ハイキュー!!(HQ、Haikyu!!)のネタバレ解説まとめ

『ハイキュー!!』は、古舘春一による、高校バレーボールを題材にした漫画作品、及びそれを原作とした小説、アニメ、舞台作品である。漫画は『週刊少年ジャンプ』にて連載している。アニメは2014年4月から9月まで第1期、2015年10月から2016年3月までセカンドシーズンとして第2期が、そして2016年10月から12月までは第3期として『烏野高校VS白鳥沢学園高校』が放送された。

山口を縁下がかばうシーン

出典: haikyu-matome.com

和久谷南戦。
ピンチサーバーとしてコートに立った山口は、しかし失敗するのを恐れるあまり、消極的なサーブを打ってしまう。
サーブは成功したものの、烏養コーチは、そんな山口の態度を叱ろうとする。
しかしそこで、負傷退場した澤村の代わりにコートに立っていた縁下が、山口をかばう。
『あの、わかっています。多分自分でいちばんわかっています』と。
澤村の代りとして、しっかり役割を果たしている縁下と、悔しさと情けなさに涙する山口の表情が印象的なシーン。

サーブを決めた山口に対して嶋田がガッツポーズを見せるシーン

出典: haikyu-matome.com

青葉城西戦。
再度、ピンチサーバーとしてコートに立った山口は、今度は自らの武器であるジャンプフローサーブを打つ。
緩やかな弧を描くサーブは、相手を翻弄するようにしてコートに落ちる。
その瞬間、山口は勿論のこと、彼の努力を見続けてきた部員達は歓喜する。

そして試合を観戦していた嶋田も同様だった。
彼にとって山口は、サーブの教え子のような存在である。
その教え子の成功が、彼にとってもどれだけ喜ばしことかと言うのが感じられるシーン。

コートを隔て向き合い影山と及川のシーン

影山にとって、及川は偉大なる先輩であり、またライバルでもあった。
傲慢な性格が目立つ影山だが、及川に勝ちたい、その気持ちだけは真摯な気持ちだった。

そして及川にとって、影山は、自分を脅かすほどの後輩だった。
その実力、センスを認め、けれどだからこそ、絶対に負けたくない存在だった。

勝敗が分かたれた両者が、試合終了後、静かに向かい合うシーン。

ウォームアップで日向、影山が連係プレイを見せるシーン

出典: haikyu-matome.com

烏野高校対白鳥沢学園高校戦。
試合観戦に駆けつけていた人の多くは、白鳥沢学園高校の圧倒的有利を確信していた。
中には、小柄な日向に驚く人もいた。

そんな会場の中、始まった試合前のウォームアップ。
日向、影山が景気づけとばかりに連係プレイを決める。

小柄な日向が跳躍し、影山が絶妙のタイミングでトスを上げる。
そして日向がそのボールを打つ。

その瞬間、会場の雰囲気が一変する。

月島が雄叫びを上げるシーン

相手コートを冷静に観察し、牛島のスパイクをブロックした月島。
本人も、それはただのブロック1本で、そのことで獲得できた点数も25点中の1点でしかないことを理解していた。
そしてまた、これがたかが部活でしかないことも。

それでも、彼は思わずガッツポーズを振りかざし、雄たけびを上げていた。
たった1本、牛島のスパイクが止められたことの喜びに。
たった1点、自分のブロックによって点数が獲得できた喜びに。
たかが部活で、そんな喜びを味わうことができた喜びに。

日向が助走つきブロックを成功させたシーン

コートチェンジの際、牛島から改めて実力の無さを口にされる日向。
その悔しさを胸に日向は、大平のスパイクを、助走してブロックをすると言う荒業で止めることに成功する。

そんな常識破りとも言えるようなプレイに、牛島は圧倒されたような表情を見せる。
対して日向は、一矢報いたと言わんばかりの表情を牛島に見せるのだった。

菅原のプレイを見抜き、その攻撃を止めた天童のシーン

出典: haikyu-matome.com

心に屈折したものを抱えている天童は、相手を打ち負かすこと、相手の心を折ることに執念を見せる。

影山と交代し、奇襲とも呼べる攻撃を成功させ喜ぶ菅原。
天童にとって、その菅原の喜びはあまりに眩しく、だからこそ打ち負かしたいと思う。
そして実際、天童は菅原の動きを見抜き、その攻撃を止める。
菅原を見下す天童の表情は、しかし、様々な彼の感情を物語っているようでもある。

勝利をおさめ歓喜にわく烏野高校のシーン

出典: haikyu-matome.com

絶対王者、白鳥沢学園高校。
フルセットの末、その王者に勝利した烏野高校バレー部。

『墜ちた強豪』『飛べない烏』と呼ばれ、不遇の時代にあって、それでも自分たちができる努力を続けてきた3年生。
そんな3年を見てきた2年、そして烏野高校バレー部に新たな風を吹き込んだ1年。
皆が皆、その勝利に喜びを爆発させる。

敗戦後、牛島が日向、影山にリベンジを誓うシーン

牛島は3年生である。そのため日向、影山と再戦する機会はないと考えるのが普通である。

しかし敗戦後、牛島は日向と影山にリベンジを誓う。
次は倒す、と。

負けっぱなしではいられない。
負けた相手には、必ずリベンジをする。
勝利にかける熱い思いは、日向も影山も、そして牛島も同じだと言うことがわかるシーン。

名言・名セリフ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハイキュー!!の名言・名セリフまとめ

「ハイキュー!!」は、古舘春一による漫画作品。 烏野高校バレー部のエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた主人公「日向翔陽」は烏野高校に入学し、排球(バレー)部に入部する。そこでチームメイトとなった中学時代の宿敵「影山飛雄」や、個性的な同級生や先輩達と共に、全国大会を目指していく高校バレー漫画である。青春の熱が強い数々の名言が存在する。

Read Article

えっ!こんなのがあったの?『ハイキュー!!』裏話・トリビア・小ネタを集めてみた。

現在少年ジャンプにて連載中の『ハイキュー!!』。アニメ二期放映も大好評で、ミュージカルの続演も決定しました。そんな『ハイキュー!!』から、最近見付けた意外なものや裏話・トリビア・小ネタ、そして古舘先生が出されたクイズ(?)の答えなどを探し、そのいくつかをまとめてみました。

Read Article

「ハイキュー!!」ファンがお気に入りに登録しているYouTubeの3曲!

2015年10月期のアニメでは「おそ松さん」が圧倒的な人気で話題になっているため見逃されがちですが、堅実に人気を積み上げているアニメが「ハイキュー!!セカンドシーズン」です。一部のランキングサイトでは「おそ松さん」以外では実質1位の人気を獲得しているとまで言われている「ハイキュー!!」のオープニング3曲を、YouTubeの公式動画からご紹介します!

Read Article

目次 - Contents