Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

自動車の装甲を強化することが課題となったが、その為に必要な物が紙だった。
作り方は簡単で、草を水酸化ナトリウムで煮こみ、それを洗って乾燥させるだけである。
紙が完成した事で知識の継承、作図、漫画や絵画などのアートなど、様々な事が出来るようになった。紙の重要性を理解できる者と、そうでない者で反応が極端に違っていた。

カーボン樹脂

自動車の装甲の強化のために紙がどう役に立つのか千空以外分かっていなかったが、千空が作ろうとしていたのは紙ではなく、カーボン樹脂だった。
カーボン樹脂は紙にプラスチックが固まる前の液体を塗布する事で完成する。カーボン樹脂はF-1やロケットにも使われるほど耐久力がある。千空はカーボン樹脂の盾で銀狼の槍の突きを受け切った。

漂白剤

司帝国に囚われたクロムがなんとか逃げ出そうとして試行錯誤した結果に生み出した。
クロムは千空が塩水に電気を流して水酸化ナトリウムを作り出していた事を思い出す。クロムは汗を電気分解して水酸化ナトリウムを作ろうとするが、出来上がったのは漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)だった。しかし、漂白剤でも牢に使われていた草を溶かすことができた。

戦車

自動車をカーボン樹脂で強化し、砲台、キャタピラを取り付けて出来た戦車。蒸気機関も増設して前輪駆動となっている。
砲台はラプチャーディスクという装置になっており、水を電気分解して水素を発生させて破裂させ、その衝撃で弾を発射する。これは一度きりしか使えない。また、弾は鉄粉と硫酸が入ったビンであり、硫酸が鉄粉に反応して熱を発生させるものとなっている。弾自体には破壊力はなく、単なるこけおどしである。

ショックキャノン

半球状の銅板に音爆弾を反響させて爆音を敵に浴びせる事ができる。

ニトログリセリン(ダイナマイト)

司帝国民と化学王国民が戦う中、千空が戦いを終わらせるために作り出した。
復活液に使われる硝酸に硫酸、そしてグリセリンが含まれる石鹸を混ぜ合わせることで作ることができる。
司を復活させた後、千空が最初に作り出したのが石鹸だった。そしてその石鹸を使ったニトログリセリンによって司帝国との戦いは終結を迎えた。

スタンガン

司帝国との戦いは終わったが、司帝国の一員だった氷月が司を槍で貫き、覇権を得ようとする。そこで司と千空が共闘して氷月を倒すことになる。千空はマンガン電池を直列につなぎ、10万ボルトの即席スタンガンを作り、氷月に勝利した。

医療用瞬間接着剤

氷月に体を貫かれた司を助けるために千空が作りだした。しかし、流石に体に空いた穴はどうすることもできず、応急処置程度の効果だった。

冷蔵庫・冷凍庫

shuichi
shuichi
@shuichi

目次 - Contents