、個性を磨いていく烏野高校バレー部。
それは少しずつではあるが、結実しようとしていた。
ただ日向、影山の連係プレーだけはうまくいかない。
お互いにぶつかり合いながら、それでもふたりは努力を重ねていく。

そして迎えた最終日。
練習試合、連戦連敗の烏野高校、最後の相手は梟谷学園高校だった。
1セット、勝利をおさめることを目標に烏野高校は試合に挑む。

各々の努力が、決して完全な形ではないものの、少しずつ形になってきていること。
そしてそれが、勝利を引き寄せるためには大きな力になることを確信した練習試合は幕を閉じる。

その後、行われたバーベキューで、日向は木兎から全国のライバルについての話を聞く。
まだ見ぬ強豪校、強敵に思いをはせる日向の眼前には、春高バレー宮城大会が迫っていた。

春高バレー宮城大会、その一次予選。
扇南高校、そして角川学園を前に、烏野高校は合宿で得た技術を武器に勝利をおさめる。
扇南高校の十和田は、バレーや試合に対してどこか冷ややかな考えを持っていた。
だが、どんなときでも全力プレイを基本とする日向の姿に感銘を受け、その考えを改めるにまで至る。

一次予選を無事、突破した烏野高校が挑むは代表決定戦。
その初戦の相手は、インターハイ予選4位の条善寺高校だった。

『アソビ』をモットーに、型にはまらないプレイを繰り広げる条善寺高校に、烏野高校は苦戦を強いられる。
だがキャプテン、澤村のフォローにより、少しずつ優勢に立つ。

一方、劣勢に立たされた条善寺高校にはっぱをかけたのは、マネージャーの存在だった。
『アソビ』を信条とし、時に不真面目な自分たちを、それでも見守って来てくれたマネージャー。
その存在に条善寺高校のメンバーは奮闘する。
しかし勝利をおさめたのは、烏野高校だった。

予選二日目。次の相手は和久谷南高校。
この高校のエース、中島は、『小さな巨人』を彷彿とさせるプレイで注目を集めていた。

序盤から白熱した試合展開が続く中、烏野高校を思わぬアクシデントが襲う。
澤村が負傷退場してしまったのだ。

プレイでも、そして精神面でも大きな柱を欠き、ピンチに立たされた烏野高校。
だが、その苦境を救ったのが縁下の存在だった。

かつて、成田、木下と共に、辛い練習から逃れたい一心で、バレー部をさぼった経験がある縁下。
そのことを悔いていた彼は、澤村の代役という役割に、緊張してしまう。

しかしたとえ根性なしでも、澤村には敵わなくとも、戦う、と心に決めた彼の全力プレーにより、烏野高校は勝利をおさめる。
こうして烏野高校は、準決勝進出を決めたのだった。

一方、青葉城西高校と伊達工業高校の対決。
勝った方が烏野高校と対決することになる試合は、青葉城西高校が勝利をおさめる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハイキュー!!の名言・名セリフまとめ

「ハイキュー!!」は、古舘春一による漫画作品。 烏野高校バレー部のエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた主人公「日向翔陽」は烏野高校に入学し、排球(バレー)部に入部する。そこでチームメイトとなった中学時代の宿敵「影山飛雄」や、個性的な同級生や先輩達と共に、全国大会を目指していく高校バレー漫画である。青春の熱が強い数々の名言が存在する。

Read Article

えっ!こんなのがあったの?『ハイキュー!!』裏話・トリビア・小ネタを集めてみた。

現在少年ジャンプにて連載中の『ハイキュー!!』。アニメ二期放映も大好評で、ミュージカルの続演も決定しました。そんな『ハイキュー!!』から、最近見付けた意外なものや裏話・トリビア・小ネタ、そして古舘先生が出されたクイズ(?)の答えなどを探し、そのいくつかをまとめてみました。

Read Article

「ハイキュー!!」ファンがお気に入りに登録しているYouTubeの3曲!

2015年10月期のアニメでは「おそ松さん」が圧倒的な人気で話題になっているため見逃されがちですが、堅実に人気を積み上げているアニメが「ハイキュー!!セカンドシーズン」です。一部のランキングサイトでは「おそ松さん」以外では実質1位の人気を獲得しているとまで言われている「ハイキュー!!」のオープニング3曲を、YouTubeの公式動画からご紹介します!

Read Article

目次 - Contents